スポンサードリンク




イギリス留学 ワーホリ 大学留学 留学情報 語学留学

留学行く前に必ず見てほしい留学中最大限に英語力を高める為の7つの心得

更新日:


こんにちは、留学中英語が伸びる人と伸びない人は紙一重だと思うJIN(@Jinthelearner)です。

みなさん留学に行くなら

  • できるだけその国の語学を伸ばしたいですよね
  • 語学を伸ばすことで価値が見いだされますよね
  • 行くだけで何も得ずに帰ってきたくはないですよね

英語の伸びには個人差があります、しかし留学を最大限に有意義なものにさせる方法はあります。

今回は留学と英語力の伸び、に関して話していこうと思います。

留学、特に語学留学となると当然たくさんのお金が掛かってきます。

もし日本の大学に所属していながら休学して一年語学留学するようなことがあればお金はたくさんかかります。

そんな高い買い物である留学を誰もが成功したものにして最大限に英語力を伸ばしたいと考えているでしょう、しかし残念なことに留学をしても英語力がさほど上がらず帰国する人も少なくありません。

今回は海外留学で最大限に英語力を伸ばす上で知っておくべき7つの心得を紹介していきます。

1.出国前から入念に英語の勉強をしておくこと

先日書いた英語に伸び悩んでいる人の特徴の記事でも簡単に話しましたが

「留学に行ってその環境に放り込まれればおのずと英語なんて話すことが出来るでしょ!」

なんて思っている人は十中八九英語を取得できずに帰国してきます。

留学をする歳でしたらもう子供でも無く赤ちゃんではありません。

赤ちゃんと同じようにその環境に居るだけで話せるようになるなんてそんな簡単な話はありません。

留学を最大限に有効活用するには留学前の英語力が本当に大切です、例えばあなたが50の英語力を留学前に持っていたとしましょう、そして帰国後70まで成長しました。

でももしあなたが留学前に頑張って勉強をして60の英語力を持っていたら同じ期間の留学で80まで、もしかは90にだって上がる可能性があります。

なぜかと言えばもちろんある程度上手く英語が出来る状態で英語圏に来れば英語があまりできない人よりもたくさんの知り合いや友達が出来ますし色々な人と密な会話をすることが出来るからです。

勘違いしてほしくないのは留学を1年したからと言ってもともと10の英語力が70になったり80になったりすることは不可能です。

あなたの留学が有意義なものになるかどうかは大きな比率で留学前の頑張り、英語力にかかっています!

留学前に英語の勉強をたくさんしなかったのが今僕の1つの後悔となっています。

2.留学中も自主勉強は必ず欠かさずに!

留学中だと英語の環境に居るというだけで満足してしまう人が多いです。

それだけでは最大限に留学を活かしているとは言えません。

語学留学だとしても語学学校の授業だけで満足しないようにしましょう、例えばネイティブと話していた時に知らない単語があったら必ずメモをして部屋に帰ったらオンラインや辞書を引いて意味を調べて単語を覚えるなど家でやれることはたくさんあります。

確かに部屋に戻ればパソコンで動画サイトで日本の番組を観たりすることもできます。

息抜きも大切ですがやはり自分に鞭を打って頑張ることも大切です。

英語環境に居るだけでは英語力は思うように上がりません、自分が自分の時間に努力してこそその英語環境が活かされるようになるのです。

3.新しく覚えたものは無理にでもすぐに使おう

2番と関連していますがネイティブと話していて分からなかった単語をメモして自宅に帰ったら調べて覚えるべきと上で言いました。

英語、英語だけに関わらず人間を成長させてくれる大きな一つの要因は成功体験です。

そして人間に忘れさせない記憶を残してくれるのは失敗体験です。

新しく覚えた単語やフレーズ、文法はせっかく英語環境に居る間に積極的に使っていきましょう。

なぜならネイティブと話していてその新しい単語やフレーズの使い方を間違えていたらネイティブは指摘してくれます。

もし使い方が合っていればこの使い方で良いんだ、という安心感が生まれます。

先ほどの話と関連させると新しい単語やフレーズの使い方をネイティブに指摘されればそれは失敗体験として頭から離れなくなり一生忘れません。

その逆に使い方が合っていればこれでよかったんだという成功体験になり自分の自信を高めさせてくれます。

なので新しく習った事は英語環境に居る間に無理やりでも使いまくりましょう。

そうすれば英語力はおのずと急速に上がってきます。

4.出来るだけストイックに自分を追い込もう

海外生活というものはストレスが少なからずかかるものです、特に英語があまりできないうちは特にストレスがかかります。

しかしながら特に1年間やそれ以下の語学留学でしたらそんな悠長なことは言ってられません。

自分をストイックに追い込んでこそ短期間で最大限の成長が期待できます。

例えばネイティブに遊びに誘われたら疲れていても、あんまり行く気が無くても頑張って行ってみるようにしましょう。

部屋に帰って疲れていても少し自主勉強をしてみるようにしましょう。

最初も言った通り留学は高い買い物ですし人生でほとんどの人は一回きりの英語力が爆発的に伸びる可能性のある期間です。

是非自分に厳しくしてみましょう。

5.YouTubeで日本の番組を見るより現地のテレビやラジオを聴こう

これも自分の部屋や家に居るときの話ですが自分の部屋に帰ってくるとパソコンやタブレットを開けば日本の番組がオンラインで観れてしまう時代です。

それは確かにとっても心をそそりますよね。

「一日英語環境に居たことだし残りは日本の番組でも見ようかな…」

でもここで何とか踏ん張って頑張ってみましょう。

もし英語自体に疲れたのであればオンラインで洋画や海外ドラマを日本語字幕を付けて観るだけでも効果はあります。

何とか家では日本の番組などを留学しているときに観る癖をつけるのは止めましょう。

6.日本人とはいい距離感で関係を築こう

このテーマは以前に一つ記事を上げているのでそちらの記事にもう少し詳しく説明してあります。

色々な記事で話したことがあると思いますが留学中日本人と話すことは悪い事ではありません、むしろ日本人を敬遠し無視するほうが問題です。

しかしながら距離感を考えて関係を築いていかないと何をしに留学をしに来たのか分からなくなってしまいます。

もしあなたが人生の経験、海外に住んでみたいというだけで留学を決意したなら常時日本人とつるんでいても問題ないでしょう、しかし英語が喋れるようになりたくて留学に来たのならほかの日本人との距離感は考えなければなりません。

日本人の友達を作るのは問題ありませんが例えば毎日四六時中一緒にいる日本人の友達を作ってしまうのはダメです。

まず留学に自分が何を求めているかを考えほかの日本人との距離感は考えてみましょう。

7.とにかくその国のローカルを体験しよう!

語学留学の場合クラスメートはみんな非ネイティブになる訳です、せっかく英語圏に留学に来ているのだからローカルを体験することは大切です。

ローカル体験の方法はいくらでもあります、行きつけのバーやカフェを見つけたり例えば特定のスポーツが好きな人なら地域のスポーツチームに参加してみたり特にそのようなものが無い人は地域のボランティア活動をしてみたりできることはたくさんあります。

せっかく海外に留学に来たのに学校に行って学校の友達と遊ぶだけではとっても勿体ないです、街に出ましょう!地元民に出会いましょう!

いかがでしたでしょうか?最初も言った通り人生で一回の大きな買い物の留学です、是非有意義なものになるようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス留学, ワーホリ, 大学留学, 留学情報, 語学留学

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.