スポンサードリンク




雑記

海外で話題、大人気の日本の音楽!に対する大きな違和感

更新日:


こんにちは、ニュースとかバラエティ番組の情報って面白いけどなんだけ信じられないJIN(@Jinthelearner)です。

今回は単純にふと僕が違和感に思ったことを書いていこうと思います。

日本のテレビニュースやネットニュース、サイトなどを見ていると世界でも認められた日本の音楽!世界でも大人気の誰々!ヨーロッパでも人気爆発~!などのニュースをちょくちょく見かけます。

最初に言っておくとこの記事は誰かに対してのディスという訳では全くなく僕が個人的にニュースの報じ方に違和感を感じただけです。

具体的な例を見てみると最近だと

  • ベイビーメタル
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • ワンオク
  • Perfume
  • ラルクなど

海外でも大人気です!なんて触れ込みで報じられている日本のアーティストが居ます。

特にベイビーメタルやきゃりーぱみゅぱみゅが出始めたころは僕は既にイギリスに住んでいたのですが彼女らが海外で、ヨーロッパで大人気!と言われるととても違和感を覚えます。

報道は誇張されているのは十も承知なのだが…

僕はイギリスの大学に所属しているときメディア学を専攻していてジャーナリズム関係やニュースのあり方などを少しはかじっていました。

もちろんニュースは常に100%正確な情報を伝えている訳では無いという事は十も承知です。

それは普通の事です。

しかし誇張された報道に対してこれは間違っているんじゃないかという異論を唱える人が居るのも当たり前です。

今回は僕自身が違和感を感じたのでそのようなニュースに対して少しばかり異論を唱えてみようかなという訳です。

基本的に現地で半数以上が知っているような日本人アーティストは現在は居ない

僕はイギリスでの状況しか分かりませんので今回の記事ではイギリスでは、という形で書いていきます。

まず初めに現在イギリス人に聞いて半数以上がこの人たち知っている、もしかしたら15%以上の人に聞いてこの人たちを知っていると答えられるであろう日本人アーティストは存在しませんし話題に上がることもありません。

以前ベイビーメタルがヨーロッパを席巻しているという記事を見かけましたが他のヨーロッパでは正確なことは分かりませんがイギリスでは旋風など全く巻き起こっていません。

メタルミュージックにのめり込んでいる人や日本のサブカルチャーに興味がある人のみに知られていると言ったほうが正解です。

普通の一般のイギリス人に存在が認知されているというのは間違いです、それはベイビーメタルだけでなく他のアーティストやバンドもです。

ワンオクのTAKAが世界のどこでライブをやっても最前列の人はいつも同じ人(熱狂的な日本人ファン)と苦言を呈していたのを考えても分かるように海外でもライブに足を運ぶ多くの人は日本から来た熱狂的なファン、現地在住の日本人、現地在住のアジア人、日本のサブカルチャーに興味がある現地人がほとんどです。

日本のサブカルに興味を持っている人が増えてきているのは事実

というような厳しめの事を言ってしまいましたがまだ全然少数派でありマイノリティではありますが日本のサブカルチャーに興味を持っている人は年々増えていると感じます。

特にマンガやアニメが好きな人は少ないながらも一定数いますしその証拠に毎年ロンドンではハイパージャパンなる日本のサブカルチャー、文化をテーマにしたフェスティバルのようなものも開催されています。

しかし一般の人にまで浸透しているかどうかとなるとそこまでは浸透していません。

ここまで見ると僕が日本を下げていると思われるかもしれませんが違います、次の項で僕がこの記事で一番言いたいことを話します。

なぜ海外で認められようとするのか?

僕がこの記事で最後に言いたいのはなぜメディアをあげて海外がすべて、と思う人が多いのかという事です。

日本は日本で世界と違う音楽や映画やアートがあってアメリカでは違う音楽がありイギリスではまた違う音楽があって…

いちいち世界と比べなくても、認められようとしなくてもいいじゃないか、と僕は思うのです。

世界で認められたから良い音楽じゃなくて、洋楽の真似をしたから良い音楽ではなく日本で評価されればそれで充分だと思うのですが…

僕はこの海外の物=正解、良いもの、という考えがあまり好きではないです。

その考えを助長させるようなこのような誇張報道に違和感を持ったのでだらだらとなってしまいましたがこの記事を書いてみました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-雑記

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.