IELTS対策 英語学習

一発で高得点を取るアイエルツ(IELTS)勉強法【リスニング編】

更新日:

こんにちは、18歳の時4ヶ月でアイエルツ総合4.5点から総合6.5点まで爆上げさせたJIN(@Jinthelearner)です。

この記事を読み始める前の注意事項

※このアイエルツ勉強法シリーズは僕が毎日3時間以上勉強して4ヶ月で達成したものです。

  • 勉強に使える時間に限りがある人は4ヶ月以上かかりますが続ければ必ず得点が上がる勉強法です。

※努力をせずに高得点が取れる方法ではありません。

  • 努力をする気が無い人や楽に点数が上がる奇跡的な勉強法を探している人、何かを犠牲にできない人はこの勉強法は合っていません、今すぐ閉じてください。

※教材選びを間違えるとこの勉強法の効果は半減どころか意味を失くしてしまいます。

  • 僕を信じて同じ教材を手に入れて下さい(無駄な教材を紹介することは絶対にありません、約束します)

さぁやる気があって多少の犠牲を厭わないまだこの記事に残ってくれた皆さん!

続ければ必ず高得点をたたき出し報われるアイエルツ(IELTS)勉強法をお教えしましょう!

今回はアイエルツのリスニング勉強法です。

※最初の2項目はリーディング、リスニングは同じ内容です。

スポンサードリンク

まず必ず必要な教材

アイエルツは特別なテストなのでアイエルツの公式過去問の購入は必須です(これが無いとアイエルツの勉強すら始められてません)

過去問も今となっては12巻まで販売されています(2017年12月現在)

最終的には最低12巻のうちの3冊くらいは必要なのですが一気に3冊買ってしまうと一気にお金がかかってしまいます。

お金に余裕がない人は現時点での最新のナンバー12をまず購入してナンバー12をやり尽くしたらナンバー11を買うと言ったように順番で買っていくのがおすすめです。

※過去問は全て英語です

この過去問はリスニングだけでなくリーディング、ライティング、スピーキングの勉強にも使いますので必ず手に入れて下さい

まだ自分は英語オンリーの過去問は早いと思う人用のおすすめ教材(英検2級レベルくらいまでのレベルの人)

先ほど「必ず手に入れて下さい」と言った過去問は全編英語オンリーだと言いました。

この記事を見てくれている人は最初から英語オンリーで行けそうだと言う人やまだ英語オンリーは厳しいかもと思う人両方いるはずです。

まだ自分自身で過去問は少し早いのではないか、ワンステップ置いてから過去問に移りたいという人はこれらの教材がおすすめです(僕も実際にこれらすべての教材を終わらせてから過去問へ移りました)

この2冊はアイエルツ初心者にとてもおすすめできる2冊です。

演習問題は本番の問題よりも易しく作られているのですが問題形式は本番と同形式なのでアイエルツへの導入という部分では最高の2冊です。

僕は2冊とも購入しましたが自分が過去問からどれくらい遠くにいるのかを考えてもしまだ過去問はかなり早いのではないかと考える人は2冊、1冊教本があれば過去問に進める自信のある人は1冊購入しましょう。

そもそもリスニングが苦手な人が買うべき一冊

そもそもリスニングが他の項目より苦手だという人はこちらの教本を購入しましょう。

先ほど紹介した2冊のように演習問題は本番の問題よりもやさしく作られていますがこちらの本はリスニングに特化しているのでこの1冊でより多くの問題を解くことができます。

リスニングに苦手意識がある人は使うべき1冊です。

イギリス英語に慣れていない人が買うべき書籍

日本の義務教育で英語を学んできた人はイギリス英語ではなくアメリカ英語を習ってきました。

しかしアイエルツはイギリス資本のテストですので問われる英語はイギリス英語です。

リーディングやライティングではそこまで関係は無いのですがリスニングにおいてイギリス英語を知っておくのは必須です(アメリカ英語とは発音などが全然違います)

なのでイギリス英語に馴染みのない人はまずこの2冊のようなイギリス英語の入門本を終えてから過去問や演習問題に行く方が近道です。

イギリス英語を多少知っていて自信のある人はここの工程を飛ばしても構いません。

過去問や演習問題を使ったリーディングの勉強の仕方

さぁみなさん、過去問は手にしましたか?

お待ちかねのアイエルツリスニングの得点を爆上げすることができる勉強の極意ををこっそり教えましょう。

1.リスニングは必ず本番を意識して毎回やる

1回目であろうと2回目であろうとリスニング音源を途中で止めたり聞き直したりするのは絶対にダメです。

答え合わせの時までは必ず本番と同じように解きましょう。

2.答え合わせを絶対に答え合わせで終わらせるな!

これはリーディング対策の記事で書いたことと同じです。

答え合わせを答えを合わせるだけで終わりにしないでください!これは絶対指令です。

質の高い答え合わせはあなたをかなり成長させてくれます。

「どこで間違えたのか」「正解はどこにあったのか」ここを徹底的に調べ上げて以後同じミスをしないようにしてください。

この2つが見つけられるまではその設問を絶対に動いてはいけません。

3.スクリプトを確認して知らない単語を知らないで終わらせるな!

こちらもリーディング対策の記事と共通しています。

リスニング教材には必ずスクリプト(音源で出てくる言葉を書き出したもの)が付いてきます。

必ずスクリプトを読み込んで知らなかった単語を1つも漏れなく書き出してください。

書き出した知らなかった単語はアイエルツのボキャブラリー対策の記事で教えたとおりに単語カードを使って覚えて下さい。

ボキャブラリー、リーディング、リスニングは全て繋がっているのです。

4.答え合わせの時は音源を聞きこむ

演習中は「音源を止めるな!」「音源を巻き戻すな!」と言いました。

その逆に答え合わせの時は音源を止めまくって音源を巻き戻しまくってください。

スクリプトを見ながら音源の会話がスクリプト通りに聞こえるまで、そしてスクリプト無しで理解できるようになるまで聞きこんでください。

5.同じリスニングは最低2周はやる(できれば3回)

最初に紹介したアイエルツ公式過去問は1冊で4回分の過去問が組まれています。

普通の人は最初に出てくる1から順に4までやっていくでしょう、そのやり方で全然大丈夫です。

そして1周目の4が終わったら2周目の1からまた同じ問題を同じ形式で(時間を計ったり)解いてください。

2周目に入るころには分からなかった単語は習得している頃でしょう、そしてなんとなーくこの問題はこれが正解だったかなぁと覚えている頃です。

そして2周目では1周目と比べて

  • 正解率は上がったか
  • 本文理解度は上がったか
  • 分からない単語は無くなっていたか
  • 所要時間は減ったか

に注目をしてください。

99%の人が1周目よりは得点が取れているはずです。

1周目より低い人は先ほど紹介した質の高い答え合わせや分からなかった単語の取得を怠っている人です、これまでに説明した工程を1つでも怠ってしまう人は伸びませんよ、これははっきり自信を持って言えます。

「面倒だからこの工程は飛ばす」

そんな人はいつまで経っても伸びないままです。

工程を飛ばすくらいなら工程途中で止めてまた次の日に止めたところから始める方がまだましです。

脱線してちょっと長くなってしまいましたが…

このプロセスで得たいのはズバリ

「成功体験」

です。自分でも2周目ならこれだけ点数が取れるんだ!自分が勉強した単語が実際に問題に出ても使えている!

そんな気持ちはとっても大事な事です。

モチベーションの維持という側面だけでなく自分でも出来るんだ!という自信を付けさせてくれます。

人間が成長するのは「成功体験」か「失敗体験」のどちらかしかありません。

そして2周目でもまだ物足りない人(僕なんかはそうでした)は3週目もやりましょう、なぜなら3週目でも効果はまだあるからです。

例えばあなたが小学生でサッカーを習い始めたとしましょう、でもリフティングは5回しかできません、そこで

「自分にはできないから…」

と言って諦めてサッカーを辞める道もあります。

でもリフティングと言う地道なつまらない作業を続けていくことによって15回、30回とどんどんできるようになります。

出来るようになれば「気持ちがいい」し自分自身で「成長」を感じることができます。

そしてどんどん練習していけば曲芸のようなトリッキーなリフティングなんかも出来るようになるんです。

英語のリスニングも同じです、地道な地味な作業の繰り返しがあなたを成長させ人間の成長において最も大切な「成功体験」を創り出すことができるのです。

スポンサードリンク

IELTSリスニングの解き方、勝てる戦略

1.まずアイエルツのリスニング形式の確認

とりあえず最初にアイエルツのリスニング形式の復習をしておきましょう。

セクション1(6-8分)- 生活場面(登場人物2人)
  • ホテルの予約
  • 友人同士の会話
  • 空港でのチェックイン
  • ショッピングの会話
  • 学校の学生かでの会話
  • 不動産屋での交渉など
セクション2(6-8分)- 生活場面(登場人物1人から2人)
  • 大学の授業についての説明
  • 旅行ガイドの案内
  • ラジオ番組
  • 留守番電話
  • 発表や告知
  • 不動産屋での交渉など
セクション3(6-8分)- 学術、教育場面(登場人物2人から4人)
  • プロジェクトの進め方
  • 学生と学校職員の会話
  • 勉強方法のアドバイス
  • 学生に指導教官からのアドバイス
  • 授業や研究課題など学生同士の会話など
セクション4(6-8分)- 学術、教育場面(登場人物1人)
  • 教授による講義
  • ゲストによるトーク

覚えておくべき注意事項

  1. 音源は1回しか流れない
  2. 選択方式だけでなく穴埋め問題や短文の記述式の問題もある
  3. イギリス英語が大多数を占める

2.アイエルツリスニングでは必ず先に問題に目を通すこと!

とにかく音源が再生される前にリーディング対策の記事で教えたテクニックのスキミングを使って要点を聞く前にしましょう。

自信のない答えは一応回答しておきしるしを付けて最後の10分にある転記時間に戻って来ましょう。

3.とにかく重要だと思う単語をメモ!

アイエルツのリスニングではメモの質がものを言います。

大切、知っておくべき単語、数字などは正確にメモしましょう。

もし英語の綴りが分からなければカタカナでも良いのでメモを付けるようにしましょう。

 

アイエルツのリスニングのコツはまずアイエルツリスニングの形式に慣れる事です。

過去問を何度も何度も解いて慣れる事が重要です!

さぁみんなで一緒にアイエルツ高得点を目指しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJin@やっと駆け出しブロガーくらいにはなれたかなをフォローしよう!

このブログをメールで購読しよう!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

  • 英語学習で困っていること
  • 海外留学で不安な事
  • 単純に聞きたいことはありませんか??

英語や留学に関する無料相談受け付けています!お気軽に下記のフォームから送ってください!

英語や留学などに関する無料相談を受け付けています!





  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

偏差値40台のおバカ高校を卒業後奮起し独学でイギリスにある大学に正規入学し卒業。
英語のエの字も知らなかったが今では英検1級も取得。
英会話を教えたり翻訳をしたりブログ書いたり…
でも実は一番好きなのは食べ物の事や飲み物の事!いつか店を作ってみせます!

-IELTS対策, 英語学習

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.