イギリス留学

【イギリス留学にクレジットカードは必須】使えるおすすめを3種類紹介

2018年7月14日

こんにちは、イギリスに行く前は本当にクレジットカードなど金融関係にはめっちゃくちゃ疎かったJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 留学する上でクレジットカードは必要ですか?
  • 無いとどんな場面で困りますか?
  • 留学におすすめのクレジットカードは何ですか?

1つ結論から言うと「イギリス留学するならクレジットカードが無いとかなり不便です」

私がイギリスに行ったのが19歳の時で、その時のクレジットカードのイメージは

  • お金持ちの人が持ってるやつ
  • 別に便利な訳じゃないし
  • ネットショッピングにちょっと便利ってくらい?

そんな無知なイメージを持っていました。

最近は日本でもかなりキャッシュレスが加速していますよね!

しかし!イギリスではもはや現金で支払う人の方が圧倒的に少なくカード(クレジットカードおよびデビットカード)を使用している人ばかりで驚きます。

  • コンビニでも8割はカード払い
  • 光熱費など各種支払いもほぼカード払い
  • マックもカード払い、飲みもカード払い

もはや「いつ現金使うねん!」状態です。

今回の記事では、そんな海外留学や旅行で必ず必要になるクレジットカードの重要さを思い知った僕がクレジットカードの重要性や持っておくメリット、そしておすすめのクレジットカードを3種類紹介します。

今回の記事内容

  • イギリス留学でクレジットカードを持っておく重要性
  • クレジットカードは2枚持ちがおすすめな理由
  • イギリス留学でクレジットカードを持っておくメリット
  • 実際に使ったから分かるおすすめのクレジットカード3種類
  • クレジットカード以外にも持っておくと安心なカード

この記事を読むメリット

  • イギリス留学におけるクレジットカードの重要性が分かる
  • 実際に留学をしていた筆者がおすすめするカードを知れる
  • 今すぐに申し込む事が可能

イギリス留学でクレジットカードを持っておく重要性

スポンサーリンク

現地口座が無ければ大金を現金で持っていかなければならない【危険!】

現地で現地の銀行の口座があり、収入が現地通貨であるなら日本で発行するクレジットカードはそこまで出る幕はありません。

しかし、イギリス留学に行く前からイギリスで口座を持つことは困難です。

そうなるとクレジットカードがなければ日本で変えたポンドの大金を現金で持っていき保管しなければなりません。

これは危険です!

絶対にやってはいけません。

管理がめんどくさい上に最悪盗まれて一文無しです。

そのような絶望的シチュエーションを避けるためにもクレジットカードが必須なわけです。

エレナ先生
イギリス、特にロンドンにはスリが結構いるから甘く見ない方がいいわよ

現金は必要最低限に抑えるべき

現金が必要な場面も出てくるので現金を日本で換えて多少は持っていくべきです。

しかし必要最低限しか持っていくべきではありません。

具体的に言えば、カードさえあれば300ポンドほどあれば現金はいいのではと思います。

スポンサーリンク

トラベラーズチェックは面倒だからやめとこう

実はイギリスに初めて行った時に留学斡旋会社の勧めでトラベラーズチェックとしていくらか持っていきました。

全く必要なかったです。

銀行の人も「トラベラーズチェック!?いつの時代のもの持ってくんねん!」といった感じで驚いていたほど時代遅れの物らしく、手続きも結構面倒でした。

おすすめはできません。

イギリス留学におけるクレジットカードは2枚持ち推奨(VisaとMastercard1枚ずつ)

クレジットカードには1ヶ月に使える限度額言うものがあります

クレジットカードには限度額と言うものがあり月に使える最大額は決まっています。

留学をする方は10台20台の学生さんが多いと思うのですが、大体「学生カード」と言う簡単に申請、取得出来て年会費無料のカードを持つ人がほとんどです。

むしろ学生のうちはそっちの方がおすすめです。

私もイギリスに居る時は年会費無料のカードでした。

しかし学生カードというのは月の限度額が非常に低く(10万円の場合が多い)何か大変なことがあった時の事を考えると10万円ではちょっと…と思いませんか?

