元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

「~にもかかわらず」を表す英語は Even thoughだけじゃない!使える7選紹介

~にもかかわらず 英語 Even though

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論、Even though以外にもよく使われている表現はあります

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が「~にもかかわらず」として使える英語表現を徹底解説!

状況別に使い分けるべきネイティブ表現を分かりやすく7種類まとめてお伝えします。

英会話表現の幅を広げたい方には特に読んでほしい内容になっています。

  • カジュアルな英文ライティング
  • 英会話
  • 論文

様々な用途で使いたい表現ですよね!

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した私が「にもかかわらず」を表す基本的な表現を7つピックアップして、1つずつ解説と例文を挟みながら紹介していきます!

この記事を読むメリット
  • 明日から「にもかかわらず」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「にもかかわらず」を英会話で使い分ける事ができるようになる
アオイちゃん

Even though以外だとEven ifとか…?

JIN

まだまだその2つ以外にもあるよ!

タップできる目次
プロフィール背景画像
JIN
ライフタイムラーナー管理人
1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。
元英語講師、英検1級、TOEIC930点、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「にもかかわらず」を表す英語はどう使い分ける?7つを例文付きで解説

それでは使える表現を7つ見ていきましょう!

Despite~

学校で習う「にもかかわらず」の筆頭はやはりDepite~です。

Despiteの後は基本的に名詞または動名詞が入り、文章内でよく使われることが多い表現。

Despite the rain:雨にもかかわらず
Despite being at home:家にいるのにもかかわらず

「Despiteの後は名詞を入れる!」これを覚えておけば非常に使いやすい表現と言えるでしょう。

ジェームズ先生

Despite the rain, I went for a run as usual(雨にもかかわらず、私はいつも通り走りに行きました)

In spite of~

こちらもDespiteと一緒に学校で習う表現です。

使い方はDespiteと一緒で後に名詞や動名詞がきます。

しかしながら熟語という事もあり使いやすさで言えばやはりDespiteのが上かなという印象です。

ただ英文ライティング内で同じ表現を繰り返し使う事は基本的に避けたいので、ライティングをする際に「にもかかわらず」を複数回言いたい時は意味が同じとはいえ「Despite」も「In spite of」もどちらかに偏り過ぎず使う事が重要になります。

ジェームズ先生

In spite of my effort, the project failed(私の努力にもかかわらず、プロジェクトは失敗に終わりました)

Even though~/Even if~

こちらの2つの表現は英会話でもよく使う便利な表現です。

しかしこの2つにはニュアンス違いがありますので、しっかりと違いを踏まえて一緒に覚えてしまいましょう。

ニュアンスの違い
  • Even though~:~の部分に事実が入る
  • Even if~:~の部分に仮定が入る

日本語的に解釈するならEven thoughは「~だけれども」そしてEven ifは「~だったとしても」です。

また、この2つは先ほどのDespiteやIn spite ofとは異なり、名詞や動名詞意外にも文章で繋げる事ができます。

Even though you did your best:あなたはベストを尽くしたけれど
Even if you did your best:あなたがベストを尽くしたとしても

この対比を見ると分かりやすいかと思います。

ジェームズ先生

Even if I was there, I wouldn’t be able to change anything(仮に私がそこにいたとしても私には何も変える事ができないだろう)

Although/Though~

「Although」と「Though」という単語はどちらとも「~だけれども」という意味ですが、ニュアンスと使い方に若干の違いがあります。

Although→よりフォーマル、文頭のみに使用可
Though→Althoughよりカジュアル、文頭でも文末でも使用可

この違いを踏まえて例文を作ってみると

Although it was snowing, my school didn’t get cancelled(雪が降っていたけれど、私の学校は休校にならなかった)
It’s a bit cold though!(ちょっと寒いけどね!)

ジェームズ先生

It’s such a nice day today!(今日はとても天気のいい日だね)

エレナ先生

Yeah! It’s a bit cold though(そうね!ちょっと寒いけどね)

Regardless of the fact that~

こちらは非常に形式的なフレーズです。

Regardless of~(~に関係なく)
Fact(事実)

つまりRegardless of the fact that~を直訳すると

「~という事実に関係なく」→「~という事実があるのにも関わらず」→「~にもかかわらず」となります。

文語的というよりは丁寧な口語的な表現といったところ。

ジェームズ先生

This should not be happening regardless of the fact that the parents had consented(親の同意があったとしてもこんなことはするべきではない)

Nevertheless/Nonetheless

今日紹介する中で使用が一番トリッキーかなと思うのがこのNeverthelessとNonethelessですが、ネイティブは結構この表現を英会話などで使用しています。

2つとも「それであるにもかかわらず」「それでもなお」「とはいえ」という意味を持つ副詞で、副詞という事で文章や会話内の様々な位置で使用可能です。

簡単な例
  • 文頭:Nonetheless, you should be careful(とはいえ気を付けるべきだよ)
  • 文中:I have many problems, nonetheless, I believe I can get over them(問題がたくさんあるとはいえ、私は乗り越えられると信じている)
  • 文末:He is always annoying, but I love him nonetheless(彼はウザいけど、それでも私は彼を愛しています)
ジェームズ先生

She’s always bossing me around, but I love her to bits nonetheless(私はいつも尻に敷かれているけど、それでも私は彼女の全てを愛している

今回は様々な場面で一番使われている「にもかかわらず」を表す英語表現を7つ紹介しましたが、ニュアンスや使い方の違いを少し理解して頂けたでしょうか?

ライティングだけでなく意外と会話でも使う事が多い表現なのでぜひ一気に覚えてしまいましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる