単語・熟語辞典 英会話フレーズ

「雰囲気」は英語でなんて言う?日本語よりも複雑な英語表現7選【例文付き】

2020年10月2日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「雰囲気」は英語で何て言いますか?
  • 「ここは雰囲気が良いお店ですね」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

「雰囲気」って日本語会話の中でもよく使う単語ですよね!

英会話でもよく使う表現なのですが、日本語ほどシンプルではなく似たような単語が若干のニュアンス違いでたくさんあります。

似たような意味のニュアンスでも1つの単語だけではなく複数知っておくと英語の幅が広がり、英語力アップするのも間違いありません。

私も昔は「意味が同じなら自分が使うやつ1つだけ覚えておけばいい」と思っていましたが、実際ネイティブは色々な単語でニュアンスを少し変えながら英会話をしています。

自分が使わなくても、リスニングという観点で複数の単語を知っておくというのはメリットがあります!

「雰囲気」は英語でなんて言う?日本語よりも複雑な英語表現7選【例文付き】

スポンサーリンク

空気感や雰囲気を表す「Atmosphere」

和英辞典に「雰囲気」と入れて真っ先に出てくるであろう単語がAtmosphereです。

イメージ

空気感的な雰囲気

参考

Atmosphere:大気、空気、気圧、雰囲気、ムード

つまり「いい雰囲気のお店」「暗い雰囲気の絵画」のように空間的な雰囲気に使う事はできますが「暗い雰囲気の人」のように人物に対して使うことはできません。

例文
エレナ先生
The atmosphere of the restaurant was lively.(そのレストランの雰囲気は活気あるものでした)

最も雰囲気のイメージに近い「Vibe」

日本語の「雰囲気」のように汎用的で会話なのかで使えるフレーズがVibeです。

「Vibration」を略した表現ですが、非常によく使われる表現になります。

イメージ

雰囲気などに起因する感情

簡単な例
  • Good vibe:雰囲気に起因する良い感情
  • Bad vibe:雰囲気に起因する悪い感情
  • Girl-next-door vibe:近所に住んでそうな女の子の雰囲気

使いこなすことができれば英会話の質が一段と上がります!

例文
エレナ先生
I can feel some bad vibes in here.(なんだかここは嫌な雰囲気を感じます)

スポンサーリンク

環境が作り出す雰囲気を表す「Ambience」

Atmosphereと若干似た表現で、空気感に使う単語です。

Ambient music(環境音楽)というジャンルがあるのですが、それを見ても環境と関連する雰囲気を表す単語であることが分かります。

ただ英会話においてはAtmosphereやVibeほど登場頻度は高くありません。

例文
エレナ先生
This place has a relaxed ambience.(この場所は落ち着いた雰囲気があります)

日本語のオーラとほぼ同じ「Aura」

「この人には○○のオーラを感じる」なんて日本語でもいう事ができますが、イメージとしては同じです。

また、物や場所に使う事はなく、人物に対して使われる単語になります。

例文
エレナ先生
He has an aura of confidence.(彼は自信に満ち溢ている雰囲気がある)

性格を表す「Personality」

「雰囲気」とはやや脱線しますが、性格を意味するPersonalityも似たようなニュアンスで使う事ができます。

参考

Personality:人となり、性格、個性、雰囲気、特徴

人の性格だけでなく、場所や環境の雰囲気でも使う事ができるのです。

関連記事

例文
エレナ先生
This place has some artistic personality.(この場所はアートな雰囲気がある)

Personalityと似ている「Style」

StyleもPersonalityと同様に「特徴」や「個性」を表すことができます。

「雰囲気」とはやや離れてしまうので、「雰囲気」としてはあまり覚えなくてもいいかもしれません。

空気を表す「Air」

日本語では「空気を読めない」なんて言いますが、実は英語のAirも「雰囲気」という意味を持っています。

※He can’t read the air(彼は空気が読めない)のようには使えません

例文
エレナ先生
Can't you feel the sadness in the air?(悲しい雰囲気を感じませんか?)

今回の「雰囲気」のまとめ

今日のおさらい

  • Atmosphere:空気感、雰囲気(人には使わない)
  • Vibe:雰囲気(もしかしたら一番日本語の雰囲気に近いかもしれない)
  • Ambience:雰囲気、周囲の環境
  • Aura:オーラ(物ではなく人に使う)
  • Personality:性格
  • Style:スタイル
  • Air:雰囲気







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-単語・熟語辞典, 英会話フレーズ

© 2020 ライフタイムラーナー