元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

英検1級ライティング対策のコツは添削しかない!その前にやるべき事とあわせて紹介

英検1級 ライティング 対策 コツ 添削

こんにちは、かつて講師として英検を指導し、個人的には英検1級を一発取得した英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

ひとつ結論をいうと、1級ライティングは準1級よりもレベルが結構上がっているので、添削の重要性もかなり上がっています

この記事のまとめ

英検1級に一発合格をし、講師として英検を指導した経験をもつ筆者が、英検1級のライティングを徹底解説!

難易度が大幅に上がった1級ライティングの内容や、実際に有効なライティング対策方法まで網羅してお伝え。

英検1級の合格を目指している方に、ぜひ読んでほしい内容です。

多くの人が感じているように、ライティングのレベルは準1級よりかなり高いです。

しっかり対策しないと、ライティングが足を引っ張り、全体スコアに致命的なダメージを与えてしまいます。

実は私も昔はライティングがとても苦手で、どうすればいいのかまったくわかりませんでしたが、要点とコツを学んで対策を行い、最終的にはイギリスの大学で論文を書くまでに上達できました。

今回はそんな経験を基に、英検1級ライティングの対策情報をまとめて紹介していきます。

この記事を読むメリット
  • ライティングが足を引っ張ることがなくなる
  • 英検1級ライティングの書き方や減点対象がわかる
  • ライティング対策に不可欠なものや重要ポイントを理解できる
アオイちゃん

正しいライティングを知らずにここまで来てしまったのですが…

JIN

アカデミックライティングに馴染みがあまりない人は、添削は必須と言えますこちらがオススメのオンライン添削サービス!

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位
サービス名スパトレ
Supatore logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
フルーツフルイングリッシュ
fruitful english logo
オススメ度 (4.5) (4.5) (3.0)
無料体験7日間1通り(ライティング+スピーキング)添削2回
値段月額 4,900円~月額 12,000円~講師による
ひと言ポイントアカデミックライティング講座ありの激安サービス1級対策コースあり添削専門サービス
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



日本の学校英語教育ではライティングにあまり触れない

まずはライティングに苦手意識を持っている人が非常に多い背景を考察していきます。

英語ライティングは日本語の翻訳ではない

日本の学校で教育を受けた人であればわかると思いますが、英語の授業で「英作文」というものをやります。

「作文」というワードがあるので、これこそライティングだと思っている人も居るかもしれませんが、あれはライティングとはまったく異なるものです。

義務教育でやる英作文問題はライティングではなく文法問題

日本の公立学校では「英語ライティング」はまったく教えられていないのです。

さらに翻訳とライティングもまったく違うものであり、日本語の思考をなんとか英語に訳すという書き方ではうまくいきません。

JIN

英文ライティングをうまくやる為には日本語を通さずに直接「思考→英語」で書かなければなりません

この内容は音声でも解説しました

直接「思考→英語」で思ったような文が書く方法

まずひとつ知っておいてほしいのは、英検1級に関わらず、英文ライティングを上達させるには結構なトレーニングが必要です。

一番大切なトレーニングは「英語の論文やエッセイで使われている言い回しを覚えて、自分のものにする」です。

思っている以上に英文ライティングにはルールがたくさんあります。

私は英語圏の大学を卒業する過程でたくさんの英語文章を書きましたが、まずは適切なライティングルールを知らなければ話にならないという経験は嫌なくらい経験して来ました。

そこでオススメなのがこの2冊です。

どちらでも構いませんが、このようなルールブックを読んで、一体英文ライティングとはどういうものなのか、という知識を深めるのが遠回りに見えて実は近道になります。

関連記事:英語エッセイにコツはある!ライティング17の基礎ルールをイギリスの大学卒が解説

関連記事:まず押さえておきたい!英語エッセイで使えるテッパンの基礎表現41選

英検1級ライティングの問題トピック傾向・出題例

次に英検1級で出題されるライティング問題の特徴について解説します。

英検1級ライティングの問題例

1級ライティング問題の序文
  • Write an essay on the given TOPIC.(与えられたトピックに沿ってエッセイを書きなさい)
  • Use TWO of the POINTS below to support your answer.(以下のポイントから2つ選んで、そのポイントを踏まえて質問に回答しなさい)
  • Structure: introduction, main body, and conclusion(構成:導入→本文→結論)
  • Suggested length: 200~240words(推奨ワード数:200から240ワード)
トピック例題

Agree or disagree:Artificial Intelligence will cause various problems in the future.(賛成か反対か答えよ:人工知能は将来的にさまざまな問題を引き起こす)

Is it possible to eliminate nuclear power generation completely in the future?(原子力発電を完全に無くすことは可能ですか?)

