5級対策

【小学生でもできる】英検5級合格に近づく元講師イチオシの勉強方法を解説

2019年2月23日

英検5級 勉強法 小学生 おすすめ

 

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

 

悩みのタネ

  • 英検5級対策に何を勉強すればいいか簡潔に教えてください
  • 勉強法についてアドバイスはありませんでしょうか?
  • 自分なりに勉強していますが、どんな手順を踏めばいいのか分かりません

 

英検5級は最初の級なので何をしたらいいのか分からないというのは普通の事なので心配しないでください。

 

しかし、実際なんとなく問題集を買って解いてみるだけという方も多いです。

適当に問題集を解いているだけでは効果がありません。私も英語が全くできなかった頃はそのような経験が嫌な程あります。

 

つぎ込む時間が同じでも効率を上げる方法はもちろんあります。

 

私も効率や効果の重要性を理解して勉強できたからこそ英検1級まで合格できるまでに成長しました。

 

「でもどうやって勉強、対策をしたらいいのか分からない」

今回はそんな悩みを持つ方々のために元英語講師の私が「効果的に合格に直結するようなおすすめ勉強法」を紹介していきます!

 

この記事を読むメリット

  • 英検5級指導経験のある元講師が考える勉強方法
  • おすすめの単語帳や問題集の紹介
  • ステップバイステップでやるべきことを紹介

 

JIN

 

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検5級 対策 まとめ
【完全版】元英語講師が伝授する英検5級対策で知っておきたい知識まとめ

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



英検5級の効率的な勉強はやる気から始まる

 

まずはそもそも論として英検5級はやる気がないのであればやるべきではない理由を元講師の視点から解説します。

 

小学生はやる気にさせなきゃやる意味がない

 

さて冒頭で「今回の対策法は小学生に向け」と言いましたが小学生向けの対策法だからこそ精神論から入らせてください。

 

「やる気がないなら意味がない」

それは私が英会話講師として働いていた時に一番感じた事です。

 

英会話教室に通おうが自宅で親と勉強しようが小学生ならまず本人をやる気にさせなければ話になりません。

 

むしろ度合いで言えば やる気>>>>勉強量だと言えます。

 

 

中学生、高校生になれば

 

  • 「キャビンアテンダントになりたい」
  • 「外国に住んでみたい」
  • 「受験で成功したい」

 

 

このようにある程度の目標が出来て例え辛くてもその目標に向けて自発的に頑張る事が出来ます。

しかし小学生でそれが出来る子は少ないです。

 

自分が好きでは無い事、興味が無い事をやらされている状況では小学生は絶対に力を発揮しません、そして努力もしません。

 

JIN
まず一番の目標は小学生に英語を好きになるような動機付けや環境作りをする事です

 

まずは親御さん自身が少しでも知識を身に着ける事

 

「自分が出来なかったから子供には出来るようになってほしい」という考えの親御さんに多いのですが。結局そこで終わってしまえばただの丸投げです。

 

「全ての親が英語を出来るようになるべきだ!」と言っているわけでは無く、英検5級は義務教育を終えた大人なら分かるような問題レベルです。

 

子供が自発的にやりたいと思っている事では無い事を自分が子供にやってほしいなら、自分自身も多少なりともの犠牲を払って少し英検5級の知識を蓄えることで状況は大きく変わります。

 

これも英会話講師時代に感じた事ですが基本的に親が丸投げ状態の子供はやる気がなく伸びない傾向が顕著にありました。

 

JIN
大人になればなるほど犠牲無しに宝が簡単に手に入るなんておとぎ話は無いと分かりますよね、それと同じです

 

英検5級で最重要なのは単語力

 

次に英検5級対策で最も重要なのが単語学習である理由を解説します。

 

まずは単語から始めてから実践練習

 

英検5級のテスト内容を知っている方はご存知かもしれませんが、英検5級(特に筆記試験)は8割以上単語力に左右されます。

 

筆記試験と言っても英検の上の級のように長文読解がある訳でもなく、作文がある訳でもありません。

 

ほとんどの問題は単語ベースで作られています。

 

英検5級筆記試験の仕組みや問題例を知りたい方はこちらの記事でまとめています。

 

関連 英検5級の筆記問題はどうやって対策すればいいの?解説します

 

JIN
他の級と比べても「どれだけ英検5級レベルの単語をしっているのか」が得点に比例する傾向が非常に高いのです

単語対策におすすめの英検5級単語帳

 

ここでは英検5級の単語学習におすすめの単語帳を2冊紹介します。

 

英検5級用の単語帳は圧倒的に「でる順パス単」

 

内容・評価
概要 過去のデータを基に英検5級頻出単語を完全網羅
おすすめ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象 受験者全員
期待できる効果 効果的に英検5級の頻出単語を取得して合格を目指す

 

まず単語やフレーズを勉強するためにこの「でる順パス単」の入手は必須です。

 

私も2級から1級に受かるまで全級このシリーズの単語帳を使いました、しっかりとデータ分析されており、この単語帳を終わらせればその級のレベルの単語は完璧だと言えます。

 

JIN
正直この単語帳が無ければ「話にならない」そんな風に私は思っています

 

 

子供が扱いやすい「英検5級 絵で覚える単熟語」

 

内容・評価
概要 絵と共に単語を覚えることを目的にした単語帳
おすすめ度/重要度 (4.0)
料金/コスパ (4.5)
対象 絵でも単語を覚えたい
期待できる効果 絵で覚えやすいだけでなくリスニング第3部のイラスト問題に効果抜群

 

こちらも単語本ですが、単語を絵で覚えるような設計になっています。

 

英検5級リスニング第3部のイラスト問題で出てくる問題を正確に解くためには「イラストの内容を英語化する能力」が必要になります。

 

関連 英検5級のリスニング問題を効果的に解く方法と対策を解説

 

すなわちうさぎのイラストであったら「Rabbit」野球のイラストであったら「Baseball」など、イラストの情報を瞬時に英語化する能力が求められます。

 

この絵単ではその能力を存分に高める事ができます。

 

JIN
CD付きなのでリスニング対策が捗りますね!

 

 

元講師がおすすめする単語の覚え方

 

やってはいけない覚え方

  • ノートに書きまくる
  • 単語帳を眺めるだけ

 

絶対に意味ないのでやめましょう。

 

英検5級に綴りのテストはありません、今の時代英語を直筆で書く機会なんて相当限られています、したがって全く持って効果の薄い覚え方なのです。

 

私が常日頃言っているのは「英検5級の単語は子供と親で一緒になってゲーム感覚で覚える」

そもそも小学生のうちから「英語」=「机に座って勉強」という考えを植え付けない方がのちのちの為でもあると思います。

 

将来英語ができるようになりたければ机に座って勉強するのは必須ですが、小学生のうちからそういう考えを植え付けさせて英語が嫌いになってしまったら元も子もなくなります。

 

「好きこそものの上手なれ」といいますが子供にとって大人以上にこれは重要です。

例えば電車に興味がある子供は大人の想像を遥かに超える記憶力で電車の名前を覚えていきますよね。

 

先ほど紹介したパス単を使ってクイズを出してもいいでしょう、絵単を使って絵を使ってクイズを出してもいいでしょう、両方使って両方向から攻めれば最高でしょう。

 

JIN
英検5級に限ってはそのような覚え方が色々な面を考えると一番効果的だと私は考えます

 

関連 【英検5級】小学生におすすめの英単語の覚え方とやってはいけない2つの事

 

実践練習は過去問が最も重要な理由

 

ここでは英検5級の対策に過去問が必須である理由を解説します。

 

過去問の研究は一番効果的

 

いくら英検5級では単語が大事だと言っても、もちろん実践形式の対策も合格したいのであれば必要です。

 

英検に限らず全てのテストに言える事ですが、攻略への一番の近道は「過去問対策」です。

 

本番のテスト形式やレベルを肌で感じ、慣れていき、研究していく事で本番への素晴らしい準備をする事ができ、合格へとグッと近づきます。

 

JIN
問題集も悪くはないのですが、本番のレベルと若干ずれがある場合もあるので、実際に過去に出た問題で対策をするのが一番良いです

 

英検5級対策に必須「過去6回全問題集」

 

内容・評価
概要 過去6回分の過去問を収録する問題集
おすすめ度/重要度 (5.0)
料金/コスパ (5.0)
対象 受験者全員
期待できる効果 実際に過去に出された問題で対策をして合格に近づける

 

実践対策をするのであればまず問題集では無く必ず過去問を使用するようにしましょう。

 

というのも英検だけでなく英語のテストの問題集は実際の問題とレベルの違いがあったりします、過去問であれば実際に出された問題なのでそれが起こる事はありません。

 

JIN
どのテストでも同じですが過去問の研究は対策として非常に有効です

 

 

過去問題集の効果的な使い方と考え方3選

 

過去問や問題集はただ単に解いて丸付けしているだけでは意味が全くありません。

 

ここでは適切に過去問を使うために知っておくべきことを3つ紹介します。

 

ある程度単語を覚えてから過去問題集を始める

 

最初から過去問を解いても多分満足に解けない人ばっかりだと思います、なので最初から過去問を使うのはおすすめできません。

 

まず先ほど説明したように英検5級レベルの単語をある程度覚えて(少なくとも200語~)から過去問に取り組み始めましょう。

 

ちなみに英検5級に合格するために知っておくべき単語量は300語~400語だと言われています。

 

関連 【英検5級】合格するため必要な単語数は400前後?元講師が解説

 

過去問は必ず考えながら行う事

 

過去問をせっかく買っても問題を解いて、丸付けをしてやった気になった終わりにしてはダメです。

 

せっかく買ったのにもったいない!

 

過去問を解くときは

 

  1. 普通に解く
  2. 丸付けをする
  3. どこで、どうして、どんな経緯で間違えたのか、知らなかった単語を割り出す
  4. どうすればよかったのかを考える、知らなかった単語は覚えなおす
  5. 一定期間を空けてもう一度同じ問題の2週目をする

 

少なくともこれくらいするべきです。

 

そうする事で知らなかった新しい事も過去問から学べますし、今後同じシチュエーションでどのように対処すればいいのか分かります。

 

JIN
隅から隅まで使うというのはこういう事で、無駄にしないようにしましょう

 

時間を測って本番に備える

 

過去問をやる時には本番にタイマーを合わせて解いていくと本番でのペース配分などに慣れていく事ができます。

 

ペース配分が分からないと時間切れになって解けなかった問題があるなんてよくある事です。

 

英検5級の各テスト時間や問題数はこちらの記事で紹介しています。

 

関連 【早わかり】英検5級の試験時間は意外と短い!問題数と共に元英語講師が解説

 

本気で一発合格を目指している人向けの完全攻略ガイドはコチラ

完全ガイド記事
英検5級 対策 まとめ
【完全版】元英語講師が伝授する英検5級対策で知っておきたい知識まとめ

続きを見る

 

本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

 

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

 

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

 

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

 

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-5級対策

© 2021 ライフタイムラーナー