元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

図解でわかる!寒いを表す英語の使い分け+寒い冗談に使える単語8選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し、英検1級を一発で取得した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

JIN

結論からいうと「寒い」をもっとも広い意味で表せる一般的な単語は「Cold」で間違いありません

この記事のまとめ

偏差値40の公立高校から猛勉強してイギリスの大学を卒業した筆者が、「寒い」として使える英語フレーズを徹底解説!

寒さ具合によって使い分けられる英語表現を、現役ネイティブ英語講師の妻が作成した図解とともに、わかりやすく8種類まとめてお伝えします。

英会話表現の幅を広げたい方に、とくに読んでほしい内容です。

日本語で「寒い」と言えばおおまかに

  • 温度的な寒い
  • 冗談がつまらない寒い

大体この2種類ではないでしょうか。

皆さんも知っての通り温度的な「寒い」を表す際にもっともよく使われるのは「Cold」です。

しかし、寒さの度合いによっては他の単語のが適切な場合もあります。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者がさまざまなニュアンスをもつ「寒い」を表す英語表現を例文付きで紹介していきます。

この記事を読むメリット
  • ネイティブ英語講師の妻が図解を作成
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「寒い」を英会話で使い分けられる
アオイちゃん

じゃあColdだけ覚えておけばいい?

JIN

自分が使う分にはいいけど、リスニングの為にいろいろ知っておくのは重要だよ

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



「寒い」は英語で何ていう?温度的なものから寒い冗談まで7選

それではさまざまな「寒い」として使える英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

もっとも一般的に使える「Cold」

やはり温度的な「寒い」をもっとも一般的に使える英単語は中学校でも習うColdです。

気温が寒いというだけでなく、飲み物が冷たいなどさまざまな寒さや冷たさを表せます。

さらに日本語でいう「冷たい性格な人」「冷徹な人」のような、性格的な冷たさまでこのColdで表すことが可能です。

しかしつまらないジョークに対する「寒い」には使えないので注意です!

エレナ先生

We’re going to have a cold winter this year.(今年の冬は寒くなります)

肌寒い時は「Chilly」

ネイティブが英会話で非常によく使う英単語。

日本語なら「肌寒い」が一番近いです。

イメージ的には「Cool(涼しい)」と「Cold(寒い)」の中間。

エレナ先生

It’s chilly this morning.(今朝は肌寒いです)

凍えるほど寒い時は「Freezing」

Cold(寒い)をめちゃくちゃ寒いことを表したい時に使えるのが、Freezingです。

Freezeという動詞が「凍る」という意味であることを考えると、Freezingが凍える程寒いというニュアンスがわかりやすいですね。

冬の耐えられないような寒さにはこの単語を使ってみましょう!

寒い 英語 度合い

ちなみに物理的な「寒い」の度合いを表した図解を作成しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

エレナ先生

I don’t wanna go outside today. It’s freezing out there!(今日はめちゃくちゃ寒いので外に出たくありません)

Freezingよりはやや弱めの「Frosty」

凍える程寒い「Freezing」よりもややニュアンスが弱め(Freezingとほぼ同等と取ることもできるが)なのがFrosty。

Frostが「霜」であることを考えるとニュアンスがわかりやすいです。

イメージ的には「霜が降りるほど寒い」

エレナ先生

It’s a frosty afternoon.(凍てつくような午あとですね)

冗談が寒い時に使える英語表現4選

それでは最後に冗談がつまらなくて「寒い」時に使える英語表現を4つ紹介します。

Not funny

一番シンプルですが、面白くないということ実を真剣に伝えているダメージの大きい表現です。

冗談で使うのは止めておきましょう。

Boring

こちらもシンプルかつストレートにつまらないを表す単語なので、使い方には非常に注意が必要です。

SOOO FUNNY!!!

つまらないジョークに対して「めちゃくちゃおもしろい!!!」と大げさに表現する皮肉です。

日本語会話で皮肉を使う場面って結構少ないですが、英語環境、とくにイギリスでは皮肉が日常的に使われています。

Not funnyやBoringよりはユーモアのある返しと言えます。

コツはあからさまに皮肉感を出して大げさにいうことです。

Cringey

実はこの「Cringey」が結構「寒い」に近いと個人的には思っています。

  • ゾッとするような
  • ドン引きするような
  • 気持ち悪い

イメージ的には寒すぎて、第三者の自分ですら恥ずかしくなってくるようなことに対して使われます。

なので通常の「寒い」より度合いは強いです。

でもCringeやCringeyを直接相手にいうのは止めましょう、あくまでテレビの演出なんかに対して使いましょう。

日本語でも直接誰かに「寒気するくらいドン引きなんだけど」なんて真顔で言わないですよね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる