スポンサードリンク




イギリス生活情報 イギリス留学 ワーホリ 留学情報

3分で分かる!イギリスで初めての銀行口座を開設する方法とおすすめの銀行

更新日:



こんにちは、銀行の口座開設とか結構そういう系に疎かったりしちゃうJIN(@Jinthelearner)です。

今この記事を見てくれている皆さんは恐らく

  • イギリス留学を考えていてイギリスで口座が作れるかどうか分からなくて検索してる人
  • イギリス留学のためにイギリスに到着したところで口座を開設したい人
  • 口座の作り方はなんとなくわかるけどどの銀行の口座を作ればいいのか分からない人

が主だと思います。

イギリスにある程度の期間留学する、住む予定の方は現地で銀行口座を開設されることをおすすめします。

お金を安全に管理することが出来るだけでなくほかにもいろいろな恩恵を受けることができます。

今回はイギリスで初めての銀行口座を開設するメリットと方法、そしておすすめの銀行を紹介していきます。

なぜ銀行口座を作る必要があるの?

あなたのお金を安全に保管するだけでなく銀行から発行されるデビットカードを持つことはかなり普段の生活を便利にさせてくれます。

イギリスは日本より圧倒的にカード社会なので小さなお店やコンビニに立ち寄った際にカードで払うなんてことは当たり前なのです。

そして留学期間中多くの場面でデビットカードが役に立ちます、例えば

  • 寮費、家賃、学費などの支払い(僕はこれらの支払いは全てカードで支払っていました)
  • お金を持ち歩かずにショッピングや外食が出来る
  • コンサートや電車チケットなどをオンラインで購入することが出来る
  • ダイレクトデビット(月々の自動支払い)を設定することが出来電話料金、インターネット料金、ジムの月謝などを自動的に払うことが出来る
  • 家族や友達への送金が簡単にアプリやオンラインで行うことが出来る(フラットを友達と家賃を割って住んでいたりする場合友達にオンライン送金する場面は意外にもそこそこあったりします)
  • 給料の支払い

もちろん日本から持ってきたクレジットカードを使う事もできますが毎回毎回為替を気にしたりしなければいけなかったり外貨でショッピングする場合そこそこの手数料を取られたりとストレスが溜まる機会が多いです

どこの銀行を選べばいいの?

イギリスには日本と同じように大きいものから小さいものまでたくさんの銀行が存在しています。

どこで口座を開設すればいいのか迷うかもしれませんがあなたが何を銀行に求めているかによっておすすめの銀行は変わってきます。

しかし留学生の場合は基本的には大学や学校の近くにある銀行を選ぶのが普通だと思います。

特に大学だとキャンパス内に銀行の支店がある場合がありますのでそういう時はそのキャンパス支店がある銀行で口座を開くのが簡単で良いと思います。

それでも自分に合った銀行を選びたいという方はSave The Studentというサイトで学生にとっての銀行がランキング付けされているので見てみてください。

イギリスで銀行口座を開設するために必要なものとは?

大体の場合は3つほどの書類があれば口座を開設することが出来ます。

  1. 写真付きの身分証明書-日本の運転免許などはだめですよ、日本人ならパスポート一択です
  2. 有効なイギリスビザ-学生ビザやワーホリビザで入ってきた場合は有効なビザが必要です
  3. 学生の場合は学生であることの証明-これは学校に入学する前に貰った合格証明書などオファーレターなどが有効です
  4. 住所を証明できる書類-自分の名前の入った各種支払いの請求書が有効ですがイギリスに来たばかりの学生の場合はあなたが通っている大学や学校に相談をすれば必ず助けてもらうことが出来ます

このプロセスは大体1週間から2週間かかります、準備が整ったら開設が完了したという手紙と銀行の口座情報がデビットカードと共に送られてきます。

これらの書類をすべて揃えたら銀行の支店に出向き普通銀行口座を開設したいという旨を伝えれば銀行員の人が優しく対応してくれます。

お金の送金はどうやってできるの?

お金の送金あ受け取りは簡単にオンラインで行うことが出来ます、もしお金を日本から送ってもらいたい場合は送り主に以下の情報を教えてあげましょう。

  • イギリスで使用している銀行名と支店住所
  • 銀行口座で使用している自分のフルネーム
  • 銀行の口座番号
  • Sort Codeと呼ばれる番号
  • SWIFT code もしくは IBAN numberと呼ばれる番号

これだけではどうすればいいか難しくて分からないという方は銀行支店に出向けばステップバイステップできちんと教えてもらうことが可能です。

しかしある程度オンライン送金と英語の知識がある人ならば銀行のホームページからすぐにやり方を見つけることが出来ると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス生活情報, イギリス留学, ワーホリ, 留学情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.