4級概要

【英検4級問題内容】試験時間・配点・問題数などを元講師が詳しく解説

2019年3月8日

英検4級 問題数 試験時間

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検4級の問題数はどれくらい?
  • 試験時間は何分?
  • どんな問題が出題されるの?

まだ一度も受けた事が無い人であれば必ず気になる事ではないでしょうか。

驚かれるかもしれませんが、実際本番を受けるまで詳しい試験内容を理解していないという方々も結構いるんです。

「実力さえあれば大丈夫」と思っている方が多いのですが、実際その通りであると同時に、もったいない事をしているのも事実です。

受験勉強でも資格勉強でもなんでも試験に向けて勉強するタイプのテストを攻略するにおいて「テストの構造・特徴を知っておく」というのは必須だからです。

とはいえ実は私もかつては「実力があればぶっつけ本番でも大丈夫」と思っていたタイプの人間でした。

しかしいざ自分が教える側に立った時、構造を知って全体像を理解した上でやっと効果的な対策が取れる→結果に繋がるという事が明確に分かったのです。

今回は元英語講師の私が英検4級テストの

  • 全体構造
  • 問題数
  • 配分
  • 試験時間

などを中心に英検4級のテスト構造を解剖して解説します。

この記事を読むメリット

  • 英検4級という敵の全体像を掴んで対策に活用できるようになる
  • 4級の問題数がどれくらいなのか分かる
  • 試験時間を知って時間配分を考えられる

本気で英検4級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検4級筆記テストは35分の配分

スポンサーリンク

筆記試験の内訳

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択15問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
並べ替え問題バラバラになった文章を正しく並び替える5問
長文内容読解メールなどの文章情報の全体を掴み問題に答える10問

合計35問を35分で解答するのが英検4級の筆記試験です。

1問1分ペースですね。

ちなみに一つ下の級である英検5級は25問、25分の筆記試験でしたので、1問当たりのペースは変わらないものの問題数と時間が増えています。

なのでより効率的な時間配分や戦略を立てる必要があります。

さらに語彙問題から並び替え問題までは英検5級と同じですが、英検4級から長文読解の問題が追加されています。

つまり英検4級からはしっかりとしたリーディング能力も求められるという事です。

さらに詳しく

リスニングテストは30分

リスニングテストの内訳

会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択10問

リスニングテストは筆記試験よりも5分短い30分で構成されています。

こちらも1つ下の級である英検5級よりも10分間長い設定となっており、問題数も5問増えています。

会話応答文と会話内容確認に関しては英検5級と同じスタイルですが、最後の部分がイラスト問題から内容確認に変わっています。

英語で聞いた情報を処理する能力がより求められるようになりました。

そして会話応対文の問題なんかは英検5級は選択肢が3つしかなかったのですが、英検4級からは選択肢が4つに増えています。

したがってあてずっぽうで当たる確率は必然的に下がります。

さらに詳しく

英検4級は合計65分の65問

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

筆記
語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択15問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
並べ替え問題バラバラになった文章を正しく並び替える5問
長文内容読解メールなどの文章情報の全体を掴み問題に答える10問
リスニング
会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた分の情報と一致するものを選択10問

まずこの問題数と時間配分を理解した上で解答プランを練っていくと必ず効果的に解く事ができ、時間切れになる確率は減るので、英検4級合格により近づく事ができるでしょう。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 筆記テストは4項目の35問35分
  • リスニングテストは3項目の30問30分
  • この問題数と時間設定を基に解答プランを練ると英検4級合格に近づける







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級概要

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