スポンサードリンク




未分類

一番のお得を探そう!イギリス大手スーパー徹底解剖【Sainsbury's】

更新日:


こんにちは、第一弾から少し時間が経ってしまいましたがイギリス大手スーパー徹底解剖企画の第二弾になります!

今回はイギリス国内大手スーパーの一つであるSainsbury's(セインズベリー)を解剖していきたいと思います!

ジェイミー・オリバーとかつてパートナーシップを結んでいたスーパーマーケット

イギリスの食文化を健康的に変えようと奔走し現在も努力を続けているイギリスの大人気、超有名シェフ、ジェイミー・オリバー氏とかつてパートナーシップ契約を結んでいたことで有名なセインズベリー。

それが物語っているように野菜や肉類のクオリティは他のスーパーマーケットを凌駕しているような気がします。

それと引き換えに野菜などはあまり長持ちしない気がしますが保存料的な物があまり使われていないのかなぁとも思ったりします。

セインズベリーは前回のASDAと違いコンビニ型の小型店も持っているので大きなスーパーマーケット型だけでなく街の中心部などではコンビニ型店舗も見つけられることが出来ます。

アジア系に力を入れている印象

どこのスーパーでもある程度はアジアセクションを持っているのですがセインズベリーは他のスーパーよりも力を入れている印象があります。

例えばこのようなインド料理だけではありません。

タイ料理専門のセクションを設けていたり他のスーパーでは見たことのないような力の入れようです。

タイ料理だけではなく僕が訪れたこの店舗では小さ目ながらも日本食コーナーも設けられています。

もちろんカップ麺コーナーもありますよ!今度買ってレビューでもしてみようかな。

珍しいものも手に入るのがセインズベリー

もう一つのセインズベリーの特徴として結構珍しいものも手に入るという事です。

例えばイギリスの珍料理紹介の記事で紹介したブラックプディングもセインズベリーで運が良ければ手に入れることが出来ます。

ベーコンだけを見ても色々な種類が置いてあり

他のスーパーではおいていないようなダック(アヒル)なども置いてあります。

鹿肉バーガーやイノシシ肉バーガーなどの変わり種なども置いてあります。

鮮肉、鮮魚コーナーはあまり充実しておらず

見てわかるように鮮魚の品数はかなり少なく他のスーパーと比べると劣っています。

鮮魚コーナーと鮮肉コーナーがそれぞれ小さいために合体しており他のスーパーと比べると小さいかなと感じます。

それでは最後にセインズベリーのポイントを確認していきましょう。

ポイント
  • イギリスの超有名シェフのジェイミー・オリバーがパートナーシップを結んでいたことを考えると品質は高品質
  • アジア系料理にも精通しており店舗によりますが他のスーパーでは手に入れることのできない日本風のカレールーなども手に入ります
  • 値段は少し高め
  • ハギスやダックなど変わり種が結構置いてある
  • 鮮魚やシーフードに関しては品数が少ないように思う
  • 大型店舗のみではなく小型のコンビニ型の店舗も構えている

いかがでしたでしょうか、また時間があり次第イギリスのスーパー徹底解剖第3弾を書こうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-未分類

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.