スポンサードリンク




イギリス留学 大学留学 留学情報 英語学習 語学留学

ネイティブレベルになった?イギリス大学留学で英語は完璧になったか

更新日:


こんにちは、未だに自分が大学に行って卒業したという事実をあまり自分で受け入れられないJIN(@Jinthelearner)です。

みなさんは知人にアメリカやイギリスの大学で4年間現地の学生と全く一緒に勉強して卒業した人がいたらその人の英語力ってどう思いますか?

  • 大学を卒業するくらいなんだからネイティブレベルでしょ!
  • 日本語と同じレベルで操れるんでしょ?
  • むしろ英語のが日本語より出来るようになっていたりして!

なーんて事を思うかもしれませんが…

そんなことはぜーーーんぜん無いんですよ!

自分自身がイギリスの大学を卒業しているのでなんだか自虐(笑)のようになってしまいますが、今回は海外の大学に行ったからと言ってネイティブになれるわけでは無い!という事を書いていきます。

僕は英会話力があまりないまま大学に正規留学をしてのちに卒業することになるのですがこの大学留学という留学を経て果たして英語をどれくらい話せるようになったのか、そして大学と言う存在がどれくらい英会話力に影響があったのかという事を話していこうと思います。

海外大学卒業=英会話力がネイティブレベルは間違い

僕自身イギリスの大学を卒業し、そして数々の日本人の人たちがイギリスの大学を卒業するのを見てきました。

確かに英語を話せるようにはなりました…

それはほとんどの海外の大学を卒業した日本人の方もそうです。

しかし僕が正規大学留学をする前思い描いていたのは3年間の大学を卒業することが出来ればおのずと英会話力はネイティブレベルになるんじゃないかと…

それは大きな間違いでした。

まず大学は学位を取得するために勉強をするところであって英会話力を伸ばすところではないから実際大学生活の中で英語を話す機会は多いわけではありません。

多くの課題はレポート、論文形式が多く自分でパソコンや本と向かいながらやることの方が多いです。

もちろんそういうときはスピーキングという面での成長はありません。

セミナーなどでグループに分かれて議論をする場面もあります。

しかし相当その教科の知識がない限り英語力で元々劣っている日本人が議論の中心となって回すのは至難の業です。

海外の大学を卒業したから英語が完璧に、ネイティブレベルにしゃべれるようになる、という僕の考えは大間違いだったのです。

勉強ばかりしていては英会話力は伸びないが勉強をしないと授業についていけない

大学の勉強、勉強ばかりしていると英会話力はあまり伸びないままです。

でも勘違いしないでくださいライティング力やリーディング力はかなり伸ばすことが出来ます。

むしろそれらのスキルの方がネイティブレベルに近づくことが出来ます。

しかしそうなってくると英会話力をどこで伸ばすのかとなると学校外でどれだけネイティブの人と関われるかにかかってきます。

例えば友達と遊ぶ、サークルに参加するなどがあります。

しかし元々英語力の部分ではもちろんネイティブよりかなり劣っているので大学の授業に付いていくにはネイティブの何倍もの時間をかけて努力をしないと勉強の面で追いついていけなくなります。

だから遊びすぎ、勉強外のことをやり過ぎてしまうと本業である学業が厳かになり本末転倒になってしまいます。

なので勉強をすれば喋れなくなり喋りを優先すると勉強が出来なくなるという究極の状況なのです。

自分なりに最高のバランスを見つけなければいけません。

なら語学留学のが英語は話せるようになるの?

答えはYes、Noどちらともいえます。

確かに語学留学ならば授業も英語という語学面に特化した勉強しかしないためもちろんスピーキングの練習の機会もたくさんあります。

なので時間的には英語の勉強に大学留学よりはもっと捧げることが出来ます。

しかし語学留学では一緒に勉強するクラスメートはみんな自分と同じ英語を第二言語、第三言語として学びに来ている人だけです。

教えてくれる先生は大方ネイティブの人だとは思いますが実際大学付属の語学学校で先生がネイティブではなかったという事例もあります。

ネイティブと話し続けなければ深みのある話は出来ません、語学留学で身につけることが出来るのは英語圏でなんとか生活できるレベルの英語です。

何年も語学留学をしたところでネイティブレベルに近づくのはかなり困難だと思われます。

そもそもネイティブレベルで英語を話すことなど可能なのか

僕は小さい頃からネイティブ英語に日常的に触れてきた人(片親がイギリス人、インターナショナルスクールに通っていた、帰国子女など)以外はどれだけ頑張ってもネイティブレベルで英語を話すのは不可能だと考えています。

でも英語学習ってネイティブレベルを100とすると100に到達するのは不可能だけどどれだけ100に近づくことが出来るかという作業なんです。

ほとんどの日本人にとって英語は第二言語であって完璧に話せる必要は無いと言い切れます。

僕も最近まではイギリスに居ながらも言語としての英語の勉強は続けてきました(新しい単語の習得など)が最近英語の勉強は止めました。

たぶん自分の中で現在の英語力に満足したのかもしれません。

自分の現在地はもちろん100ではありません、しかし満足してしまったのです。

第二言語としての英語学習はネイティブレベルに到達するのはほぼ不可能なので終わりがなく青天井ですが、自分が自分の英語に満足した時点が自分のゴールにしてもいいんじゃないかなぁと頑張るのを辞めてしまった僕は思うんですね。

色々脱線してしまいましたが正規大学留学をして僕は英語を話せるようになりました、でもそれはネイティブレベルとは言えません、ですが英語圏の国でほぼ不自由なくちゃんと生活が出来るレベルくらいにはなりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJinthelearnerをフォローしよう!







-イギリス留学, 大学留学, 留学情報, 英語学習, 語学留学

Copyright© ライフタイムラーナー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.