単語・熟語辞典

「帰る」は英語で何て言う?「実家」は英語で何?関連する英語表現6選

2020年9月2日

帰る 帰宅する 英語

 

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

 

悩みのタネ

  • 「帰る」は英語で何て言いますか?
  • 「実家に帰る」と言いたいのですが…
  • 最も適切な表現はどれですか?

 

「帰る」はニュアンスによって「Go」または「Come」を使い適切なものは状況で異なります。

 

似たような意味のニュアンスでも1つの単語だけではなく複数知っておくと英語の幅が広がり、英語力アップするのも間違いありません。

 

自分が使わなくても、リスニングという観点で複数の単語を知っておくというのはメリットがあります!

 

 

この記事を読むメリット

  • 明日から「帰る」と英語で言えるようになる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 「Go」や「Come」を英会話で使い分ける事ができるようになる

 

エレナ先生
1つ結論を言うと「実家」はParents' houseです

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



「帰る」は英語で何て言う?「実家」は英語で何?関連する英語表現6選

 

それでは「帰る」を表す英語表現をニュアンス解説付きで見ていきましょう。

 

状況で使い分ける「Go/Come home」

 

「家に帰る」として使える代表的な2つが

  • Go home
  • Come home

この2つは適当にどちらでも使う事ができ訳ではなく、状況によって使い分ける必要があります。

 

ニュアンス

  • Go home(自分が移動する先が家である場合)
  • Come home(話し相手が既に家にいる場合、または自分が既に家にいる場合)

 

シチュエーション例

  • Go home=もう遅いしもう家に帰るね(一緒に遊んでいた友人に向けて)
  • Come home=もうすぐ帰るよ(既に家にいる妻に向けて)、もうすぐ帰ってきてよ(自分が家にいる状況で)

 

どうでしょうか、なんとなくニュアンスが違うのが分かるでしょうか。

 

Go homeの例文

 

エレナ先生
I'm sorry but I have to go home now.(ごめんだけどもう家に帰らなきゃ)

 

 

Come homeの例文

 

エレナ先生
When are you gonna come home?(いつ家に帰ってくるの?)

 

 

家の到着に焦点を当てる「Get home/back」

 

こちらのGet homeも「家に帰る」として訳す事ができる熟語です。

大枠で言えば確かにそうですが、もっと細かくニュアンスを見ていくと「家への到着」にフォーカスしています。

 

つまり「もう家に着いた?」と聞きたい時などはGet homeを使うのが適切です。

 

例文

 

エレナ先生
Did you get back home already?(もう家に着いた?)

 

 

シンプルに戻るを表す「Return」

 

上記で紹介した2つの表現と比べるとよりシンプルかつ一般的に「戻る」事を表すのがReturnです。

 

「自宅に帰る」という事会であれば「Return home」と言う事もできますが、より形式的かつ文章的、フォーマルなイメージがあります。

 

例文

 

エレナ先生
I returned home at 6 yesterday.(昨日は6時に家に帰りました)

 

 

実家は「Parents' house」

 

「実家」を英語に直訳しようとすると「Real house」や「Real home」という風に言ってしまいがちですが、英語的に言うと実際に今自分が住んでいる家が「自宅」なのでこれらの表現は使えません。

 

なので英語ではシンプルに「親の家」という事で「Parents' house」と言います。







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-単語・熟語辞典

© 2021 ライフタイムラーナー