5級対策 5級概要

【3分で分かる】元講師が英検5級のレベル・難易度・対象学年をまとめて公開

2019年1月25日

英検5級 レベル 学年 難易度 何年生

 

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

 

悩みのタネ

  • 英検5級ってレベルどれくらいですか?
  • 5級って何年生のレベルなんでしょうか?
  • 中学生だと英検5級は簡単すぎますか?

 

英語講師時代このような質問をたくさん頂いていました。

 

実は英検各級のレベルを知らずにとりあえず低すぎる級を受けてしまう方々はかなりいます。

非常にもったいないです。

 

私もかつてレベルをイマイチ理解できておらず簡単に合格できる級を選んで後悔した経験があります。

 

挑戦するなら自分に合ったレベルの級を受けた方が身になりますし、お金を無駄にする事もありません。

 

今回は元英語講師の私が英検5級のレベルや難易度、そして何年生におすすめできるようなテストなのかを徹底解説していきます。

 

リンジー先生
最後まで読むと現役ネイティブ英語講師の私が作ったオリジナルクイズを解けます!

 

オリジナルクイズはコチラ

 

この記事を読むメリット

  • 客観的かつ元講師の主観的に見る英検5級のレベルや難易度解説
  • 最後まで読めば5級の難易度やレベルに関する心配を解決できる
  • 最後に現役ネイティブ講師が作ったオリジナル問題を解ける

 

JIN
結論から言うと英検5級のレベルは中学1年生レベルに設定されています

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検5級 対策 まとめ
【完全版】元英語講師が伝授する英検5級対策で知っておきたい知識まとめ

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



結論から言うと英検5級の難易度は中学1年生レベル

 

結論から言ってしまうと英検5級のレベルは中学1年相当のレベル感です。

 

英検5級のレベルに関する公式的見解

 

5級は、英語の学習を始めて最初の目標となる級で、レベルはおよそ中学初級程度とされています。初歩的な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。基礎的でかつ重要な内容が出題されます。5級は、英語学習のステップの始まりです。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)に加え、スピーキングテストも導入します。なお、スピーキングテストは級認定には影響せず、スピーキングテスト単位で合否判定されます。

引用元:日本英語検定協会

 

このように説明されています。

 

試験を作っている公式機関がこのように言っているという事は、レベルに関してはこの記述がベースになってきます。

「中学1年生レベル」

 

中学1年生の英語の授業をしっかりとこなして終えた人であれば受かる級であるという事です。

義務教育の英語を終えた人であれば100%受かる内容です。

 

JIN
英検の中で一番下の級という事もあり、本当に基礎的で初歩的なレベルなのが英検5級なのです

 

TOEIC換算では換算不可能

 

英語テストのレベルを測る指標として一つ「TOEIC換算」というものがあります。

 

大人の人からしてみるとこのTOEIC換算の方が分かりやすい場合があります。

TOEIC換算ではズバリ300点以下。

 

JIN
英検5級とTOEICではそもそものテストレベルの差があり過ぎて比較する事は不可能です

 

英検5級は小学生向け?中学生向け?

 

先述の「英検5級は中学1年生レベル」という事を踏まえると、中学1年生の途中でも英語が得意な人であれば英検に向けて勉強しなくても受かってしまうでしょう。

 

一番下の級であり、英検5級を持っているからと言って何か変わるわけでも無いので、個人的には中学生が英検5級を受ける必要性はあまりないと思っています。

つまり中学1年生レベルだからと言って「中学生向け」だとは言えません。

 

復習の意味も込めて5級から、と思う中学生の方もいてもおかしくないですが、せっかく受験料を払うのであればもう一つ上の4級を目指して勉強して受験された方が有意義です。

 

その代わり小学生高学年の方にとっては中学校英語の先取りとして受験するのは非常に良いことです。

 

JIN
英検5級は中学生向けというよりは小学生向けという解釈で間違いないです

 

英検5級に必要な単語量はこちらの記事で紹介しています。

 

関連 【英検5級】合格するため必要な単語数は400前後?元講師が解説

 

英検5級の受験をおすすめしたいのは何年生?

 

ここでは元英語講師の経験を基に英検5級の受験をおすすめしたい層を紹介します。

 

既に英会話教室などに通っている小学生

 

先ほども言いましたが、小学生が中学校の英語を見据えて英検5級にチャレンジするのはとても良いことです。

いわゆる「予習」ですよね。

 

やはり英会話教室などに子供を通わせている親御さんたちは実際に子供がそこに通って英語力が伸びているのか気になるところでしょう。

授業料を支払っているので効果が気になるのは当たり前です。

 

そういう場合は英検5級の受験はフラットな視点でお子様がどれくらいの英語レベルにあるのかを測る非常に素晴らしい物差しになります。

 

JIN
しっかりと英会話教室に通って教えてもらっていれば小学生であろうと英検5級には受かるはずです

 

どうしても学校の英語授業に付いていけない中学1年生

 

中学1年生で英語が得意な方であれば問答無用でもう一つ上の英検4級を目指すべきですが、その逆に英語が苦手で学校の英語授業も難しいと感じている中学1年生の方であれば英検5級に向けて勉強するのもありです。

 

どうしても中学校での英語授業の教え方が合わなかいという状況も否定できません。

 

そういう時は一度アプローチを変えて見るのも良いでしょう。

 

学校の授業を聞くのももちろん大切な事ですが、自分の時間に参考書や問題集などを使って英検5級に向けて勉強すれば今学校でやっているような事をまた別の角度から学習する事が可能になります。

 

場合によっては学校の授業のノート取り、宿題をこなすよりも伸びが期待できますし、時期にもよりますが、いい方向に進めば学校の授業スピードを追い越してしまう可能性もあります。

 

そうすれば学校の授業が英検5級に向けてやった学習の復習になるので、授業の理解も相当上がるでしょう。

 

JIN
級制度を取っている英検なので、5級に受かったら次は4級に向けて勉強して合格したいな、などという意欲やモチベーションも出てきてその後英語が好きになる可能性だって十分にあります

 

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検5級 対策 まとめ
【完全版】元英語講師が伝授する英検5級対策で知っておきたい知識まとめ

 

現役ネイティブ講師が作る英検5級オリジナルクイズ No.6~No.10

 

こちらは現役のネイティブ英会話講師であるイギリス人の妻にオリジナルで作成してもらった英検5級レベルの英語クイズです!

 

リンジー先生
ぜひ現時点の英語レベルを試してみましょう!

 

5級No.6-10

現役ネイティブ英会話講師の妻が作るオリジナル問題 No.6~No.10

 

No.6~No.10以外の英検5級レベルの英語クイズは他の英検5級記事に散りばめられています!色々な記事を読んで探してみましょう!

 

英検5級記事の一覧はコチラ

 

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

 

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

 

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

 

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

 

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-5級対策, 5級概要

© 2021 ライフタイムラーナー