単語・熟語辞典 英会話フレーズ

【英語副詞】英会話の幅とレベルを上げる簡単で便利な副詞23選

2020年3月22日

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 英会話で副詞って重要なんですか?
  • 使える副詞を教えてください
  • ライティングでも使える副詞を教えてください

 

  • 英会話
  • 英語のライティング

 

英語でアウトプットする際に皆さんは副詞を活用していますか?

 

実は副詞って非常に重要な要素で、使うのと使わないのでは情報の質、そして英語の質が大きく変わります。

「副詞を上手く使えばより流ちょうな感じがする」といっても過言ではありません。

 

英語ネイティブも会話の中で数多くの副詞を使っています。

 

今回の記事ではそんな英語の副詞の使い方と、ネイティブがよく会話内で使っている便利な副詞を一覧で紹介していきます!

 

この記事を読むメリット

  • ネイティブがよく使う便利な副詞を知る事ができる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 副詞を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
使いこなせれば英語レベルが一段階上がるの間違いなし!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



ネイティブがよく使う便利な英語の副詞一覧

 

それではネイティブがよく使う副詞を23個解説付きで見ていきましょう。

 

Technically

 

「厳密に」というネイティブ御用達の副詞です。

 

「技術的に」という意味もありますが日常英会話では「厳密に」を意味する場合がほとんどです。

 

エレナ先生
You know what? Technically, I'm not wrong(あのさ、厳密に言ったら私悪くないからね!)

 

Definitely

 

「絶対に」という意味があり、可能性が100%であることを表します。

 

または本当は100%でない時も内容を強調するために使う事も。

 

 

エレナ先生
I'm definitely going!(絶対に行くよ!)

 

関連 【順位別】「かもしれない」可能性を表す英語表現を全て比較して完全解説

 

Totally

 

英語ネイティブの中でも特にアメリカ人御用達の副詞。

 

口語的には日本語の「マジで」に通ずるものがあります。

 

それ以外にも「完全に」として使われます。

 

エレナ先生
I'm totally into that guy(マジであの人に夢中)

 

Hopefully

 

「できれば」という希望(Hope)を表す副詞です。

 

こちらも本当によく英会話で使われており、質問への回答として単体で使われることもよくあります。

 

エレナ先生
Hopefully, it won't happen(起こらなければいいけどね)

 

Ridiculously

 

バカげたという形容詞「Ridiculous」の副詞系です。

 

日本語の「ヤバい」と似た感じでポジティブ、ネガティブ両方を強調する事ができる副詞となっています。

 

簡単な例

  • Ridiculously delicious(おかしいくらいに美味しい)
  • Ridiculously bad(おかしいほど悪い)

 

 

エレナ先生
You're ridiculously wrong!(あなたあり得ないくらい間違ってるわ!)

 

Possibly

 

可能性がある事を表す際に使われる副詞です。

 

厳密に言うと実現可能性が30%くらいの時に使われます。

 

Possibly以外

  • Definitely:100%
  • Probably:70~80%
  • Likely:60%
  • Unlikely:10%

 

この辺の副詞を覚えておくと便利です!

 

おすすめ記事
【順位別】「かもしれない」可能性を表す英語表現を全て比較して完全解説

続きを見る

 

エレナ先生
You're possibly right(あなたが合ってる可能性もあるわね)

 

Precisely

 

Precide(正確な)という形容詞から来ている副詞です。

 

「正確には」という意味を持ち、英会話でも様々な場面で使われる非常に便利な副詞となっています。

 

エレナ先生
Tell me what happened precisely(何が起こったのか正確に教えて)

 

Unfortunately

 

様々な場面で使えるのがUnfortunate(不幸な)という形容詞から派生したUnfortunately、日本語的に言うと「残念ながら」「申し訳ございませんが」といった状況で使える優れものです。

 

真逆のFortunatelyも使えますが、Unfortunatelyの方が使用頻度高めです。

 

エレナ先生
Unfortunately, I can't come(残念だけど行けないわ)

 

Honestly

 

Honesty(正直さ)Honest(正直である)といった単語から派生した「正直に」を表す副詞です。

 

「正直~なんだよね」といった感じで使われます。

 

エレナ先生
I honestly think you should see a doctor(病院行った方が良いと本気で思うよ)

 

Basically

 

これはめちゃくちゃ使うやつです。

 

日本語的に言うなら「基本的には~」「簡単に言えば~」というやつで、文頭や文末で使われることが多いです。

 

エレナ先生
Basically, this is mine and that is yours(簡単に言えばこれが私のであれがあなたのね)

 

Seriously

 

「真剣な」という形容詞のSeriousの副詞系です。

 

相手が言ってきたことに対してSeriously!?(マジで?)といった感じで単体でも良く英会話で使われています。

 

エレナ先生
Do you seriously think so?(あなたマジでそう思ってるの?)

