3級リスニング対策

【英検3級】リスニングはココで稼ぐ!大問1のコツとおすすめ対策法

2019年4月5日

英検3級 リスニング 問題

こんにちは、数多くの子供たちに英検3級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

前回は英検3級ライティングの解き方、対策などを紹介しました。

【英検3級ライティング】元講師が問題を解くコツと書き方を徹底解説

今回は英検3級リスニングテスト第1部「会話応答文問題」を解説します。

英検3級リスニングの大問1は、筆記テスト大問1と同様に絶対に落としてはいけない高得点が取れる項目となります。

リスニングテストの中では最もシンプルで点が取りやすいのです。

しかしこのような事を知らずにしっかりと対策せずに取れるはずの問題を落としてしまう方がたくさんいますが、実際私も英語講師になるまではどこで点を稼げるかなんて気にしたことがありませんでした。

今回は英検3級リスニングテスト第1部「会話応答文問題」を解説します。

今日の記事内容

  • 英検3級リスニングテスト第1部の問題例
  • 解き方英高得点を目指す対策方法
  • 英検3級受験者のためのリスニング力を鍛える為のヒント第1回

この記事を読むメリット

  • 英検3級の成績をアップできるチャンス
  • 元講師が考える対策戦略を実践できる
  • 英語リスニングの地力を上げる方法を知れる

本気で英検3級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検3級リスニング第1部の問題形式

スポンサーリンク

英検3級リスニングテスト第1部は合計10問

英検3級のリスニングテスト第1部は合計10問で構成されています。

英検3級のリスニングテスト3部ある中でこの第1部が一番シンプルで解きやすく、難易度も一番低いためここが天の取りどころです。

また、ここで得点が稼げない場合は英検3級不合格に近づいてしまいますのである意味非常に大切な項目と言っても良いでしょう。

会話のシチュエーションで自分が言うであろう選択肢を選ぶだけ

英検3級のリスニングテスト第1部は音源で流される会話の最後の部分の応対文を選択肢から選ぶだけのシンプルな問題です。

つまり自分がリスニング内の登場人物の1人となり、最後にどう返すか、一番適切なものを選ぶという訳です。

例えば問題としてはこのようなものがあります

A: Your dog is so cute!

B: Thank you! Do you have a dog?

A: No, I don't. How long have you had your dog?

B:

1, He is 5 years old.

2, We have had him for 7 years.

3, He like walking to the park.

もちろんリスニングですのでこれらが音源として流されます。

要は「会話応答文」というのは文字通り最後の言葉に応答する正しい会話の選択肢を選ぶ問題です。

直近の英検3級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

スポンサーリンク

問題用紙にイラストもあるがこれに気を取られていてはダメ

英検3級リスニング第1部には問題用紙にその会話の風景を描いたイラストが載せられています。

先ほど挙げた例であれば2人の人と犬が描かれたようなイラストがついてくるでしょう。

しかし覚えておいてほしいのは

  • 「イラストを見たからと言って解きやすくなるような問題ではない」
  • 「むしろイラストに気を取られ過ぎると先入観が入ったり聞き逃してしまったり逆効果」

という事です。

イラストはただのおまけだと考えましょう。

正直イラストを見なくても解ける問題ですし、個人的には見る必要はほぼ無いと考えています(ただそのような戦略の選択は自分で過去問をやっていくうちに見た方がいいのか見ない方が良いのか自分で判断しましょう)

ただ一番集中しなきゃいけないのはイラストではなく音源だというのは間違いありません。

英検3級リスニング第1部の解き方

会話の流れを掴んで適切な選択肢を瞬時に判断する

第1部で必要なのは「瞬発力」です。

これはリスニングではなく実際に英会話をするときに必要な能力でもあります。

会話の流れを掴んで瞬時に適切な返しで返すという事。

原稿を見てもらったら分かると思いますが、文字で見たら全く難しい内容の会話ではありません。

そんなシンプルな会話をいかに聞き逃さず、いかに素早く対応できるかが勝負です。

イラストに気を取られてはいけないというのはそういう事です。

考えすぎていてはリスニングでは置いていかれます、選択肢の音源が流れてコレだ!と思うものをすぐ認識して解答が出来るようになれば第1部では良い得点が取れるようになります。

焦らず余裕をもって次へ次への準備

もう一つリスニングに置いて非常に大切なのが次への準備です。

さらに英検3級ではこのリスニング第1部のみ1回しか放送されません、一旦集中を切らしてしまうとドミノ式に崩れていきます。

「分からなかった、理解して聞けなかった問題を引きずらない事」

1つの問題に頭を悩ませすぎると次の問題に大きく響きます、準備ができていないと英語リスニングは頭に入ってきませんし、本当だったら分かるような問題も落としてしまいます。

なので次の問題が始まる前に一つ呼吸を置けるくらい余裕を持つことが大切です。

「いかに理解できる問題を落とさないか」

というのがリスニングテスト本番で大いに大切な事となってきますので常に冷静でいましょう。

英検3級リスニングテスト第1部の対策法

知らない単語が出てきたら絶対に溶けない

リスニングの対策=リスニング力を鍛える

そう勘違いしている人も多いと思うのですが、もちろんリスニングで高得点を取るにはリスニング力(耳の力)も必要ですが、ベースとなるのは単語やフレーズなどの知識です。

いくら耳が良い人でも会話中に出てくる単語を知らなければ意味がありません。

なのでまずは英検3級レベルの単語力、フレーズ力ベースを作る必要があります。

単語力はもちろん筆記試験でも活きてきますし、フレーズ力も筆記試験の大問2「会話問題」で活きてきます。

【英検3級筆記問題】大問2「会話問題」で高得点を目指すタメになる対策法

一言でいうならこのリスニングだけでなく英検3級合格に向けてまずしなきゃいけないのは英検3級レベルの単語力ベース作りだという事です。

英検3級レベルの単語力がないまま実践練習したって意味がありません。

リスニングの実践練習に入るのはある程度英検3級レベルの単語の土台を作ってから入った方が効率が良く効果的でもあります。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検3級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

自分自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

英検3級単語の覚え方

英検3級レベルとなると受験者の方はほとんど中学生以上になるでしょう。

中学生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

さらに詳しく

英検3級受験者のためのリスニングを伸ばす極意第1回

今日紹介する極意は

「単語の綴りを目で見てやっと理解できる単語はリスニングでは使えない」

という事です。

非常に分かりづらい表現になってしまいましたが、例えば

Allow

という単語があったとして、リーディングなどの文中で出てこれば「許可を与える」という意味が分かるけど、発音は「アラウ」なのか「アロー」なのか分からないみたいな単語はリスニング音源内で出てきたら絶対に理解できないという事です。

言い換えるのであれば

「自分が発音できない単語はリスニング内では理解できない」

暗記した単語≠発音できる単語

では無いのと同時に

暗記した単語≠リスニング内で理解できる単語

では無い訳です。

皆さんも知ってる単語なのにリスニングで出てくると急にわからなくなるなんてことありませんか?

それは単語を暗記する際に目だけで覚えているからです。

なので暗記した単語=リスニングで使える単語にする為には日々単語学習をする上で各単語の発音を調べながら声に出して覚える必要があります。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検3級リスニング第1部は簡単だからこそ高得点を稼がないといけない
  • イラストも出てくるが気にするべきではない
  • 会話の流れを掴んで瞬時に答えを導き出す能力が求められる
  • 英検3級リスニング攻略の第一歩目はリスニングの練習ではなく英検3級レベルの単語力取得
  • 暗記した単語=リスニングで理解できる単語ではない







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-3級リスニング対策

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