実際不測の問題が発生してしまったら、10万円では足りなくなり途方に暮れてしまう事になります。

なのでとりあえず2枚持ちで、1枚10万円の限度額だと仮定したら10万円×2の20万円の限度額になるのでなんとか安心ですよね。

エレナ先生
確かに月10万円使うようなシチュエーションは考えられないかもしれない、でも安心は買えないでしょ?

失くした時のリスク軽減

2枚持ちのもう一つの利点が無くした時のリスク軽減です。

例えば1枚を財布に、1枚を部屋に保管しておけば財布が盗まれてしまったとしてももう1枚の生き残りでその場しのぎができます。

実は一回バスに財布を忘れてしまったことがあって、カードを一旦止めて再発行しなければなりませんでした。

日本で失くしたならまだしも、海外に住んでいるとカードを止めるのは簡単ですが再発行は非常に面倒で時間がかかります!

そもそも再発行には電話をしなければいけないのでイギリスから国際電話をすることになります。

  1. 2週間後くらいに実家に新しいカードが届く
  2. 送ってもらう
  3. 受け取る

とても面倒な手順を踏まなければいけません。

もちろん2枚持ちじゃなければその期間カード無し生活になるわけです。

2枚持っておけば結構な安心材料になりますよね。

Visa 1枚 Mastercard 1枚の計2枚が無難

日本におけるクレジットカードと言えばVisaとMastercard以外にもアメリカンエクスプレスやJCBが有名です。

しかしギリスではアメックスとJCBが使える店は結構限られています。

VisaかMasterard以外はお断り、という店もかなりあります。

現に私がイギリス大学生時代に働いていたパブでもアメックスとJCBはお断り(システムが受け付けていない)でした。

イギリス留学に行く方は絶対にVisaかMastercardで作るべきです!

イギリス留学を実際経験した私がおすすめするクレジットカード3種類

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード(学生)のメリット

日本で初めて国際ブランドVISAと契約した由緒あるカード

不正利用やその他不測の事態が起きても神対応、安心感が桁違い。安心はお金では買えませんからね

海外旅行損害保険最大2500万円

留学する人にとってはめちゃくちゃ大切!三井住友海上火災保険株式会社と連携しておりとても安心!

こちらはクラシックカードとクラシックカードAで保険の大きさが異なります。

クラシックカード(海外旅行損害保険のみ2000万円)

クラシックカードA(国内・海外旅行損害保険2500万円)

海外旅行には他と比べてもかなり強みを持っているカードです。

100万円のショッピング補償

クレジット決済し、買った商品の破損・盗難による損害を、購入日の翌日から90日間補償。

補償がここまで行き届いています。

写真入りICカードも選べる

写真入りのクレジットカードの場合、落として使用しようとしても顔写真が付いているので不正利用されにくいです。

この機能は他のカードにはなかなかついていない機能です。

特に海外での使用ともなれば盗まれて盗んだ人が使用しようとしたところで、明らかに顔が違うため更にメリットが増えます。

総利用枠10万円~30万円

月々に利用できる金額の限度です。

月の上限が10万円のカード会社が多い中30万円はたとえ海外で不測の事態に陥りお金が必要になっても対応可能。

インターネットで最短3営業日に発行

とにかく速い!安心ですよね!

20種類以上のポイントに交換可能

クレジットカードの利用で貯めたポイントをあなたがよく使うポイントに交換可能!

ポイントの無駄が無い!

学生限定で在学中年会費無料

学生の方なら在学中年会費最大1500円の所が無料!

タダでメリットを受け取る事ができます!

iDを使用する事ができ、利便性抜群

iDは電子マネーの一種であり、コンビニ、スーパー、レストラン、タクシー、自動販売機などなどで使えます。

つまりイギリスから帰国しても日本でも便利に使う事ができます。

キャッシュレスの時代これはかなり大きなメリットで、もちろんその利用でもポイントが貯まります。

Apple Payにも対応

イギリスではほとんどの場所でApple Payが導入されており、Apple Payに対応している三井住友VISAカードはイギリスでかなり使えると言えます。

カードフェイスがカッコいい

個人的な好みですが、結構三井住友カードのカードフェイスは好きです。

簡単に手に入るようなクレジットカードだとカードフェイスが微妙なものも多いですからね。

将来的にゴールドカードにグレードアップさせればかなりカッコいいと思います。

三井住友VISAクラシックのデメリット

日本国内だけで使うのならば普通のカード

三井住友VISAクラシックカードは先ほど紹介したように海外旅行損害保険において他のカードよりも充実しており海外での使用においては強みがあると言えます。

しかし日本国内のみで使用するのであれば全体的に見て普通のカードだと言えます。

ただ海外留学、海外旅行を機に作るのであれば最適なカードです。

学生でなければ年会費がかかる

三井住友VISAクラシックカード(学生)は学生の方なら年会費がかからず在学中無料ですが、一般の社会人の方が作るとなると年会費最大年1500円かかります。

  • 海外旅行によくに行く方
  • 海外留学をして学生をする予定の方
  • 学生の方

このような方々には最適なカードです。

どれにしようかよくわからない方は、とりあえず海外留学前にこのカードはまず作っておくべきカードです。

公式サイトはコチラ

楽天カード

楽天カードのメリット

年会費が完全無料

先ほど紹介した三井住友VISAクラシックカードはカードの種類もたくさんあり、年会費がかかるものやそうでないもの、学生期間が終わると有料になるものがあります。

一方で楽天カード

ゴールドカード

プレミアムカード

自らアップグレードしない限りは永年無料です。

楽天サービスとの連携

ちなみに現在私は日本にいますが、メインで使っているのが楽天プレミアムカードです。

  • ネットショッピングは楽天市場
  • 携帯サービスは楽天モバイル
  • コンビニでは楽天Edyまたは楽天ペイ

なんでもかんでも楽天にお世話になっています。

ここまでの楽天ヘビーユーザーになるとポイントの溜まり方がエゲつないのです。万単位の買い物もポイントで手に入れたなんて事は何回もあります。

iPad

Sonyのノイズキャンセリングヘッドホン

家電

すべてこれまで溜めてきたポイントで手に入れました。

また、楽天市場というプラットフォームがあるので、クレジットカード利用で溜まったポイントを簡単に消費できるというのも大きな利点です。

買い物はAmazonより楽天、楽天ポイントをガッツリ溜めてみたいという人には楽天カードおすすめです。

太っ腹なキャンペーン

楽天カードでは時期にもよりますが、発行するだけで貰える太っ腹なキャンペーンでも有名です。

私が発行した時も無料で発行するだけで5000円相当の楽天ポイントをタダで貰い、楽天市場で利用しました。

これ結構ありがたいんですよね。

時期によってキャンペーンの値段の変動はありますが、ほぼ常に発行キャンペーンは行われています。

海外でも安心できるサービス提供

  • 最大2000万円の海外旅行傷害保険(ゴールド、プレミアム以外の楽天カードの場合は達成する必要がある条件あり)
  • 緊急サービスの充実:渡航中でも現地で再発行手配(これめちゃくちゃ凄い!)
  • 盗難、紛失に年中無休で対応

といった海外サービスを提供しています。

Apple Pay対応

イギリスではほとんどの場所でApple Payが導入されており、Apple Payに対応している三井住友VISAカードはかなりイギリスで使えると言えます。

豊富なカードデザイン

期間限定のデザインなどカードデザインが豊富なので気に入るカードフェイスを見つける事ができるでしょう。

審査が通りやすいと言われている

学生さんやフリーターの方には朗報です。

楽天カードは他のカードと比べても非常に審査が通りやすいと言われています。

私も審査で問題があった事はありません。

顧客満足度10年連続1位

楽天カードのデメリット

メールがたくさん届く

楽天カードを発行してキャンペーンに応募するとかなりの数のメールが届きます。

ただこのセールスメールに関しては、プロモーション受信箱に移されるので問題はあまりありません。

デザインがダサいという意見も

先ほどデザインが豊富というメリットを紹介しましたが、良いのが見つからない場合ダサいなと思う人も多いようです。

フェイスを気にしない人は問題無いですね。

エレナ先生
イギリスから日本帰国後でも凄く便利に使えるカードと言ったらやっぱり楽天カードになるわね

公式サイトはコチラ

Booking.comカード

Booking.comカードのメリット

年会費永年無料

こちらのBooking.comカードは利用料が永年無料です。

最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険

Booking.comのカードという事で最大2,500万円の旅行傷害保険が付帯しています。

利用枠10万円~80万円

Booking.comとの連携

Booking.comは、私も毎回ホテル予約で使っている世界最大級の宿泊予約サービスの1つです。

つまりBooking.comカードは、海外旅行をよくする、イギリスに行ったらイギリス国内やヨーロッパ内でたくさん旅行をしたいという人におすすめしたいカードです。

  • 最大6%のキャッシュバック
  • 人気宿泊施設を10%オフで使う事ができるgenius会員になるチャンス
  • Rentalcars.comでのレンタカーが8%割引

色々な特典を得る事ができます。

Booking.comカードのデメリット

選択肢はVISAしかない

Booking.comカードではカード会社がVISAしか選ぶ事ができません。

旅行しない人であればあまり魅力がない

旅行をしない、Booking.comを使わない人であると正直あまり魅力のないクレジットカードと言わざるを得ません。

イギリス留学に行く人はヨーロッパの国々を旅行したい人が多いかなという事で特別に紹介しました。

公式サイトはコチラ

番外編:マネパカード

こちらはクレジットカードではないので番外編としました。

マネパカードは特定口座にお金を入れてそのお金を海外のATMでおろせるプリペイドカードです。

つまり日本の口座のお金を海外にあるATMでおろせるという素晴らしいカード。

クレジットカードを使って海外ATMで現地通貨の現金をおろす(キャッシング)のは手数料が高いのでおすすめできません。

このカードさえあれば、海外の現地銀行口座が無くてもATMで現金をおろすことができます。

マネパカードのメリット

プリペイドなので誰でも簡単にできる

クレジットカードと違い、事前に入金した分しか使えないので審査なしで誰でも簡単に発行する事ができます。

緊急事態に超便利

プリペイドするのは日本の口座になるので、緊急事態が起こった際には日本にいる人にその口座に送金して貰って追加チャージされた分を使う事ができます。

また、仕送りなどを貰う人はマネパカード経由で入金してもらうのもいいかもしれません。

手数料がクレジットカードより安い

限度額なし

クレジットカードではないので、自分の口座にお金が入っている限り限度額はありません。

マネパカードのデメリット

ATM引き出しに手数料がかかる

現地の銀行カードで引き出すのが無料でも、マネパカードで引き出す場合引き出し手数料がかかります。

なのでこまめにおろすのではなく、ATMを使う時はある程度の額を一回でおろすという対策が必要になります。

対応通貨以外は手数料が上がる

ちなみに対応通貨は

  • イギリスポンド
  • ユーロ
  • アメリカドル
  • オーストラリアドル
  • 香港ドル

この5種類です、しかしポンドとユーロに対応しているのでイギリス留学なら問題ないでしょう。

セキュリティはクレジットカードのが上

当たり前の話にはなりますが、不正などがあった時のトラブル対応はクレジットカードのが断然上です。

エレナ先生
クレジットカードとプリペイドカードは用途を分けるべきよ、あくまでプリペイドカードは日本口座からの現金引き出し用で、買い物ではクレジットカードを使うと言ったところね

おすすめしたいクレジットカードの組み合わせ

イギリス留学や旅行に行く際には必ず事前にクレジットカードを契約して持って行くべきです。

クレジットカードを持っておくことで様々な場面で安心感を得られますし、様々な場面で生活の質が上がります、むしろカード無しで生活するのはイギリスに関してはなかなか難易度が高いです。

おすすめのしたいクレジットカードの持ち方
  • 三井住友VISAクラシックカードまたはBooking.comカード(VISA)
  • 楽天カード(MasterCard)
  • マネパカード(ATM現金引き出し用)

クレジットカード2枚+プリペイドカード1枚、もしくは

クレジットカード1枚+プリペイドカード1枚の体制です。

もちろん1枚紛失した時など不測の事態を考えればクレジットカード2枚持ちの方が安心ですが、2枚審査に通らない場合もあるのでその場合はクレジットカード1枚+プリペイドカード1枚で。

発行手続きはどのカードも無料ですぐにオンラインで完結し、勝手に審査もやってくれます。

イギリス留学を控えている人はぜひ今すぐにでも申し込んでみてはいかがでしょうか?







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-イギリス留学

© 2020 ライフタイムラーナー