元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

英検1級に価値はある?合格者が感じたリアルなメリットを徹底解説

こんにちは、かつて講師として英検を指導し、個人的には英検1級を一発取得した英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

結論からいうと、実用的なメリットはそこまでありません

この記事のまとめ

英検1級に一発合格をし、講師として英検を指導した経験をもつ筆者が、英検1級の価値やメリットを徹底解説!

実際に合格したからこそわかるリアルな価値や持っていてよかったことなどをお伝えします。

英検1級の受験を考えている方はぜひ読んでほしい内容です。

英検準1級に合格してから英検1級を目指すべきなのか、それともTOEICやTOEFL、IELTSに移行するのか迷っている人もいるかもしれません。

結論からいうと英検1級はほぼ自己満足の世界です。

今回は実際に英検1級に合格した筆者が合格後に感じた「英検1級合格」の価値についてお話していこうと思います。

この記事を読むメリット
  • 実際に取った経験者が思う価値を知れる
  • 自分に必要なのかそうでないのかすぐにわかる
  • 英検1級は自分に合っているのか理解できる
アオイちゃん

えー1番上の級なのに実用的じゃないの?

JIN

やっぱり就職や転職ではTOEICが見られがちだからねー

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検1級を受ける・合格する価値はあるのか

まずは単刀直入に英検1級に受ける価値はあるのかという点を考察していきます。

基本的に役に立つ場面は限定的

結論から話すと、「英検1級取得」に大きな価値があると感じたことは合格以来ありません。

残念ながら国内企業はTOEIC重視ですし、留学関係もTOEFLやIELTSに劣ります。

英検を持っていてそのような方面で便利だな、役に立ったなと思ったことは一度もありません。

JIN

他の試験と比べて仕事面、留学面でかなり弱いのは事実

関連記事:IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説

関連記事:TOEFLとはどんなテスト?TOEICとの違いやまったく異なる難易度を比較解説

通訳案内士の英語テストが免除になる

ひとつ英検1級取得でアドバンテージがあるとすれば、英検1級に合格すると通訳案内士試験の英語テストが免除になります。

しかし英検1級合格と同条件として「TOEIC900点以上」も通訳案内士英語試験の免除対象となっています。

JIN

個人的にはTOEIC900点の方が英検1級合格よりも圧倒的に簡単だと思うので、通訳案内士の英語試験免除の為に英検1級合格を目指すというのはかなり割に合わないと言えます

関連記事:TOEIC満点はどれくらいすごい?気になる900点以降の勉強法と意外な本音

英検1級を実際に取得してから感じたメリット

ここでは実際に私が獲得した後に感じたメリットを解説します。

英語をあまり知らない人たちに英検はウケる

  • TOEIC
  • TOEFL
  • IELTS

いくら実用的な世界で上記のテストが優遇されていようと、英語にまったくかかわりのない人達にとって英検は一番の認知度があるテストです。

英検最上級の1級を持っている、となると「かなり凄い」と思われます。

JIN

それだけですが…

英語関連の情報を発信する上で英検1級合格はある程度役に立つ

ブログやSNS、YouTubeなどさまざまな媒体で英語情報を発信している人たちが近年ではたくさんいます。

英検1級はたしかに就業、就学においてとくに役に立つわけではありませんが、英語情報の発信をする上で英検1級合格という肩書があるとある程度信憑性が増します。

何も経歴の無い自称ペラペラより、英検1級合格という経歴があった方が信憑性的にはいいかもしれない。

JIN

個人的に取っておいてよかったと思うメリットナンバーワンです

英検を最後までやり遂げたという満足感を得る事ができる

最後はこれに尽きます。

英検1級ってもう自己満足な世界なんです。

損得勘定を持ってわざわざ英検1級を受ける人なんてほとんどいないです。

損得勘定を抜きにして準1級まで受かった、せっかくなら英検1級、すなわち最後までやり遂げたいというところに価値を見出す人がほとんどでしょう。

私もまったくその口で、せっかくなら英検最上級を取っておきたいという価値観だけで勉強して合格しました。

そして後悔は微塵もないです。

JIN

実用的な損得を考えて英検1級の受験を考えているのであれば、オススメはしません

英検1級の受験をおすすめしたい人

最後に英検1級の受験をオススメしたい人の特徴を紹介します。

「英検1級」という称号を手にしたい人

もう一度言いますが英検1級は自己満足の世界です。

ブログを書くときに使う以外は英検1級を持っていてよかった!役に立った!と実感したことは一回も無いです。強いて言えば「すごい」と思われることがあるくらい。

実際このように英語の情報を発信している立場になった今だからこそ「英検1級取得」はなんとなく使えていますが、日常生活で役に立つことはないです。

英語を極めるというよりは、英検を最後まで極めたい!と思う方はぜひ受験してみましょう!

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

Sponsored Links



総合的に1級を対策できるオンライン英会話がない…どうすればいい?

ELT英会話

オンライン英会話で試験対策を行う人も多いかと思いますが、英検1級に限って言えば対策を提供しているオンライン英会話はほとんどありません。

1級レッスンがない理由
  • 受験者数が他の級より少なくニーズが小さいため
  • レベルが高く非ネイティブ講師の場合レッスンを行えない可能性があるため
  • 合格者が一握りなので教え方を知っている人が少ないため

実際準1級まで英検対策レッスンを提供していた大手オンライン英会話サービスもすべて準1級止まりで、1級レッスンを提供しているサービスはほぼありません。

そこで私がオススメしたいオンライン英会話は、「多くの子どもを英検1級に合格させた実績」がある完全オーダーメイド授業を行うネイティブオンライン英会話サービス、ELT英会話です。

ELT英会話 英検1級

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

現在、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指して、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

試験対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています。

さらに、私が実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • TOEIC のスコアに関して言うと、正確には「点数は二年で、公式書類再発行の行使権利申請をむかえる」になると思います。
    正確な情報は公式サイトでご確認願いたいのですが、Toeic協会が、スコア表の再交付を受け付けるのが、試験日から2年で、その後も発行を希望する場合は、その都度申請が必要だったのではないかと思います。

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる