IELTS

IELTSのアカデミックとジェネラルにはどこに違いがある?難易度は違う?

2019年11月24日

IELTS アカデミック ジェネラル 違い 難易度

 

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

 

悩みのタネ

  • IELTSのアカデミックモジュールとジェネラルモジュールって何が違いますか?
  • 難易度は違いますか?
  • どっちを受ければいいのか分かりません

 

今回はこのような質問にすべて解答します。

 

IELTS(アイエルツ)というテスト内容を知らない状態でリサーチしていくと恐らく誰もがIELTSには

  • アカデミックモジュール
  • ジェネラルモジュール

 

この2つがあると知る事になるでしょう。

 

ただ「アカデミックモジュール」と「ジェネラルモジュール」と一口に聞いても一体何のことか分からない人も多いのではないかと思います。

 

今回の記事ではIELTSのアカデミックモジュールとジェネラルモジュールの違いについて分かりやすく簡単に解説していきます。

 

この記事を読むメリット

  • 勉強を始める前にアカデミックとジェネラルの違いが分かる
  • 自分に合っているのか理解できる
  • どちらを受けるべきか自分で判断できる

 

JIN
違いを理解してから勉強し始めるのは必須です

 

 

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

スポンサーリンク



IELTSのアカデミックとジェネラルモジュールの違い

 

まずはIELTSのアカデミックモジュールとジェネラルモジュールの違いをおおまかに解説していきます。

 

アカデミックとジェネラルモジュールでは求められている事が違う

 

まず大きな相違点としてIELTS(アイエルツ)のアカデミックモジュールとジェネラルモジュールでは求められていることが全く違うという事です。

 

難易度別で分けられている訳ではありません。

 

この2つの求められている事の違いはアカデミックとジェネラルという意味を理解すると分かりやすいかと思います

 

  • Academic=学術的な
  • General=一般的な

2つの違い

  • アカデミックモジュール=学術的な英語を問う試験、英語で何かを学ぶ際に役立つ英語、学校生活で役立つ英語
  • ジェネラルモジュール=一般的な生活で役に立つような英語を学ぶ試験

 

IELTS公式が発表する定義

 

この2つの違いはIELTS公式サイトでも定義されています。

 

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、アカデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。
一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。

ジェネラルモジュールは、英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することが一般的です。

引用元:日本英語検定協会

 

IELTSにおけるモジュールの違いが分かりやすくシンプルにまとめられています。

 

JIN
ざっくり言うとアカデミックモジュールは留学したい人用、ジェネラルモジュールは移住したい人用

 

アカデミックモジュールとジェネラルモジュールの難易度

 

 

先ほども話した通りIELTSのアカデミックモジュールとジェネラルモジュールでは求められているものが違い、英検のように級制度でもないので簡単に比較できるようなものではありません。

 

しかしアカデミックモジュールでは学術的内容や学術的語彙を多く含んでいる為、一般的にはアカデミックモジュールの方がジェネラルモジュールよりも難しいと言われています。

 

JIN
実際に問題を見比べてみても確かにジェネラルモジュールの方が易し目です

 

IELTSのモジュールで役に立つのはどっちなのか

 

ここではどちらのモジュールの方が役立つのか、という問いに回答します。

 

留学するならアカデミックモジュールのが役に立つ

 

留学を見据えてIELTSを受けるのであればもちろんアカデミックモジュールの方が役に立ちます。

 

特に大学留学、大学交換留学、専門学校留学、高校留学など英語で学術的知識を学ぶ機会があるのであればアカデミックモジュール一本です。

 

そして「アカデミック」と言ってもすべて学術的な事を学ぶ訳では無く、日常の英語に役立つ知識もIELTSアカデミックモジュールを勉強する事で学ぶ事ができます。

 

JIN
留学を考えている人や学術的、アカデミックに英語を使いたい人はIELTSのアカデミックモジュールが断然おすすめです

 

ジェネラルモジュールはどんな人におすすめ?

 

ジェネラルモジュールをおすすめするのは移住要件としてIELTSジェネラルモジュールのスコアが求められている場合。

 

また、英語学習の進歩を確認するために定期的に総合的な試験を受けたいという人にもジェネラルモジュールをおすすめできます。

 

IELTSはアカデミックモジュール、ジェネラルモジュールに関わらずTOEICや英検と比べると試験の質が圧倒的に高く、IELTSでスコアを取る為に受けるだけでなく、英語の能力を上げるためにIELTSの参考書や単語帳を使って勉強するのもおすすめできます。

 

唯一の難点は受験料が高い点ですが、これをクリアできるのであれば現在利用可能な英語試験の中ではトップレベルで質の高い試験だと言えるでしょう。

 

JIN
IELTSはスコアが使える場面が多いだけでなく、勉強する過程でたくさん有益な知識を付ける事ができる試験です

 

関連 IELTSとはどんな英語テスト?目標の6.0以上のレベル・難易度を解説







おすすめの関連記事

  • この記事を書いた人
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業、元オンライン英会話講師、英検1級取得、TOEIC930点。 多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。

-IELTS

© 2021 ライフタイムラーナー