スポンサードリンク




イギリス生活情報 イギリス留学 海外旅行役立ち情報

イギリス旅行前に知っておくべき!現地の天気とおすすめの渡航時期

更新日:


こんにちは、単純にマジで雨が嫌いなJIN(@Jinthelearner)です。

海外旅行に行くにおいて知っておくべきことはいろいろあります。

例えば

  • 現地のしきたり
  • 気を付けるべき犯罪や治安
  • 現地の天候

さぁ今回は知っておくと便利シリーズ第3弾はイギリスの天気、天候について書いていきます!

他愛もない会話はいつも天気の話から!?

イギリス人、特に中年から年配の方は天気の話が大好きです。

例えばバス停で待っていると見知らぬ人から天気の話をされたりたまにはバスに乗っている最中に知らない人から天気の話をされます。

地方によって度合いは変わりますが基本的にイギリスの天気はすぐ激しく変わったりして晴れの日だからずっと晴れ、雨の日だからずっと雨、といったように一筋縄にはいきません。

そしてイギリスの天気、天候は予測することがなかなか困難だとよく言われているものです。

恐らくという事もあってイギリス人は天気のことを話すのが好きなのかもしれません。

しかしながらイギリスにも一応四季はあります(日本とは少し違いますが)

なので今回はイギリスへ旅行を考えている方へ一年のイギリスの天候の傾向、そしてどの時期に行くのがあなたに合っているかを書いていきます。

まずイギリスの天候について覚えておいてほしい事

先ほども書いたようにイギリスの天候、天気は予測がかなり困難です。

なのでどの時期に行っても春、夏、秋、冬を旅行中にすべてで体験できるというのも珍しくありません。

冬に夏が体験できることはほぼありませんが夏に冬っぽさを感じることはできます。

なので服装は基本的に四季すべてに対応できる服装が好ましいです。

特に夏の時期6月、7月、8月の渡航を考えている方、夏だからと言ってTシャツだけ持ってくるなんてことは絶対にやめましょう。

必ず夏だとしてもある程度暖かい服装、例えばコート、ジャンパー、セーターなどは持ってくるに越したことはありません。

そしてイギリスの天気と言えば雨、と思い浮かぶ人も少なくないと思いますが一週間もしイギリスに滞在したとすると雨に遭遇する確率は限りなく100%に近いです。

特にイングランド北部やスコットランドへの渡航を考えているならその確率はさらに上がります。

ですので防水のジャンパーだったり折り畳み傘だったりはかなり役に立つと思います。

僕のおすすめはノースフェイスのウインドブレーカーです、イギリスなら春夏秋冬どの時期でも使えますので優れものです。

イギリスにも折り畳み傘はもちろん売っていますがほとんどの傘が真っ黒なシンプルなものなのでおしゃれ女子の方は日本にいる間にかわいい折り畳み傘を買っておくのもいいですね!

そして最後にイギリスの天候は地方によってかなり変わることがあります。

そこは日本と同じです、なので天気予報を見るときはロンドンだけでなく行く都市それぞれを確認しましょう。

イギリス旅行でダウンロードしておくアプリ20選でもイギリス気象庁のアプリを事前に入れていくことをおすすめしています。

イギリスの春 Spring Weather

イギリスの春と呼ばれる時期は日本と同じで大体3月から5月です。

気温17度や18度で晴れと言ったとても穏やかで過ごしやすい天気の場合もありますが逆に気温6度から10度で雨天で寒いなんて言うこともあり得ます。

この季節では天気は変わりやすく同じ天候がずっと続くという事はあまりありません。

もしあなたが寒すぎず暖かすぎない天候が好きな方でしたら春に訪れられることをおすすめします。

イギリスの夏 Summer Weather

イギリスの夏は基本的に6月から8月と言われていますがその期間中でも寒くなる日があったりします。

しかし基本的には穏やかな日が多くたまに暑い日があるかなという感じです。

普通のイギリスの家には冷房が無いという事を考えると暑くなっても冷房無しでしのげれる程度という事です。

気温15度から30度の間を夏の期間は行ったり来たりしています。

日本と違う所は日中暑かったとしても夜は必ず涼しく、たまに寒くなるところです。

なので暗くなるまで外にいる予定の日は日中暑い日でも必ず上着を持っていく必要があります。

イギリス南部の地域では気温35度近くまで上がるところもあります。

そして何より夏の期間中は日没が遅く一番遅いときで日の入りが10時を超す時期もあります。

他の時期と比べると雨に遭遇する確率はかなり低いので夏のイギリスへの渡航は個人的におすすめします。

イギリスの秋 Autumn Weather

秋は9月から11月と日本と同じ感覚ですがイギリスではなぜか9月に夏並み、もしくはそれ以上の暑さになることがあります。

その9月の残暑期間を除けば気温は大体寒くて7度暖かくて19度とイギリスの秋はかなり過ごしやすい気候となっています。

秋のイギリスへの渡航を考えている方がいたら僕は9月をおすすめします。

なぜなら9月は観光シーズンのピークを避けられますし学校の夏休みを終わりたてであってかつ暖かい気候で過ごしやすく日没も7時くらいなので一日の行動量がかなり上がります。

イギリスの冬 Winter Weather

イギリスの冬は大体12月から3月の初めまで続きます、日本の冬よりかなり長い期間冬が続きます。

もちろん日本の冬と同じで一年の中で一番気温が下がり日没が一年の中で一番早くなります。

平均して気温は大体0度から6度で地方や年によってはそれをかなり下回ることもあります。

特にスコットランドやイングランド北部への渡航を考えている場合は他の地域より気温が低く雪に遭遇する可能性がぐっと上がります。

冬の渡航を考えている方は寒い季節に合った服を持ってくることが好ましいです、厚手のコート、手袋などは必須です。

何か特別な予定、行事に参加したいなどの理由がない限りは冬のイギリス旅行はあまりおすすめできません。

こんなような重装備が必要です、余談ですがこのカナダグースのダウンジャケット超カッコいいですね!

現在のイギリスの天気、気温



ロンドン以外の天気を詳しく知りたい方はこちらの天気予報サイトで確認できます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス生活情報, イギリス留学, 海外旅行役立ち情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.