4級筆記対策

【英検4級単語問題】元講師おすすめの覚え方と必須の単語帳を紹介

2019年3月8日

英検4級 筆記 単語

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • 英検4級の語彙問題ではどんな問題が出題されますか?
  • 最も簡単に点が取れる問題はどれですか?
  • 効果的に解く戦略や方法はありますか?

英検4級に関わらず英検の筆記試験で一番安定して得点を稼ぐ事ができる項目はどの問題だと思いますか?

結論から言うと筆記試験の一番初めに出てくる「語彙問題」です。

しっかりとどこで得点を稼げるのかを知った上で対策すると結果は見違えるほど異なります。

英検ではこの語彙問題をいかに凡ミスせずに100%に近い正答率を導き出せるかどうかでかなり変わってきます。

語彙問題はしっかり対策すれば簡単に満点近くとれますが、その代わり勉強をしなければ得点を稼げずに不合格になる確率が相当高まります。

とはいえ私も英語講師になるまではどこで点を稼げるかなんて気にしたことがありませんでした。

今回の記事では英検4級の語彙問題を解く方法や、それに向けて対策する方法を紹介していきます。

この記事を読むメリット

  • 英検4級の成績をアップできるチャンス
  • 元講師が考える対策戦略を実践できる
  • 英検1級を持つ筆者が考える英単語の覚え方を実践できる

本気で英検4級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検4級筆記試験の「語彙問題」の問題形式

スポンサーリンク

語彙問題には2種類の出題パターンがある

英検4級の語彙問題には基本的に2つのパターンがあります

  • 登場人物が一人でその文章の穴埋め
  • 登場人物が二人で会話に応対する文章の穴埋め

基本的に英検4級の語彙問題では15問がこの2種類で構成されています。

登場人物が一人の場合の出題例

例えば前者の登場人物が一人の場合、こんなような形式で問題が出されます。

「I practice (     ) because I want to be a baseball player.」

1. hard 2. same 3. short 4. kind

スポンサーリンク

登場人物が二人の場合の出題例

登場人物が2人の場合ではこのような形式で問題が出されます。

A:「What will you do for the winter (    )」

B: 「I will visit my grandfather.」

1. country 2. city 3. vacation 4. Tokyo

なぜ語彙問題は勉強すれば高得点や満点を狙える項目なのか分かりましたでしょうか?

知っていれば迷う事無くすぐに答えられる問題なのです。

でも逆に英検4級レベルの語彙力が乏しいと引っかけに引っかかってしまったり、分からずに当てずっぽうになってしまう問題でもあります。

なのでしっかり英検4級レベルの語彙力があれば時間を使うようなところでもありません。

直近の英検4級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

元講師が考える英検4級筆記試験第1部「語彙問題」の解き方

先ほどの例を使ってみる

それでは先ほど紹介した一つの例を使って解説していきます。

「I practice baseball (     ) every day because I want to be a baseball player.」

1. hard 2. same 3. short 4. easy

そもそも選択肢と文章を理解すれば解き方も何もすぐに答えられる問題です。

この問題で言えば答えは①ですが、一つ言うことがあるとすれば、例え自分が正解が①だと思っていても②~④の選択肢には一応目を通しておきましょう。

見切り発車して①だと思って回答したけど実際は引っかけ問題だったなんてことはよくあります。

なのでパッと見て自信があったとしてもしっかりと問題文と選択肢には全て目を通しましょう。

そうする事で凡ミスによる失点を防ぐ事ができます。

ただしそういう場合はしっかりと時間をかけて解読する必要もありません。

語彙問題は時間を使う所では無いので、急ぎ過ぎずまた時間を使い過ぎないように心がけましょう。

何も理解できないなら諦めるのも重要です

勉強すればさすがに選択肢のいくつかや、文章の概要などはなんとなく理解できるかと思いますが、どうしても分からない問題はすぐに諦めましょう。

先ほども言いましたが語彙問題は時間を使うような場所ではありません。

何も理解できないのであればその時点で25%の確率に賭けましょう。

特に語彙問題なんかは単語を知らなければ考え込んだって答えが出てくるような問題では無いからです。

ここでの時間の無駄は避けたいところです。

知っている単語で予想していく

選択肢のうちの全てはなくてもいくつかの単語が分かっている時や、文章の一部が理解できている場合はその知っている情報を基に答えを予想していきましょう。

そうすれば的外れな選択肢を除外できることがあるので、例え最終的に当てずっぽうになってしまったとしても確率は恐らく25%よりも高くなるでしょう。

クイズミリオネアの50/50みたいな状況を作り出せれば最高です。

特に英検の問題では選択肢が4つある時のうち2つは的外れな選択肢を用意していることが多いので、50/50までもっていくのは簡単な場合も多いです。

元講師が考える英検4級「語彙問題」の対策法

それでは選択肢を削らずに、文章を読んで一発で正答するためにはどのように対策をしていけばいいのでしょうか?

英検4級レベルの頻出単語を覚えるのが最優先!

正直語彙問題の対策法はこれに尽きます。

もはやこれ以外の対策法は無いと言ってもおかしくありません。

とくかく英検4級レベルで出てくる頻出単語を覚えて、語彙力の幅を広げていく事が非常に重要です。

語彙問題だけでなく英検4級レベルの単語を知っておくことで他の筆記試験の問題だけでなく、リスニング試験の得点アップにも大幅に繋がってくるのでとっても重要です。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検4級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

自分自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

私がおすすめする英検4級単語の覚え方

英検4級は大体受験者が小学生と中学生で分かれるのですが、小学生と中学生では単語を覚えるためのアプローチは異なります。

例えば小学生であれば保護者の方と一緒に単語を覚える方が効率的ですし、英語嫌いになってしまう確率も低くなります。

一方で中間テストや期末テストなど学校の為にも自主的に自分で勉強をするようになる中学生には自分で出来るような大人と同じようなおすすめの覚え方があります。

とりあえずここで言っておきたいのは

「ノートに書いて覚えたら絶対だめ」

「単語帳をそのまま使ってはダメ」

「親が小学生に単語帳を買い与えて丸投げしちゃダメ」

この3つです。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検4級語彙問題の出題パターンは2つ
  • 知っているか知っていないかの問題なので諦めは早く
  • 対策した英検4級レベルの語彙量が全て
  • 見切り発車をしない
  • 単語の暗記が一番で唯一の対策







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級筆記対策

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