1級概要

【英検1級レベル】リアルな難易度の秘密を海外大卒の合格者が正直に徹底解説

2019年9月23日

英検1級 レベル 難易度

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には英検1級を初受験で一発で取得したJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検1級ってどれくらいのレベルですか?
  • TOEICやTOEFLなどの他テストと比べるとどんなレベルでしょうか?
  • 英検の最上級ですが本当に英語マニアしか受からない内容なのでしょうか?

今回はこのような気になる質問にすべて経験者が解答します。

「英検1級を持っている=ネイティブレベルの英語レベル」そう思っている人も多いのではないでしょうか?

実際私も英語ができるようになるまでは漠然とそう思っていました。

しかし結論から言うと英検1級にはネイティブレベルに近いレベルで無くても合格する事は可能です。

今回の記事では4年間以上イギリスで過ごし、英検1級にも実際に合格している私が本当の英検1級のレベル・難易度を客観的、主観的な側面から掘り下げていきます。

今日の記事内容

  • 英検1級のレベル・難易度解説
  • TOEICやTOEFL換算では何点くらいか
  • 実際に受けた私が感じた肌感覚レベル
  • 1級の受験をおすすめしたい層

この記事を読むメリット

  • 実際に英語圏に長い間住み英検1級も持っている元講師が考えるレベルを知る事ができる
  • 自分は英検準1級が最適な級なのか知る事ができる
  • 必要のない受験にお金を無駄にする事がなくなる

本気で英検1級で一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク

 

 

【結論】英検1級=ネイティブレベルではない

スポンサーリンク

極論英検1級も単なる試験です

2016年に自分で英検1級の勉強をして、そのまま一発で合格して、時間が経った今最新の過去問を確認したり単語帳を読み返して思った結論は「究極に難しいものではないし、勉強すれば受かる」という事。

まず英検1級、英検の最上級だとしても結局テストな訳です、頻出単語は共通ですし勉強し続ければいずれ受かるはずです。

英語が完璧にできる人しか受からない!なんてことは一切なく、どちらかというと究極に頑張った人が受かるテストといってもいいでしょう。

難しいと言われる理由は「語彙問題」にあり

英検1級がなぜこれほどまでに難しいと考えられるのか、その理由は「語彙問題」です。

ここが難しいんですよ。

語彙問題で出てくる単語は普通に生活していて見ないような単語がたくさん出題されます。

この語彙問題をイギリス人に見せてみた事がありますが「うーんこんな感じの意味かな?正確な定義は分からない」という単語もちょくちょくありました。

語彙問題単体で見た時はそれくらい高いレベルです。

しかし、超高いレベルの単語が出てくる語彙問題でも頻出単語は毎回割と共通しています。つまり単語単体がどんだけ難しかろうが事前に対策してしまえば別にどうって事無いんです。

現に私も英検1級の勉強を始める前に過去問を見た時語彙問題はかなり凄いレベルだな…と思いました。

ほとんど当てずっぽうでしか無理、と思ったほどです。

しかし英検1級用の単語帳を徐々に進めていった結果、本番で語彙問題はほぼ満点でした。

「語彙問題で出てくる語彙は本当に難易度が高い、でも簡単に攻略できる」というのが本音です。

スポンサーリンク

語彙問題以外は言うほど難しくない

語彙問題以外だと

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • 二次試験(スピーキング)

4項目がありますが、特にリーディングとリスニングのレベルは極端に難しいとは感じません。

英検準1級と比べても乗り越えられない程の大幅な上積みは感じられません。

語彙問題で出てくる単語のレベルにはビックリするかもしれませんが、語彙問題で出てくるような単語がリーディングやリスニングで出てくるかと言ったら全然そうではなく、出てくる単語の多くは英検準1級レベルの単語が多いです。

ライティングとスピーキングのレベル

英検準1級と比べた時に難しくなったなーと感じたのはライティングとスピーキングです。

ライティングでもスピーキングでもより社会的、時事的なトピックを高度に英語で表現する能力が求められるからです。

ライティングに関しては200ワードから240ワード、二次面接にも時間制限がありますので、思いついたアイデアをちゃんとした英語で文章化、音声化して、さらに短くシンプルに凝縮してまとめる必要があります。

準1級よりはかなり難易度が高くなっています。

英検1級取得=英語が完璧ではない

英検1級=英語を完璧に操れる、英語がペラペラ

何となくこう思われる人も居るかもしれませんが、これは間違いです。

英検1級に受かったら英語が完璧、英語をスラスラと喋れるというのは絶対にありません。

逆に英語がペラペラと自称していても勉強せずに英検1級を受けてみたら落ちるという逆のパターンも十分あり得ます。

これは英検が単なるテストであるという事実から来ていて、テストは本番対策をしてこそ合格できるのです。

なのでペラペラを自称していても対策なしでは落ちる可能性は十分にあると思いますし、英検1級と言うテストに受かったからと言って英語力がネイティブに近いレベルになるのかと言ったらそれも違うという事です。

あくまでテスト、これが全てです。

英検1級の客観的なレベル・難易度

これまでは私が勉強して、受けて、合格して、見直してみて思った個人的な英検1級の難易度評価でしたが、客観的にはどう評価されているのか見ていきましょう。

難易度に関する英検公式の見解

1級は、英検の試験において最終目標となる級です。広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できることが求められます。資格としての活用も入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲に渡り、とくに通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、高い評価を得ています。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

引用元:日本英語検定協会

過去級との比較
  • 英検準1級:大学中級レベル
  • 英検2級:高校卒業レベル
  • 英検準2級:高校中級レベル

このような記述がありましたが今回はありません。

英検と言う括りの中では最終地点ですが、これくらいのレベルですという具体的な記述はありません。

TOEIC換算で見る英検1級の難易度

TOEIC換算での英検1級のレベルは「900点から950点くらい」でしょう。

ちなみに英検準1級では710点前後と紹介しました。

しかしここまで来ると正直TOEIC換算は役に立ちません、何度も言いますが英検もTOEICも単なるテストです。

英検1級に受かったから必ずTOEICで900点超えるという訳でもありませんし、逆にTOEIC990点満点取ったからって英検1級に受かるという訳でもありません。

TOEFL換算で見る英検1級の難易度

ちなみにTOEFLと比較する場合英検1級は「TOEFL ibtで95点から100点くらい」でしょうか。

重複になりますが、あくまで目安なので英検1級に合格しているからTOEICやTOEFLで目安点が取れるというものでは決してありません。

IELTS換算で見る英検1級の難易度

IELTSで換算するとオーバーオール7~7.5くらいでしょうか。

あくまで参考程度に…

英検1級の受験をおすすめしたい人

「英検1級」という称号を手にしたい人

英検1級にまでくると自己満足の世界です。

私も英検1級を持っててよかった!役に立った!と感じた事はこれまで一回もありませんし、強いて言えば「凄い」と思われることがあるくらいです。

SNSのプロフィールに「英検1級取得」と書けるくらいでしょうか?

実際このように英語の情報を発信している立場になった今だからこそ「英検1級取得」はなんとなく活用していますが、日常生活で役に立つ事は正直あまりないです。

私も英検1級を受けた理由はただ単にせっかくなら英検の一番上を取ってみたいというただの自己満足です。

そこに損得勘定は一切ありません。

しかし英検1級を持っていると通訳案内士の英語試験が免除になるので、取っておくと後々役に立つ可能性はあります。

英語を極めるというよりは、英検を最後まで極めたい!と思う方はぜひ受験してみましょう!

英検1級のメリットに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

さらに詳しく

今日のおさらい

  • 英検1級もあくまでテスト、英語の地力よりも対策の方が重要
  • 非常に難しい語彙問題だが簡単に対策可能
  • TOEIC換算では900点から950点、TOEFL ibtでは90から95程度だが、この指標を当てにしてはいけない
  • 「英検1級取得」という称号や英検を最後までやり切ったという満足感を得たい方におすすめ







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-1級概要

© 2020 ライフタイムラーナー