IELTS対策 英語学習

一発で高得点を取るアイエルツ(IELTS)勉強法【ライティング編】

更新日:


こんにちは、18歳の時4ヶ月でアイエルツ総合4.5点から総合6.5点まで爆上げさせたJIN(@Jinthelearner)です。

この記事を読み始める前の注意事項

※このアイエルツ勉強法シリーズは僕が毎日3時間以上勉強して4ヶ月で達成したものです。

  • 勉強に使える時間に限りがある人は4ヶ月以上かかりますが続ければ必ず得点が上がる勉強法です。

※努力をせずに高得点が取れる方法ではありません。

  • 努力をする気が無い人や楽に点数が上がる奇跡的な勉強法を探している人、何かを犠牲にできない人はこの勉強法は合っていません、今すぐ閉じてください。

※教材選びを間違えるとこの勉強法の効果は半減どころか意味を失くしてしまいます。

  • 僕を信じて同じ教材を手に入れて下さい(無駄な教材を紹介することは絶対にありません、約束します)

さぁやる気があって多少の犠牲を厭わないまだこの記事に残ってくれた皆さん!

続ければ必ず高得点をたたき出し報われるアイエルツ(IELTS)勉強法をお教えしましょう!

今回はアイエルツのライティング勉強法です。

ライティングはルールがたくさんありそれを一つ一つ知っておかなければなりません。

もしルール通りに書かなかった場合全て減点されてしまいます。

それが故にアイエルツのテストにおいて日本人が一番苦手とし一番点が取れない分野ですのでかなり頑張らないと高得点は狙えません。

5項目の中で確実に一番色々な書籍を手に入れて理解しなければならない分野です。

スポンサードリンク

まず必ず必要な教材

アイエルツは特別なテストなのでアイエルツの公式過去問の購入は必須です(これが無いとアイエルツの勉強すら始められてません)

過去問も今となっては12巻まで販売されています(2017年12月現在)

最終的には最低12巻のうちの3冊くらいは必要なのですが一気に3冊買ってしまうと一気にお金がかかってしまいます。

お金に余裕がない人は現時点での最新のナンバー12をまず購入してナンバー12をやり尽くしたらナンバー11を買うと言ったように順番で買っていくのがおすすめです。

※過去問は全て英語です

この過去問はライティングだけでなくリーディング、リスニング、スピーキングの勉強にも使いますので必ず手に入れて下さい

まだ自分は英語オンリーの過去問は早いと思う人用のおすすめ教材(英検2級レベルくらいまでのレベルの人)

先ほど「必ず手に入れて下さい」と言った過去問は全編英語オンリーだと言いました。

この記事を見てくれている人は最初から英語オンリーで行けそうだと言う人やまだ英語オンリーは厳しいかもと思う人両方いるはずです。

まだ自分自身で過去問は少し早いのではないか、ワンステップ置いてから過去問に移りたいという人はこれらの教材がおすすめです(僕も実際にこれらすべての教材を終わらせてから過去問へ移りました)

この2冊はアイエルツ初心者にとてもおすすめできる2冊です。

演習問題は本番の問題よりも易しく作られているのですが問題形式は本番と同形式なのでアイエルツへの導入という部分では最高の2冊です。

僕は2冊とも購入しましたが自分が過去問からどれくらい遠くにいるのかを考えてもしまだ過去問はかなり早いのではないかと考える人は2冊、1冊教本があれば過去問に進める自信のある人は1冊購入しましょう。

ライティング、英作文が初心者レベルの人が読むべき一冊

アイエルツのライティングでも求められているのはアカデミックライティングです。

この本は日本語で英語のアカデミックライティングの事が書かれており分かりやすいのでライティング初心者の入門書としては最高です。

特に日本の学校英語教育ではライティングの比重がかなり低い(むしろ中高の英語教育ではほぼ触れられてもいない)ので実際ライティングの得意、不得意に関わらず買った方が良い本です。

アイエルツライティングの特徴を詳しく日本語で理解しておきたい人が買うべき一冊

アイエルツのスピーキング対策の記事でも紹介したIELTSスピーキング・ライティング完全攻略です。

こちらの書籍ではアイエルツのスピーキングとライティングの攻略法を日本語で詳しく書いてあるのでおすすめです。

内容が素晴らしい上にスピーキングにも使える書籍だというのがお得です。

英語力がそれなりにあって英語の書籍を読める人が買うべき1冊

やはり理想は英語のライティングのルールを英語で覚えて練習する事です。

なので洋書に抵抗のない人はこちらがおすすめです。

演習問題と共にアカデミックライティングの基礎を1から説明してくれるとっても優しい有能な教本です。

アイエルツにおいてライティングで高得点を狙うために必要なイロハを0から学ぶには最高です。

過去問や演習問題を使ったライティングの勉強の仕方

1.とにかくアカデミックライティングのルールを知ろう!

ライティング部門に関してはアカデミックライティングのルールを知らなければスタートラインに立てません。

どんなに英語が出来る人でもルールを知らなければ点は取れません。

なのでまず先ほど僕が紹介したライティング用の本を2冊終えて知識を付けましょう。

本を読んでアカデミックライティングのルールを理解するまではライティングに関しては何もしないでください、時間と労力の無駄です。

とりあえずまずライティングに関する書籍を2冊ほど購入して読み始めましょう。

2.アイエルツのライティングの形式と模範解答を知ろう

まだこの時点では自分でやれることはありません、まだリサーチです。

アカデミックライティングのルールを理解したら次はアイエルツのライティングがどんな形で出題されてどんな答えを書けば高得点を貰えるのか研究しましょう。

基本的にアイエルツのライティングは毎回似たような問題が出てくるので模範解答をリサーチすることによってある程度点が取れるテンプレートみたいなのを作る事が出来ます。

3.ここでやっと過去問や演習問題を解いてみよう

さぁアカデミックライティングのルールを理解しアイエルツのライティング形式を理解したところでやっと自分で過去問や演習問題を解いてみる時間です。

出された問題を必ず時間を計って解いてください(Task 1 Task 2 合わせて60分)

60分の中で投げ出したり休憩したりしては絶対にダメです。

4.ライティングは答え合わせが自分ではできない…どうする?

ライティングは自分では答え合わせが出来ません、当たり前ですね。

だって例えば日本語で作文や読書感想文、例えば僕が今書いているブログでも良いでしょう、自分では採点なんてできないですよね。

誰かプロフェッショナルに依頼しなければ自分がどこで間違えてどこを変えるべきなのかが分かりません。

一番手っ取り早いのはもし皆さんの周りに英語ネイティブ(必ずネイティブでなければダメです)

例えば英語がそこそこ出来る日本人にライティングのアドバイスを貰ってはいけません。

最初も話した通りライティングは日本人が英語の分野の中で一番苦手としているものです、その英語が出来る友達が例えば英語圏の大学を卒業してアカデミックライティングに精通してる、とか以外は絶対に日本人に採点してもらってはいけません。

話がずれましたが一番手っ取り早いのはあなたの周りにいる英語ネイティブに添削してもらう事です。

でも誰もが周りに英語のネイティブが居る訳じゃありません、むしろいる方が珍しいです。

もう一つの方法は近くにある英会話スクールに出向いて1対1のプライベートレッスンがあるかどうか聞くことです。

しかし英会話スクールのプライベートレッスンはびっくりするくらい値段が高いです(1回1万円とか…)

英会話スクールに行くならIELTS講座を開いている所に参加するのが一番費用対効果が良いでしょう。

もしあなたが関東首都圏、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県のいずれかにお住まいでしたら

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】

がおすすめです。

なぜならこの英会話スクールはイギリス系のスクールの上IELTSの特別対策クラスを設けているIELTSを教えるプロ集団だからです。

しかも無料体験レッスンをしているためもし自分に合わなければ入会しなければいいだけの話なのでもしスクールがお住まいの近くにあるならむしろ普通に考えて無料体験レッスンを受けてみない方が損ですよ。



おすすめの理由
  • IELTS講座を開いているのでIELTSのプロに教えてもらえる
  • 無料体験レッスンがあるのでお金を払わずに入会する前に吟味できる
  • 大手過ぎないので講師の質が高い上に個人個人に行き届いている

もっと安く済ませたいという人に僕が一番おすすめしたいのがオンラインの添削です。

例えば僕がおすすめなのは英語添削のアイディーさんで、こちらの会社は英語翻訳を166円から承っています。

添削を依頼する講師さんも選ぶことができるので必ずネイティブに添削してもらうことが保証されています。

これが一番安くて手っ取り早くコスパが良い答え合わせの方法です。

166円からのオンライン英語添削[アイディー]






5.とにかく過去問 or 演習を解いて➡添削してもらうの繰り返し

リーディングやリスニングの勉強法のところでは

「同じ問題を何度も何度もするべきだ!」

と僕は言いました、しかしライティングでは真逆です、同じ問題を1回以上やらないでください(時間の無駄です)

とにかくフレッシュな見たことない新しい問題を解きまくって場数慣れしてください。

演習を解いて➡添削をしてもらう

その繰り返しを本番のアイエルツまでにしまくってください。

スポンサードリンク

IELTSライティングの解き方、勝てる戦略

1.Task 2から必ず解く事!

