英会話フレーズ

「How about~」「What about~」微妙なニュアンスの違いと使用例を解説

2019年11月29日

こんにちは、似たような英単語が複数あるとニュアンスの違いが気になり過ぎて夜も眠れないJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • What about you?とHow about you?に違いはありますか?
  • どっちを使っても問題ありませんよね?
  • ニュアンス違いを知りたいです

私がここまで英語を続けられたのもそんな英語と言う言語に好奇心があったからかなぁなんて今では思ったりします。

今回は

  • What about~
  • How about~

そして

  • What about you?
  • How about you?

微妙なニュアンスの違いと文章例を解説していきます。

今日の記事内容

  • How are you?とWhat about you?に違いはあるのか
  • How about~?とWhat about~?のニュアンスの違い
  • How about~?とWhat about~?を使った例文会話

この記事を読むメリット

  • 微妙ながら明確な違いを理解できる
  • ネイティブに対するリスニング理解度が高まる
  • 英会話で使い分ける事ができるようになる

How about you?とWhat about you?は全く同じ

スポンサーリンク

How about you? What about you?の意味

まずクリアにしておきたいのは

「How about you?」と「What about you?」に関しては全く同じで、両方とも同じ状況で使用できるという事です。

  • What=何
  • How=どのように

このようにインプットされているのでこの2つのフレーズでも絶対に違いがあるはずだ、と思われがちですがHow about you?とWhat about you?に関しては両方とも

「あなたはどう?」

という意味のフレーズです。

How about you? What about you?の使用例

次にHow about you?、What about you?の使用例を見ていきましょう

Example 1

ジェームズ先生
What did you do yesterday?
I went to see my grandparents, what about you?
エリカ先生
ジェームズ先生
I went to see a movie with my friends.

この例文1では「昨日なにした?」「祖父母の家に行ったよ、あなたは?」のあなたは?の部分でWhat about you?が使われました。

ここではWhat about you?だけでなくHow about you?も使う事ができます。

Example 2

エリカ先生
How are you today?
I'm fine thank you. How about you?
ジェームズ先生

例文2はより分かりやすくシンプルな会話で「元気ですか?」の問いに対して「元気です、あなたは?」のあなたは?でHow about you?が使われています。

こちらも同様What about you?を使っても何ら問題がありません。

つまり、How about you?とWhat about you?は両方とも「あなたはどう?」というオウム返しのような同じ質問をシンプルにする効果があるのです。

例2の場合は「How are you?」と聞かれたところにHow about you?を使っているので、実質このHow about you?は「How are you?」の役割を担っています。

How about~?とWhat about~?は若干ニュアンスの違いがある

スポンサーリンク

提案する時はHow about~が好ましい

これまではHow about you?とWhat about you?は同じであると説明して来ました。

しかしHow about~?とWhat about~?では若干ニュアンスが異なる、片方が好まれる場面が出てきます。

1つの例として「提案」が挙げられます。

Example

ジェームズ先生
Where do you wanna eat tonight?

How about going to the new restaurant around the corner?[/st-kaiwa3]

[st-kaiwa1]Sounds good to me![/st-kaiwa1]

この会話では

  • 「今夜どこに食べに行く?」
  • 「角を曲がったとこの新しいレストランはどう?」

この「どう?」の部分、すなわち提案をHow aboutが表しています。

このような提案のシチュエーションではHow about~の方がWhat about~よりも自然で好まれます。

なので「~するのはどう?」と提案したい時はHow about~?を使いましょう。

~はどうすんのよ?はWhat aboutの方が好まれる

How about~?を好む場面もあればWhat about~?の方が好まれる場面ももちろん存在します。

例えば「~はどうすんの?」「~はどうなるんですか?」と言ったシチュエーションではWhat about~?の方が好まれます。

[st-marumozi fontawesome="" bgcolor="#FFB74D" color="#fff" radius="30" margin="0 10px 0 0"]Example 1[/st-marumozi]

[st-kaiwa4]I think I will go to the prom with John.
エリカ先生
John!? What about me?
ジェームズ先生

この例題では「私プロムにはジョンと一緒に行くわ」という言葉に対して「ジョンだって?じゃあ私はどうなるんだ?」と言った感じの返しです。

この2つの例文を比べれば2つの性質が明確に分かる

ここまでHow about~?が好まれるケースと、What about~?が好まれるケース2つを紹介しました。

最後に紹介するのはどちらかを使う事によってニュアンスが変わるという事をデモンストレーションするために同じ状況下での例文を紹介します。

Example 1

ジェームズ先生
Where do you wanna eat tonight?(今夜はどこにご飯を食べに行きたい?)

How about going to the new restaurant around the corner?(角を曲がったところの新しいレストランなんかどう?)[/st-kaiwa3]

[st-marumozi fontawesome="" bgcolor="#F48FB1" color="#fff" radius="30" margin="0 10px 0 0"]Example 2[/st-marumozi]

[st-kaiwa4]Let's go to McDonald's tonight(今夜はマクドナルドに行きましょ)
エリカ先生
What? What about the reservation we made at the restaurant(え?レストランの予約どうするの?)
ジェームズ先生

先ほど言った通りHow about~?の方は「提案」のニュアンスが強くあります。

自分の意見を提案し、相手がどう思っているかを求めるような形です。

一方でWhat about~?の方は、質問された訳では無いのに「じゃあ~はどうするの?」といった注意喚起的なニュアンスを含んでいます。

  • How about the restaurant?(このレストランどう?)
  • What about the restaurant?(このレストランはどうなるの?)(このレストランはダメなの?)

このような感じです。

今回のまとめ

  • How about you?とWhat about you?は基本的には同じ
  • How about~?はより提案のニュアンスが強い
  • What about~?は「じゃあ~はどうするの?」というニュアンスが強く、提案というニュアンスはHow about~?に比べると薄い







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-英会話フレーズ

© 2020 ライフタイムラーナー