単語・熟語辞典 英会話フレーズ

「そういえば」は英語で何て言う?ネイティブが英会話よく使う表現5選

2020年7月25日

そういえば 英語

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「そういえば」って話題を変えたい時はどんな英語を使いますか?
  • 「そういえばそれで思い出したんだけど」は英語でどうやって伝えられますか?
  • ネイティブが英会話でよく使う表現を教えてください

 

「そういえば」という言葉は会話の流れを維持する上で重要な表現ですよね。

 

ただ、「そういえば」をよく考えてみるといくつかのニュアンスが想定できます。

  • 「ところで」を意味する「そういえば」
  • 「言われてみれば」を表す「そういえば」
  • 「それで思い出したんだけど」を表す「そういえば」

以上のニュアンスを英語で表したい時に1つの同じ表現で全部を表す事はできません。

 

例えば「そういえば」としてよく使われるのは「By the way」ですが、このBy the wayは話題を変える時のみに使う表現なので下2つのニュアンスで使えません。

 

 

この記事を読むメリット

  • ネイティブがよく使うものを厳選したリストを知れる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 具体的な使い方や細かいニュアンスの違いが分かる

 

エレナ先生
今回の内容は知っておくと英会話にかなり役立ちます!

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「そういえば」は英語で何て言う?ネイティブが英会話よく使う表現5選

 

それでは「そういえば」を表す英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

 

話題を変える時につかう「By the way」

 

話題を変える「そういえば」「ところで」に使えるのがこのBy the wayです。

 

つまりこれまでの話題を一旦切って次の話題に持って行くときのつなぎとして使う事ができる表現になります。

 

シンプルながらネイティブの英会話でもよく使われているのでチェックです。

 

例文

 

エレナ先生
By the way, was your mom okay?(そういえばお母さん大丈夫だった?)

 

 

単純に「あのさあ」で使える「You know what?」

 

このYou know whatも英語ネイティブ御用達の表現です。

言葉でこのニュアンスを完璧に表現するのは難しいのですが、You know what?の後には必ず話したい内容が来ます。

 

あえて訳すなら「あのさあ」「ちょっと聞いてよ」といったところ。

 

簡単な例

  • You know what? I know a good restaurant around here.(そういえばこの辺に良いレストランを知っているよ)
  • You know what? I saw your ex yesterday.(ちょっと聞いてよ、昨日あなたの元カレを見たわよ)
  • You know what? I got married last month!(ちょっと聞いてよ、先月結婚したの!)

 

例文

 

エレナ先生
You know what? I think you're wrong.(あのさあ、あなた間違ってると思うわよ)

 

 

そういえばなんだけどを表す「Speaking of which」

 

非ネイティブにとってはニュアンスが若干分かりづらいのであまり使われていませんが、ネイティブがよく使っているのがこのSpeaking of whichです。

こちらはこれまで話していた事と違う物の話題と関連するものが後に来ます。

 

例えば高校時代の思い出を話している時に「そういえば高校の時一緒だったあの子結婚したらしいよ」の「そういえば」の部分でこのSpeaking of whichを使います。

 

また、Speaking of~という表現も非常に便利なので併せて覚えておきましょう。

 

簡単な例

  • Speaking of surprises(驚く事と言えば)
  • Speaking of marriage(結婚と言えば)
  • Speaking of family(家族と言えば)

 

つまりSpeaking of whichよりもさらに具体的な「~と言えば」を表す事ができます。

 

例文

 

エレナ先生
Speaking of which, Mike got divorced.(そういえばマイク離婚したらしいわよ)

 

 

言われてみれば…を表す「Now that you mention it

 

こちらは作りが非常にシンプルなので理解しやすいです。

  • Now that~:~からには
  • You mention it:あなたがそれに言及する

つまり直訳するとあなたがそれに言及したから…つまり「言われてみれば」「そういえば」「そういわれてみると」という意味になります。

 

例文

 

エレナ先生
Now that you mention it, he acted weird yesterday.(言われてみれば彼昨日言動が少しおかしかったわね)

 

 

「それで思い出したんだけど」を表す「That reminds me…」

 

先ほどのNow that you mention isとかなり似ています。

  • That:それ
  • Remind:思い出させる
  • Me:私に

つまり相手が言った事によって自分が何かを思い出した時に使う事ができます。

 

例文

 

エレナ先生
That reminds me, I forgot to call him yesterday.(それで思い出したんだけど、昨日彼に電話するの忘れてたわ)

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典, 英会話フレーズ

© 2021 ライフタイムラーナー