単語・熟語辞典

「具体的な」は英語で何て言う?英会話でも便利に使える英語表現5選

2020年9月3日

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「具体的に」は英語で何て言いますか?
  • 「もっと具体的に言ってください」と言いたいのですが…
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

日常生活でも「もっと具体的に、明確に言ってください」と言いたい場面は結構ありますよね。

皆さんならどんな英語を使って表現しますか?

 

「具体的に」を表す英単語は「Concrete」はじめ数が限られているので非常に覚えやすいかと思います。

 

しかし似たような意味のニュアンスでも1つの単語だけではなく複数知っておくと英語の幅が広がり、英語力アップするのも間違いありません。

 

自分が使わなくても、リスニングという観点で複数の単語を知っておくというのはメリットがあります!

 

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「具体的に言ってください」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「具体的に」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
結論から言うとConcreteやSpecificがよく使われます

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「具体的な」は英語で何て言う?英会話でも便利に使える英語表現5選

 

それでは「具体的な」を表す英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

 

具体的なを忠実に表す「Concrete」

 

「具体的な」という日本語ニュアンスを最も忠実に表している形容詞は恐らくこのConcreteです。

 

Concrete=建築材のコンクリートと思ってしまいがちですが、実は「具体的な」という形容詞でも使う事ができます。

Concreteの反対語は「抽象的」になります。

 

例文

 

エレナ先生
I need a concrete answer from you.(あなたから具体的な答えが欲しいです)

 

 

明確な、特定のを表す「Specific」

 

こちらも「抽象的」の逆としてよく使われる便利な形容詞です。

ニュアンス的には「特定の」という側面が強いです。

 

例文

 

エレナ先生
His suggestion wasn't specific about the cost.(彼の提案はコストについて不明慮だった)

 

 

使用頻度はそれほど高くない「Tangible」

 

ConcreteやSpecificと比べると使用頻度は高くありませんが、このTangibleという単語も「具体的な」という意味があります。

 

メモ

Tangible:触れられる、触知できる、理解できる、具体的な

 

例文

 

エレナ先生
We haven't had any tangible achievements yet.(私たちはまだ目に見えた具体的な成果を出せていない)

 

 

Could you give some examples?

 

話し相手が抽象的に話している時に「何か例を出してくれませんか?」と聞くことができる英語フレーズです。

嫌味なく英会話内で非常によく使える便利なフレーズなので要チェックです。

 

例文

 

エレナ先生
I don't really understand. Could you give some examples?(ちょっとわからないわ、何か例を出してくれない?)

 

 

Can you be a bit more specific?

 

2番目に紹介した「Specific」を使った英会話フレーズです。

意味は「もう少し具体的にいいですか?」

 

抽象的に話が進まない時などに加える事ができる便利なフレーズなのでこちらも要チェック!

 

例文

 

エレナ先生
I don't really understand. Can you be a bit more specific?(ちょっとわからないわ、もう少し具体的に話してくれない?)

 







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典

© 2021 ライフタイムラーナー