4級筆記対策

【英検4級】元講師おすすめのリーディング対策・解き方・勉強法まとめ

2019年3月11日

英検4級 リーディング

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検4級のリーディングで高得点を取るにはどうすればいいですか?
  • どうすればリーディング能力を上げる事ができますか?
  • 効果的に解く戦略や対策方法はありますか?

英語講師時代によく聞かれた質問です。

筆記試験は才能や経験に依存する面が少ないのでリスニング試験よりも対策でかなり高確率で高得点を狙う事ができます。

そして効果的な対策方法を知っているのと知らないのでは大きな差が生まれます。

英検4級のリーディングに特化した対策をする事で素早く結果を出す事ができるのです。

実際私も英語講師になる前はそこまで特化した対策というのは意識していなかったのですが、経験を積むごとにその重要性が身に染みて分かります。

今回の記事では、英検4級の合格を目指すために、英語講師として数多くの子供たちに英検4級を教えたリアルな知識を活かしてリーディング攻略法を解説していきます!

この記事を読むメリット

  • 実際に英検4級を指導した元講師が考える対策法や勉強法を知る事ができる
  • 英検1級を持っている筆者の考える英検の攻略方法を知る事ができる
  • 実際に自分で簡単に実践する事が可能

本気で英検4級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検4級に合格するためにはまず単語力が必須な理由

スポンサーリンク

英検4級のリーディングは単語力で8割決まります

英検5級の攻略記事でも全く同じことを言いましたが、これは英検4級でも同じです。

英検4級レベルの単語を知らなければ英検4級の筆記テストは上手く解けません、そもそも問題内の単語が分からなければ話にもなりません。

英検4級レベルの単語をどれくらい知っているのかで8割決まります。

それほど単語は大切なものだと認識してください。

なので英検4級レベルの単語を知らないうちに問題集や過去問を使って実践的なトレーニングをしても全く意味がないし非効率的です。

まず単語取得に取り組みましょう。

英検4級レベルの単語力が無い=英検4級に落ちるという考え方を持ちましょう。

元講師がおすすめする単語の覚え方

絶対にやってはいけないのは

  • ノートに書きだして覚える
  • 単語帳を眺めるだけ

この2つは絶対にNGです。

とにかく効率が悪く、覚えも悪く、良いところなど全然ありません。

特にノートに書きだすやり方は学校などでもまだやっているところがあるかもしれませんが、メリットが少なすぎます。

そもそも英検4級で直筆で英語を書く機会などないので綴りを覚えてもしょうがありません。

英検4級の受験者は小学生と中学生の両方がほとんどかと思います。

私は

  • 小学生の受験者→保護者の方と一緒に単語を覚える
  • 中学生の受験者→単語カードを使って覚える

という方法を推奨しています。

非効率的な方法で英単語を覚えていてもいずれ忘れてしまったり、何よりも時間と労力の無駄です。

私は中学生の受験者におすすめする単語カードを使った英単語の覚え方で10,000語以上の単語をこれまでに覚え、英検1級を取得しました。

効率は非常に大事です。

ノートに書きだすべきではない理由や、小学生、中学生におすすめする覚え方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事でより詳しく紹介しています。

さらに詳しく

そして英検4級の対策に使うべき単語帳はこちらのもの一本で十分です、僕も1級に合格するまで各級のこの単語帳しか使っていません。

この1冊を終えればその級の単語は網羅できたと言っていいでしょう!

