フリーランス 仕事

フリーランスのデメリットをランキングベスト5で紹介【実際に経験】

こんにちは、英会話講師兼営業などを挟みイギリスの大学を卒業して現在はフリーランスとして活動するJIN(@ScratchhEnglish)です。

かれこれ僕も完全にフリーランスになってから2年が経ちました、もうこれが当たり前の生活になってしまい慣れてしまいました。

ただこの過程ではフリーランスになる前とのギャップも少なからず存在し、実際になってからしか分からないデメリットもひしひしと感じてきました。

今回の記事では実際に2年経験したからこそ感じるフリーランスのデメリットを紹介していきます!

こんな方におすすめ

  • フリーランスに興味がある
  • フリーランスになろうと考えている
  • フリーランスのデメリットが知りたい

フリーランスのデメリットを実際に経験したからこそ淡々とつ紹介

スポンサーリンク

1位:孤独感がある

不思議なもので会社にいる時はつべこべ言われず一人で黙々とやりたいという気持ちがあったのにも関わらず、一人で仕事をしていると同僚や上司という存在が何となくたまに欲しくなる時があります。

作業をしている時はもちろん一人のが集中できるのですが、大きな仕事を終わらせたときの爽快感や満足感は本当の意味で共有できる人がいない分半分以下といっても過言ではありません。

個人的には飲み会とかも結構好きなタイプだったので、そのような席で仕事の話ができないのもちょっと寂しいかなと思う事もあります。

また、1日の仕事の終わり(退社)という概念が無くなったので仕事終わりのお酒もあまり美味しくなくなり、もう飲むのもやめてしまいました(これは良い事なのかもしれませんが)

ココがポイント

なってみないと感じる事ができないデメリット第1位

2位:自由という不自由

フリーランス、個人事業主のメリットとしてよく挙げられているのが「自由」であるという事。

ただフリーランスとしてやっていくうちにむしろ自由だからこその不自由が大きくなっているような気がしてなりません。

自由という事は別に休まなくてもいい訳で、前々から予定が組まれていない限り結局納期付きの仕事をガンガン入れてしまい普段オフというオフが無くなりました。

また四六時中仕事の事が頭から離れず、若干取り憑かれているような感覚も。

しかし頭から離れないと言っても

  • 「仕事したくないな」
  • 「明日なんて来なければいいのに」
  • 「不安だな」

といったネガティブなものではなく、どちらかというと

  • 「明日あれをやりたいな」
  • 「今度からはこういうのもチャレンジしていこうかな」
  • 「こうすればもっと良くなるかも」

といったポジティブなものが多く、ある意味仕事が楽しいという側面の表れなのかもしれない。

さらに仕事をする場所だってどこでも自由だけど、別に行く場所があるわけでも無い。

また、毎日のタイムマネジメントがしっかりできずダラダラ仕事をしてしまうとマジで中途半端でオフですらも無い無駄な1日を過ごしてしまいます。

ココがポイント

逆に仕事人間になる場合が多い

スポンサーリンク

3位:不安定であるという事

「不安定」という言葉はフリーランスには付いて回ります。

収入の不安定さに関しては正直そこまで個人的にはデメリットだとは思っていなくて、毎月下がる可能性もあれば上がる可能性もある訳なので動いて成果さえだせばいいと割り切って逆に楽しんでいます。

ただ社会的立場の不安定さは拭う事はできず、信用も薄いのは確かです。

福利厚生は無論ありません。

正直社会的にそう見られるのは無理もないのでしょうがないんですけどね…

4位:スキルが伸びにくい場合も

正直に言うとスキルは伸びづらい面もあれば伸びやすい面もあります。

伸びやすい面

  • 学んだ知識を即自分で実践して試して改善する事ができる
  • 実践した結果収入に直結する可能性がある

仕事の進め方を他の人から強制される訳ではないので、自由に変えて改善していく事ができるのがメリット。

伸びにくい面

  • 自分で新しい事を学んだり挑戦する意欲が無いと成長が無い
  • 目の前の仕事に追われ過ぎると成長が難しい
  • メンター的存在がいない場合が多い

教育してくれる人がいない分、自分で学びにいかないと成長はないという事、結局簡単に言えばすべて自分次第と言ったところです。

という事は仕事をしている時以外で勉強もする必要があり、これも先ほどの自由が故の不自由と言ったところ。

自分自身に厳しくなれないと話にならず、自分から新しい事を学んだり挑戦ができないとフリーランスとして長期的にはとても厳しい。

ココがポイント

自分に厳しく努力できなくなったら終わり

5位:すべて自分でやらなければならない

フリーランスになったからと言って全ての時間を仕事に費やせるかと言ったらそうではなく、先ほど挙げた勉強もそうですし、事務作業は全て自分でこなす必要があります。

一番簡単な例が確定申告など経理周り、業種によっては結構面倒な場合も。

会社に勤めていれば経理や申告はすべて会社側が受け持ってくれますが、フリーランスはこのような作業も原則自分でこなすやらなければなりません。

特に1年目の確定申告は慣れない事なので、申告の方法からどのようなものが経費として計上できるのかなど1から学ぶ必要があります。

ただ今はクレジットカードや銀行口座と紐付けられたクラウドの経理ソフトがあるのでそこまで面倒ではありません。







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-フリーランス, 仕事

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.

Secured By miniOrange