4級リスニング対策 4級対策 4級概要 4級筆記対策

【保存版】元講師が伝授する英検4級を勝ち抜くヒント【役立つ情報網羅】

2019年3月12日

英検4級 レベル 問題 合格点 合格率 過去問

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検4級にはどうすれば合格できますか?
  • 何とか1発で合格させたいんです
  • 解くコツや良い対策方法があったら教えてください

英語講師時代にこのような質問をよく受けていました。

英検4級の合格率は大体65%から70%なので、しっかりと対策すれば合格できます。

そして効果的な対策方法、解答のコツ、使える問題集や教材を知っているのと知らないのでは様々な側面で大きな差が生まれます。

英検4級に特化した対策をする事で合格を確実のものにできるのです。

実際私も英語講師になる前はそこまで特化した対策というのは意識していなかったのですが、今はその重要性が身に染みて分かります。

今回の記事では英検4級の合格へ向けて知っておくべき情報、対策、勉強法などを英語講師として英検5級を指導、自身は英検1級を取得した筆者が全て網羅して紹介してガイドしていきます。

今日の記事内容

  • 英検4級のレベル・難易度・対象年齢
  • 合格ラインと合格率
  • 必要な単語数
  • 英検4級受験者におすすめの単語の覚え方
  • 英検4級の問題内容
  • 各カテゴリーの解き方のコツ
  • 元講師おすすめの英検4級教材・問題集など
  • おすすめの対策勉強方法

この記事を読むメリット

  • 英検1級取得の元英語講師が知るすべての英検4級情報をすべて知る事ができる
  • 実際にすぐに自分で簡単に実践する事が可能
  • 合格への道筋を立てる事ができる
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検4級について学んでいきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

公式が定める英検4級レベルは中学2年生相当

スポンサーリンク

英検4級のレベルに関する公式的見解

それではまず英検4級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会ではこのように位置づけられています。

4級は、英語の学習を始めて最初の目標となる5級の次に目指す級で、レベルは中学中級程度とされています。簡単な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。5級より一段上の基礎的でかつ重要な内容が出題されます。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)に加え、スピーキングテストも導入します。なお、スピーキングテストは、級認定には影響せず、スピーキングテスト単位で合否判定されます。

引用元:日本英語検定協会

「中学中級程度」というのが肝ですよね、中学校で教えられているレベル的には「中学2年生」レベルでしょう。

このようにカテゴライズすると分かりやすいかもしれません

  • 英検5級:中学1年レベル
  • 英検4級:中学2年レベル
  • 英検3級:中学3年レベル

中学3年生にもなれば簡単に感じるような内容です。

なのでもちろん英検4級は英語のできる中学1年生は受かります、私の講師の経験上小学生のうちに英検4級を取得した子も知っていますし、多くの子達は実際に中学1年時に取得していた級でした。

つまり中学2年生で習う英語レベルまで先取り出来ている子なら全然受かってしまうレベルです。

エリカ先生
基本的なイメージでは英検4級は中学1年生から2年生が受けると良いテストだと思うわよ

例えばこんな問題が出題されている

例えば2017年第1回の4級では

We (    ) to the movie theater early, so we bought popcorn and drinks.
1 left 2 took 3 said 4 got

といった問題がリーディングの中で出題されています。

これを難しいと感じるか簡単と感じるかは人それぞれですが人並みに英語が出来る中学2年生だったら合格が期待できると言えます。

過去表現、未来表現、不定詞、動名詞、比較表現も出てくるのでとても重要な級です。

スポンサーリンク

英検4級を受けるべき人とは

英検4級はまだ小学生や中学生が受けるべき級です。

デキる小学生がチャレンジとしてとても良いレベルの級だと思いますし中学生も日ごろの成果を確認できる良いレベルです。

高校生以降の「英語やり直したい組」にとって4級はまだ簡単すぎます。

英語をやり直したい人は低く見積もっても3級から始めるべきです。

英検4級のもっと詳しいレベルや受けるべき人に関する情報はこちらの記事で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

さらに詳しく

英検4級の合格ラインと合格率

英検4級の合格率は大体65~70%

英検4級一次試験の合格率は大体65%~70%の間です。

日本英語検定協会は2016年まで毎回合格率を発表して来ましたが、2016年以降合格率の発表を行っていませんが、過去のデータ統計を見ていくと65%~70%がほとんどでした。

ちなみに最後に発表された2015年度の合格率は69.9%でした。

合格ラインは622/1000点

日本英語検定協会が決めている英検4級の合格基準は

満点1000点中622点です。

単純に計算すると約62%なので、最終的な得点が満点の65%あれば合格できます。

だからといって100問あったとして65問に正解すれば合格できるという訳でも無いのです。

英検4級にどれくらいの人が受験しているのかなどの追加の詳細情報はこちらの記事で紹介しています。

さらに詳しく

英検4級の構造・問題数・内容

英検4級筆記テストの構造

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択15問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
並べ替え問題バラバラになった文章を正しく並び替える5問
長文内容読解メールなどの文章情報の全体を掴み問題に答える10問

