元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

イギリス英語とアメリカ英語では使う単語が全然違う?知っておきたい50選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN( @ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、イギリス英語とアメリカ英語で違う単語を使うことはよくあります

この記事のまとめ

イギリスに5年住んだ筆者がイギリス英語とアメリカ英語で違う単語を徹底解説!

知っておきたい基礎的な違う単語を中心に50個、イギリス人ネイティブが作成した図解付きで厳選してご紹介いたします。

イギリス英語に興味がある方に、とくに読んでほしい内容です。

今では英語が「世界共通言語」といった立ち位置にいますが、世界にはネイティブ英語だけでもさまざまな種類の英語が存在しています。

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • オーストラリア英語
  • ニュージーランド英語
  • カナダ英語
  • アイルランド英語
  • 南アフリカ英語など

日本では学校で教えられる英語がアメリカ英語ということもあり一番馴染みがありますよね。

しかしイギリス英語では同じ物を表しているのに使う単語がアメリカ英語とまったく違うものが結構あります。

こんな方にオススメ
  • イギリス英語に興味がある
  • アメリカ英語とイギリス英語の違いに興味がある
  • イギリスに留学する or 住む予定
アオイちゃん

えーたとえば どんなのがあるの?

JIN

たとえば スニーカーはイギリス英語ではスニーカーと言いません

この記事の内容はポッドキャストでも放送しました

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【衣服編】

アメリカ英語 イギリス英語 服 違い

まずはアメリカ英語とはまったく異なる衣服に関するイギリス英語の単語を見ていきましょう。

Trousers VS Pants(ズボン)

アメリカ英語では「Pants」と呼ばれるズボンですが、イギリス英語では「Trousers(トラウザーズ)」が使われます。

さらにややこしいのが、イギリス英語での「Pants」は女性の下着を表す単語です。

日本語ではどちらの意味でも「パンツ」を使うことができ、ある意味ハイブリッドな立場を取っています…

Pants VS Panties(女性物の下着)

先ほども触れましたが、ズボンを表すアメリカ英語がPantsなのに、イギリス英語でPantsは女性ものの下着を表す単語になります。

非常にややこしいですよね…

Swimming costume VS Bathing suit(水泳着)

水泳着を表す単語もイギリス英語とアメリカ英語では異なります。

ここはわりと相互理解は可能なレベルかもしれません。

Dressing gown VS Bathrobe(ガウン)

ガウンとバスローブの両方で理解できる日本語を話す私たちにとっては問題ないですね。

Jumper VS Sweater(セーター)

個人的に日本語話者がイギリス英語で一番困る単語ダントツナンバーワンです。

日本語では上着のことをジャンパーと言いますが、イギリスで「Jumper」というとセーターを指します。

アメリカ英語では日本語と同じく「Sweater」

Trainers VS Sneakers(スニーカー)

服系のイギリス英語は、日本語話者にとって非常に面倒なものが多いです。

日本語でトレーナーと言えば特定の服を表す単語ですが、イギリス英語では靴のスニーカーのことを指します。

アメリカ英語は日本語と同じでSneakersを使います。

余談ですが、イギリス英語、アメリカ英語どちらとも靴は2足でペアなので複数形が使われます。

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【スナック編】

イギリス英語 アメリカ英語 違い 食べ物

次はイギリス英語とアメリカ英語で使う単語が異なるスナック編です。

Crisps VS Chips(ポテトチップス)

ポテトチップスはアメリカ英語では「Chips(チップス)」イギリス英語では「Crisps(クリスプス)」となります。

そしてややこしいのはイギリス英語で「Chips」はフライドポテトを意味する単語なので、イギリスでポテトチップスが欲しいのに「Chips」と言ってしまうとフライドポテトが出てくるので注意。

関連記事:元イギリス在住のポテトチップスマニアが送るイギリスのポテチベスト5

Chips VS Fries(フライドポテト)

アメリカ英語でポテトチップスだったChipsは、イギリス英語ではフライドポテトの意味になります。

しかし伝統的なイギリスのChipsはハンバーガーショップで見る細いフライドポテトではなく、やや異なる太めのポテトを指すので、イギリスでもマクドナルドのようなフライドポテトはFriesと呼んで区別している人もいます。

JIN

ちなみにイギリスのマーケットでChipsを買う時はモルトビネガー、カレーソース、グレイビーソースのどれかでいただく のがキホンです

Sweets VS Candy(甘いお菓子)

