4級概要

【無料単語テスト】英検4級用の簡易的な頻出単語テストで実力を測ろう!

2019年3月1日

英検4級 単語テスト

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

英検4級の受験を控えて

  • 「自分でも受かるかな」
  • 「うちの子供は今回合格できるかな」
  • 「心配だなぁ」

多くの人がこのような疑問や心配を抱えているでしょう。

「今どれくらいの立ち位置にいて、どれくらいの確率で合格できるのだろう」そんな事を考えた事はありませんか?

実際のところ私も自信をもって準備しても直前は心配になる事があります、ほとんどの人はそうだと思います。

今回は受験者様が現時点でどれくらいのレベルで、落ちてしまう確率がどれくらいあるのかを簡易的にチェックできる英検4級用の小テストを作成しました。

3分で終わるのでぜひチャレンジしてみてください!

※確率に関してはこれまで英検4級を数多くの子供に教えてきた筆者の肌感覚です

この記事を読むメリット

  • 英検4級に頻出単語を20個知る事ができる
  • 自分の現在の実力がどれくらいか分かる
  • 合格できる可能性を簡易的に測れる
  • 現状実力が足りない場合何をするべきなのかが分かる

本気で英検4級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

さらに詳しく

英検4級の頻出単語20選【簡易小テスト】

  • a lot of
  • holiday
  • worry
  • I'd like to~
  • graduate
  • always
  • cheap
  • found
  • important
  • question
  • warm
  • subject
  • saw
  • parents
  • or
  • look for~
  • have a cold
  • future
  • famous
  • exciting

スポンサーリンク

英検4級頻出単語20選の答え

  • a lot of→たくさんの
  • holiday→休暇、長期休み
  • worry→心配する
  • I'd like to~→~がしたい
  • graduate→卒業する
  • always→いつも
  • cheap→安い
  • found→見つけた(Findの過去形)
  • important→重要な
  • question→質問
  • warm→暖かい
  • subject→科目
  • saw→見た(Seeの過去形)
  • parents→両親
  • or→または
  • look for~→~を探す
  • have a cold→風邪をひく
  • future→未来
  • famous→有名な
  • exciting→ワクワクする

20問中何問正解していましたか?

とても簡易的なチェックテストでしたが20問中何問理解できていましたか?

この20問であれば14問正解がボーダーラインでしょう。

正答数が14問以下の場合は不合格の可能性が大いにあります、私の経験上この20問中の正答数と関連する合格確率はこれくらいです。

  • 20問中20問正解→合格可能性90%
  • 20問中18問~19問正解→合格可能性80%
  • 20問中16問~17問正解→合格可能性65%
  • 20問中14~15問正解→合格可能性50%
  • 20問中12~13問正解→合格可能性40%
  • 20問中8~11問正解→合格可能性20%
  • 20問中7問以下正解→合格可能性5%

最低でもこの20問中14問は正解していないと合格よりも不合格の確率のが高いのかな、という感じです。

英検4級に向けたおすすめの単語の覚え方はこちらで紹介しています。

さらに詳しく

正解数が20問中14問以下だった、どうすればいい?

スポンサーリンク

焦らずに一つ一つしっかりと頻出単語を覚えていきましょう

正解数が14問以下だったからと言ってパニックになる必要はありません。

現時点では英検4級に合格するための英単語力水準には達していないという事です。

もし今回正解数が14問以下だったのであれば、その時点でやるべきことは英検4級レベルの単語力を伸ばすことです。

受験日までに合格に必要だと言われている600語から800語に近づけるかがまず最初勝負になってきます。

英検4級の頻出単語集から10語引っ張ってきて7問正解するレベルになって初めて過去問なり、問題集なりを解いていかれることをおすすめいたします。

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英検4級の最頻出単語の7割は最低でも覚えておかないと落ちる可能性がある
  • 7割分からないのであればまず頻出単語をその水準に達すまで覚えよう
  • 過去問や問題集をやるのは頻出単語を十分に覚えてからにしよう







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-4級概要

© 2020 ライフタイムラーナー

\英検を指導した元英語講師がおすすめ/
あの旺文社の英検教材を追加機能と共にデジタルで使える!
レビュー記事はコチラ
\元英語講師がおすすめする英検教材/
レビュー記事はコチラ