元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

英検準2級の配点を知るのは不可能!知っておきたいその理由と試験構造

こんにちは、数多くの子どもたちに英検準2級を指導して合格させてきた、英検1級元英語講師のJIN( @ScratchhEnglish)です。

英検1級 合格証
JIN

結論からいうと各問題の配点を知っているのは英検の中にいる人のみです

この記事のまとめ

英語講師として数多くの生徒に英検準2級を教えた筆者が英検準2級の配点、問題数、内容、試験時間などを徹底解説!

受験者が配点を知ることができない理由や知っておくべき基礎情報をやさしくお伝えします。

英検準2級の合格を目指している人はぜひ読んでほしい内容です。

結論から言います、英検準2級では受験者側が各問題の配点や配分を知ることはできません。

すべて非公開です。

つまり受験後に自己採点をして合否を判断するのは不可能

一方で合格点、合格ラインに関しては2016年以降、毎テスト固定で決まっています。

今回の記事では皆さんも気になるであろう「なぜ受験者が配点を知ることができないのか、なぜ自己採点ができないのか」について元講師の私が簡潔に解説します。

この記事を読むメリット
  • 英検準2級という敵の全体像を掴んで対策に活用できるようになる
  • 配点が発表されていない理由を理解できる
  • 試験時間を知って時間配分を考えられる
アオイちゃん

自己採点できないの?なんか裏技とかやり方あるんでしょ?

JIN

ない!英検で自己採点を考えるのは時間のムダになるよ

本気で一発合格を目指している人向けの英検準2級完全攻略ガイド

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



【英検準2級テスト内容】配点・問題の特徴・試験時間など元講師が解説

それでは英検準2級の問題構造について解説していきます!

英検準2級の筆記テストは75分の配分

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択20問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める5問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択7問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問
英検準2級筆記試験の概要

合計38問を75分以内に解いていくのが英検準2級の筆記試験です。

すでに英検3級を受けて合格した人であればわかるかと思いますが、項目がひとつ増えた上に問題数も7問増え、試験時間も25分追加されています。

相当大きな変化だと言えます。

JIN

英検3級よりはかなり忍耐力が必要であると同時に時間管理が重要になります

英検準2級のリーディング問題ライティング問題に特化した記事も作りましたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

英検準2級筆記試験における理想的な時間配分

原則としてまず覚えておいてほしい点は、各々の理想的な時間配分は能力や得意不得意によって異なるという点です。

つまり、対策の時点でしっかりと時間を測った上で過去問を解き、そこから自分にとっての理想的な時間配分を見つけるのがもっとも理想的と言えます。

ただし、一般的に言えば、以下のような時間配分が理想的です。

語彙問題15分
会話問題5分
長文語句問題10分
長文内容問題20分
ライティング20分
見直し5分
英検準2級筆記試験の時間配分

ただし、たとえば英検準2級単語を高レベルで覚えている方であれば、語彙問題はすぐに解けるので、より後ろの長文問題やライティング問題に時間を使うなどの調節ができます。

JIN

基本的に、語彙問題と会話問題は知っているか知っていないかの問題なので、ここに時間を使いすぎるのだけはオススメしません

英検準2級のリスニングテストは25分30問

会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択10問
英検準2級リスニング試験の概要

リスニングに関する出題方法は英検3級と同じで25分で30問を解いていく形式です。

出題方法は同じで、問題自体の難易度が上がっています

英検3級をすでに受けたことがある英検準2級受験者であれば、非常にやりやすいものでしょう。

JIN

英検準2級合格にはリスニングでいかに点数を稼げるかも重要

英検準2級のリスニングに特化した解説記事も作りました、リスニングが苦手な方はぜひチェックしてみてください。

英検準2級の一次試験は合計1時間40分の68問

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択20問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める5問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択7問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問
英検準2級筆記試験の概要
会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択10問
英検準2級リスニング試験の概要

細かい点数配分は中の人しかわからない理由

スコアは各回の全答案採点後、統計的手法(Item Response Theory*)を用いてスコアを算出しているため、受験者の皆さまがご自身の正答数でスコアを算出することはできません。

Item Response Theoryとはテストにおける受験者の応答パターンを用いて、形式や難易度が異なるテストの結果を比較するための理論です。

引用元:英検CSEスコアでの合否判定方法について | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

全受験者の回答が出そろってから配点が決定されるため、開催テストごとに各問題の配点が変わるということです。

1問○○点というのは事前に決まっている訳ではないので、配点は英検の中にいる人にしかわからない

合格点と合格率については、個別の記事を書いていますので、以下からご覧ください。

JIN

つまり、受験後に自己採点をしてもスコアを割り出すことができません

英検準2級スピーキング(二次試験)概要

英検5級、4級のスピーキングテスト は、合否にはまったく影響のないものでした。

しかし、英検準2級ではスピーキングテストである二次試験があり、二次試験に落ちてしまった場合筆記とリスニングで合格していても級認定は貰えません。

一次試験に受かったとしても、スピーキングの面接対策もしておかないと合格できません。

音読短い文章を音読する1問
文章に関する質問音読した文章に関する質問に答える1問
イラストに関する質問イラストの人物の行動について描写する1問
イラストに関する質問イラストの人物の状況について描写する1問
自身の意見について(トピック)与えられたトピックに関連する質問に答える1問
自身の意見について(日常生活)日常生活に関連する質問に答える1問
英検準2級二次試験スピーキングの概要

二次試験の面接は基本的に6分間で設定されていますが、受験者のスピードや能力によって若干前後する可能性もあります。

面接はとにかく平常心で居られるかどうかがパフォーマンスに大きく影響します。

JIN

詳しく英検準2級の内容が知りたい場合は、こちらの記事がオススメです

本気で準2級に受かりたい人はどう勉強すればいい?

準2級に限らず英検の対策で大切なのは、計画性のある対策勉強です。

やみくもにただ問題集をこなしているだけでは、飛躍的に合格のチャンスを広げることはできません

「でも計画なんて自分で考えられない」

「思いついても合っているか心配」

今そう思った方のために、私が講師時代に得た知識と自分が1級まで合格したノウハウを凝縮した3ヶ月学習スケジュールを設計しました。

大丈夫、内容はすべて無料の記事で公開しています

「なにをすればいいのか…」と悩んでいる方は、ぜひ準2級特化の学習スケジュール記事を参考程度でもいいのでチェックしてみてください!

Sponsored Links



英検準2級の試験内容・配点に関連するよくある質問

最後に、英検3級の試験時間や問題数に疑問を持っている方が抱かれがちのよくある質問をまとめて解答します。

英検準2級の合格点は何点ですか?

英検準2級の合格点・ラインは一次試験1322/1800点、二次試験406/600点です。

英検準2級は何問正解で合格ですか?

2016年、新形式になってから、英検の各問題の配点は全受験者の解答が出揃ってから決定されます。

つまり、事前に何割で合格、何問正解で合格ということは一切誰にもわかりません。

英検準2級に過去問はありますか?

はい、英検準2級には旺文社が出版する過去問があります。対策には必須ですので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:英検準2級合格に強い味方!おすすめ問題集・参考書を元講師が5つ厳選して紹介

英検準2級の合格率はどれくらいですか?

2016年以降、英検公式は合格率の発表をしていないため、最新の数字は誰にもわかりません。

ただし、過去のデータと私の経験をもとに、およその数字をコチラの記事で解説しています。

関連記事:50%以下?英検準2級の合格率・合格点(ライン)を元講師が3分で解説

英検準2級のレベルはどれくらいですか?

英検準2級は、「高校中級レベル」平均的な高校生2年生くらいのレベル感です。

さらに詳しいレベルや難易度の詳細はコチラの記事で解説しています。

関連記事:【3分でわかる】英検準2級の「高校中級レベル」とはどんな難易度?元講師が解説

本気で一発合格を目指している人向けの英検準2級完全攻略ガイド

よかったらシェアしてね!

人気記事:【2021年】元プロがオンライン英会話25社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

あなたにおすすめの記事

英語力の伸びに悩んでいる方へ

オンライン英会話、もう挑戦しましたか?

  • 英語を勉強しているけどアウトプットする機会がない…
  • 英会話スクールやコーチングは高すぎる…
  • オンライン英会話をやっているけど伸びをあまり感じられない…

オンライン英会話選びは自分の英語ニーズや英語レベルに合ったものを選ぶのがとても重要になります。合わないものを選べば伸びを感じられないのも当然です。

この度元オンライン英会話講師でもある私が自ら1年ほどかけて20社以上回り、分野別に徹底比較してランキングを作りました。

オンライン英会話の一歩を踏み出してみたいという方や苦戦しているという方はぜひ参考にしてみてください!総合1位に入れたサービスには私も実際に入会し、継続して続けています!

\ 元講師が全部受講して徹底比較! /

※無料体験できるもの満載です

ラーナーズナビ
-最適なサービスを無料でご提案-

ラーナーナビ

ラーナーズナビ(Learner's Navi)」は20社以上オンライン英会話を実際に受講して比較した元オンライン英会話講師の筆者が作った、最適なサービスを見つけるために役立つ無料ツールです。

タップして5つの質問に答えるだけでニーズに合った1社をご提案します!

\ 5つの質問に答えるだけ /

※登録なしに完全無料で使えます

この記事を書いた人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる