イギリス イギリス文化 イギリス留学 イギリス英語 映画

イギリス英語を勉強したい人におすすめしたいイギリス映画15選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したJIN(@ScratchhEnglish)です。

私たち日本人は日本の学校でアメリカ英語を習ってきましたが、様々なきっかけで

「イギリス英語を学びたい!」

そういう風に思う人もたくさんいるでしょう。

しかしアメリカ英語に比べるとイギリス英語を勉強するためのリソースは圧倒的に少ないです。

そこで使えるのが

「イギリス映画」


映画であれば気軽にいくらでも生きたイギリス英語を学ぶことができます。

今回はかつてイギリス英語を学びたいと考え、結果的にイギリスの大学に行き、映画学を専攻して卒業した同士の私が

「イギリス英語の勉強におすすめしたいイギリス映画選」

を紹介していきます!

こんな方におすすめ

  • イギリス英語に興味がある
  • イギリスの映画に興味がある
  • イギリス英語を映画で勉強してみたい

イギリスで映画学を専攻した僕がイギリス英語を勉強におすすめしたいイギリス映画15選

スポンサーリンク

ハリーポッターシリーズ(Harry Potter Series)

  • 公開年:2001年~2011年
  • 上映時間:各作品で異なる
  • 主な出演者:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント(全員イギリス人)

言わずと知れた21世紀の名作シリーズ。

小学校の頃ハリーポッターと賢者の石を映画館で観た時まさか自分が実際にイギリスに5年も住むなんて思いもしなかったなぁ…

完全なイギリス映画と言うと語弊がありますが、出演陣はほぼイギリス英語を話します。

実在しない言葉も使われているのがネックですが、出演陣の英語は比較的聞き取りやすいのでイギリス英語初心者でもかなり理解しやすいのではと思います。

ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones's Diary

  • 公開年:2001年、2004年、2016年
  • 上映時間:各作品で異なる
  • 主な出演者:レネー・ゼルウィガー(アメリカ人)、コリン・ファース、ヒュー・グラント(共にイギリス人)

イギリスを舞台にした定番中の定番ラブコメディ映画です。

主演はまさかのアメリカ人女優レネー・ゼルウィガーさんですが、この役を務めるためにイギリス英語を猛特訓したそうです。

朝ドラ女優が方言や訛りを勉強するような感じでしょうか。

スポンサーリンク

キングスマン(Kingsman)

  • 公開年:2014年、2017年
  • 上映時間:各作品で異なる
  • 主な出演者:コリン・ファース、タロン・エガートン(共にイギリス出身)

英米合作ですが、舞台は基本ロンドンで出演陣もイギリス人が多いです。

スパイアクション映画ながら、ユーモアを交えながら物語が進んでいきます。

2作目ではエルトン・ジョンまでちょい役で出てました。

ショーン・オブ・ザ・デッド(Shawn of the Dead)

  • 公開年:2004年
  • 上映時間:1時間40分
  • 主な出演者:サイモン・ペグ、ニック・フロスト、ケイト・アシュフィールド(全員イギリス出身)

ロンドンを舞台にしたコミカルなゾンビ映画です。

ハリーポッターやキングスマンよりはイギリスというものをより感じられる映画かと思います。

一応ゾンビ映画「ゾンビ」のパロディのようです。

イギリスではクリスマスの時期が近くなると必ずと言っていいほど毎年テレビで放送されます、「ホームアローン」のように家族で団らんしてみるタイプの映画です。

あと1センチの恋(Love, Rosie)

  • 公開年:2014年
  • 上映時間:1時間42分
  • 主な出演者:リリー・コリンズ、サム・クラフリン(共にイギリス出身)

こちらはイギリス、ドイツの合作映画ですが、全編英語です。

ロマンス映画で甘酸っぱい、モヤモヤする映画。

なんか感動しちゃうんですよねー

あまりこの手の映画は普段観ないのですが、たまーに観たくなって観てしまいます(笑)

個人的にここ10年で観たロマンス映画の中では1番好きです。

フィッシュ・タンク(Fish Tank)

  • 公開年:2009年
  • 上映時間:2時間04分
  • 主な出演者:ケイティ・ジャービス、カーストン・ウェアリング(共にイギリス出身)

映画で見るイギリス、イメージのイギリスではなく実際のイギリスの雰囲気を感じられるような映画だと僕は思っています。

内容は過激ですが、あくまで街の風景の雰囲気とか使われている英語もこれぞイギリス!と思ってしまいます。

ウーマン・イン・ブラック(The Woman in Black)