日本語でスイーツとキャンディーと聞くと

  • スイーツ=食後のデザート
  • キャンディー=飴玉

このようなイメージがありますが、イギリスでは飴玉のことをSweetsといいます。

JIN

イギリスに住んでいた頃Candyと言ったらそんな言葉使うなと怒られたのを思い出しました…

Biscuits VS Cookies(ビスケットまたはクッキー)

日本語ではビスケットもクッキーもほぼ同じなイメージですが、イギリス英語ではBiscuits、アメリカ英語ではCookiesを使いがちです。

ただSweetsとCandyほど厳格なものでもありません。

Jelly VS Jello(ゼリー)

日本語では「ゼリー」になるので日本語がイギリス英語寄りの単語です。

Jelloって少し違和感があります…

Ice lolly VS Popsicle(アイスキャンディー)

イギリス人の妻がこの図解を作ってくれるまで、アメリカ英語でアイスキャンディーをPopsicleというなんて知りませんでした。

覚えにくいと思ってしまうのは私だけでしょうか…

アメリカ英語とイギリス英語で違う単語(野菜編)

イギリス英語 アメリカ英語 違い 単語 野菜

次はイギリス英語とアメリカ英語で使う単語が異なる野菜編です。

Courgette VS Zucchini(ズッキーニ)

こちらはイギリス英語がフランス語を取っているタイプの単語になります。

歴史や地理を見てもわかる通り、イギリスとフランスはかなり昔から交流があり、フランス語から取ってきた単語が結構あります。

JIN

日本語ではアメリカ英語を取っているパターンですね

Aubergine VS Egg Plant(ナス)

こちらも先ほどのズッキーニ同様、イギリス英語がフランス語を使っているパターンです。

イギリス英語になるとナスの難易度が一気に上がります。

ちなみにイギリス英語だけでなく、英語の中にはRestaurantのように実はフランス語由来のものは結構あります。

Rocket VS Arugula(ルッコラ)

ルッコラに関してはイギリス英語の方が言いやすいですね!

イギリス英語のスペルはRocketとなっていますが、実はこのRocketもフランス語のRoquetteから来ています。

Spring Onion VS Green Onion(ネギ)

イギリス英語でもアメリカ英語でも覚えやすいですね!

イギリスで売っていたネギは、日本の長ネギと比べると細くて小ぶりなものが多かったです。

Beetroot VS Root(ビートルート)

ビートの根ということでイギリス英語ではビートルートと言います。

アメリカ英語ではそれを簡略化したものと思われます。

Runner Beans VS String Beans(さやいんげん)

アメリカ英語のString Beansは糸状の筋のあるさやいんげんを表す上ではわかりやすいですよね!

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【場所編】

イギリス英語 アメリカ英語 単語 違い 図解

次はイギリス英語とアメリカ英語で使う単語が異なる場所編です。

Shop VS Store(お店)

日本人としてはどちらでも理解できるケースですね!

ちょっとした「お店」を指す時にアメリカ英語ではStore、イギリス英語ではShopを使う傾向があります。

Cinema VS Movie theater(映画館)

「シネマ」というイギリス英語の方がわかりやすいのではないでしょうか。

シアターだけの場合は劇場を指す単語です。

JIN

Theaterはイギリス英語だとTheatreになる点もぜひ覚えておきたいところです

似たような例
  • Center→Centre
  • Fiber→Fibre
  • Liter→Litre
  • Kilometer→Kilometre

日本語ではリッターのことをリットル、メーターをメートルと言いますが、もしかしたらイギリス英語の影響なのか?とふと思いました。

Off-licence VS Liquor store(酒屋)

Off-licence…ライセンスが無い…もしかして違法のお店?とイギリスに来ると思ってしまいますが、Off-licenceはいわゆる酒屋です。

トリビア
  • 酒類を販売するライセンスがあるものの、店舗内で飲むライセンスは持っていないため、オフライセンスと呼ばれている
  • スーパーやコンビニができる前は酒類を購入できる唯一の場所だった(飲み屋を除く)
  • 厳密に言えば店舗内で飲むライセンスを持っているパブやバーなどはオンライセンスとも言える

Chemist/Pharmacy VS Drugstore(薬局)

ドラッグストアというアメリカ英語の方が日本人としてはなじみ深いですよね。

Petrol station VS Gas station(ガソリンスタンド)

イギリス英語を学ぶなら覚えておきたい単語のひとつです。

イギリス英語→Petrol
アメリカ英語→Gas

JIN

ほぼ独占的にイギリスではPetrol、アメリカではGasが使われます

Sweet shop VS Candy store

これまでに紹介した2つの単語の復習にもなりますね!

