3級リスニング対策

【英検3級リスニング】大問2を効率的に解くコツと元講師おすすめの対策

2019年4月5日

英検3級 リスニング 問題 2

こんにちは、数多くの子供たちに英検3級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

前回は英検3級のリスニング第1部の解き方および対策方法を解説していきました。

【英検3級】リスニングはココで稼ぐ!大問1のコツとおすすめ対策法

そして今回解き方および対策方法を解説していくのは英検3級のリスニング第2部の「会話内容理解問題」です。

  • 英検3級リスニング第2部ではどんな問題が出ますか?
  • 効果的に解く方法はある?
  • どうやって対策すれば高得点を狙えますか?

大問2のリスニング問題は、大問1のリスニング問題とはかなり異なります。

しかし「リスニングはリスニング」と考えて問題間の違いを知らずにしっかりと対策せず、取れるはずの問題を落としてしまう方がたくさんいらっしゃるのは事実です。

とはいえ私もかつてはそこまで詳しく対策をするなんて事は思いもしませんでした。

でも講師を経験してやっとわかった事ですが、細かい対策は重要です。ライバルのほとんどはここまで細かく見ている人はかなり少ないのでチャンスです。

今回は英検3級リスニングテスト第2部「会話内容問題」を解説します。

今日の記事内容

  • 英検3級リスニングテスト第2部の問題例
  • 解き方のコツと合格を目指す対策方法
  • 英検3級受験者のためのリスニング力向上の極意第2回

この記事を読むメリット

  • 英検3級の成績をアップできるチャンス
  • 元講師が考える対策戦略を実践できる
  • 英語リスニングの地力を上げる方法を知れる

本気で英検3級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検3級リスニング第2部会話内容理解問題の形式

スポンサーリンク

英検3級リスニング第2部の問題数は10

英検3級リスニング第2部の問題数は第1部と同じ10問です。

ここの構成は英検4級と全く同じとなっています。

集中を切らさずに解けるかどうかもかなり重要になってくるところです。

英検3級全体の問題数構成はこちらの記事でご確認いただけます。

【英検3級テスト内容】配点・問題数・試験時間を知ってから対策をしよう

英検3級リスニング第2部の問題例

英検3級リスニング第2部の会話内容理解問題ではこのような形式で問題が出題されます

A: How was the marathon yesterday?

B: I didn't win but I ran very hard. John won the race.

A: How did your other classmates do?

B: Mike was 2nd, Ken was 3rd and Tom was 4th.

Question: Who won the 2nd place in the marathon?

1, Ken

2, Mike

3, John

4, Tom

※赤文字は音声で再生されます

英検3級リスニング第2部ではこういった引っかけチックというか一筋縄ではいかない問題も登場し始めます。

第1部と違うのが形式が音声+文章というハイブリッドになっていることです。

音を聞いて適切な選択肢を文字から選ぶ事になります。

そして「会話内容確認」という名前があるようにリスニングで聞いた会話の内容を理解する事が求められるのが第2部のリスニングなのです。

直近の英検3級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検3級リスニング第2部の解き方

スポンサーリンク

聞いたリスニング内容の要点を頭の中で整理する事ができるか

英検3級リスニング第2部ではリスニングの会話内で出てきた内容をいかに頭の中で整理でき、適切な選択肢を選べるかどうかがカギになってきます。

その中でも特に大切なのがリスニング中のキーワードです。

さぁ筆記試験の長文問題でも触れましたが、基本的に以下のような情報がキーワードや要点としてありがちなものです。

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

そしてこのような情報を問う問題が非常に多いのです。

先ほど例で出した問題でも「マラソンで誰が2位を取ったのか」という質問で名前を答える問題でしたね。

第1部とは違い内容を理解する必要性

第1部の会話応答文問題では「瞬発力が必要」だとお話をしました。

【英検3級】リスニングはココで稼ぐ!大問1のコツとおすすめ対策法

しかし第2部では求められていることが違います。

英検3級リスニング第2部で求められているのは

  • リスニング全体の内容理解
  • 英語を聞いて内容を脳内で整理できる処理能力
  • 理解した内容を使って適切な選択肢を選ぶ能力

この3つが必要となります。

つまりリスニング中の会話の内容を把握するには最初から最後までしっかり聴く必要があるのです。

なので気を抜いてはいけません。

問題中に気が散ったりしてしまえばその問題の正答率はかなり低くなってしまいます。

次の問題への準備は引き続き大切

英検3級リスニング第1部の解説でも言いましたが、次の問題への準備はリスニングを上手くこなすにおいて非常に大切です。

1つの問題に考え込み過ぎてしまったり、気持ちが持ってかれていってしまっていると、その後に非常に大きな悪影響を及ぼし、ドミノ式に崩れていきます。

そうなると正解できていたはずの問題を失敗してしまったり、とっても損です!

元講師おすすめ英検3級リスニングテスト第2部の対策法

まずは英検3級レベルの単語を覚える

何度も何度も言うようで申し訳ありませんが、とにかくリスニングの対策であってもある程度英検3級レベルの単語力ベースが無ければ意味がありません。

英検3級レベルの単語力が無いうちからリスニングの問題を解いても基本的に分からないでしょう。

まず必要な単語力という土壌があったうえでテストに向けて対策していきましょう。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検3級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

自分自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

英検3級単語の覚え方

英検3級レベルとなると受験者の方はほとんど中学生以上になるでしょう。

中学生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

さらに詳しく

英検3級単語をある程度覚えたら問題集で実践練習

ある程度英検3級レベルの単語を知っており、実践練習に入れる自信のある人はまず問題集を使って英検3級リスニングの形式やレベルに慣れましょう。

問題形式もあやふやなままぶっつけ本番のリスニングは厳しいです。

練習ドリルはこちらがおすすめです。

もっと英検3級の出題形式を知りたい、少し不安があるという人はこちらの教本も超おすすめ。

そして

  • 練習ドリルも終えてしまって最後の追い込みをしたい!
  • もう練習ドリルを使う時間もないくらい本番が迫ってきている

このような方は過去問を使って追い込みを掛けましょう。

過去問こそが一番最高の英検学習教材であり、どんな人でも本番前に必ず解いてみるべきものです。

英検3級受験者のためのリスニングを伸ばす極意第2回

英検3級受験者に向けておすすめするリスニング力の鍛え方を第1部、第2部、第3部の3回に分けて紹介してます。

第1回目はこちらで紹介。

今回の極意は「英語リスニングは短期で上手くなるようなものではない」です。

リスニングは一夜漬けで勉強したからと言って上達するようなものではありません、日々の積み重ねにより耳が英語に慣れてきて上達していくのです。

なのでリスニングが苦手でどうしようも無いと思っている人でも毎日何か英語を聞くようにすれば耳も慣れてきますよ。

例えその内容が理解できなくても、洋楽が好きで歌詞が理解できなくても聞かないより聞いたほうのが耳は慣れていきます。そしてそういう性質からリスニングは自分で伸びが感じにくい部分でもあります。

自分は日々成長しているんだと信じて毎日英語の何かを聞いていれば知らず知らずに耳は慣れていき、その上でリスニング問題を解いたりして特訓すれば上達しますよ。

最初は何でもいい、まず毎日何か聞いてみましょう。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • リスニング第2部は10問第1部よりも難易度は高い
  • リスニングの会話の全体を理解できるか
  • キーフレーズや要点を抑える必要がある
  • 気を抜いたらそこで終わり
  • 英検3級レベルの単語を覚える事がまず第一歩
  • そこから教本→問題集→過去問とステップアップしていければ最高
  • なんでもいいから少しでも英語の何かを聞くことで経験が積み重なっていく







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-3級リスニング対策

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