英検 英語学習

英検1級合格者がひしひしと伝える英検1級の半端ないレベルの高さ

こんにちは、昔英検1級を持っている人はみんなバイリンガルだと思っていたJIN(@ScratchhEnglish)です。

みなさん日本英語検定、略して英検をご存知ですか?

どんな人でもどこかで「英検」と言う単語は聞いたことがあるはずです。

例えば高校受験の時期は多くの中学生が3級を受験しますし大学受験の時期には高校生が英検2級を受験します。

高校での2級で多くの人は英検を辞めてしまうので英検2級より先を見る人は少ないですが一体この検定の最上位である1級はどれほど難しいテストなのでしょうか?

英検1級を意外にも一発で合格してしまった筆者が解説していきます。

こんな方におすすめ

  • 英検1級を目指している人
  • 英検1級がどれくらいのレベル、難易度なのか気になる人

スポンサーリンク

吐きそうなくらいある圧倒的な単語量

 

英検一級を受ける過程で過去問などを見たときに一番厄介で難しいなぁと思ったが単語、語彙です。

他の記事でも話したことがありますが準1級レベルの単語なら普通に海外で生活していて日常的に耳にする単語がほとんどです。

しかし1級レベルの単語になるとなかなか普通に生活しているだけはお目にかかれないような単語や熟語も出てきます。

いわゆる”日常会話程度”と言うやつを完全に超越した単語が特に最初の語彙問題ではほとんどです。

では英検1級を合格するために必要と言われている語彙数と準1級の語彙数を比べてみましょう

  • 英検一級: 12500語から15000語
  • 英検準一級: 7000語

これを見てわかる通り語彙だけを見ても一級と準一級には相当の差があります。

単純に準一級に必要な語彙力の約2倍は必要だという事です。

これは準一級と一級両方とも受験した僕からしてもかなり正確でリアルな数字です。

もし準一級の語彙レベルで一級を受けたとしたら一番初めのボキャブラリーのセクションは全問あてずっぽうでやらなければならないくらい語彙セクションの問題は難しいです。

例えば一つ2017年第一回で実際に出された問題がこれです

The museum’s large model airplanes were made with ( ) attention to detail. Each part was handmade by professional craftspeople, and the models took months to complete.

1 painstaking   2 makeshift   3 ticklish   4 latent

引用元:日本英語検定協会

単語一つ一つの意味を知っていれば答えを迷うような問題ではありませんがこのように単語一つ一つが難しすぎて結局消去法になってしまう場合が多いです。

この問題をパッと見ただけでもし答えることが出来たならあなたは英検1級に恐らく受かるでしょう。

英検1級に一発で合格した僕が考える合格に近づく1級リーディング勉強法

英検1級に一発で合格した僕が考える合格に近づく1級リスニング勉強法

英検1級に一発で合格した僕が考える合格に近づく1級ライティング勉強法

英検1級に一発で合格した僕が考える合格に近づく1級二次試験勉強法

このあいだ英検1級を合格した私が必要だと思う教材7選+α

合格者が語る5ヶ月スパンで英検1級に受かる為の効率的プランの立て方

【保存版】この間合格した僕が考える英検1級の勉強法まとめ

TOEIC900点と英検一級どちらのが難易度高いか

 

英検とTOEICを比較する記事でも少し触れましたが英検1級合格者とTOEIC900点を取った人とではどっちのが凄いのでしょうか。

筆者はTOEICは一度しか受けたことが無いので内容に関してはその時の記憶を辿ることになります。

僕が英検やTOEICを受けた時期を辿っていくと

2012年夏 イギリス渡航前 英検準1級合格

2013年夏 TOEIC850点

2016年夏英検一級合格

2012年夏からは基本的にずっとイギリスに居て勉強もしていたので英語力は2012年以降は伸び続けていたはずです。

英検一級取得辺りにTOEICを受けていないので単純比較ができないのですが、一級取得の3年前に850点が取れていてもなお英検一級に向けてはかなり勉強したので僕の感覚的には確実に英検一級の方が圧倒的に難しいと言えます。

そして英検やTOEICを受けるべき?の記事でも書いた通りTOEICはスピーキングとライティングが無いため問われる能力は作業的な処理能力重きが置かれている一方で英検、特に英検一級はライティングにかなりの配点を置いています。

そして英検を受けたことのある人は分かると思いますがスピーキングは2次試験としてスピーキングが合格点に達していなければたとペーパーの1次試験に受かっていてもその級自体は落ちるというシステムになっています。

となると事前に勉強をしなければいけない範囲も増えるのでその面でも英検一級のが圧倒的に難易度が高いと言えます。

僕が別名義で運営している英検特化サイトではもっともっとより詳しく英検1級の攻略法を紹介していますのでぜひこちらの記事からご覧ください。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-英検, 英語学習

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.