スポンサードリンク




イギリス生活情報

日本人に味はどう映った?ロンドンのラーメン屋Bone Daddiesへ行ってみた

更新日:


こんにちは、「ラーメン大好き!」なんて言っておきながら最近は昔ほど食べられなくなっているJIN(@Jinthelearner)です。

先日ロンドンでラーメンが流行っているという記事を書きました。

僕もその流れに乗ってこの間ロンドンを訪れた際にピカデリーサーカス付近に店を構えるBone Daddiesというラーメン屋にお邪魔させていただきました。

このBone Daddiesさんを選んだ理由はこの店は日本のラーメン屋がロンドン進出した店というわけではなくオーストラリア人の有名シェフ、ロス・ショーンハンさんが開いたロンドン生まれのラーメン屋で日本人として面白いなと気になったためです。

とてもミニマリスティックでおしゃれな内装で外からの写真を見てわかるように一目ではラーメン屋だとは思えないようなお店です。(しかし見つけるのに少し苦労しました…)

従業員はほとんどイギリス人、もしくはヨーロッパから来た人でした。

アジア人系の従業員は僕が行ったときは一人くらいしかいませんでした。

日本資本のラーメン屋ではないので当たり前かもしれません。

メニューはこのように木の板のフォルダーに紙が一枚挟まれていました、結構紙がくしゃくしゃになっていたのでもう少し強度の強い紙を使えばいいのに…と少し思いました。

日本酒の瓶が並べられていたり日本っぽい壁紙が貼られていたりどことなく日本感を感じられると共に写真にあるようにカフェのようなおしゃれな感じでとてもかっこいい作りのお店でした。

日本などではコショウやらなんやらが置かれているスペースには日本のラーメン屋と同じようにレンゲやラー油、割りばしが置かれています。

想像以上の割りばしのクオリティでびっくり!

このレベルの割りばしはなかなか日本でもお目にかかれないような高級感漂う割りばしでした。

さて本題のラーメンの味ですが僕はゆず豚骨(£11.40)というラーメンを頼みました。

麺は博多風の細麺でスープはしっかりとしたとんこつ味に加えゆずの香りと味のきいた美味しいスープでした。

特に味玉のレベルは高く素晴らしい半熟の味のしっかりした卵でした。

このラーメンのチャーシューはほかのラーメンとは違い柔らかいというよりはカリカリしたチャーシューで日本のチャーシューとは違った良さがありました。

それが柚子のラーメンとマッチしてとてもおいしかったです。

どうやら豚骨がロンドンでは流行っているみたいですが横浜家系ではなく特に博多系豚骨がブームみたいです。

そしてもう一人は担々麺(£11.40)を頼みましたがこれもまたしっかりとしたおいしいラーメンでした。

イギリスにあるラーメン屋さんという事で辛さは控えてあるのかなとも思ったのですがしっかりとピリ辛で美味しかったです。

ゆず豚骨とは違いこのラーメンのチャーシューには日本でよく見る薄切りの柔らかチャーシューが使われており懐かしく思いました。

回転の速いラーメン屋ですが日曜でも終始満席でお客さんの層はほとんどイギリス人、もしくは旅行中のアメリカ人が多かったです。

イギリス人がおひとり様で来ている人もたくさんいてアジア人、日本人だけにうけている訳ではなくイギリス人にウケてしっかりと浸透して溶け込んでいるんだなぁと感心しました。

ロンドンでラーメンブームが巻き起こっているのは本当なんだなぁと肌で感じることが出来ました。

日本人としては本当にうれしく誇らしく思いましたねー。

やはりネックは値段になってきますがやはり値段は日本と比べることはできません、どんなラーメンも一杯1000円は必ず超えてしまいます。

それでも僕は行く価値があると思います、ラーメンがかなり久しぶりだったこともありそれほど感動しました。

イギリス在住の方、イギリスに旅行に行く予定の方気になったら寄ってみてはいかがでしょうか?

場所はこちらです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス生活情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.