プロフィール


こんにちは!底辺下剋上系留学卒業生こと当ブログ”ライフタイムラーナー”管理人のJINと申します!

イギリス5年間+の生活の中で自分が知っておけばよかったー、これ知っておけば海外生活もっと楽にできたんじゃね?そして自分が発見した面白い情報をこのブログで還元そして発信していきます!

当ブログ管理人プロフィール

ペンネーム: JIN

生年月日: 1993年10月生まれ(世間的には”ゆとり世代”と総称されています)

出身地: 愛知県、徳川家康の生誕地

趣味: ビール、パブ巡り、料理、ジム

イギリスの好きな所: 圧倒的フリー&スローライフ(ロンドンを除く、もう一度言う、ロンドンを除く!)

子供のころの夢: から揚げ屋

尊敬する人: 本田圭佑

超簡潔に重要年表を作ってみた

  • 1993年 愛知県に誕生する
  • 2009年 同県偏差値40台の田舎公立高校へ進学
  • 2010年 同高校定期テストの科目全体で学年全体最下位を叩き出す
  • 2011年 海外大学進学を志しTOEFLを受けるも50点(TOEIC換算480点)という絶望的な点数を叩き出してしまう
  • 2012年 自分で考えに考え抜いた英語勉強法を駆使してIELTSを受け全体6.5点(TOEIC820~860点)まで成長させ海外大学進学を勝ちとる
  • 2013年 イギリスにある某大学へ正規入学を果たす(メディア、映画、ジャーナリズム専攻)
  • 2016年 日本英語検定(英検)1級を一発で合格
  • 2017年 同大学をそこそこ良い成績で卒業、当ブログ開設(今ここ)

幼少期~小学校時代

幼少期の頃の記憶はあまり無いのですが聞くところによるとその当時はあまり活発でもなく静かでもなく普通の子だったみたいです。

しかし自分の好きなことには集中力が半端じゃなかった一方そうじゃないものには全く興味を示さないというそのころから現在に通ずる人間的な基盤はできていたんですねー(笑)

小学校ではとにかく365日外で遊び家には遅く帰り今思えばなかなか困った小学生だったんだなぁと…

その一方宿題は一切やらない、勉強はやらない、忘れ物は多い、更には遅刻はするなどなど…勉強とは無縁の生活を送っておりました。

中学校時代

中学に入っても特に小学生時代と変わることはありません。

遊びと部活が人生の中心でした15歳くらいになるまでは一切の勉強をせず毎日遊びに出かけ14歳のころは高校には行かないと親や先生に宣言をした記憶は今でも覚えています。

その当時の思考回路はやりたいことはない、勉強したい教科もないしできない、興味は一切ない、じゃぁなんで高校行かなきゃいけないんだ?という考えで兎に角極論に行きついてしまう生活は今ともあまり変わりませんね。

特に周りからも凄い反対をされる訳ではなかったのでそのまま高校に行かなかった人生も大きな確率であったと思います。

仮にその人生があったとしてもそれはそれで面白い人生を歩んでいたと思います。

ただ当時流行っていた海外ドラマのプリズンブレイクが僕の人生を大きく変えることになります。それまで洋画や海外ドラマを好んで見るわけでもなかったですしどっちかというと日本のドラマのが断然好きでした。

海外ドラマについてはちらほら記事を出しているので興味があったら読んでみてください。

しかし14歳か15歳の僕にとってプリズンブレイクは凄い衝撃的で単純に面白いしカッコいいなぁと思ったのが英語に興味を持ち始めた始まりでした。そして英語を勉強したいから高校に行きたいという気持ちが芽生え始めます。

しかしそう思い始めた時はもう高校受験シーズンは数か月後に迫っており時すでに遅しという感じで偏差値40台の公立高校になんとか滑り込みます。

お世辞にも良い高校に入ったとは言えませんが僕にとって本当にそれは大金星で本当にうれしかったです。

 

高校時代

これだけ頑張って入った高校でしたが入学して数か月後くらいにはもう辞めようかと思い始めます。

部活には入部しましたが一か月も経たないうちに辞めてしまい、中学時代の友達も次々と高校を辞めていったので正直僕もやめようと思ってました。

勉強でも校内全体最下位という結果を叩き出してしまい出鼻を挫かれます。

学校と並行して土方系のアルバイトをしていたので高校を辞めてそこで働こうとも思っていました、しかし心の片隅で英語をしゃべれるようになりたい、字幕なしで映画を理解したいというその気持ちだけでなんとか踏ん張ることができ、他の4教科はどうでもいいからとりあえず英語だけ教科として出来るようになろう、と思い始めます。

そう思い立った時から英語を洋楽や洋画、海外ドラマなどを使い独学で勉強し始め高校3年生の時に学校で受けた全国模試では英語とリスニングで偏差値が一度70を超えたこともありました。

そうなってくると高校の先生方も英語だけで入れるような大学をピックアップして勧めてくれるようになってきます、一旦は大学に行って英語を勉強しようかと思いましたが結局どこの大学も受けないことに決めます。

そこからはいろいろと調べてどの国に行けばどれくらいの費用が掛かってどういうような奨学金があって…などなどを調べとりあえず大学留学するにはほぼ必須といえるTOEFLを受けましたがその結果は50点(TOEIC換算480点)と悲惨なものでした。

そして留学先をイギリスに絞り受けるのはIELTSだけにするという事を決めます。

TOEFLを受けたのが11月でしたので4か月後の3月のIELTSに一発勝負で受ける事にしこれで大学留学できるほどの点数が取れなければ諦めて就職するという事を親と約束します。

その11月から3月までは恐らく人生で一番勉強した時期だと思います、工夫に工夫を重ね勉強法を編み出し3月のIELTSのテストではトータルスコア6.5(TOEIC換算820~860)を達成することが出来ました。

 

高校卒業後~イギリスに飛び立つ

高校を卒業しIELTSを取得した僕はそこから一切英語の勉強をしなくなります、正直少し天狗になっていたのかもしれません。

しかし必死に勉強したことが頭から離れるはずもなくテキトーに申し込んだ英検準1級にノー勉強で一発合格します。

もちろんお金も必要でしたのでその期間は死ぬほど働いて死ぬほど遊びました、朝、昼は倉庫で働き夜はバーテンダーとなかなかきつい生活を送っていましたがたまの休みは友達と豪勢に遊ぶというとてもメリハリのついた生活を送りある程度のまとまったお金をイギリスに行く前に貯めることが出来ました。

そして僕はライフタイムラーナーになった

そしてこのブログは僕のこの次の物語を記事にしています。

偏差値40台の高校内で底辺だった僕の海外留学話であったり苦労、楽しかったこと、こんな僕だからこそ見つけられた有益な情報、イギリスの大学で取得したメディアや映画、ジャーナリズムに関する情報を発信しています。

このブログではとにかくみなさんに僕が留学に行く前に知りたかった情報の発信や疑問にお答えしたいと思っています。

メールでの留学や英語に関する無料相談も行っています、留学は人生において大きなステップであり行く前はとっても怖いものです。

僕ももちろんそうでした、人から無頓着だ、マイペースだ、なんて言われる僕ですが留学前はとっても怖かったです。

ぜひ僕に手助けをさせてください、留学斡旋会社とはまた別の視点で疑問にお答えできます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!




JINがおすすめする記事

1

こんにちは、昔から顔が濃くて歴史の教科書に出てくる縄文人と同一人物説が出た事さえあるJIN(@Jinthelearner)です。 ちなみに教科書に出てくる縄文人の顔はこんなのでしたね(笑)(写真左) ...

2

こんにちは偏差値40台の高校を卒業後イギリスの大学に進学し卒業したJIN(@Jinthelearner)です。 恐らく今この記事を読んでくれている皆様は少なからず 海外の大学への進学を考えている、興味 ...

3

こんにちは、旅行が好きでもないのにイギリスに居る間はヨーロッパへ行くのが激安過ぎで「せっかくだから」と何か国も行ってしまっているJIN(@Jinthelearner)です。 日本からヨーロッパに旅行に ...

4

こんにちは、日本では男臭すぎると言われイギリスでは男レベルが足りないと言われどうすればいいか分からないJIN(@Jinthelearner)です。 皆さんこんなことを聞いたことはありませんか? 日本人 ...

5

こんにちは、日本の大学生ほどいい生活は出来ませんでしたがイギリス大学留学中は仕送り無しでも結構いい生活できていたなと回想するJIN(@Jinthelearner)です。 今回はみんな大好き、そして悩み ...

6

こんにちは、未だに自分が大学に行って卒業したという事実をあまり自分で受け入れられないJIN(@Jinthelearner)です。 みなさんは知人にアメリカやイギリスの大学で4年間現地の学生と全く一緒に ...

更新日:

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.