 

Apparently

 

この副詞を知っているか知っていないかでかなり英会話の幅が変わると言っても過言ではないと思っています。

 

人やテレビから聞いた話で「~らしいよ」と言いたい時ってかなりあるじゃないですか?

 

そんな時に使えるのがApparentlyです。

 

エレナ先生
Apparently, James got married(ジェームズ結婚したらしいわよ)

 

Literally

 

「文字通り」という意味を持つ会話で非常に良く使われる副詞です。

 

会話内では特定の状態を強調する形で使われ、アメリカ英語とイギリス英語で発音が大きく異なります。

 

エレナ先生
I'm literally starving!(死ぬほどお腹空いた!)

 

Rarely

 

レア、つまり珍しいという形容詞から派生した副詞です。

 

英会話では「めったに~しない」というような形でよく使われていて、Oftenの真逆のような意味を持っています。

 

エレナ先生
I rarely have a cold(私はめったに風邪を引かない)

 

Relatively

 

こちらも英会話でよく使われる副詞です。

 

「比較的に」という意味を持ち、日本語会話の「比較的に~」と同じような形で使う事ができます。

 

便利なので覚えておきましょう!

 

エレナ先生
This winter is relatively warm(今年の冬は比較的暖かい)

 

Extremely

 

Extreme(極端な)という形容詞の副詞系で、極端であることを表したい時に使えます。

 

簡単な例

  • 極端に遅い
  • 極端に上手い
  • 極端に下手など

 

ポジティブ、ネガティブ両方の極端で使えます。

 

エレナ先生
Today is extremely cold!(今日は極端に寒いわ)

 

Indeed

 

英会話でよく使われる強調系の副詞ですが、意外と忘れがちな人が多い気がします。

 

「実に」「いかにも」と言った意味を持ち、文末や単体で使われることが多いです。

 

エレナ先生
He's a reliable person indeed(彼は実に信頼できる人だ)

 

Ultimately

 

会話では「最終的に」「究極的に」「結局のところ」といった形で使われます(例えば「結局のところ裏目に出た」など)

 

単なる「最終的に」というだけなく、色々突き詰めていった結果最終的に~といったニュアンスが含まれているので便利です。

 

エレナ先生
My proposal has ultimately been approved by my boss(私の提案は最終的に上司によって承認されました)

 

Completely

 

コンプリートの副詞系で「完全に」「100%」といった断定のニュアンスを持ちます。

 

簡単な例

  • 「君は100%間違っている!」
  • 「ゴミは完全になくなったよ!」
  • 「100%君に賛成するよ!」

 

このような形で使えます。

 

エレナ先生
The building is completely gone!(建物は完全になくなった)

 

Desperately

 

Desperate(必死な)という形容詞から来る副詞で「喉から手が出るほど」と同じ意味で使える非常に便利な副詞です。

 

どうしても何かをしたい時、喉から手が出るほど何かが欲しい時、是が非でも他人に何かをして欲しい時など使える場面はたくさん!

 

エレナ先生
I desperately want these shoes!(何が何でもこの靴が欲しいわ!)

 

Arguably

 

Argue(言い争う)という動詞から来ている副詞で、意味は「ほぼ間違いなく」「異論があるかもしれないが」です。

 

例えば「Arguably correct」という場合「異論があるかもしれないけどほぼ間違いなく正解だろう」というニュアンスになります。

 

エレナ先生
He is arguably the world's best football player(異論はあるかもしれないが彼が世界最高のサッカー選手だ)

 

Nearly

 

Near(近い)という形容詞の副詞系ですが、英会話でよく使われる意味は「ほとんど」「ほぼ」というAlmostと同じような形です。

 

非常によく英会話で使われるので絶対に覚えておきたい副詞です!

 

エレナ先生
It's nearly done!(もうほぼ終わりよ!)

 

Surprisingly

 

Surprise(驚かせる)という動詞の副詞系で「驚いた事に」「意外にも」という意味があります。

 

皆さんも普段日本語を話していて「意外に~」という事を言ったりしませんか?

 

そう考えると非常に便利な副詞だと言えるでしょう!

 

エレナ先生
Surprisingly, my team won(意外にも私のチームが勝った)

 

副詞は文法的にも色々な位置で使えて、文章や会話の内容を濃くしてくれる非常に便利なものです。

 

副詞を使いこなせるようになると英会話やライティングの質が1段階上がります。

 

エレナ先生
ぜひ自分がよくつかいそうな副詞はしっかりと覚えて、日常生活に活かしていきましょう!







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典, 英会話フレーズ

© 2021 ライフタイムラーナー