超コスパ良いです。

英検4級筆記試験の問題数・内容・試験時間

英検4級の筆記試験は4つのパートに分けて構成されています。

  1. 語彙問題:15問
  2. 会話問題:5問
  3. 文法問題:5問
  4. 長文内容理解:10問

語彙(単語)問題と長文読解がかなりの割合を占めていますよね、どちらもかなり単語力に懸かっているような問題ばかりです。

単語力がない=落ちるという意味を分かっていただけたでしょうか。

リスニングを合わせた英検4級の構造や試験時間を詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介していますのでぜひ。

さらに詳しく

英検4級大問1の語彙問題の解き方

スポンサーリンク

英検4級の語彙問題の出題パターン

英検4級の語彙問題には基本的に2つのパターンがあります

  • 登場人物が一人でその文章の穴埋め
  • 登場人物が二人で会話に応対する文章の穴埋め

基本的に英検4級の語彙問題では15問がこの2種類で構成されています。

例えば前者の登場人物が一人の場合、こんなような形式で問題が出されます。

「I practice ( ) because I want to be a baseball player.」

1. hard 2. same 3. short 4. kind

登場人物が2人の場合ではこのような形式で問題が出されます。

A:「What will you do for the winter ( )」

B: 「I will visit my grandfather.」

1. country 2. city 3. vacation 4. Tokyo

全て英検4級レベルの単語力さえあれば解けるような問題ばかりです。

ここは得点を稼げる場所です、単語をしっかり覚えて対策しましょう。

直近の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級語彙問題の解き方

まずこれを覚えておいてください

「語彙問題は時間を使うような場所ではない」

もちろん英検4級筆記テストには時間設定があります、解くのが遅ければ最後までたどり着けずにタイムアップなんて良くある話です。

ただこれが一番もったいない。

筆記試験では効果的にしっかり時間を使うべき問題と使うべきではない問題を分けて考えるべきです。

そしてこの語彙問題には時間を使い過ぎてはいけません、この語彙問題はそもそもその単語を知っているか知っていないかの2択だからです。

正解の単語を知らなければ考え込んでいたって仕方ありません、考えても頭から出てくるわけないのでそんな問題に時間を使うのはやめましょう。

語彙問題では潔く分からなければすぐあきらめて次に進むことが重要なのです。

英検4級語彙問題の解き方や対策法はこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

さらに詳しく

英検4級大問2の会話問題の解き方

英検4級会話問題の出題パターン

会話問題の形式では登場人物が2人常に登場します。

ManとMan

とか

ManとWoman

とか

BoyとGirl

など、登場人物間の会話が文章化され、穴を選択肢から選んで回答していくスタイルです。

英検4級の会話問題ではこのような問題が出題されます。

Boy: I watched TV for a long time yesterday.

Girl: How long did you watch TV?

Boy: ( )

1, It starts at 11 o’clock. 2, It’s 5pm. 3, I have 2 TVs. 4. About 4 hours.

正しい会話の返し方を選ぶ問題ですね。

英検4級会話問題の解き方

Boy: I watched TV for a long time yesterday.

Girl: How long did you watch TV?

Boy: ( )

1, It starts at 11 o’clock. 2, It’s 5pm. 3, I have 2 TVs. 4. About 4 hours.

もしここで出てくる全ての単語やフレーズを知らなかった場合、知っている単語とフレーズを組み合わせて自分なりにストーリーを立てて選択肢を選びましょう。

もちろんこの方法の場合間違える可能性もあります。

しかし出題単語が全て分からない時点でどんな解き方をしても間違える可能性は出てきます。

なのでより確率を上げるために文章内で知っている単語やフレーズを駆使して自分なりにストーリーを考えて回答していきましょう。

キーフレーズを覚える重要性

基本的に会話問題では1人が質問してもう1人がそれに応答するというパターンが多いです。

なのでまず「疑問文の先頭」と「それに対する応答」をきっちりとクリアしておく必要があります。

例えば

How long~(どれくらいの時間、期間を聞いている)→期間を答える

When~(いつ)→物事がいつ起こったのかを答える

Do you~ Does he~など→答えはYesかNo

What time~(時間)→1pm、3 o’clockなど時間で答える

などなど、英検4級レベルでよく出てくる各質問系の意味とそれに対する応答パターンを覚えておけば正直この会話問題は少なくとも3つ以上は正解するはずです。

英検4級の会話問題における解答テクニックや、詳しい対策法はこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください!

さらに詳しく

英検4級大問3並べ替え問題の解き方

英検4級並べ替え問題の出題パターン

英検4級の並び替え問題は日本語の文を表す英語を構成するために5つの選択肢から並び替えて、2番目と4番目に来る組み合わせを選ぶという割となれるまでに時間がかかるかもしれない問題です。

例えば

明日の朝図書館に行きますか、ケン。

(①you ②will ③go ④to ⑤ the)

□□□□□library tomorrow morning, Ken?

1 ②-④ 2④-① 3①-④ 4②-③

2番目に来るのが①で4番目に来るのが④なので選択肢3が正解です。

2番目と4番目を選ぶというのが非常に複雑でやっかいですよね。

直近の実際の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級並べ替え問題の解き方

明日の朝図書館に行きますか、ケン。

(①you ②will ③go ④to ⑤ the)

□□□□□library tomorrow morning, Ken?

1 ②-④ 2④-① 3①-④ 4②-③

一番やってはいけないのはせっかく正解の順番を分かっていたのに解凍中に書き間違え、数え間違えしてしまう事です。

絶対にそんなのあり得ないと思う方もいるかもしれませんが、私は講師時代そのようなケースをたくさん見てきました。

なので必ず頭の中で並び替えるのではなく、書き出しましょう。

5つの選択肢のうちどれが1番目で2番目で3番目で…という事を自分が分かるように記録を残しておきましょう。

頭の中で並び替えをしてしまうと、組み合わせを選ぶときに間違えてしまう確率が高くなります。

英検4級並べ替え問題のもっと詳しい使える解き方や対策方法はこちらの記事で紹介していますのでぜひご確認ください!

さらに詳しく

英検4級大問4長文読解問題の解き方

英検4級長文読解問題の出題パターン

英検4級の長文読解は「長文」という程長い文章が出てくるわけではありません。

例えば

  • チラシの文面
  • メールの文面
  • 短い物語
  • 張り紙
  • スケジュール表

などが主なトピックです。

そして大問4はAからCの3つに分かれており、3種類の文章問題を解く事になります。

基本的には

  • A=2問
  • B=3問
  • C=5問

の問題数で構成されています。

AとBはメールや張り紙などのシンプルな非常に短い文章、Cは短い物語に関する問題が出題される傾向にあります。

直近の実際の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検4級長文読解問題の解き方

まず一番強調したいのは

「本文に目を通す前に必ず問題に目を通す事」

長文読解を解く上でこのテクニックは必須です。

私も英検1級だけでなく、TOEIC、TOEFL、IELTSなどの英語試験を受けてきましたが、基本的に長文問題はまず問題文に目を通しておくべきです。

特に英検4級の長文読解問題の本文はそこまで長い文章では無いのでなおさら問題文を先読みしておくべきです。

そうする事ですぐに答えが書いてあるところを素早く見つける事ができます。

英検4級長文読解のより詳しい解き方である「キーワードの見つけ方」「時間が無くなってしまった時の対処法」「まず何を探すべきか」「長文読解で高得点を取る為の対策法」はこちらの記事ですべてまとめて紹介しています。

さらに詳しく

本番前は必ず過去問を使って対策をしよう

どんなテストも過去問対策が一番

英検に限らずどのテストにも言える事ですが、本番前に過去問は必ず解いておきましょう。

そうする事で「英検4級の問題傾向」を掴む事ができ、解くスピードなどに慣れていき、本番で焦る可能性がかなり少なくなります。

問題集よりも過去問の方がレベル設定が本番に近いので、過去問と問題集を迷っている方は必ず過去問を選びましょう。

こちらが一番おすすめです、過去6回分も勉強する事ができ、値段も安いです。

基本的に英検用の参考書は旺文社さんの参考書を買っておけば間違いないと思っていただいて問題ありません。

それほど旺文社さん以上の英検対策本は見たことがありません。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検4級リーディングの結果は単語力で8割決まる
  • 筆記試験各セクションは個別で特化した対策もしよう
  • 筆記試験の攻略の鍵は過去問の研究







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級筆記対策

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.