元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

小学生でもできる!英検5級合格に近づく元講師イチオシの勉強方法を解説

こんにちは、数多くの子どもたちに英検5級を指導して合格させてきた、英検1級元英語講師のJIN( @ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

結論、まずは単語から手をつけるようにしましょう!

この記事のまとめ

英語講師として数多くの生徒に英検5級を教えた筆者が英検5級合格を目指す為の対策法、勉強方法を徹底解説!

最初に手をつけるべき勉強から、最終的にやるべき外せない対策まで網羅してご紹介します。

英検5級合格を目指している人はぜひ読んでほしい内容です。

英検5級は最初の級なので、何をしたらいいのかわからないというのは普通のことなので心配しないでください。

しかし、実際なんとなく問題集を買って解いてみるだけという方も多いです。

適当に問題集を解いているだけでは効果がありません。私も英語がまったくできなかった頃はそのような経験が嫌な程あります。

つぎ込む時間が同じでも効率を上げる方法はもちろんあります。

私も効率や効果の重要性を理解して勉強できたからこそ英検1級まで合格できるまでに成長しました。

「でもどうやって勉強、対策をしたらいいのかわからない」

今回はそんな悩みをもつ方々のために、元英語講師の私が「効果的に合格に直結するようなオススメ勉強法」を紹介していきます!

この記事を読むメリット
  • 英検5級指導経験のある元講師が考える勉強方法
  • オススメの単語帳や問題集の紹介
  • ステップバイステップでやるべきことを紹介
  • 最後に現役ネイティブ講師が作るオリジナルクイズを解ける
リンジー先生

最後まで読むと現役ネイティブ英語講師の私が作ったオリジナルクイズを解けます!

本気で一発合格を目指している人向けの英検5級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



英検5級の効率的な勉強はやる気から始まる

まずはそもそも論として、英検5級はやる気がないのであればやるべきではない理由を元講師の視点から解説します。

小学生はやる気にさせなきゃやる意味がない

さて冒頭で「今回の対策法は小学生に向け」と言いましたが小学生向けの対策法だからこそ精神論から入らせてください。

「やる気がないと意味がない」

それは私が英会話講師として働いていた時に一番感じたことです。

英会話教室に通おうが自宅で親と勉強しようが小学生ならまず本人をやる気にさせなければ話になりません。

むしろ度合いで言えば やる気>>>>勉強量だと言えます。

中学生、高校生になれば…
  • 「キャビンアテンダントになりたい」
  • 「外国に住んでみたい」
  • 「受験で成功したい」

このようにある程度の目標が出来て例え辛くても、その目標に向けて自発的に頑張ることが出来ます。

しかし、小学生でそれが出来る子は少ないです。

自分が好きでは無いこと、興味が無いことをやらされている状況で小学生は絶対に力を発揮しません、そして努力もしません。

JIN

まず一番の目標は、小学生が英語に興味をもつような動機付けや環境作りをすることです

まずは親御さん自身が少しでも知識を身に着けること

「自分が出来なかったから子どもには出来るようになってほしい」という考えの親御さんに多いのですが。結局そこで終わってしまえばただの丸投げです。

「すべての親が英語を出来るようになるべきだ!」と言っているわけでは無く、英検5級は義務教育を終えた大人ならわかるような問題レベルです。

もし自分が子どもにやってほしいなら、自分自身も多少なりともの犠牲を払って、少し英検5級の知識を蓄えることで状況は大きく変わります。

実際に英会話講師時代に感じたことですが、基本的に親が丸投げ状態の子どもは、やる気がなく、伸びない傾向が顕著にありました。

JIN

大人になればなるほど犠牲無しに宝が簡単に手に入るなんておとぎ話は無いとわかりますよね、それと同じです

英検5級で最重要なのは単語力

次に英検5級対策でもっとも重要なのが単語学習である理由を解説します。

まずは単語からはじめてから実践練習

英検5級のテスト内容を知っている方はご存知かもしれませんが、英検5級(とくに筆記試験)は8割以上単語力に左右されます。

筆記試験と言っても、上位級のように長文読解がある訳でもなく、作文がある訳でもありません。

ほとんどの問題は単語ベースで作られています。

英検5級筆記試験の仕組みや問題例を知りたい方は以下の記事でまとめています。

関連記事:英検5級の筆記問題はどうやって対策すればいいの?解説します

JIN

他の級と比べても「どれだけ英検5級レベルの単語をしっているのか」が得点に比例する傾向が非常に高いのです

単語対策におすすめの英検5級単語帳

ここでは、英検5級の単語学習にオススメの単語帳を2冊紹介します。

英検5級用の単語帳は圧倒的に「でる順パス単」

英検5級 参考書
内容・評価
概要過去のデータを基に英検5級頻出単語を完全網羅
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果効果的に英検5級の頻出単語を取得して合格を目指す

まず単語やフレーズを勉強するためにこの「でる順パス単」の入手は必須です。

私も2級から1級に受かるまで全級このシリーズの単語帳を使いました、しっかりとデータ分析されており、この単語帳を終わらせればその級のレベルの単語は完璧だと言えます。

JIN

正直この単語帳が無ければ「話にならない」そんな風に私は思っています

関連記事:【英検5級】小学生におすすめの英単語の覚え方とやってはいけない2つの事

関連記事:【英検5級】合格するため必要な単語数は400前後?元講師が解説

子どもが扱いやすい「英検5級 絵で覚える単熟語」

英検5級 参考書 2
内容・評価
概要絵とともに単語を覚えることを目的にした単語帳
オススメ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.5)
対象絵でも単語を覚えたい
期待できる効果絵で覚えやすいだけでなくリスニング第3部のイラスト問題に効果抜群

こちらも単語本ですが、単語を絵で覚えるような設計になっています。

英検5級リスニング第3部のイラスト問題で出てくる問題を正確に解くためには「イラストの内容を英語化する能力」が必要になります。

関連記事:英検5級のリスニング問題を効果的に解く方法と対策を解説

すなわちうさぎのイラストであったら「Rabbit」野球のイラストであったら「Baseball」など、イラストの情報を瞬時に英語化する能力が求められます。

この絵単ではその能力を存分に高める事ができます。

JIN

CD付きなのでリスニング対策が捗りますね!

元講師がおすすめする単語の覚え方

おすすめしない覚え方
  • ノートに書きまくる
  • 単語帳を眺めるだけ

絶対に意味ないのでやめましょう。

英検5級に綴りのテストはありません、今の時代英語を直筆で書く機会なんて相当限られています、したがってまったく持って効果の薄い覚え方なのです。

私が常日頃言っているのは「英検5級の単語は子どもと親で一緒になってゲーム感覚で覚える」

そもそも小学生のうちから「英語」=「机に座って勉強」という考えを植え付けない方がのちのちの為でもあると思います。

将来英語ができるようになりたければ机に座って勉強するのは必須ですが、小学生のうちからそういう考えを植え付けさせて英語が嫌いになってしまったら元も子もなくなります。

「好きこそものの上手なれ」といいますが子どもにとって大人以上にこれは重要です。

たとえば 電車に興味がある子どもは大人の想像を遥かに超える記憶力で電車の名前を覚えていきますよね。

先ほど紹介したパス単を使ってクイズを出してもいいでしょう、絵単を使って絵を使ってクイズを出してもいいでしょう、両方使って両方向から攻めれば最高でしょう。

JIN

英検5級に限ってはそのような覚え方がいろいろな面を考えると一番効果的だと私は考えます

関連記事:【英検5級】小学生におすすめの英単語の覚え方とやってはいけない2つの事

実践練習は過去問がもっとも重要な理由

ここでは英検5級の対策に過去問が必須である理由を解説します。

過去問の研究は一番効果的

いくら英検5級では単語が大事だと言っても、もちろん実践形式の対策も合格したいのであれば必要です。

英検に限らずすべてのテストに言える事ですが、攻略への一番の近道は「過去問対策」です。

本番のテスト形式やレベルを肌で感じ、慣れていき、研究していく事で本番への素晴らしい準備をする事ができ、合格へとグッと近づきます。

JIN

問題集も悪くはないのですが、本番のレベルと若干ずれがある場合もあるので、実際に過去に出た問題で対策をするのが一番いいです

英検5級対策に必須「過去6回全問題集」

英検5級 参考書 3
内容・評価
概要過去6回分の過去問を収録する問題集
オススメ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象受験者全員
期待できる効果実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

実践対策をするのであればまず問題集では無く必ず過去問を使用するようにしましょう。

というのも英検だけでなく英語のテストの問題集は実際の問題とレベルの違いがあったりします、過去問であれば実際に出された問題なのでそれが起こる事はありません。

JIN

どのテストでも同じですが過去問の研究は対策として非常に有効です

過去問題集の効果的な使い方と考え方3選

過去問や問題集はただ単に解いて丸付けしているだけでは意味がまったくありません。

ここでは適切に過去問を使うために知っておくべきことを3つ紹介します。

ある程度単語を覚えてから過去問題集をはじめる

最初から過去問を解いても多分満足に解けない人ばっかりだと思います、なので最初から過去問を使うのはオススメできません。

まず先ほど説明したように、英検5級レベルの単語をある程度覚えて(少なくとも200語~)から過去問に取り組みはじめましょう。

ちなみに英検5級に合格するために知っておくべき単語量は300語~400語だと言われています。

関連記事:【英検5級】合格するため必要な単語数は400前後?元講師が解説

過去問は必ず考えながら行う事

過去問をせっかく買っても問題を解いて、丸付けをしてやった気になった終わりにしてはダメです。

せっかく買ったのにもったいない!

過去問チェックポイント
  1. 普通に解く
  2. 丸付けをする
  3. どこで、どうして、どんな経緯で間違えたのか、知らなかった単語を割り出す
  4. どうすればよかったのかを考える、知らなかった単語は覚えなおす
  5. 一定期間を空けてもう一度同じ問題の2週目をする

過去問を解くときは少なくともこれくらいするべきです。

そうする事で知らなかった新しい事も過去問から学べますし、今後同じシチュエーションでどのように対処すればいいのかわかります。

JIN

隅から隅まで使うというのはこういう事で、ムダにしないようにしましょう

時間を測って本番に備える

過去問をやる時には本番にタイマーを合わせて解いていくと、本番でのペース配分などに慣れていくことができます。

ペース配分がわからないと、時間切れになって解けなかった問題があるのはよくある状況です。

英検5級の各テスト時間や問題数は以下の記事で紹介しています。

関連記事:【早わかり】英検5級の試験時間は意外と短い!問題数とともに元英語講師が解説

本気で一発合格を目指している人向けの英検5級完全攻略ガイド

英検5級の勉強法・対策法に関連するよくある質問

最後に、英検5級の勉強法に関して疑問を持っている方が抱かれがちの、よくある質問をまとめて解答します。

英検の単語にはどのようなものが出ますか?

基本的には中学1年生が習う単語レベルと類似しています。

具体的な単語を知りたい方のために、コチラの記事では100個の頻出単語をまとめて紹介しています。

関連記事:【無料頻出単語リスト付き】英検5級で単語力がもっとも重要である理由を解説

おすすめの英検5級問題集はありますか?

英検対策で使う問題集は、旺文社が出版しているものがとくにオススメです。

オススメ問題集の詳細は、コチラの記事で解説しています。

関連記事:過去問は必須!元講師が厳選しておすすめする英検5級向け問題集・参考書4選

英検5級の合格率はどれくらいですか?

2016年以降、合格率は公式に発表されていません。

2016年以前のデータをもとに予測する合格率は、コチラの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【英検5級のナゾ】元講師が合格点・合格ラインと意外に高い合格率を一挙解説

英検5級は何年生レベルですか?

問題自体は、おおよそ中学1年生が習うレベルの内容ですが、小学生の受験者さんも多くいます。

5級のレベル・難易度については、コチラの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【3分でわかる】元講師が英検5級のレベル・難易度・対象学年をまとめて公開

英検5級に落ちてしまいました、どうすればいいでしょうか?

まずは、落ちてしまった原因を探ること、落ちてしまったからといって悲観しないことが重要です。年齢や原因によっては、英検受験を先延ばしにするのも選択肢です。

次も目指す場合は、成績表を確認して不足していた部分を補うのがセオリーとなります。

落ちてしまうよくある原因や、次回合格を目指す対策などはコチラの記事で解説しています。

関連記事:英検5級に落ちた…焦る必要なし!次回で合格を目指す為の対策と考え方を解説

現役ネイティブ講師が作る英検5級オリジナルクイズ No.36~No.40

こちらは現役のネイティブ英会話講師であるイギリス人の妻にオリジナルで作成してもらった英検5級レベルの英語クイズです!

JIN

ぜひ現時点の英語レベルを試してみましょう!

5級No.36-40

現役ネイティブ英会話講師の妻が作るオリジナル問題 No.36~No.40

No.36~No.40以外の英検5級レベルの英語クイズは他の英検5級記事に散りばめられています!いろいろな記事を読んで探してみましょう!

Sponsored Links



本気で一発合格を狙う人にのみにオススメの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がオススメしたいのが、このサイトでも至るところでオススメしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

英検ネットドリルのメリット
  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能
  • でる順パス単
  • 過去問集
  • 7日間完成予想問題ドリル

お馴染みの旺文社書籍を、デジタルだからこその機能とともに利用できます。

このようにパス単掲載単語を、簡単に音声付きで覚えられるのが素晴らしい!

各書籍に理解度チェックテストがあるので、勉強の組み立てがやりやすいですね!

二次試験対策は、バーチャル試験官と対策できます。

デメリットなどに関しては、実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ読んでからご検討ください。

英検ネットドリルを実際に使用したレビュー記事はコチラ

\ 定番の旺文社英検書をデジタルで活用! /

※無料体験後の購入義務は一切ありませんn

よかったらシェアしてね!

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる