イギリス イギリス文化

イギリス発祥の人気アウトドアブランド15選【あれもイギリス発だった】

2020年1月11日

最近ちょっと機能的な服も買うようになってきたJIN(@ScratchhEnglish)です。

「ファッションは我慢である」

なんて言ったりしますが、これまで機能性で服を選んだことなかった僕も最近は機能的なスポーツブランドの服を結構買ったりしています。

今一番流行っているアウトドアブランドと言えば恐らくノースフェイスかと思いますが、ノースフェイスはアメリカのアウトドアブランドです。

皆さんは「イギリスのアウトドアブランド」と言ったらどのブランドを思い浮かべますか?

意外と「これイギリスのファッションブランドだったの!?」というアウトドアブランドもあります。

今回の記事では「イギリス発祥の人気アウトドアブランド」を紹介していきます。

イギリス発祥の人気アウトドアブランド15選【あれもイギリス発だった】

スポンサーリンク

リーボック(Reebok)

出典:My7Sports

日本でもお馴染みのReebok(リーボック)は1900年創業のイギリス発スポーツ・アウトドアブランドで、「機能性に富んだ製品」を売りにしています。

80年代の最盛期にはスポーツ用品ブランドとして北米ナンバー1の売上を達成している一方で2005年にはアディダスの傘下に入っています。

リーボック一番の売りは「シューズ」であり、日本でも靴屋やスポーツ用品店に行けば必ずと言っていいほど見つける事ができます。

リーボック公式サイト

リーボックの古着を安く探す

カリマー(Karrimor)

出典:Karrimor

  • バックパック
  • アウトドア
  • スポーツ

の分野で有名なイギリスのアウトドアブランドと言えばカリマー(Karrimor)

イギリスの国旗ユニオンジャックに似たロゴが印象的で、特にバックパックに人気があります。

僕も昔Karrimorのバックパックを使っていました。

ロゴがカッコいいので良いですね!

カリマー公式サイト

カリマーの古着を安く探す

スポンサーリンク

トレスパス(Trespass)

出典:Awwwards

日本ではあまり有名ではないようですが、イギリス国内では各都市に多くの店舗を構えるアウトドアブランドの大手です。

  • スキーウェア
  • 防水ジャケット
  • フリース
  • フェス用アクセサリー
  • ウォーキングブーツ
  • キャンプ用品

に特化しており、機能性に優れています。

1984年創業とそこまで歴史のあるアウトドアブランドではありませんが、イギリス国内では非常に人気のあるブランドで、街を歩いていても着ている人をよく見かけます。

日本語の公式サイトはなく、AmazonなどのECサイトのみの取り扱いとなっているようです。

ミリカン(Millican)

出典:Outdoor and Country

世界中を旅した2人が様々な経験を基に機能性を重視して作ったブランドがこのミリカン(Millican)

イギリス湖水地方発のブランドと言うのも非常に魅力的なストーリーですね。

「長く使える」をコンセプトとし、旅の相棒のような存在を提供。

リュックサックを主に販売し、樹脂で作られた部品を使用しないという徹底ぶりも面白いです。

こちらも日本公式サイトの取り扱いはありません。

ハンター(Hunter)

出典:Hunterboots

ハンターはアメリカ人実業家によってスコットランドのエディンバラにて作られたレインブーツブランドです。

レインブーツと言うのがイギリスらしいですね。

機能性とオシャレさ両方を兼ね備えており、さすがレインブーツ専門店だなといったところ。

「Hunter rain boots celebrity」の画像検索結果

出典:Pinterest

ハンター公式サイト

ハンターの古着を安く探す

バーグハウス(Berghaus)

出典:outdoor GB

イングランド北部にある都市「ニューカッスル」で生まれたイギリスの登山、アウトドア用品ブランド。

1966年設立当初は自社製品を販売していたわけではなく、アウトドア用品の輸入販売業を営んでいました。

自社製品を取り扱い始めたのはそれから5年近く経った1972年の事です。

バーグハウスという名前は英語の「マウンテンハウス」のドイツ語訳に由来しています。

バーグハウス公式サイト

ロンズデール(Lonsdale)

出典:Lonsdale

「LONSDALE LONDON」というロゴが非常に印象的なロンズデール(Lonsdale)はイギリスでもかなりよく見るブランドです。

一般的なスポーツ、アウトドア用品に加えてボクシングをはじめとする格闘技用品が充実しているのも特徴。

1960年創業で、イギリスのスポーツシーンにはかなり浸透している非常にイギリス的なブランドと言えるでしょう。

ロンズデール公式サイト

マウンテンウェアハウス(Mountain Warehouse)

出典:Mountain Warehouse

Mountain Warehouse(山の倉庫)という超アウトドアな名前のマウンテンウェアハウスは1997年先述のKarrimorとのパートナーリテールとして創業されたイギリスのブランドです。

  • ハイキング
  • キャンプ
  • スキー
  • サイクリング
  • ランニング
  • フィットネス

など考え得るアウトドアグッズは大体手に入ります。

山好きにはぜひおすすめのイギリスアウトドアブランドです。

日本語版公式サイトの取り扱いはありません。

ラファ(Rapha)

出典:Rapha

2004年イギリス、ロンドンで始まったスポーツウェア・ライフスタイルブランドのラファ(Rapha)は特に

  • ロードバイクレース
  • サイクリングアパレル
  • サイクリングアクセサリー

にフォーカスしているブランドです。

ロードバイクや自転車が趣味の方にはぜひチェックして欲しいイギリスのアウトドアブランドです。

ラファ公式サイト

イノヴェイト(Inov-8)

出典:Nublue

イノヴェイト(Inov-8)はイギリスの湖水地方生まれのアウトドアブランドです。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • ハイキング

に特化したグッズを販売しています。

2003年の創業以来多くの商品を開発してきました。

また2016年12月にはマンチェスター大学とタッグを組んで新開発プロジェクトを立ち上げました。

イノヴェイト公式サイト

ブリッジデール(Bridgedale)

出典:Esteller

ブリッジデール(Bridgedale)はイギリスの一部である北アイルランドの首都ベルファストの近くで生まれたアウトドアブランドです。

  • ウォーキング
  • ハイキング
  • トレッキング
  • 山登り
  • ランニング
  • スキー

に最適な靴下を専門にしている面白いブランドです。

ブリッジデールではテクノロジーを駆使したハイクオリティで快適な靴下を手に入れる事ができます!

Vango(ヴァンゴ)

出典:Cotswold Outdoor

イギリスに行ってみると分かりますが、イングランドには高い山がありません。

イギリスで山があるのはウェールズやスコットランドの方なのです。

このキャンプ用品メーカーのヴァンゴ(Vango)はそんなスコットランド発のブランドです。

テントなどのキャンプ用品を中心に取り扱っています。

モンテイン(Montane)

出典:Cotswold Outdoor

「より遠く、より速く」

こんなキャッチフレーズのイギリスのアウトドアブランド、モンテイン(Montane)はイギリス北東部アッシントンにて1993年に設立されました。

冒険家の夢を持った人によって作られたブランドです。

快適なアウトドア体験の為に

  • 革新性
  • 耐久性
  • 軽量
  • 通気性

を考えてウェア、バックパック、アクセサリーなどの製品が開発されています。

モンテイン公式サイト

アイグーリーアルパイン(Aiguille Alpine)

出典:Aiguille Alpine

Aiguille Alpineはフリーランスのアウトドアインストラクターであったエイドリアン・ムーア氏によって1987年に設立されました。

技術に頼らない手作りのアウトドアグッズを作り続けていた結果ブランドを立ち上げたという面白いストーリーを持っています

そんなバックボーンを持つAiguille Alpineは非常に魅力的なアウトドアブランドです。

スナグパック(Snugpak)

出典:Snugpak

スナグパック(Snugpak)はイギリス北部のヨークシャーで始まり、今でもイギリス国内の工場で製品を製造しているアウトドアブランドです。

耐久性にこだわりを持ち、なんと世界にある多くの軍隊が正式採用しているブランドです。

「軍隊が正式採用」

パワーワードですねー

寝袋と上着を専門としています。

スナグパック公式サイト

以上がイギリス発祥の有名アウトドアブランド15選でした!

また、イギリスの有名ファッションブランドに関してはこちらの記事で紹介しています。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス, イギリス文化

© 2020 ライフタイムラーナー