スポンサードリンク




イギリス留学 大学留学 留学情報

間違えて留学したらヤバい事になってしまうイギリスでのカレッジと大学の違い

更新日:


こんにちは、今思えばイギリスのカレッジにも通ってみたかったなぁと思うJIN(@Jinthelearner)です。

みなさんカレッジと大学(University)って単語としてどんな違う意味を持っていると思いますか?

多くの人が恐らく

「同じでしょ?」

と答えるでしょう。

間違いではありませんしアメリカ人は大学の事をカレッジと呼びますし大学生をカレッジスチューデントなんて言っています。

しかしイギリスでは話が別です。

イギリスではこのカレッジと大学は全く別の意味を持っており全く別の教育施設なのです。

今回はイギリスにおいての「大学」と「カレッジ」の違いを説明していきます。

海外へ正規留学することを考える際に一つ考えなければいけない事がその国がどのような教育システムを持っているかという事です。

多くの西洋諸国では日本と全く異なる教育システムを採用している国がたくさんあります。

イギリスも例外ではありません、そして実はイギリスとアメリカの教育システムを比べてもかなり違います。

イギリスでハイスクールは高校なの?

まずカレッジと大学の話に入る前にそれよりももう一つ前の段階の話を少しだけさせてください。

ハイスクールと聞くと高校、と思い浮かべるのが普通です。

日本でもアメリカでもそれが普通だからです。

15歳から18歳までの3年間で勉強する教育機関の事を日本でもアメリカでもハイスクールと呼びますよね。

しかしイギリスでハイスクールは高校ではありません。

ほとんどのイギリスの地域で実はハイスクールはセカンダリースクール(基本的に11歳から16歳が勉強する場所)の事を指すのです。

イギリスでのハイスクールとカレッジの違い

カレッジと大学の違いを説明する前にもう一つそれ以前の話をさせてください(最終的にこちらから説明した方が近道なので…)

ではイギリスでのカレッジとハイスクールは何が違うのでしょうか。

ハイスクールでの教育(11歳から16歳)は義務教育の一環なのですがカレッジでの教育(16歳以降)は義務教育ではありません。

感覚でいえばカレッジの方が日本の高校の感覚に近いという事です。

そしてイギリスの教育制度はとっても複雑なところがあるのですが

「ハイスクールでもシックスフォームセンターという施設があるハイスクールではカレッジで勉強できるような義務教育後の勉強をすることも可能」

なんです。

簡単に言えばシックスフォームをやってるハイスクールには11歳から16歳の義務教育だけの学生だけじゃなくてそれ以降の人も一緒のキャンパスで勉強しているよ。

という事でしょうか、無理やり日本で例えるなら中高一貫校のようなものでしょうか…

イギリスのカレッジ生活の実態がどんな感じか気になる方は以前僕がおすすめするイギリスドラマという記事の中で紹介したSkinsを見てみて下さい。

そしてハイスクールの実態が気になる方はInbetweenersを見てみてください。

両方とも同じような高校生の年齢の学生たちを題材にしたものですがSkinsはカレッジの学生たちを、Inbetweenersはシックスフォームの学生たちを題材にしています。

もう一つの違いがカレッジはハイスクールと違い義務教育を終えた人専用の教育機関になるためGCSEsやAレベルと呼ばれる大学に行くために必要なコース(無理やり例えるなら高卒認定)を提供するほか専門学校のような分野を扱っているカレッジも少なくありません(アート系や料理系などなど)そして入学する年齢に制限はありません。

一方シックスフォームを置いているハイスクールでは基本的にGCSEsやAレベルしか提供していませんので専門学校のような分野を学ぶことは出来ません。

複雑になってきたので簡単にハイスクールとカレッジの違いをまとめると

  • ハイスクールは11歳から16歳の義務教育を学ぶ場所でありシックスフォームという施設を持っているハイスクールの場合はGCSEsやAレベルといった大学入学に必要な高卒資格のようなものを取ることが出来る。
  • カレッジでは義務教育は扱っておらずGCSEsやAレベルを取得できる他専門学校のような側面も持っているので専門的な分野を学ぶことが出来る。

そしてハイスクールは制服を採用しているため制服を着用しなければいけませんがカレッジは制服の概念が無いため私服で登校することになります。

それではカレッジと大学は何が違うのか?

「最初にハイスクールとカレッジの違いを説明して本題のカレッジと大学の説明をするのに遠回りじゃないか!」

と思われたかもしれませんがそっちから説明したほうが実は分かりやすく近道だと思い最初にハイスクールの方を説明させていただきました。

さて、上の項を読んでいただけた方はカレッジがどのような人のためにあってどのような人がそこで勉強しているのかわかっていただけましたね。

一番シンプルで分かりやすく説明します、カレッジは大学に行くための高校卒業資格のようなものを取得できると共に専門学校のように専門的な分野が学べる教育施設です。

そしてUniversityは文字通り大学、特に総合大学の事を指します。

なのでUniversityの括りには皆さんご存知のオックスフォード大学やケンブリッジ大学が含まれていますがそれらはカレッジの括りの中には入りません。

でもアートであったり料理で合ったり専門的な事を義務教育後に学びたい場合はほとんどカレッジに行くことになります。

イギリスにおけるカレッジと大学の違い理解していただけたでしょうか?

正直なところイギリスの教育システムは日本の物とはかなり違うのでとても理解しにくいのですが今回の記事で大学とカレッジの違いが少しでも分かっていただけたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス留学, 大学留学, 留学情報

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.