英語への考え方 英語学習

偏差値40から英検1級を取得した私が考える英語の勉強を続ける5つのコツ

英語 勉強 続け方 コツ

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

  • 英語の勉強をずっとしたいけど続きません…
  • これまで勉強が続いたことがありません…
  • どうすれば続けられるんですか?

目に見える結果が出るのに時間がかかる英語学習だからこそ多くの人が抱える悩みです。

どうやったら英語ができるようになるか、結論を言うと「考えながら続ける」これに尽きます。

英語は学校で勉強する科目であるものの、言語なので短期間たくさん勉強すればできるようになるというものではなく、地道に継続して学び続ける事のみで確実に上達していくものです。

続けなければできるようにはなりませんし、逆を言えば考えて続ければできるようになります。

ちなみに私もかつては「最速で英語力が伸びる方法」を探す事に時間を無駄にしたり、せっかく勉強したのに短期間で結果が伴わずイライラして勉強を止めた時期もありました。

しかし「効果的な勉強法」なんて言うのは続けてやる前提で成り立っているので、最も重要なのはまず続ける事なのです。

今回の記事では最初の頃は何度も悲観して諦めたものの、最終的に英語の勉強を続けられるようになった私が英語学習を続けるためのささやかなヒント・コツを5つ解説します。

この記事を読むメリット

  • 何度も諦めながら偏差値40からイギリスの大学を卒業した筆者の体験談
  • 英語学習を続けるための考え方を知る事ができる
  • 具体的な解決アイデアの提案

偏差値40から英検1級を取得した私が考える英語の勉強を続ける5つのコツ

スポンサーリンク

少しずつ毎日やる【一気にやらない】

英語学習に限った話ではないですが、1週間の中の1日で一気に2時間やるよりも、1日15分やる方が続けられるし身になります。

「15分なんて少なすぎる!」

そう思う人もいるかもしれませんが、慣れてきたらその15分を徐々に増やしていく形で大丈夫です。

慣れないうちに一気にやってしまうと、どんどんキツくなって徐々に時間を減らし始めて最終的に0になって諦めてしまいます。

少しずつやり始めて余裕がでてきたら増やしていく事で必ずたまに長時間勉強する人を追い抜くことができます。

ウサギとかめの法則です。

ココがポイント

英語学習に即効性を求めてはいけない

何か明確な目標を立てる

何となく「英語ができるようになりたい」よりも何でもいいから明確な目標があるとやはり続きます。

僕も映画を字幕なしで観たいというのが最初の目標でした。

ただ結局最初の目標なんてものでは走り出すための導火線みたいなものですから、やっていくうちにどんどん他の目標も生まれてくるようになります。

くれぐれも「便利そうだから英語を勉強する」というモチベーションで英語をは止めた方が良いです。

  • なぜ自分は英語を勉強したいのか
  • 英語ができるようになったら自分は英語をどうやって活用するのか
  • 英語ができるようになったら何をしてみたいか

このような事を考えて目標を考えてみると良いでしょう。

また、考えても明確な目標や夢が生まれてこないのであれば、英語の勉強ではなく他の勉強に時間を使った方が良いと思います。

ココがポイント

目標が無ければ必ずどこかで諦めてしまう

スポンサーリンク

何をやればいいか分からない時は試験勉強をしてみよう

英語の勉強を始めたいけど最初何をすればいいか全く分からない、という方も多いのではないでしょうか。

そんな時は適当にやるのではなく、まず英検でもTOEICでもIELTSでも良いので試験に向けた勉強をしてみるのがおすすめです。

もちろん試験勉強をしたから英語ができるようになるという訳では無いのですが、右も左も分からないうちはまず試験に向けた勉強をする事でその先に向けた最低限のベースを構築できると考えるからです。

試験勉強中、または試験を受けた後に本当の目標が見つかればそこから軌道修正すれば良いだけの話です。

まずは小さな目標として何らかのテストに目を向けるのは最初のモチベーションとしては非常に効果的なのでおすすめしたいです。

ココがポイント

目標が見つからない時はとりあえず何か試験を目標にしてみる

英語を学習している同士を作る

今時日本国内だけを見ても英語を勉強したいという人は数え切れないほどいるはずです。

身の回りにいれば最高ですが、もしいなくても今ではインターネット上で刺激し合える仲間を見つける事もできるはずです。

仲間やライバルがいればお互いに毎日刺激を貰いながら、切磋琢磨して続けられる可能性も高くなります。

ココがポイント

同士や仲間がいれば続けやすい

英語の勉強をルーティーン化させる

人間というのはルーティーンの生き物らしいです。

  • 特定の時間
  • 特定の場所
  • 特定の音楽など

きっちり決めた状況でルーティーンを確立すると続けやすいです。

このような状況を続ける事で「この音楽が聞こえる時は集中する時」「この時間は勉強する時」など徐々に身体に染みついてきます。

ジムのように行かないと気持ち悪い状態になったら最高です。

しかしこれは人間の悪いところですが、大変な労力を使うルーティーンは一度崩れてしまうと元に戻すのがとっても大変です。ジムもずっと通っていたのに1日サボると行かなくなるなんて事よくよくありますよね。

一方で楽なルーティーン(例えば夜更かしや食後のお菓子など)は真逆で止めるのが難しいと…

とにかく続ける事が一番大切です!

ココがポイント

英語勉強用の環境や状況を整備しよう

今回の記事まとめ

今日の記事では「英語の勉強を続ける方法」にフォーカスしてささやかではありますが5つのアイデアを提案させて頂きました。

今日のおさらい

  • いきなり長時間やらずに毎日短時間やるところから始める
  • 英語ができるようになった未来を想像して明確な目標を立てる
  • 目標がまだ思い浮かばない場合はとりあえず試験を目標にしてみる
  • 英語を勉強している他の人と交流してお互いのモチベーションを高め合う
  • 英語の勉強をする為の環境や状況を自分で作る







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-英語への考え方, 英語学習

Copyright© ライフタイムラーナー , 2020 All Rights Reserved.