1級概要

英検1級に価値はある?合格者が感じたリアルなメリットを徹底解説

2019年10月24日

英検1級 メリット 価値

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には英検1級を初受験で一発で取得したJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検1級って価値あるんですか?
  • 取っておいて役に立つ事ってありますか?
  • ただの自己満足ですよね?

今回はそんな質問に対して実際に合格した私がすべて解答します。

英検準1級に合格してから英検1級を目指すべきなのか、それともTOEICやTOEFL、IELTSに移行するのか迷っている人もいるかもしれません。

結論から言うと英検1級はほぼ自己満足の世界です。

今回は実際に英検1級に合格した筆者が合格後に感じた「英検1級合格」の価値についてお話していこうと思います。

今日の記事内容

  • 英検1級を受ける価値はあるのか
  • 取得してから感じたメリット
  • 受験をお勧めしたい人

この記事を読むメリット

  • 実際に取った経験者が思う価値を知る事ができる
  • 自分に必要なのかそうでないのかすぐに分かる
  • 英検1級は自分に合っているのか理解できる

さらに詳しく

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク

 

 

英検1級を受ける・合格する価値はあるのか

スポンサーリンク

基本的に役に立つ場面は限定的

結論から話すと「英検1級取得」にそこまで価値があると感じた事は合格以来ありません。

残念ながら企業はTOEIC重視ですし、留学関係もTOEFLやIELTSに劣ります。

英検を持っていてそのような方面で便利だな、役に立ったなという事は一度もありません。

他の試験と比べて仕事面、留学面ではかなり弱いのが現状です。

通訳案内士の英語テストが免除になる

1つ英検1級取得でアドバンテージがあるとすれば、英検1級に合格すると通訳案内士試験の英語テストが免除になります。

しかし英検1級合格と同条件として「TOEIC900点以上」も通訳案内士英語試験の免除対象(2019年10月時点)となっています。

個人的にはTOEIC900点の方が英検1級合格よりも圧倒的に簡単だと思うので、通訳案内士の英語試験免除の為に英検1級合格を目指すというのはかなり割に合わないと言えます。

【TOEIC満点の真実】中級者が知りたい900点以降の世界【参考書も】

英検1級を実際に取得してから感じたメリット

スポンサーリンク

英語をあまり知らない人たちには英検はウケる

いくら業界で

  • TOEIC
  • TOEFL
  • IELTS

などが優遇されていようと、英語に全くかかわりのない人達にとって英検は一番の認知度があるテストです。

なので英検最上級の1級を持っている、となると「かなり凄い」と思われます。

それだけですが…

英語関連の情報を発信する上で英検1級合格はある程度役に立つ

ブログやSNS、YouTubeなど様々な媒体で英語情報を発信している人たちが近年ではたくさんいます。

英検1級は確かに就業、就学において特に役に立つわけではありませんが、英語情報の発信をする上で英検1級合格と言う肩書があるとある程度信憑性が増します。

何も経歴の無い自称バイリンガルより英検1級合格と言う経歴があった方が信憑性的には良いですよね。

個人的に取っておいてよかったと思うメリットナンバーワンです。

英検を最後までやり遂げたという満足感を得る事ができる

これに尽きます。

英検1級ってもう自己満足な世界なんです。

損得勘定を持ってわざわざ英検1級を受ける人なんてほとんどいないです。

損得勘定を抜きにして準1級まで受かった、せっかくなら英検1級、すなわち最後までやり遂げたいというところに価値を見出す人がほとんどでしょう。

私も全くその口で、せっかくなら英検最上級を取っておきたいという価値観だけで勉強して合格しました。

なのでこの時点で損得を考えて英検1級の受験を考えているのであればおすすめはしません。TOEICやTOEFL、IELTSの勉強をした方が価値はあるでしょう。

英検1級の受験をおすすめしたい人

「英検1級」という称号を手にしたい人

もう一度言いますが英検1級は自己満足の世界です。

ブログを書くときに使う以外は英検1級を持っててよかった!役に立った!と感じた事はこれまで一回も無いです。強いて言えば「すげー」と思われることがあるくらい。

実際このように英語の情報を発信している立場になった今だからこそ「英検1級取得」はなんとなく使えていますが、日常生活で役に立つ事はないです。

英語を極めるというよりは、英検を最後まで極めたい!と思う方はぜひ受験してみましょう!

今日のおさらい

  • 英検1級が日常生活で役に立つ事はまずない
  • 通訳案内士試験の英語試験が免除になる
  • 英語業界の事をあまり知らない人には「英検」の認知度が高いのでウケる
  • 英語情報を発信する上で「英検1級取得」という称号、経歴を得る事ができる
  • 英検をやり遂げたという自己満足感を得る事ができる







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-1級概要

© 2020 ライフタイムラーナー