ビジネス英語 英会話フレーズ

「かしこまりました」は英語で何て言う?ビジネスシーンでも使える16選

2020年4月8日

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 「かしこまりました」は英語で何て言いますか?
  • ビジネスシーンで役立つ表現を知りたいです
  • 最も適切な表現はどれですか?

日常でもビジネスでも様々な場面で何かを「快諾する時」「理解した時」に「かしこまりました」と言いますよね。

ビジネスシーンに限定してみれば

  • 職場の人との掛け合い
  • メール
  • ホテルやレストランなどの接客

このようなシチュエーションで容易に想像できますね。

結論から言うとトップレベルに丁寧で使いやすいおすすめの「かしこまりました」を表す表現は「Certainly」です。

しかしそれ以外にも使える表現はたくさんありますので、Certainlyよりもカジュアルなものやニュアンスが若干異なるものも含めて例文付きでこれから紹介していきます!

今日の記事内容

  • 「かしこまりました」として使える英語表現16選
  • 状況によって使い分けられる表現
  • 各ニュアンスの違いを例文付きで解説

この記事を読むメリット

  • 明日から「かしこまりました」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「かしこまりました」を英会話で使い分ける事ができるようになる

「かしこまりました」は英語で何て言う?ビジネスシーンでも使える16選

スポンサーリンク

僕が接客業をやっていた時に重宝していた「No problem」と「Certainly」

個人的な話になりますが、僕はイギリスでバーテンダー、ウエイターを3年以上やっていました。

その当時重宝して使っていたのが

  • No problem
  • Certainly

この2つです。

No problem.には文字通り「なんの問題もありません」=「かしこまりました」との意味があります。

このように言ってもらえると頼んだ方も何となくホッとしますよね。

また、僕が働いていたのはパブと言う割とフレンドリーな空間だったので、CertainlyよりもNo problemをより重宝していました。

certainlyは「もちろん」との意味を持つ副詞で、より丁寧な印象になります。

Yes, certainly.のようにYesを文頭につけることもあります。

例文

エレナ先生
Can I get some extra ketchup?(ケチャップ貰えますか?)
Certainly(かしこまりました)
ジェームズ先生

理解した事を強調する「I got it.」

職場で何か仕事を頼まれた時に使われる表現です。

言われた内容について理解しましたとのニュアンスになり、getは様々な意味を持つ動詞で、ここでのgetは「理解する」の意味で使われています。

フランクな関係の同僚などにはGot it!のように縮めて言うこともあります。

先ほどのCertainlyと比べるとカジュアルな表現で、I understandと同じように「理解しました」という点に重きを置いています。

例文

エレナ先生
Can you do this for me?(ちょっとこれやってもらえる?)
I got it!(了解です!)
ジェームズ先生

スポンサーリンク

若干乗り気ではないニュアンスを醸し出す「All right.」

All right.には「大丈夫です」との意味があります。

よく使われる表現ですが注意が必要です。

実はAll right.にはNo problem.やCertainly.のように「よろこんで!」といった快諾するニュアンスは含まれません。

依頼された仕事についてはとりあえずは承諾しましたが、本当はあまり乗り気ではありませんとのニュアンスを若干含む可能性がある表現です。

例文

エレナ先生
Can you do this for me?(ちょっとこれやってもらえる?)
All right(分かりました)
ジェームズ先生

スピード感がある「I’m on it.」

職場で上司から何か仕事を頼まれた時に使われる表現で、厳密にいるとI'm working on itの略です。

「了解しました」と訳すことができます。

今取り掛かっていますといったニュアンスを含む表現で、スピード感が感じられます。

例文

エレナ先生
Can you do this for me?(ちょっとこれやってもらえる?)
I'm on it.(すぐ取り掛かります)
ジェームズ先生

Will do. / Certainly will do.

Will do.はI will do it.の略です。

「求められたことをこれからします」との意味になります。

フランクな関係の同僚などに何かを頼まれた時に使える表現です。

もちろんとの意味を持つcertainlyを文頭につけると、快諾しましたとのニュアンスをより明確に伝えることができます。

Noted. / Noted with thanks. / Duly noted.

notedを用いた様々な表現についてご紹介します。

これらの表現は口頭ではなく、主にビジネスメールで使われる表現です。

他動詞として使われるnoteには「(要点)を書き留める」との意味があり、受動態にすると「(要点)を書き留められた」となります。

そこからnotedは「受けとめました、了解しました」との意味で使われています。

「正式に、十分に」などの意味を持つdulyを前につけることもあります。

ビジネスメールの返信でよく使われるのがNoted with thanks.という表現で、with thanksをつけることで感謝の気持ちを伝えることができます。

I'll remember to do that. / I will, of course.

相手を安心させることのできる表現です。

ちゃんと忘れずにやりますよとの気持ちを伝えることができます。

rememberの使い方に注意しましょう!

remember + 不定詞には「(これから)〜することを覚えておく」との意味があり、rememberの後ろに動名詞を続けると「〜したことを覚えている」との意味になるため、間違って使わないようにしましょう。

重要ポイント

Remember to~:~する事を覚えておく

Remember ~ing:~したことを覚えている

Of course. / Sure. / Thank you. / Absolutely.

レストランなどでお客さんから何か注文を受けた時などに使われる表現です。

Sure.はカジュアルな雰囲気の飲食店でよく使われます。

Of course. やThank you.はカジュアルな雰囲気のお店だけでなく、フォーマルなお店でも使われ、Certainly.やAbsolutely.を使うとより丁寧でかしこまった印象になります。

Certainly.をより強調した言い方がAbsolutely.といったところでしょうか。

absolutelyにはもともと次のような意味があります。

レストランなどではかしこまりましたとの意味で使われ、確実にそうしますとのニュアンスを含む強い表現になります。

今回の「かしこまりました」のまとめ

今回の記事では様々な場面で使える「かしこまりました」を紹介して来ました。

やはり最初に言った通り個人的なおすすめは

  • Certainly:より丁寧に言いたい時
  • No problem:よりカジュアルに言いたい時

この2つです。

この2つさえ使いこなせれば「かしこまりました」を使う多くの場面で対応できるのでとてもおすすめです!







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-ビジネス英語, 英会話フレーズ

© 2020 ライフタイムラーナー