3級二次試験対策

英検3級の二次試験合格率は90%超え?力を出し切るコツや対策方法を解説

2019年4月22日

英検3級 二次試験 コツ 対策

 

こんにちは、数多くの子供たちに英検3級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

 

悩みのタネ

  • 英検3級の二次試験が不安でどうしようもありません
  • スピーキングはどうやって対策すればいいのですか?
  • 面接の合格率を知っておきたいです

 

この記事を見てくださっている方々は恐らく英検3級の一次試験を突破した方がほとんどかと思います、おめでとうございます。

合格まであと一歩です。

 

一次試験に合格したという事は、しっかり対策さえすれば二次試験でも受かる可能性が極めて高いという事です。

 

しかし一次試験に受かったからと言って、対策をしなかった人が落ちてしまった光景も英語講師としてよく見てきました。

 

今回はせっかく一次試験に合格したのに二次試験に落ちないようにするためのコツや対策法を元講師の私が経験を基に解説していきます。

 

この記事を読むメリット

  • 英検3級二次試験の合格率を知る事ができる
  • 対策として何をしたらいいのか分かる
  • 緊張せずに本番で力を出し切れる方法を学べる

 

JIN
結論スピーキングは普段の力を緊張せずに出せるかどうかがカギになります

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



英検3級の二次試験合格率は90%超え

 

英検3級合格率の紹介の記事でも紹介しましたが、英検3級の一次試験合格率は例年50~55%だと言われています。

 

関連 実は英検3級の合格点は毎回同じ!気になる合格率と共に分かりやすく3分で解説

 

その一方で英検3級二次試験の合格率は例年90%を超えると言われています。

一次試験を突破した人たちは合格できる英語レベルを持っているという事を考えると普通の事なのかもしれません。

 

しかし私は90%合格する、という所ではなく10%近くの人は二次試験で落ちているというところに着目したいと思います。

英検3級一次試験を突破する英語力がある人でも10人に1人落ちているのです。

 

その10人に1人の1人にならない自信はありますか?

 

JIN
9割以上合格だからと言って対策をしないと足元をすくわれる可能性は十分にあります

 

英検3級二次試験は英会話が上手かはあまり関係ない

 

ここでは英検3級のスピーキング力は必ずしも英会話力ではないという独自の考えを皆様にお伝えします。

 

 

英検3級レベルの英語で英会話ができるわけではない

 

まず一つ考え方として「英検3級レベルの英語力があるからと言って英会話ができるわけではない」という事を頭に入れておきましょう。

 

普通に考えれば英検3級二次試験に合格したからと言って英語がすらすら喋れる訳では無いですよね。

そんな事英検の運営の人も分かっています。

 

英検3級の二次試験を突破する上で求められているのは実際に全体的な英会話レベルが高いのか、ではなく聞かれた英検3級レベルの質問を返したり問題をこなす事ができるのか、です。

 

JIN
つまり対策すれば問題無しです

 

ネイティブと非ネイティブは思考回路が違う

 

いくら英語ができても英語を母国語とするネイティブや幼少時から二か国語で育ってきた本物のバイリンガルと英語をある程度成長してから習得した人の思考回路は違います。

 

例えば私なんかは完全に後者であり、高校生から本格的に英語をやり始めて、最終的に英語圏に長い間住んだり英検1級も取得しましたが、色々なネイティブやバイリンガルの方と話していても思考回路が違うんだな、というのは常々感じます。

だからネイティブやバイリンガルで無いのであれば、彼らと同じ感覚をを目指してもしょうがないのです。

 

英検3級の二次試験では聞かれる事、出題される問題は限られていますし、傾向があります。

 

傾向があって聞かれることも限られているのであればそれに対する適切な返し方を覚えてしまえばいいのです。これを聞かれたらこうやって返すお決まりのフレーズです。

 

英検3級レベルで凝った返しや、難しい言い回しなんて使う必要は一切ありません。英検は試験です、難しい事を言おうとして失敗する方がリスクが高すぎます。

 

主な対策

  • 英検3級二次試験の内容、傾向を知っておく
  • 英検3級の二次試験で聞かれるような事に対するお決まりの返しを覚える

 

対策におすすめなのはこの1冊

 

英検3級二次試験の対策に必要な本があるとしたらもうこれしかないでしょう。

 

 

何より安いですし、英検1級まで取得した私が太鼓判を押します。

英検の対策は基本的に旺文社さんの本を買っておけば間違いないと思っていいです。

 

長年英検書を出している経験から英検試験の分析が素晴らしいです、わざわざ他の本を買うくらいなら絶対にこの本を買うべきです。

 

JIN
どうしても買いたい別の書籍が無い限り私はまずこれしか考えられません

 

 

二次試験の流れを必ず理解しておこう

 

ありがたい事にこの対策本にはDVDが付いています、なので当日の流れを事前に理解しておく事ができます。

流れを理解してるかしていないかでパフォーマンスに大きな差が出るであろうという事は皆さんも理解できるでしょう。

 

JIN
必ず当日はどのような流れで試験が進んでいくのか知っておきましょう

 

英検3級二次試験当日の心構え

 

ここでは英検3級の面接で力を出すために知っておくべき心構えを紹介します。

 

 

試験室に入る前は緊張するのではなくテンションを上げていこう

 

  • 「英語を話すのは恥ずかしい」
  • 「発音が変だったら恥ずかしい」
  • 「間違えたくない」

 

このような恐怖心を持っている人も多いです。

これからこんな恐怖が伴う試験を始めるというのに緊張していては全開のパフォーマンスを披露するのは難しいです。

 

恐怖を伴うからこそ英語のスピーキングでは異常なくらいテンションを上げていった方が良いです。

 

意識ポイント

  • 陽気に
  • フレンドリーに
  • ハキハキと

 

直前は参考書を見なくていい

 

試験受ける直前まで必死に参考書を見たりする人って結構多いです。

 

私からすると逆効果です。

確かに直前に見たものが実際に出題されたら最高です、しかしそんな確率どれくらいあるでしょうか?

 

どちらかというと直前に見たものが出題されなくてパニックになる方が多いのではないでしょうか。

 

そんなリスク負う必要無いです。

 

二次試験では「どうしよう…」は厳禁です。

 

黙りこくったら終わりです、そこは一番避けなければならないのです。

 

JIN
直前まで必死に参考書を凝視するのではなく、ゆっくりとしっかり深呼吸しながら自分の番が来るまで待機していた方が有意義であると考えます

 

かしこまり過ぎなくてもいい

 

日本語の仕事の面接でもないのですから、試験官は年上ですがかしこまりすぎなくてもいいです。

厳密には英語にも敬語ではなくてもかしこまった言い回しは存在しますが、英検3級の二次試験ではそんな事求められていません。

 

日本語ではなく不自由な英語だからこそフランクにフレンドリーに試験官と会話しましょう。

 

丁寧に話そうとかしこまりすぎてがんじがらめになったり、考えすぎて逆に言いたい言葉が出てこなかったり、モジモジボソボソ話すよりかハキハキフレンドリーに接した方が印象が圧倒的に良いです。

 

JIN
考えすぎずにいつも以上にフレンドリーにハキハキと!

 

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

 

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

 

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

 

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

 

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-3級二次試験対策

© 2021 ライフタイムラーナー