リーディング試験の例題、各問題の解き方コツ、気を付けるべき事などはこちらの記事で詳しく解説しています。

さらに詳しく

英検4級リスニングテストの構造

会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた分の情報と一致するものを選択10問

リスニング試験は30分の合計65分のテストとなっています。

リスニング各設問の特徴・例題、解き方のコツ、さらに特化した対策や勉強法はこちらの記事で超詳細に解説しています。

さらに詳しく

英検4級のもう少し詳しい構造が知りたい方は、こちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

【英検4級問題内容】試験時間・配点・問題数などを元講師が詳しく解説

英検4級に合格するにはどれくらいの単語数を知っておくべき?

合格に必要な単語量は600~800単語

一般的に英検4級に合格するために必要最低限の単語量は600~800単語です。

英検5級が300~400単語だったので、必要単語量自体は倍になっている訳ですね。「単語数が倍」というのはかなりのステップアップではないでしょうか。

英検のみならず英語学習での単語力の重要性など追加情報のまとめはこちらの記事でご確認いただけます。

さらに詳しく

さらに英検4級によく出る頻出単語を100個例文付きで一覧公開する記事を書きました!無料で頻出単語を100個知る事ができるのでぜひ見てみてください!

【英検4級単語リスト】例文付きで頻出単語100個一覧で紹介します

エリカ先生
語彙力の基礎をこの段階で作っておくのは将来の為にも大切よ

現段階の単語力を簡易的にチェックする方法

英検4級に向けて現段階受験者が単語力でどれくらいのレベルに居るのかチェックするとても簡易的なチェックリストを作成しました。

気になる方はこちらの記事でチェックする事ができます。

【無料単語テスト】英検4級用の簡易的な頻出単語テストで実力を測ろう!

元講師おすすめ英検4級単語の覚え方

まず絶対にやってはいけないのは

  • ノートに書きだして覚える
  • 単語帳を眺めるだけ

この2つは絶対にNGです。

とにかく効率が悪く、覚えも悪く、良いところなど全然ありません。

特にノートに書きだすやり方は学校などでもまだやっているところがあるかもしれませんが、メリットが少なすぎます。

そもそも英検4級で直筆で英語を書く機会などないので綴りを覚えてもしょうがありません。

英検4級の受験者は小学生と中学生の両方がほとんどかと思います。

私は

  • 小学生の受験者→保護者の方と一緒に単語を覚える
  • 中学生の受験者→単語カードを使って覚える

という方法を推奨しています。

とにかく非効率的な方法で英単語を覚えていてもいずれ忘れてしまったり、何よりも時間と労力の無駄です。

私は中学生の受験者におすすめする単語カードを使った英単語の覚え方で10,000語以上の単語をこれまでに覚え、英検1級を取得しました。

効率は非常に大事です。

ノートに書きだすべきではない理由や、小学生、中学生におすすめする覚え方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事でより詳しく紹介しています。

さらに詳しく

元講師がおすすめする英検4級の勉強方法とおすすめ参考書

英検4級合格のための対策勉強法

私は英検4級に合格するためには以下の3ステップを踏む必要があると考えています。

  1. 英検4級用単語帳を使って1冊の5割、6割程度覚える
  2. 単語学習のペースは落としながら問題集で英検4級の問題に慣れる
  3. 英検4級の過去問を使用して本番への準備をする

この3つのステップを踏んで本番に向かう事ができれば非常にいい結果を出せるはずです。

この3ステップのさらに詳しい情報や、やり方、そして問題集や過去問を使用するときに必ず気を付かなければならないルールはこちらの記事で紹介しています。

さらに詳しく

元講師がおすすめする英検4級向け単語帳・過去問・問題集

英検5級~2級を指導し、自身は2級から1級全て合格して持っていますが、一貫しておすすめしたいのは旺文社さんの対策本です。

英検準1級や1級にまでなると、英検だけでなく英語全般の知識も必要なので様々な対策本や教材が必要になりますが、英検4級であれば旺文社が出してる対策本だけで十分です。

そんな私が旺文社さんの対策本の中でもおすすめする本を5冊厳選してこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

さらに詳しく

以上が英検4級における知っておきたい情報まとめで舌!より詳しい情報は個別記事にてご確認をよろしくお願いいたします。

しっかり英検4級がどんなものなのかを知り、効果的に対策する事で合格を目指しましょう!

そして英検の申し込み方はこちらの記事で解説しています。

さらに詳しく

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検5級は中学2年生レベルで設定
  • 合格率は約65~70%、合格ラインは622/1000点
  • 合格に必要な単語数は約600~800単語
  • 筆記試験:全35問 リスニング試験:全30問の合計65問
  • 対策には最低でも単語帳+過去問は必須







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級リスニング対策, 4級対策, 4級概要, 4級筆記対策

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