基本的に、グローバル規模で大きく議論されている問題がそのまま設問になる場合が多いです。

JIN

英検準1級と比べると、文章に入れなければならないポイントは2つから3つに増えており、英検1級ではそのすべてのポイントを自分で1から考えなければなりません

英語以前にある程度世界情勢を知っておきたい

この形式の問題だと英語以前にある程度世界情勢、社会問題などなどの知識が無いといいエッセイは書けません。

たとえば 「日本はアメリカ合衆国との関係性を考えなおすべきですか?」というトピックでしたら、世界情勢を少しでも知っていれば書けることは山のようにあります。

  • TPP
  • 安全保障
  • 北朝鮮問題
  • 大統領

私も世界情勢、社会問題に関して精通している訳ではありませんが、英検1級のライティングを解く為に少なくともニュースで解説している出来事くらいは知っておくべきです。

JIN

そうしないとどれだけ英語力があっても、中身がペラペラのダメエッセイになってしまいます

英検1級ライティングの解き方と評価基準、減点対象

まず英検1級のライティングで高得点が取りたいのであれば「何をやってはいけないのか」つまり減点対象を知っておかなければなりません。

以下は実際に英検が公開している基準を私なりに解釈して要約しています。

語数は200~240単語程度

英検1級ライティングでは200~240単語程度の文章を書くことが求められています。

準1級の目安語数よりも80~90単語ほど増えています。

トピックで求められる意見や理由が述べられているか

トピックに沿って自分の考えを論理的に理由付けする必要があります。

深い説得力のある理由が好まれ、単純な理由(環境保護は大切だから)などは最悪です。

環境保護は大切だから、ということを言いたいのであれば、環境保護をしないと最終的にどのような悪影響を及ぼすのか、そしてどうすれば改善できるのかなど深掘りする必要があります。

JIN

単純で浅い理由付けではなく理由に沿った理由をさらに深掘りすべき

ライティング構成の流れはわかりやすいか

途切れ途切れではなくしっかりとした滑らかな流れの文章で書かれているか(接続詞や副詞を使って)

自分の言いたい意見を1行1行ではなく、全体として主張して議論できているかが大切です。

さらに英検1級では導入→本文→結論の順番でしっかりと構成された文章が求められています。

関連記事:英会話に強い味方!英語表現の幅がガラッと変わる毎日使いたい副詞23選

JIN

途切れ途切れでいろいろな意見を述べてまとまりがない→文章の流れを考えて作文全体として議論をして自分の意見を主張するべき

トピックに沿った単語や熟語が使えているか

トピックに沿った専門用語を使えるかどうかも非常に重要です。

さらに同じ単語ばかりを使わずに、多様な語彙を駆使して適切にしようできるかどうかも評価対象です。

しかし頑張って難しい単語ばかりを使ってそれが間違った使用である場合逆効果にもなり得ます。

これは時事にアンテナを張って幅広い語彙力を事前に付けておくことでうまくいきます。

JIN

英語ニュースで覚えた適切な単語を駆使できると最高ですね!

関連記事:英語の勉強に効果的でさらに無料!おすすめ英語ニュースサイト・アプリ10選

文法や構造のバリエーションは豊富かどうか

同じような文法を使い過ぎないのも注意点です。

たとえば I think~ I think~ I think~ と何度も何度も羅列するのは好まれません。

先ほど単語のバリエーションが重要である、という話をしましたが、文法でもバリエーションは求められています。

JIN

同じ文法を続けざまに使っている→できる限り多様な文法を使って構造を豊かにする

聞かれたことに忠実に答える

聞かれた質問にストレートで答えましょう。

回りくどく説明したり、遠回りし過ぎたり、脱線してしまってはいけません。

JIN

聞かれた質問に答えられていない→忠実に脱線しないように意見を述べる

矛盾した文章はダメ

I agreeと同意したにもかかわらず否定の意見も述べるというのはNGです。

ライティングで絶対ダメなのは矛盾した文章を書く、そして結局何が言いたいのか分からなくなることです。

JIN

文章内で矛盾が生じている→賛成か反対を決めたらその立ち位置から動かない

具体例を挙げて説得力を高める

たとえば 「子どもはもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」というトピックに対して「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います」というだけでなく

「日本人は世界的に見て英語ができないと言われています」や「日本では英語のクラスでスピーキングの練習をする機会があまりありません」のような一般的な補足情報を加えて構成していくと説得力が増します。

JIN

具体例がなく説得力がない→トピックとあなたの意見に沿った具体例を挙げる

関係のない補足はNG

自分の意見を肉付けするような補足は説得力を高めますが、関係のない補足は一貫性がないので減点対象です。

たとえば 先ほどの続きで「子どもはもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」というトピックに対して

「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います。私は海外ドラマを観ていてもまったく理解できません」

極端な例ですが「海外ドラマ」なんて関係がないことですし、さらに自分の経験を語っているだけなのでこんな補足なら書かない方がマシなレベルです。

JIN

関係のない蛇足的な補足→関係のないことはとにかく書かない

自分の経験しか話さないのはダメ

アカデミックライティングは日記ではありません。

自分の世界がすべてと思い込んだり、賛成反対を決めるうえで自分の気持ちや経験だけを基にしたものはダメです。

私が英語圏で論文を書くときは基本的に「I(私)」という単語を使うなと言われたくらい

基本的には、さまざまなしっかりした根拠を基に文章を構成しなければならないのです、とくに英検1級では自分の意見をサポートする3つの理由を答えなければなりませんが、そこの理由に自分の経験だけを入れるのはNGです。

主観で意見を述べる、文章を書きはじめるのではなく、さまざまな根拠というベースがあって、その上に自分の意見がある形でないと、しっかりとしたライティングとは言えません。

「私は~だったので、賛成だと思います」

これは何の根拠にもなりません。

JIN

自分の経験ばかり話す→根拠や理由付けは自分の経験以外の具体例から探す

経験者がおすすめする英検1級ライティングの対策

ここでは、英検1級のライティングを攻略するためにオススメしたい対策方法を解説します。

まずはアカデミックライティングのDos and Dontsを知る

「Dos and Dontsを知れ」

これは自分がイギリスの大学をはじめた際に最初に言われたことです。

  • Dos(すべきこと)
  • Donts(すべきでないこと)

しっかりしたアカデミックライティングのルールを知ってから、それに沿って書きなさいということです。

多くの人が思っている以上に、アカデミックライティングに自由はありません。

言語的にやってはいけないことは基本的に決まっています。

JIN

アカデミックライティングのルールに馴染みのない人は、まず先ほど紹介したようなアカデミックライティングの書き方ルールの載っている本で対策をする必要があります

関連記事:英語エッセイにコツはある!ライティング17の基礎ルールをイギリスの大学卒が解説

英語ニュースを読んで時事問題にアンテナを張る

先ほども言った通り英検1級のライティングではある程度の時事知識が必要になります。

そこでオススメなのが英語ニュースを読む。

適切な単語や文法を学ぶことを意識して、毎日ニュースを読んでみましょう!

関連記事:英語の勉強に効果的でさらに無料!おすすめ英語ニュースサイト・アプリ10選

ライティングの上達は実践→添削しか方法がない

ルールを知ってからライティングを上達させるのは実践して添削してもらうしかありません。

日本語でも同じですがたとえば 自分で読書感想文や作文を書いて自分自身で採点するのは不可能ですよね。

答えが無いから。

答えが無いものを自分自身で答え合わせすることは不可能

自分の全力を尽くして完璧だと思ってその作文、小論文、エッセイを書いている訳なので自分が思う最高の文章を自己採点するなんて不可能なんです。

安心してください、周りに採点してくれるような英語ネイティブが居なくても、インターネットが普及した今は採点してもらうことが出来ます。

この内容は音声でも解説しました

オンラインでできるおすすめライティング添削サービスランキング

「アカデミックライティングのイロハは熟知しています」

このような方であれば、正直有料のオンライン添削サービスを使う必要はありませんが

  • しっかりしたライティングをしたことが無い
  • アカデミックライティングのルールや基礎もわからない
  • 英検1級合格に関わらずライティング力をもっと上げたい

このような方々には、添削サービスの利用をかなりオススメできます。

結局、ライティングの対策は添削やフィードバックしかないんですよね…

JIN

すべて私が体験したもののみ紹介しますので、ご安心ください

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位
サービス名スパトレ
Supatore logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
フルーツフルイングリッシュ
fruitful english logo
オススメ度 (4.5) (4.5) (3.0)
無料体験7日間1通り(ライティング+スピーキング)添削2回
値段月額 4,900円~月額 12,000円~講師による
ひと言ポイントアカデミックライティング講座ありの激安サービス1級対策コースあり添削専門サービス
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

スパトレ(SPTR)|格安でスピーキング+ライティング対策

スパトレ
内容・評価
概要ライティング添削ありの業界最安値オンライン英会話
オススメ度 (4.5)
料金月額 4,900円~
対象初心者~中級者中心
期待できる効果負荷の高いライティング対策を毎日行ってスコアアップ!
JIN

業界最安値でライティング対策もできるのがいいですね

アオイちゃん

嘘みたいな値段!

メリット
デメリット
  • 業界最安値の破格設定
  • アカデミックライティングレッスンあり
  • シンプルでわかりやすい構成
  • レッスンごとに講師から評価
  • 自習と宿題ありきのレッスン構成
  • 宿題が結構多い
  • 講師の国籍にやや偏りあり

2019年に始まったかなり新しいオンライン英会話ですが、業界最安値の破格設定でさまざまなレッスンを提供しています。

ライティング添削含め「安くオンラインで英語学習」ということであれば、一番オススメできます。

スパトレ レッスン体験

実際に私も1ヶ月受講してみましたが、アカデミックライティングレッスンは値段にしてはかなりクオリティが高いと実感しました!

アカデミックライティングレッスンでは、宿題として書いたライティングをこのように公開添削のような形で添削してもらえます。

JIN

無料体験期間が7日間とたっぷりあるのでオススメ!

アオイちゃん

無料体験期間中だけでもいろいろ身になりそう!

\ 業界最安値で成果にこだわる英語環境 /

※無料体験後の入会義務は一切ありません

スパトレの受講レビュー記事はコチラ

ベストティーチャー|ライティング重視のオンライン英会話

ベストティーチャー
内容・評価
概要ライティングを基礎にした珍しいオンライン英会話
オススメ度 (4.5)
料金月額 14,300円~
対象全レベル
期待できる効果ライティングからスピーキングまでしっかりと対策を行って合格を目指す

スパトレより値段は高くなりますが、徹底的にIELTS特化のライティング対策をしたい方は、ベストティーチャーがオススメです。

英検1級対策コースがあるのもいいですね!

ベストティーチャー 資格対策コース

さらに5回分ライティングに関するやり取りを講師としないと、スピーキングレッスンに進めない仕組みになっているのもかなりいいです!

ここまでライティングに力を入れているオンライン英会話はないでしょう。

ベストティーチャー 評判 評価 レビュー

添削はこのようにチャット形式で行われ、同じ題材で5回分の添削やアドバイス、フィードバックが行われます。

ベストティーチャー レッスン 体験レッスン

その後ライティングの題材をテーマにしてスピーキングレッスンが行われます。

\ ライティングも資格対策もお任せ /

※無料体験にクレジットカード入力は不要

ベストティーチャーの受講レビュー記事はコチラ

フルーツフルイングリッシュ|添削オンリーのサービス

内容・評価
概要ライティング添削特化のオンラインサービス
オススメ度 (3.0)
料金講師やプランによって異なる
対象全レベル
期待できる効果ライティング添削でスコアアップを目指す

ライティング添削に特化したサービスを提供しているサービスのひとつが、英作文添削のフルーツイングリッシュです。

主な特徴
  • 練習課題多数あり
  • 英作文専門スクールが運営
  • 70万件を越えるライティング指導実績
  • 5万人近いユーザー数
  • 日本E-learning大賞受賞
  • ユーザー満足度99.3%
  • 東洋経済、ダイヤモンド、プレジデントオンラインなどのメディアで紹介
フルーツフルイングリッシュ 無料体験 方法9

このように解説コースと添削のみコースで都度依頼できるのはいいですよね。

フルーツフルイングリッシュ メリット16

私が体験してみた際の添削解説はこんな感じでした。

JIN

ただ、スピーキングも同時にできるスパトレやベストティーチャーの方がコスパがいいです

アオイちゃん

いかに1位と2位のサービスがいいのかがわかるね!

\ ライティング指導特化のサービス /

※無料体験にクレジットカード入力は不要

フルーツフルイングリッシュの受講レビュー記事はコチラ

英検1級に特化したライティングトレーニングも必須

ライティングの地力を上げるのと並行して、もちろん英検1級用のライティング力をつけるのも必須です。

英検1級のライティングで高得点を狙うのであれば、それに準じた問題を解いていくのも重要になります。

そこでオススメの2冊がこちらです。

JIN

このような問題集を解いて英検1級のライティング問題に特化した能力を付けていきましょう

最後は必ず英検1級過去問で解いてみる

受験するのは英検1級ですから、最後は必ず過去問を使って追い込みをかけましょう。

過去問での対策は避けられません。

問題集もいいのですが、やはり最後は実際のレベルで問題を解くことが必要になります。

もちろん過去問集はリスニングやリーディングでも使うものなので、合格したいのであれば必須の教材になります。

1級ライティング対策に使えるおすすめ参考書・問題集・教材

まず、ライティング対策に使えるオススメ教材をわかりやすくまとめましたので、ぜひご覧ください。

スクロールできます
書籍名英検1級 過去6回全問題集
英検1級 ライティング 教材
最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇
英検1級 ライティング 教材2
大学生のためのアカデミック英文ライティング
IELTS ライティング 2
スパトレ
Supatore logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
オススメ度 (5.0) (4.5) (4.0) (4.5) (4.5)
値段・コスパ (5.0) (4.0) (4.0) (5.0) (3.5)
特徴・実際の過去問6回分収録
・対策に必須
・英検1級ライティング問題に特化した問題集
・どんどん問題を解いて形式に慣れる
・アカデミックライティングを理解できる
・ルールブックアカデミックライティング入門に最適
・オンライン英会話業界最安値
・ライティングレッスンあり
・無料体験7日間
・1級対策コースあり
・豊富なライティング添削
・無料体験あり
書籍名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

英検1級 過去6回全問題集

英検1級 ライティング 教材
内容・評価
概要過去6回分の過去問を収録する問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

合格に必須の1冊です。

どんな試験でもそうですがやはり過去問を使って傾向や内容を掴んだり、スピード感に慣れることは非常に大切です。

大学受験をする人はセンター試験の過去問を必ず事前に解きますよね?高校受験をする人は必ず事前に過去問を解きますよね?英検もそれとまったく同じです。

問題集と過去問は別物と考えてください。

JIN

過去問を事前に解いておかないと本番で予期しないアクシデントが発生する確率も高まります

ポイント
  • 過去問が対策でもっとも重要なピース
  • 安心の旺文社
  • 過去問なしに対策はあり得ない

他の出版社からも過去問集が出版されていますが、私は旺文社のものを一番オススメしています。

最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇

英検1級 ライティング 教材2
内容・評価
概要ライティング問題に特化した英検1級の問題集
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (4.0)
対象ライティングが苦手な受験者
期待できる効果1級レベルのライティング問題を解いてスコアアップを狙う
  • ライティングがとくに苦手
  • 周りに添削してくれる人がいない
  • たくさんライティング問題を解きたい

このような方々にオススメできるのがコチラの書籍です。

「英検1級のライティング問題」に完全特化しているため、的を絞った対策ができます。

ライティング問題集に関しては、こちらの別書籍もオススメです。

ポイント
  • 1級ライティングに特化した問題集
  • 場数を踏んでライティングの精度を上げる
  • 苦手なライティングを得点源に変える

大学生のためのアカデミック英文ライティング

IELTS ライティング 2
内容・評価
概要アカデミックライティングの入門書
オススメ度/重要度 (4.5)
料金/コスパ (4.0)
対象ライティングのルールをまったく知らない人
期待できる効果アカデミックライティングのルールや書き方を理解できる

アカデミックライティングは知っているようで知らない人が多いです。

英検1級のライティング問題では長い文を書くわけではありませんが、ライティングスタイルはアカデミックライティングのスタイルであるべきです。

正しい英文ライティングにはやってはいけないルールがたくさんあります。

JIN

こちらの書籍では論理的にライティングを行うための方法、ルールがたくさん載っているので、ライティングのルールすら知らないという方にはオススメの良書です

スパトレ(SPTR)

スパトレ
内容・評価
概要ライティング添削ありの業界最安値オンライン英会話
オススメ度 (4.5)
料金月額 4,900円~
対象初心者~中級者中心
期待できる効果負荷の高いライティング対策を毎日行ってスコアアップ!
JIN

業界最安値でライティング対策もできるのがいいですね

アオイちゃん

嘘みたいな値段!

メリット
デメリット
  • 業界最安値の破格設定
  • アカデミックライティングレッスンあり
  • シンプルでわかりやすい構成
  • レッスンごとに講師から評価
  • 自習と宿題ありきのレッスン構成
  • 宿題が結構多い
  • 講師の国籍にやや偏りあり

2019年に始まったかなり新しいオンライン英会話ですが、業界最安値の破格設定でさまざまなレッスンを提供しています。

ライティング添削含め「安くオンラインで英語学習」ということであれば一番オススメできます。

スパトレ レッスン体験

実際に私も1ヶ月受講してみましたが、アカデミックライティングレッスンは値段にしてはかなりクオリティが高いと実感しました!

アカデミックライティングレッスンでは、宿題として書いたライティングを公開添削のような形で添削してもらえます。

JIN

無料体験期間が7日間とたっぷりあるので超オススメ!

アオイちゃん

無料体験期間中だけでもいろいろ身になりそう!

\ 業界最安値で成果にこだわる英語環境 /

※無料体験後の入会義務は一切ありません

スパトレの受講レビュー記事はコチラ

ベストティーチャー

ベストティーチャー
内容・評価
概要ライティングを基礎にした珍しいオンライン英会話
オススメ度 (4.5)
料金月額 14,300円~
対象全レベル
期待できる効果ライティングからスピーキングまでしっかりと対策を行って合格を目指す

スパトレより値段は高くなりますが、徹底的に英検1級のライティング対策をしたい方はベストティーチャーがオススメです。

英検1級対策コースがあるのもいいですね!

ベストティーチャー 資格対策コース

さらに5回分ライティングに関するやり取りを講師としないと、スピーキングレッスンに進めない仕組みになっているのもかなりいいです!

ここまでライティングに力を入れているオンライン英会話はないでしょう。

ベストティーチャー 評判 評価 レビュー

添削はこのようにチャット形式で行われ、同じ題材で5回分の添削やアドバイス、フィードバックが行われます。

ベストティーチャー レッスン 体験レッスン

その後ライティングの題材をテーマにしてスピーキングレッスンが行われます。

JIN

徹底的にライティングを対策したいならベストティーチャーです

アオイちゃん

フィードバックを重視するならってココってことでいい?

JIN

その通りだね、同じライティングに5回もフィードバックを貰えるのはかなり身になるよ

\ ライティングも資格対策もお任せ /

※無料体験にクレジットカード入力は不要

ベストティーチャーの受講レビュー記事はコチラ

本気で一発合格を目指している人向けの英検1級完全攻略ガイド

総合的に1級を対策できるオンライン英会話がない…どうすればいい?

ELT英会話

オンライン英会話で試験対策を行う人も多いかと思いますが、英検1級に限って言えば対策を提供しているオンライン英会話はほとんどありません。

1級レッスンがない理由
  • 受験者数が他の級より少なくニーズが小さいため
  • レベルが高く非ネイティブ講師の場合レッスンを行えない可能性があるため
  • 合格者が一握りなので教え方を知っている人が少ないため

実際準1級まで英検対策レッスンを提供していた大手オンライン英会話サービスもすべて準1級止まりで、1級レッスンを提供しているサービスはほぼありません。

そこで私がオススメしたいオンライン英会話は、「多くの子どもを英検1級に合格させた実績」がある完全オーダーメイド授業を行うネイティブオンライン英会話サービス、ELT英会話です。

ELT英会話 英検1級

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

現在、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指して、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

試験対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています。

さらに、私が実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる