元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

英検準1級の試験時間は何分?2級よりも圧倒的に難しくなってる理由がわかる!

こんにちは、かつて講師として英検を指導し、個人的には18歳の頃に英検準1級を一発で取得した、英検1級元英語講師のJIN( @ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

結論、英検準1級の一次試験の構成は合計2時間の71問となっています

この記事のまとめ

講師として英検を指導した経験があり、英検は1級を取得している筆者が準1級の試験時間、問題数、配点などを徹底解説!

どんな問題が出題されるかなど、まず知っておくべき基礎情報を網羅してお伝えします。

英検準1級の受験に興味がある方はぜひ読んでほしい内容です。

驚かれるかもしれませんが、実際本番を受けるまで詳しいテスト内容や試験時間を理解していないという方々も結構いるんです。

「実力さえあれば大丈夫」

そう思っている方も多いのですが、もったいないことをしているのも事実。

テストを攻略するにおいて「テストの構造・特徴を知っておく」というのは必須だから

とはいえ実は私もかつては「実力があればぶっつけ本番でも大丈夫」と思っていたタイプの人間でした。

しかしいざ自分が教える側に立った時、構造を知って全体像を理解した上で、やっと効果的な対策が取れる→結果につながるのです。

この記事を読むメリット
  • 英検準1級という敵の全体像を掴んで対策に活用できるようになる
  • 準1級の問題数がどれくらいなのかわかる
  • 試験時間を知って時間配分を考えられる
アオイちゃん

英検2級とはどれくらい違うテストなの?

JIN

リスニングでは2級になかった新しい形式の問題が追加されているよ!

本気で一発合格を目指している人向けの英検準1級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



【英検準1級内容】元講師が問題数・試験時間・配点・特徴などすべて解説

今回は英検準1級の問題内容や問題数などさまざまな内容面を解説していきます。

英検準1級の筆記テストは90分の配分

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択25問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める6問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択10問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問
英検準1級筆記試験の概要

合計42問を90分で解く計算なのが英検準1級の筆記試験です、単純計算で1問当たり2分14秒使える計算です。

英検2級からの変更点
  • 試験時間が5分増
  • 語彙問題が5問増
  • 長文内容問題が2問減

英検準1級のリーディング問題ライティング問題に特化した記事も作りましたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

筆記試験における理想的な時間配分

原則としてまず覚えておいてほしい点は、各々の理想的な時間配分は能力や得意不得意によって異なるという点です。

つまり、対策の時点でしっかりと時間を測った上で過去問を解き、そこから自分にとっての理想的な時間配分を見つけるのがもっとも理想的と言えます。

ただし、一般的に言えば、以下のような時間配分が理想的です。

語彙問題15分
長文語句問題20分
長文内容問題25分
ライティング20分~25分
見直し0~5分
英検準1級筆記試験の時間配分

ただし、準1級単語を完璧に覚えている方であれば、語彙問題はすぐに解けるので、より後ろの長文問題やライティング問題に時間を使うなどの調節ができます。

JIN

基本的に、語彙問題は知っているか知っていないかの問題なので、ここに時間を使いすぎるのだけはオススメしません

英検準1級のリスニングテストは30分

会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択12問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択12問
Real-life形式の内容問題実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択5問
英検準1級リスニング試験の概要

英検準1級のリスニングに関する出題方法は30分で29問を解いていく形式です。

英検2級とはかなり異なる構成内容です。

英検2級からの変更点
  • 試験時間25分→30分
  • 会話内容問題15問→12問
  • 文章内容問題15問→12問
  • Real-life形式の問題が初登場

英検準1級のリスニングに特化した解説記事も作りました、リスニングが苦手な方はぜひチェックしてみてください。

英検準1級の一次試験は合計2時間の71問

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択25問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める6問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択10問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問
英検準1級筆記試験の概要
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択12問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択12問
Real-life形式の内容問題実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択5問
英検準1級リスニング試験の概要

英検準1級スピーキング二次試験面接

自由会話面接官と日常会話N/A
ナレーションイラストの物語の展開を英語で説明1問
自身の意見について(イラスト)イラストに関連する質問に答える1問
自身の意見について(カード)カードに書かれたトピックに関連する質問に答える2問
自身の意見について(社会)カードのトピックに関連した社会的内容の質問に答える1問
英検準1級二次試験スピーキングの概要

英検準1級になるとより自分の意見を述べるような問題が増えています。

二次試験の面接は基本的に7分間で設定されていますが、受験者のスピードや能力によって若干前後する可能性もあります

二次試験に関してはとくにはじめての場合どのような形式で行われるのかを知っておくべき必要があります、そうしなければパニックになって力を発揮できません。

スピーキングの面接はとにかく平常心で居られるかどうかがパフォーマンスに大きく影響します。

準1級の二次試験対策や合格率などは、別の記事で紹介していますので、以下からぜひチェックしてみてください。

Sponsored Links



本気で準1級に受かりたい人はどう勉強すればいい?

準1級に限らず英検の対策で大切なのは、計画性のある対策勉強です。

やみくもにただ問題集をこなしているだけでは、飛躍的に合格のチャンスを広げることはできません

「でも受けたことないし、計画なんて自分で考えられない」

「思いついても合っているか心配」

今そう思った方のために、私が講師時代に得た知識と自分が1級まで合格したノウハウを凝縮した4ヶ月学習スケジュールを設計しました。

大丈夫、内容はすべて無料の記事で公開しています

「なにをすればいいのか…」と悩んでいる方は、ぜひ準1級特化の学習スケジュール記事を参考程度でもいいのでチェックしてみてください!

とはいえ、上記の対策スケジュールはほぼ独学で行うものです。

すべてひとりで根気よくコツコツやらなければならない

費用を最小限に抑えて対策したいのであれば、上記のスケジュールが一番オススメなのは変わりません。

しかし、独学というのは自宅で筋トレ器具を買ってトレーニングするようなもので、続ける難易度が高く、やめたくなる瞬間は毎日襲ってきます。

  • 「本当に自分ではどうしようもなさそう」
  • 「自分だけだと何をすればいいか一切わからない」
  • 「先生的な存在がいないとサボってしまう」

このようなタイプの方も多いのではないでしょうか?

英語学習とトレーニングの話は、音声でガッツリ解説しましたので、興味がありましたら以下のApple Podcastから聞いてみてください。

この内容は音声でも解説しました

JIN

私も学生時代そういうタイプだったので、気持ちは痛いくらいわかりますし、そのことについて自分を責める必要もありません

ただし、その状況で何もやらない場合、当たり前ですが合格する確率はかなり低いのも事実なんです。

「じゃあどうしたらいい!?」

そこでオススメなのが、英検を熟知した日本人の先生から英検を教えてもらえるワールドトーク

Worldtalk hp
ワールドトークの特徴
  • 家庭教師感覚でオンライン受講可能
  • 講師全員日本語で会話できるから安心
  • 英検に合格してきた先輩から勉強法も聞ける
  • 一次、二次、ライティングすべて対応可
  • 必要な分だけレッスンを受けられる

「海外の先生と英語だけで会話するのが心配…」

そんな不安からオンライン英会話に踏み切れない方も多いですが、ワールドトークは日本人講師しかいないので、そのような心配をする必要はありません。

外国人講師ではなく必ず日本人講師が担当するのではじめての方でも安心して受けられます

無料体験も提供されているので、まず1回試してみるのもアリです。

\ 日本人講師から直接英検指導! /

※無料体験後の入会義務は一切ありません

デメリットとしては、経験のある日本人講師の方に教えてもらいたい場合、ややレッスン単価が高い点です。

アオイちゃん

もっと安く教えてもらえる場所はないの?

JIN

実はあるよ!少しだけ説明させてもらうね!

さらに安く講師の方に教えてもらえる場所はありますが、海外の先生に教えてもらうことに抵抗がない場合に限ります。

安めで圧倒的にオススメできるのは、DMM英会話

DMM Eikaiwa Website
DMM英会話の準1級対策メリット
  • 英会話レッスン以外でも使える教材がたくさん
  • デイリーニュース教材でリーディング強化
  • 文法、単語強化に特化したレッスンや自習素材あり
  • 英検®準1級 予想問題ドリルを自習やレッスンで使い放題!
  • 英検®準1級 2次試験・面接完全予想問題で二次面接対策もバッチリ
DMM英会話 英検3級対策 オンライン英会話

なんといっても、英検準1級の一次試験用の予想問題ドリル、二次試験用の完全予想問題を講師の方と一緒に学べるのが大きな強みです!

英検準1級の一次試験対策を行っているオンライン英会話は、DMM英会話のみ!

加えて、英検準1級まで勉強しているのであれば、恐らく将来的に英語を喋れるようになりたいと考えている人が多いのではないでしょうか?

もうそうなのであれば、これをいい機会にオンライン英会話で実践経験を積みはじめるのがオススメ!

ココで勇気をもって一歩踏み込めるかどうかは今後大きな違いを生みます

クレジットカード情報を入力せずに2回も無料で受けられるので、受けてみない方が損です。

無料レッスンでも英検準1級の教材を選べます。

JIN

ココだけの話、2回の無料レッスンで英検教材を選んで受講すれば、それだけでも結構な勉強になります

\ 英検準1級一次・二次対策レッスンあり! /

※無料体験にクレジットカードの入力は不要です

DMM英会話の受講レビュー記事はコチラ

JIN

ひとりでの勉強モチベーションを維持しづらいと感じる方は、以上のようなオンライン英会話と並行して独学を進めると、学習効率も将来的な英語力も大幅にアップできます!

「ただ、どうしても人間相手とレッスンをしたくない」

そんな方に最後オススメしたいのが、旺文社のテキストをデジタルで使える英検ネットドリル。

ただし、英検ネットドリルは教えてもらうものではなく、学習をさらに効率化させるような教材です

英検ネットドリルのメリット
  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能
  • でる順パス単
  • 過去問集
  • 7日間完成予想問題ドリル

お馴染みの旺文社書籍を、デジタルだからこその機能とともに利用できます。

このようにパス単掲載単語を、簡単に音声付きで覚えられるのが素晴らしい!

各書籍に理解度チェックテストがあるので、勉強の組み立てがやりやすいですね!

二次試験対策は、バーチャル試験官と対策できます。

デメリットなどに関しては、実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ読んでからご検討ください。

英検ネットドリルを実際に使用したレビュー記事はコチラ

\ 旺文社の英検教材をデジタルで学習 /

※無料体験後の購入義務は一切ありません

本気で一発合格を目指している人向けの英検準1級完全攻略ガイド

よかったらシェアしてね!

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる