単語・熟語辞典

「慣れる」は英語で何て言う?Be used toとGet used toの違いとは?

2020年6月20日

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「~に慣れる」は英語で何て言いますか?
  • 「もう慣れました」と言いたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

「~に慣れる」

皆さんはこの表現を英語でしたい時にはどんな英語を使いますか?

 

ほとんどの人は

  1. Be used to~
  2. Get used to~

この2つを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

正解です、が、この2つの大きな決定的なニュアンス違いを知っていますか?

 

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「慣れる」にフォーカスしてBe used to~とGet used to~の決定的な違いを解説するとともに、他にも「慣れる」として使える英語表現を例文付きで紹介していきます!

 

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「慣れる」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「慣れる」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
結論この2つには決定的な違いがあります

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「慣れる」は英語で何て言う?Be used toとGet used toの違いとは?

 

それでは「慣れる」として使える英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

 

Be used to~とGet used to~の違いとは?

 

さあまずは「慣れる」として一番良く使われるBe used to~とGet used to~の違いについて見ていきましょう。

 

簡単な違い

  • Be used to~:~に慣れている
  • Get used to~:~に慣れる

 

つまりBe used toの方は慣れている状態を表し、Get used toは慣れている動作を表している訳です。

 

この違いは過去形にしてみるとよく分かりやすいです。

 

ニュアンス違いの例

  • I was used to this:昔はこれに慣れていたのになあ
  • I got used to this:これには昔慣れました

 

前者は昔は慣れていたけど今は…というニュアンスを含み、後者は昔既に慣れたというニュアンスを含みます。

 

また、Get used toの方は「慣れているところ」という意味で現在進行形でもよく使われます。

 

注意

Be used toの方は必ずBe動詞を付けるようにしましょう、Be動詞無し(主語 used to)だと「昔は~したものだ」という意味になってしまいます。

 

例文

 

エレナ先生
I got used to living here.(ここに住むのはもう慣れました)

 

 

「習慣」というニュアンスが重要な「Get accustomed to」

 

こちらも「慣れる」として使われる英語表現です。

  • Accustom:慣れさせる、慣らす
  • Custom:風習、慣習

この2ワードを理解するとこのニュアンスが分かりやすいと思います。

 

意味的には「慣れっこになる」「習慣化する」という感じでです。

 

また、Be used toやGet used toよりもややフォーマルで文語的な面もあります。

 

例文

 

エレナ先生
I got accustomed to this routine.(このルーティーンにはもう慣れました)

 

 

結構よく使われる「Become familiar with~」

 

「慣れる」と似たような表現でよく使われるもう一つの表現がこのBecome familiar withです。

 

「慣れる」のほかにも「~についてよく理解する」という意味もあります。

 

メモ

Familiar:精通している、打ち解けた、親しみのある

 

単語単体で見ると分かりやすいですが、Familiarには慣れた結果理解をしている、親しみがあるというような意味の形容詞です。

 

つまりBecome(~になる)と組み合わさる事で、直訳すると馴染んだ状態になるというニュアンスです。

 

例文

 

エレナ先生
I have become familiar with the culture.(この文化に慣れてきました)

 

 

新しい環境に慣れて落ち着くまでを表す「Settle in」

 

こちらは特に「新しい環境」「新居」に慣れるといった場面でよく使われます。

 

例えば引っ越しをしたけど慣れて落ち着きました…といったシチュエーションが想定できます。

「入居する」という意味でも使われることがあります。

 

例文

 

エレナ先生
I have settled in at my new job.(新しい仕事に慣れました)

 

 

順応するを表す「Adapt」と「Adjust to」

 

こちらは両方とも「順応する」「適応する」を表す単語です。

 

Adaptに関してはスペルをAdoptと混合しないように気を付けてください。

 

例文

 

エレナ先生
He adapted completely to the new job.(彼は新しい仕事に完璧に順応しました)

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典

© 2021 ライフタイムラーナー