甘いお菓子:アメリカ英語→Candy イギリス英語→Sweet
お店:アメリカ英語 Store イギリス英語→Shop

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【乗り物編】

イギリス英語 アメリカ英語 単語 違い 乗り物

次はイギリス英語とアメリカ英語で使う単語が異なる乗り物編です。

Taxi VS Cab(タクシー)

タクシーはイギリス英語でTaxi、アメリカ英語でCabがよく使われます。

しかしロンドンの黒タクシーはBlack cabと呼んだり、イギリスでタクシードライバーのことをCabbieと呼んだりするので正直境界線は曖昧です。

Aeroplane VS Airplane(飛行機)

飛行機に関しては両者ともどのみちPlaneで略すのであまり実感することはないです。

JIN

あくまで正式名称で呼んだらこうなるって感じね

Tube/Underground VS Subway(地下鉄)

イギリス英語で地下鉄のことをSubwayということはありません。

Lorry VS Truck(大型トラック)

ロリーとトラック、日本語ではわりと両方とも理解できますよね!

Motorbike VS Motorcycle(オートバイ)

日本語ではバイクと言いますが、イギリス英語でもアメリカ英語でもオートバイのことをBikeということはありません。

Bikeは自転車です。

JIN

モーターがついてるからMotor!

4 by 4 VS SUV(四輪駆動車)

日本語では四輪駆動車とSUVは若干違う意味をもつと思うのですが、イギリス英語では4 by 4、アメリカ英語ではSUVが使われがちです。

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【住居編】

アメリカ英語 イギリス英語 違い 単語 ショッピング 階数 アパート 庭
日本語イギリス英語アメリカ英語
アパートFlatApartment
共同住宅Block of flatsApartment building
駐車場Car parkParking lot
GardenYard
1階Ground floor (0)First floor (1)
2階First floor (1)Second floor (2)

建物に関して言えばイギリス英語はわかりにくいです。

日本語でいう1階はグラウンドフロア(0階)として数えられ、2階部分が1階になります。

よくよく考えてみるとたしかに理にかなっていると思う一方で、長年染み付いた1階、2階という数え方は抜けないので言い間違えがちです。

JIN

イギリスではエレベーターの階数表示も1階は0です

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【ショッピング編】

アメリカ英語 イギリス英語 違い 単語 ショッピング 買い物
日本語イギリス英語アメリカ英語
日用品店Food shop/grocer’sGrocery store
八百屋Greengrocer’sFruit and vegetable store
魚屋Fishmonger’sFish store
宝石店Jeweller’sJewelry store
新聞雑誌類売店Newsagent’sNewsstand
金物屋Ironmonger’sHardware store
JIN

日本と同じように八百屋や魚屋はもうスーパーになってきてるから、あまり使わない場合も

アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【工具編】

イギリス英語 アメリカ英語 単語 違い 工具
日本語イギリス英語アメリカ英語
スパナ・レンチSpannerWrench
懐中電灯TorchFlashlight
釘抜きNail pullerCat’s paw
カッターナイフStanley knifeUtility knife/Box cutter
六角棒スパナAllen keyHex key
マスキングテープMasking tapePainter’s tape
JIN

工具に関しては意外と日本語がイギリス英語寄りのものが多いですね

Sponsored Links



アメリカ英語とはまったく異なるイギリス英語の単語【サッカー編】

イギリス英語 アメリカ英語 単語 サッカー 違い

イギリスの男性にサッカーのことをSoccerと言ってしまうと、間髪入れずに強めの訂正が入るほど例外なくFootballとして認知されています。

一方アメリカ人はアメフトに強い誇りを持っている為、両者がこの話になる時は基本険悪な水掛け論になりがち。

日本語イギリス英語アメリカ英語
ユニフォームKitUniform
試合MatchGame
引き分けDrawTie
グラウンド/ピッチPitchField
クラブ/チームClubTeam
0対0Nil-NilZero-Zero
JIN

ちなみにイギリス英語でUniformはスポーツのユニフォームではなく制服を指します

よかったらシェアしてね!

Sponsored

Sponsored

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる