元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

【3分でわかる】英検2級の難易度は大学レベルで正解?TOEIC・センターとも比較

英検2級 レベル 大学 高校 センター TOEIC

こんにちは、数多くの生徒たちに英検2級を指導して合格させ、そして自らも高校時代偏差値40から数カ月で英検2級に一発合格した、英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です

英検1級 合格証
JIN

結論もっともわかりやすい英検2級のレベル感は高校卒業程度です

この記事のまとめ

英語講師として数多くの生徒に英検2級を教え、高校時代は偏差値40から数ヶ月で英検2級を取得した筆者が英検2級のレベル・難易度について徹底解説!

TOEICやセンター試験との比較や、下の級である準2級からの上積みなどやさしく簡潔にご紹介します。

英検2級の受験を考えている人に、ぜひ読んでほしい内容です。

英検各級のレベルを知らずにとりあえず低すぎる級、または高すぎる級を受けてしまう方々はかなりいます。

非常にもったいないです。

英検2級に関しては私も実際に合格した級ですし、英語講師としても教えた経験があるのでレベル感の理解にはかなり自信を持っています。

今回の記事では気になる人がかなり多い英検2級のレベルや難易度について自分で合格し、教えたからこそわかる情報をすべて公開します。

この記事を読むメリット
  • 客観的かつ元講師の主観的に見る英検2級のレベルや難易度解説
  • 自分は英検2級が最適な級なのか知れる
  • 合っていないレベルの受験にお金をムダにすることがなくなる
アオイちゃん

高校卒業程度だったら高卒の人は全員受かるレベル?

JIN

いや、高校で習う範囲すべて網羅して理解している必要があるよ

本気で一発合格を目指している人向けの英検2級完全攻略ガイド

一瞬でレベルがわかる表がコチラ。

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検2級のレベルは「高校卒業レベル」で合っているのか

まずは「高校卒業レベル」と言われる英検2級のレベルや難易度についてやり深く考察していきます。

英検公式が定めるレベル・難易度

2級は、準2級までしっかりつけてきた力を実生活のさまざまな分野で応用できる力を身につけている級で、レベルは高校卒業程度とされています。社会生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。入試優遇、単位認定、センター試験対策、さらに海外留学や社会人の一般的な英語力の条件として幅広く適用されます。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

引用元:2級の試験内容・過去問 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

公式的に「高校卒業程度」と明記していますね。

JIN

英検準2級の記述と比べると、できることが非常に多くなっていることがわかります

CEFRで見れば一目でわかる!世界基準で見る英検2級レベルの立ち位置

CEFR(セファール)というのは、ヨーロッパ全体で外国語学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドラインです。

一番下はA1から最高レベルのC2まで区分化されています。

この表を見てわかること
  • 英検2級はB1からA2レベル(B1寄り)
  • ケンブリッジ英検 B1やIELTS ~5.0、TOEFL ibt ~50と似たようなレベル
CEFR能力レベル別に「何ができるか」を示した熟達度一覧
B1
  • 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。
  • その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。
  • 身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。
A2
  • ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関しては、文やよく使われる表現が理解できる。
  • 簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄について、単純で直接的な情報交換に応じることができる。
出典: CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠) | ブリティッシュ・カウンシル
JIN

CEFRで見ると英検2級はIELTS、TOEFL換算がギリギリできるくらいのレベルです

関連記事:TOEFLとはどんなテスト?TOEICとの違いやまったく異なる難易度を比較解説

関連記事:IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説

ちなみに世界や日本の平均はCEFRでどれくらいなのか

CEFRの数値を出されてもあまりピンとこない人も多いかもしれません、ここでCEFRの数値をわかりやすくするために世界各国や日本の平均を考察してみましょう。

スウェーデン発祥の語学を中心にした国際教育機関であるEF Education Firstが独自に算出した数値であるEPI/CEFR換算を見るととてもわかりやすいので紹介します。

CEFREF EPIスコア
Pre-A11-199
A1200-299
A2300-399
B1400-499
B2500-599
C1600-699
C2700-800
EF Education First EPI レポートを基に作成
EF Education First EPI CEFR 日本 平均

EF Education Firstの公式ではこのように結論付けられています。

この数値からわかること
  • 日本の平均英語力をCEFR換算で算出するとB1レベル
  • 世界1位のオランダはCEFR換算でC1レベル
  • ヨーロッパ平均B2レベル
  • アジア平均B1レベル
JIN

つまり、EPIスコアでいうと英検2級は日本人英語学習者の平均レベルということになります

私が個人的に思う英検2級のレベル

先ほどは英検公式が考える英検2級のレベルを見ていきましたが、少し私個人の意見もはさんでいきたいと思います。

私が思う英検2級のレベルは「英語が結構得意な高2~高3なら受かるレベル」です。

これは私の経験からもそう思いますし、英検2級ホルダーを優遇している大学あるのを見てもわかります。

JIN

英検3級と中学2,3年生の関係に少し似ています

英検2級レベルの英語があれば何ができる?

私が思う英検2級のレベルは「英語で意思疎通がギリできるかもしれない」です。

たとえば 語学留学に行きたいと思っている人であれば「最悪でも英検2級レベルの英語力ないとかなり大変だと思う」というイメージです。

英検2級レベルでは思ったことをスラスラ英語にすることは不可能ですが、思っていることを非常に簡略化して伝えることは可能なレベルと見ています。

JIN

英語ができるようになるためのスタートラインです

TOEIC換算で見る英検2級のレベル

英語テストのレベルを測る指標としてひとつ「TOEIC換算」というものがあります。

TOEIC換算での英検2級のレベルは「520点くらい」でしょう。

JIN

準2級から100点近くジャンプアップしているので、これを見てもやはりレベルは結構高くなっていることが伺えますね

TOEFL換算で見る英検2級のレベル

ちなみにTOEFLと比較する場合英検2級は「TOEFL ibtで40点前後」

あくまで目安なので、英検2級に合格しているからTOEICやTOEFLで目安点が取れるというものではありません。

センター試験と比べてどっちが難しい?

これは私の肌感覚になってしまいますが、英語レベル的には英検2級もセンター試験も似たようなレベルです。

2つとも高校卒業程度のレベルを設定しているため、大きな開きはありません。

しかし、難易度は似たようなものであってもテストの構成は違うので、英検2級に合格したからと言って、その人がセンター試験でいい点が取れるかと言ったらそうではありません。

JIN

テスト内容に応じた対策をするのが必須です

準2級からすぐ一発で2級に受かることは可能?

結論しっかりと対策すればまったく不可能であるとは思いません。

イメージ
  • 英検3級→準2級(そこまで大きな差はない)
  • 英検準2級→2級(結構な差がある)

差があるとはいえ、きちんとスケジュールを立てて、順序を踏んで勉強をすれば可能性は十分にあります。

関連記事:誰にでもできる!英検2級イチオシ勉強法+元講師が考えた学習計画を大公開

関連記事:英検2級の教材は苦手分野で選ぶ!今おすすめしたいイチオシ参考書・問題集7選

英検2級は英語ができるようになりたい人におすすめ!

ここでは、英検2級の受験をオススメできる人の特徴を紹介します。

将来的に語学留学に行きたいと考える人

先ほども言いましたが、英検2級レベルの英語力は意思疎通がギリギリ取れるボーダーライン。

もちろん、英検2級レベルの英語力が無くても留学に行くことは可能です。

しかし、意思疎通もままならない状態で行ってもまず生活も難しいでしょうし、英語力も事前に出来る人と比べて伸びが少ないといえます。

JIN

私は本当にこの英検2級レベルがボーダーラインだと思っています

英語を学びなおしたい大人の最初の目標

最近では社会人になってから英語をやり直したいと考えている人が結構いらっしゃいます。

もちろん最終学歴にもよりますが、最後に英語を勉強してからブランクが長いという方も多いのではないでしょうか。

JIN

復習も兼ねて、まず英検2級の合格を目指すのはオススメです

ステップアップを目指す高校生

英語系の学部に進んで英語をさらに学びたいと考える高校生や、英語に関連する職業を将来的に目指したい高校生は、高校のうちに英検2級を目指すのもオススメ。

大学受験にも英検2級は使える場合もあるので取っておいて損は絶対ないでしょう。

本気で一発合格を目指している人向けの英検2級完全攻略ガイド

本気で一発合格を狙う人にのみにオススメの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がオススメしたいのが、このサイトでも至るところでオススメしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

英検ネットドリルのメリット
  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能
  • でる順パス単
  • 過去問集
  • 7日間完成予想問題ドリル

お馴染みの旺文社書籍を、デジタルだからこその機能とともに利用できます。

このようにパス単掲載単語を、簡単に音声付きで覚えられるのが素晴らしい!

各書籍に理解度チェックテストがあるので、勉強の組み立てがやりやすいですね!

二次試験対策は、バーチャル試験官と対策できます。

デメリットなどに関しては、実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ読んでからご検討ください。

英検ネットドリルを実際に使用したレビュー記事はコチラ

\ 定番の旺文社英検書をデジタルで活用! /

※無料体験後の購入義務は一切ありませんn

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる