準1級筆記対策

【英検準1級ライティング】トピックの傾向・解き方のコツ・対策法を徹底解説

2019年8月27日

英検準1級 ライティング テーマ トピック

こんにちは、かつて英検を指導し、個人的には18歳の頃に英検準1級を一発で取得した英検1級元英語講師のJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証

  • ライティングってどう書けばいいのか分かりません
  • 気を付けた方が良い事ってありますか?
  • どうやって対策をしたらいいか全くわかりません。

今回はこのような質問にすべて解答します。

実際のところライティングに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし英検準1級のライティングはしっかりとコツを掴んで対策を行えばそこまで難しい事はありません!

実は私も昔はライティングがとても苦手で、どうすればいいのか全く分かりませんでしたが、要点とコツを学んで対策を行い、最終的にはイギリスの大学で論文を書くまでに上達する事ができました。

今回はそんな私を経験を基に英検準1級ライティングの対策情報をまとめて紹介していきます。。

今日の記事内容

  • 多くの人が思っているライティングはライティングではない理由
  • ライティングで高得点を狙うならまずNG集を知っておくべき理由
  • 英検準1級のライティング問題例
  • 準1級ライティングの評価基準、減点対象と解き方
  • ライティングの一番効果的な対策法

この記事を読むメリット

  • なぜ多くの人がライティングに苦手意識があるのか理解できる
  • 英検準1級ライティングの書き方や注意点が分かる
  • 明日から対策を実践できる

さらに詳しく

エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検準1級に合格出来るようにライティングの勉強法を学んでいきましょう!この級から厳しく指導していくのでよろしくね!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

英作文は英文ライティングではない理由

スポンサーリンク

英語ライティングは日本語の思考を訳すものではない

日本の学校で教育を受けた人であれば分かると思いますが、英語の授業で「英作文」というものをやります。

「作文」というワードがあるので、これこそライティングだと思っている人も居るかもしれませんが、あれはライティングとは全く異なるものです。

学校でやる英作文は「日本語で書かれたものを英語に訳すもの(または穴埋め)」ですよね?

これはライティングではありません、ただの文法問題の1つにしかすぎません。

日本の中高で「英語のライティング」はほぼ全く教えられていないのです。

さらに翻訳とライティングも全く違うものであり、日本語の思考をなんとか英語に訳すという書き方も絶対にうまくいきません。

英文ライティングを上手くやる為には日本語を通さずに直接「思考→英語」で書かなければなりません。

直接「思考→英語」で英文が書けるようになる方法

まず1つ知っておいてほしいのは、ライティングが上手くなりたい場合結構なトレーニングが必要です。

その中で一番大切なトレーニングは「英語の論文やエッセイで使われている言い回しをたくさん覚えて自分のものにする」

マネをして引き出しを増やす事が最も効果的であるからです。

皆さんが思っている以上に英文ライティングにはルールがたくさんあります。

会話で使う言い回しとライティングで使う言い回しは全く異なります、会話をするようにライティングをしてはいけません。

ライティングに適切な英語の言い回しを増やしていかない事には「思考→英語」では書けないのです。

私は英語圏の大学を卒業しましたが、まずは適切なライティングルールを知らなければ話にならないという経験は嫌なくらい経験して来ました。

そこでおすすめなのがこの2冊です。

どちらでも構いませんがこのルールブック的な本を読んで、一体英文ライティングとはどういうものなのか、という知識を深めるのが遠回りに見えて実は近道です。

英語エッセイライティング17の基礎ルールとコツ【イギリスの大学卒が網羅】

英語エッセイで使える41の基礎表現【状況別によく使うものまとめ】

英検準1級ライティングの問題トピック傾向

スポンサーリンク

2016年度に改定になった新方式の準1級ライティング

私が受けて合格した2012年の英検準1級ライティングと現在の英検準1級ライティングには違う点があります。

というのも2016年度第1回からライティングの出題方式が改定されたのです。

ある見方をすれば難しくなりました、しかしポジティブな面を見ればより役立つライティングの出題方式になりました。

なので英検準1級のライティングをマスターすれば有益な知識が身に付くという事です。

それではまずどのような問題形式が変わったのがを見ていきましょう!

Eメール形式からエッセイ形式へ

メールって仕事をしている人なら分かると思いますが日本語でも形式って決められているので知ってさえいればそのテンプレに当てはめるだけなので割と簡単です。

その一方でエッセイは日本語ではあまりピンと来ないかもしれませんがいわゆる「小論文」のようなものです。

私もイギリスの大学に居た時は数えきれないほどのエッセイを書かされました。

自分の意見を主張するのでメール形式よりはよりクリエイティブ性が求められ頭を使うのは間違いありません。

指定トピックの使用

新しい形式ではそのトピックに合わせて単語が4つ指定されてそのうちの2つ以上の単語を使う事が義務付けられます。

これは問題を解くヒントともなり得ますがその単語を良く知らなければ適切に使えないという問題も発生してしまいます。

必須ワード数の増加

基本的に英検に限らずエッセイ形式のライティング問題ではワード数が決められておりその範囲内で主張をまとめなければいけません。

前の方式では100ワード前後でしたが120から150ワードに上がりました。

英検準1級ライティングの出題例

これから例題を出しますが、見ていただいて分かる通り英検2級とはレベルが違います。

英検準1級からはしっかりとした英文ライティングが求められているのです。

まずは序文、ルール説明から

Write an essay on the given TOPIC.(与えられたトピックに沿ってエッセイを書きなさい)

Use TWO of the POINTS below to support your answer.(以下のポイントから2つ選んで、そのポイントを踏まえて質問に回答しなさい)

Structure: introduction, main body, and conclusion(構成:導入→本文→結論)

Suggested length: 120 150 words(推奨ワード数:120から150ワード)

トピック例

Agree or disagree:Japan should take in more immigrants.(賛成か反対か答えよ:日本はより多くの移民を受け入れるべきだ)

Do you think Japan should take more action to protect environment?(日本は環境保護の為にもっと行動を起こすべきだと思いますか?)

日本と時事に関する質問が出されることが特徴としてあります。

時事問題に詳しくないと良い文章が書けません。

つまりしっかりと英文ライティングのルールを守って、実際に起こっている時事問題に対する意見を述べなければならないのです。

1つ下の英検2級ライティングよりも1段も2弾もレベルが上がっています。

ポイントはどうやって使うのか

1つ下の英検2級からポイントを踏まえて文章を書きなさい、というルールが追加されています。

例題①

Agree or disagree:Japan should take in more immigrants.(賛成か反対か答えよ:日本はより多くの移民を受け入れるべきだ)

POINTS

Cultural difference(文化の相違)

Globalization(グローバル化)

Security(セキュリティ、安全面)

New technology(新テクノロジー)

例題②

Do you think Japan should take more action to protect environment?(日本は環境保護の為にもっと行動を起こすべきだと思いますか?)

POINTS

Government policies(政策)

Global warming(地球温暖化)

Tourism(観光)

New technology(新テクノロジー)

このような感じでPoints to make(触れるべき要点)をあらかじめ提示してくれている訳です。

後者の問題であれば、環境保護をもっとすべきかどうかの自分の意見に政策、地球温暖化、観光、新テクノロジーの中から2つポイントを選んで要点として入れて議論しましょうという事です。

英検準1級ライティングの解き方と評価基準、減点対象

まず英検準1級のライティングで高得点が取りたいのであれば絶対に「何をやってはいけないのか」つまり減点対象を知っておかなければなりません。

語数は120~150単語程度

英検準1級ライティングでは120~150単語程度を含む文章を書くことが求められています。

これは一つ下の2級の目安語数よりも50語ほど増えています。

トピックで求められる意見や理由が述べられているか

トピックに沿って自分の考えを論理的に理由付けする必要があります。

深い説得力のある理由が好まれ、単純な理由(環境保護は大切だから)などは最悪です。

環境保護は大切だから、という事を言いたいのであれば、環境保護をしないと最終的にどのような悪影響を及ぼすのか、そしてどうすれば改善できるのかなど深掘りする必要があります。

単純で浅い理由付け→その理由に沿った理由をさらに深掘りすべき

ライティング構成の流れは分かりやすいか

途切れ途切れではなくしっかりとした滑らかな流れの文章で書かれているか(接続詞や副詞を使って)

自分の言いたい意見を1行1行ではなく、作文全体として主張して議論できているかが大切です。

例えば極論自分の意見をたくさん羅列しているだけではだめです。

さらに英検準1級では導入→本文→結論の順番でしっかりと構成された文章が求められています。

途切れ途切れで色々な意見を述べてまとまりがない→文章の流れを考えて作文全体として議論をして自分の意見を主張するべき

トピックに沿った単語や熟語が使えているか

トピックに沿った専門用語を使えるかどうかも非常に重要です。

さらに同じ単語ばかりを使わずに、多様な語彙を駆使して適切にしようできるかどうかも評価対象です。

しかし頑張って難しい単語ばかりを使ってそれが間違った使用である場合逆効果にもなり得ます。

これは英検準1級レベルの単語力を事前に付けておくことで上手くいきます。

適切な語句を使えていない、同じ単語ばかり使っている→できる限り多様な語彙を披露して、適切な単語を使う

文法や構造のバリエーションは豊富かどうか

同じような文法を使い過ぎないのも注意点です。

例えば I think~ I think~ I think~ と何度も何度も羅列するのは好まれません。

先ほど単語のバリエーションが重要である、という話をしましたが、文法でもバリエーションは求められています。

とにかく同じような言い回しを並べるのはやめましょう。

同じ文法を続けざまに使っている→できる限り多様な文法を使って構造を豊かにする

聞かれたことに忠実に答える

聞かれた質問にストレートで答えましょう。

回りくどく説明したり、遠回りし過ぎたり、脱線してしまってはいけません。

聞かれた質問に答えられていない→忠実に脱線しないように意見を述べる

矛盾した文章はダメ

I agreeと同意したにも関わらず否定の意見も述べるというのはNGです。

ライティングで絶対ダメなのは矛盾した文章を書く、そして結局何が言いたいのか分からなくなる事です。

文章内で矛盾が生じている→賛成か反対を決めたらその立ち位置から絶対に動かない

具体例を挙げて説得力を高める

例えば「子供はもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」というトピックに対して

「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います」

というだけでなく

「日本人は世界的に見て英語ができないと言われています」

だったり

「日本では英語のクラスでスピーキングの練習をする機会があまりありません」のような一般的な補足情報を加えて構成していくと説得力が増します。

具体例がなく説得力がない→トピックとあなたの意見に沿った具体例を挙げる

だけど関係のない補足はダメ

自分の意見を肉付けするような補足は説得力を高めますが、関係のない補足は一貫性がないので減点対象です。

例えば先ほどの続きで

「子供はもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」

というトピックに対して

「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います。私は海外ドラマを観ていても全く理解できません」

結構極端な例ですが「海外ドラマ」なんてこの問題で組み入れる必要は全くない事ですし、さらに自分の経験を語っているだけなのでこんな補足なら書かない方がマシなレベルです。

関係のない蛇足的な補足→関係のない事はとにかく書かない

自分の経験しか話さないのはダメ

アカデミックライティングは日記ではありません、自分の世界が全てと思い込んだり、賛成反対を決めるうえで自分の気持ちや経験だけを基にしたものはダメです。

私が英語圏で論文を書いていたときは基本的に「I(私)」という単語を使うなと言われたくらいです。

もちろん英検準1級では「I」という単語を全く使ってはいけないという訳ではありませんが、自分の意見をライティングで主張する際にその意見を正当化するために使う根拠は自分の経験ではなく必ず一般的な根拠で無ければありません。

あなたの事を一切知らない、トピックにあまり知識のない人にあてて書くように書きましょう。

「私は~だったので、賛成だと思います」

こんな事を言っても何の根拠にもなりません。

自分の経験ばかり話す→根拠や理由付けは自分の経験以外から極力探そう

新方式の準1級ライティングの攻略法

接続詞、副詞の重要性を理解する

エッセイを書くにおいて接続詞と副詞はとっても重要です。

それらを使わないと文章が単調でシンプルになってしまい小学生が書いた作文のようになってしまいます。

例えば

The company has grown in the last 10 years.(その企業は過去10年間で成長しました)

よりも

The company has grown drastically in the last 10 years.(その企業は過去10年間で急激に成長しました)

このように副詞を加えた方がより具体的ですよね。

接続詞や副詞というのは数が少なく限られているのですぐに覚えられます。

接続詞と副詞を駆使するだけでも良いエッセイが書けますので知っておくことが重要です。

英語エッセイで使える41の基礎表現【状況別によく使うものまとめ】

エリカ先生
やっぱり副詞を使いこなせると、あ、この人英語できるんだな、と思われるわよ

英語エッセイのルールを理解する

英語でエッセイを書く際には多くのルールが存在します。

私もイギリスで大学生をやっていた時にはこれらのルールを守ってエッセイを書かなければ相当減点されました。

エッセイライティングには必須のルールがあるのです。

例えばこの文を見て皆さんはどう思いますか?

"I'm gonna need a real good ring."

大げさな例を書くためにちょっと適当な文になってしまいましたがこの文の中に英語エッセイライティングにおいての4つのNGが存在しています。

1つ目のNG:I'mなどの省略形は原則使ってはいけない

I'm You're We're They'reなどの省略形は使ってはいけません。

それぞれI am You are We are They areとちゃんとした形で使わなければいけません。

2つ目のNG:Iを主語として使うのはよろしくない

自分の意見を主張するのがエッセイではありますが少なくともアカデミックライティングではIを主語として使用するのはよろしくありません。

これは絶対禁止という訳ではありません、多用し過ぎなければワード数の少ない英検準1級のライティングレベルなら恐らく大丈夫でしょう。

3つ目のNG:Gonna, Wannaなどの短縮はNG

Going toをGonnaと略したりWant toをWannaと略すのは絶対にNGです。

基本的に短縮語はだめだと思っておいてください。

4つ目のNG:口語はNG

A real good ring、ReallyをRealと言う表現は特にアメリカの映画や海外ドラマで出てきますがこれは口語表現です。

ライティングで口語表現を持ち込むのはもちろんNGです。

以上のルールを2個以上知らなかった人が読むべき書籍

数多くあるライティングルールの中から4つ厳選して紹介しましたが4つ中2個以上知らないものがあった人はライティングルールの知識を高める必要があるかもしれません。

そんな人におすすめの2冊がこちらです。

エリカ先生
ライティングルールを知らなければあなたの書く英語は小学生の作文と同じよ

元講師がおすすめする英検準1級ライティングの対策

ライティングの対策は難しい

ライティングのトレーニングって基本的に添削してくれる人がいなければ成り立たない難しいものとなっています。

しかし、添削してくれる人が周りにおらず、独学で学ぶ場合はまず先ほど紹介した英文ライティングのルールブック的書籍2冊の中から1冊を選んで「まず英文ライティングとはどういうものなのか」を理解しましょう。

次に英検準1級のライティングについて深掘りしよう

一般的なライティングがどのようなものかを理解できたら、次に「英検準1級のライティング」で求められていることを理解し、それに向けて特訓を重ねましょう。

英検準1級のライティング書は以下の2冊がおすすめです。

最後はしっかり英検準1級過去問で解いてみる

英文ライティングのイロハを知り、英検準1級ライティングについて詳しく知った上で特訓したら最後は必ず過去問で追い込みをかけましょう。

やはり受験するのは英検準1級なので最終的には過去問での対策は避ける事ができません。

問題集も良いのですが、やはり最後は実際のレベルで問題を解くことが必要になります。

もちろん過去問集は長文読解だけでなく他の筆記試験やリスニングでも使えるので、合格したいのであれば必ず1冊は持っておくべきです。

ライティングは自己採点が不可能

ライティングの自主勉強において一番の問題になってくるのが自己採点が出来ないという点。

日本語でも同じですが例えば自分で読書感想文や作文を書いて自分自身で採点するのは不可能ですよね。

なぜなら答えが無いから。

答えが無いものを自分自身で答え合わせすることは出来ません。

自分は書いてる時自分の全力を尽くして完璧だと思ってその作文、小論文、エッセイを書いている訳なので自分が思う最高の文章を自己採点するなんて不可能なんです。

なのでライティングの採点は第三者にやってもらう他ありません。

安心してください、周りに採点してくれるような英語ネイティブが居なくてもインターネットが普及した今は採点してもらう事が出来ます。

過去問のライティングを第三者に採点してもらう効率的な方法

さぁここでインターネットが普及した現代の恩恵を受ける時が来ました。

先ほど話したように誰もが誰もネイティブの友達を持っている訳ではありません、僕も日本に英語ネイティブの知り合いは一人もいません。

そんな人におすすめなのが166円から英語添削を依頼できる「オンライン英語添削[アイディー]」です。

アイディーがおすすめな理由
  • 持ち込み可能で166円から依頼できる英語添削
  • 添削する人を選ぶ事が出来る為ネイティブ以外に添削されることが無く、自分の好みの人に依頼できる
  • 今なら無料登録で1200円分のお試し可能
  • 添削方法の指定可能なので任意の資格基準で添削してもらう事が出来る

英検準1級のライティングは150ワード程度と短いので安くたくさん添削してもらう事が可能です。

とってもおすすめのサービスです。

エリカ先生
ライティングは添削されなきゃ大きく伸びないわ、これだけは断言しておくわね



本気で一発合格を狙う人にのみにおすすめの「英検ネットドリル」

本気で一発合格を狙っている方に私がおすすめしたいのがこのサイトでも至るところでおすすめしている旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

英検ネットドリルのメリット

  • 対策に絶対必要な「でる順パス単シリーズ」で音声使用可能
  • トレーニング問題機能で対策効率アップ
  • 弱点チェック機能で弱点を克服できる
  • 二次試験対策に使えるバーチャル試験官機能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能

本気の人だけにおすすめ

英検ネットドリル

安心の旺文社教材

効率的で身になる対策

便利なデジタル機能

9

機能

9

学習効率

6

値段

8

総合評価

今日のおさらい

  • 英語ライティングは学校でなかなか教えてもらえない
  • 学校でやる英作文と英文ライティングは違う
  • 思考→日本語→英語ではなく思考→英語で書けるようにならなければならない
  • 英検準1級のライティングは120~150単語程度の解答
  • 英検準1級のライティングにはルールがたくさんある(上参照)
  • まず英文ライティングとは何かを知る
  • 次に英検準1級の英文ライティングに特化した書籍を買うべき
  • 最後は英検準1級の過去問を使って追い込む







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-準1級筆記対策

© 2020 ライフタイムラーナー