アイエルツのライティングではTask 1 と Task 2の2つの問題が出題されます。

本番で解く際には必ずTask 2から解いてください、なぜならTask 2のがTask 1より配点が高く字数の不足が大幅な減点の原因になってしまうからです。

まずTask 2に思いっきり時間をかけて自分が納得する文章を書いてからTask 2よりかなりシンプルなTask 1を解いてください。

これは絶対です。

2.Task 2では自分の意見をしっかりと主張する事!

日本人にとって立場を強く主張するのは潜在的に難しい事だと思います(僕にとって今でも簡単ではありません)

しかしアカデミックライティングの場合は自分の立場をしっかりと表明することが重要です。

例えばTask 2のお題が

「あなたは死刑制度に賛成か反対か」

というお題だった場合

「うーん死刑制度には悪い所もあっていい所もあります、賛成でもあり反対でもあります」

なーんて回答をしていてはダメダメです。

まず自分の立場を賛成か反対か決めて下さい。

じゃぁもしあなたが賛成と書いたとしましょう、あなたの賛成側の文章内で反対側のメリットを書くのは悪い事ではありません。

むしろ逆の立場の意見を取り入れるのは良いことですがその意見を上回る賛成側の意見で潰してください。

結局はあなたはどちらかに傾いてなければいけないしどっちつかずでは点が貰えません。

なぜならどっちつかずで両方側のメリットとデメリットばかりをだらーっと書いているだけならそれはもはやウィキペディアとかまとめサイトみたいなものです。

事実を述べているだけで意見のないエッセイほど価値のない物はありません。

とにかく文章内での自己主張はとっても大切です。

僕が通っていたイギリスの大学の論文やエッセイで事実だけを述べて自分の意見のない文章を提出すれば落第します。

3.自分の意見ばかりでもダメ

事実ばかりを述べていてはだめだと先ほど言いました。

でもその逆もダメです、自分の意見ばかりを書き連ねるのも事実だけを述べるのと同じくらいの減点です。

あなたの立場、意見はアイエルツの文章の心臓の部分です、なので持ってなければ文章は成立しません、そして事実は文章の身体の部分です、あなたの意見(心臓)を事実(身体)で塗り固めて強化していくのです。

事実が一緒に伴っていなければあなたの意見は紙面上ただのたわ言にでしかないのです。

4.Task 2 では必ずおよその文章構成を決めておく

Task 2では250ワード以上の文章を書かなければいけません。

250ワードは意外と短いです。

ワード数の決まりはいつでも一緒なのであらかじめおよその文章構成は決めておかなければなりません。

僕だったらこのような構成にします。

  • 導入 50ワード
  • メイン 150ワード
  • 結論 50ワード

5.副詞を使いこなして親切な文を書く

副詞が使いこなせればアカデミックライティングのレベルが高い証拠です。

日本の中高の英語教育では副詞についてあんまり触れてくれません。

例えば

「The number increased in 2011」(2011年にその数値は上がりました)

という簡単な文があったとしましょう、もちろんこのままでも意味は通じます、でも詳細が分からないので親切な文だとは言えません。

しかしこの文に副詞が付いていたら何倍も分かりやすくなります

例えば

「The number increased drastically in 2011」(2011年にその数値は劇的に上がりました」

「The number increased gradually in 2011」(2011年にその数値は徐々に上がりました」

副詞を入れるだけで劇的にもっと分かりやすい文に変わりました。

とにかく副詞を使いこなして読み手に親切な文を書くことを心がけましょう。

 

何度も何度も言いましたがアイエルツのライティングはルールと形式を知らなければ問題を解く事すらできません。

事前のリサーチが本当に大切なのでとにかく初めは教本や対策本を読みつくし理解を深めましょう。

日本人がアイエルツで一番苦手とする項目と言いましたが裏を返せばアイエルツのライティングは慣れてさえしまえば一番高い得点を稼げる可能性のある所でもあります。

絶対にぞんざいに扱わず時間、努力、そしてお金をライティングには投資しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJin@やっと駆け出しブロガーくらいにはなれたかなをフォローしよう!

このブログをメールで購読しよう!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

  • 英語学習で困っていること
  • 海外留学で不安な事
  • 単純に聞きたいことはありませんか??

英語や留学に関する無料相談受け付けています!お気軽に下記のフォームから送ってください!

英語や留学などに関する無料相談を受け付けています!





  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

偏差値40台のおバカ高校を卒業後奮起し独学でイギリスにある大学に正規入学し卒業。
英語のエの字も知らなかったが今では英検1級も取得。
英会話を教えたり翻訳をしたりブログ書いたり…
でも実は一番好きなのは食べ物の事や飲み物の事!いつか店を作ってみせます!

-IELTS対策, 英語学習

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.