  • 公開年:2012年
  • 上映時間:95分
  • 主な出演者:ダニエル・ラドクリフ、キーラン・ハインズ、ジャネット・マクティア

いつまでもいち俳優でなくハリーポッターとして見られることを悩んでいたダニエル・ラドクリフ主演のスリラー映画。

内容は普通ですが、スリラー映画が好きな人は好きかもしれません。

フローズンタイム(Cashback)

  • 公開年:2006年
  • 上映時間:102分
  • 主な出演者:ショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックス、ショーン・エヴァンス(全員イギリス人)

「これぞイギリス映画!」

と僕が思う、英米合作にはないアーティスティックなイギリス映画。

恐らく低予算で作られている映画だが、そこが味があっていい低予算映画こそイギリス映画の真骨頂。

低予算ながらアーティスティックな作品として映画を作るのがイギリス単独製作映画の魅力。

This is England

  • 公開年:2007年
  • 上映時間:98分
  • 主な出演者:トーマス・ターグーズ、スティーヴン・グレアム、アンドリュー・シム(全員イギリス人)

80年代のイングランドを舞台にふた昔前のイングランドを少し感じる事ができる映画です。

イギリス映画映画内の英語はイギリス英語に慣れていないとちょっと難しいかもしれませんが、全く理解ができないという程までは難しくはありません。

ロード・オブ・ザ・リング(Lord of the Rings)

  • 公開年:2001年~2003年
  • 上映時間:各作品で異なる
  • 主な出演者:ヴィゴ・モーテンセン、イライジャ・ウッド(共にアメリカ人)ショーン・ビーン、ドミニク・モナハン、イアン・マッケラン(共にイギリス人)

ハリーポッターと並んでイギリスを舞台にした超大作として挙げられるのがロードオブザリングシリーズ。

ハリーポッター同様、独自の世界観を持ち世界中にコアなファンを抱えています。

原作「指輪物語」はイギリスの小説で、映画製作はアメリカとニュージーランドとなっていますが、俳優の多くがイギリス人です。

ハンガー(Hunger)

  • 公開年:2008年
  • 上映時間:96分
  • 主な出演者:マイケル・ファスベンダー、スチュアート・グラハム、リアム・カニンガム(全員アイルランド人またはイギリス領内の北アイルランド人)

1981年に起こった北アイルランドの刑務所のハンガーストライキを題材にしたノンフィクション映画。

映画自体の評価が非常に高く、スティーブ・マックイーン初の長編映画作品でもあります。

イギリス(北アイルランド)の歴史も学ぶ事ができます。

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit)

  • 公開年:2005年
  • 上映時間:95分
  • 主な出演者(声優):ピーター・サリス、ヘレナ・ボナム=カーター、レイフ・ファインズ(全員イギリス人)

こういうアニメーション映画は海外の物も日本語吹き替えで見てしまいがちです。

「ウォレスとグルミット」はイギリスのアニメーション映画なので、声優はイギリスの俳優さんや女優さんが務めています。

イギリスの国内アニメーションでは偉大な作品です。

ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia)

  • 公開年:2005年、2008年、2010年
  • 上映時間:各作品で異なる
  • 主な出演者:ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ウィル・ポールター(全員イギリス人)

ディズニー映画なので、厳密に言うとアメリカ製作の映画です。

しかし舞台はイギリスに設定されており、メインキャストはほとんどイギリス人。

「イギリス英語を学ぶのにおすすめ」

という事で今回は入れる事にしました。

もっと言えばアメリカ製作のイギリス舞台の映画…つまりアメリカ人にも分かりやすいイギリス英語が使われているので英語自体も非常に理解しやすいです。

メリーポピンズ(Mary Poppins)

  • 公開年:1964年
  • 上映時間:139分
  • 主な出演者:ジュリー・アンドリュース、デヴィッド・トムリンソン、グリニス・ジョンズ(共にイギリス人)、ディック・ヴァン・ダイク(アメリカ人)

イギリス舞台のディズニー映画繋がりでもう1作品。

名作「メリーポピンズ」はイギリスを舞台にしたディズニーのミュージカル映画です。

出演者の大多数はイギリス人であり、主演のジュリー・アンドリュースは舞台芸術の功績を称えられ、デイムの称号を手にしています。

24アワー・パーティー・ピープル(24 Hour Party People)

  • 公開年:2002年
  • 上映時間:117分
  • 主な出演者:スティーヴ・クーガン、レニー・ジェームズ、パディ・コンシダイン(全員イギリス人)

イギリスのロックミュージック、特に80年代から90年代にかけて発生した「マンチェスタームーヴメント」に興味がある人には面白い映画かと思います。

イギリス音楽がいっぱいの映画です。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス, イギリス文化, イギリス留学, イギリス英語, 映画

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.

Secured By miniOrange