元講師がオンライン英会話を20社以上受講して比較!➡

IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

IELTS イギリス英語 アメリカ英語

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に、3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業した、ライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論、IELTSの為にイギリス英語を覚えなおす必要はありません

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTSとイギリス英語の関係性を徹底解説!

わざわざ覚えなおすまでする必要はない理由、そしてイギリス英語を学習するおすすめの方法など網羅してお伝えします。

IELTSの受験を考えている方はぜひ読んでほしい内容です。

  • TOEFL(アメリカ系)
  • IELTS(イギリス系)

アメリカ留学ではTOEFLを求められることが多く、イギリス留学やオーストラリア留学だとIELTSを求められるケースが多いです(最近は両方受け入れている場所も多いですが)

私もかつてはそんな疑問を感じ、不安に思っていたこともあります。

結論からいうと「IELTSのためにイギリス英語を勉強しなければならないということはありません」

この記事を読むメリット
  • イギリス英語が必須では無い理由がわかる
  • イギリス英語を知っておくと便利な理由を理解できる
  • 今後の対策に活かせる
アオイちゃん

じゃあイギリス英語をやる必要はないんですね!

JIN

いや、覚えなおすまでしなくても、少しくらい知識を付けておくことは結構重要だよ

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

それではIELTS対策をするうえでイギリス英語に精通している必要はない理由を解説します。

スピーキングとライティングではアメリカ英語を使っても問題ない

まずはアウトプットスキルのスピーキングとライティングでイギリス英語の必要性を考えていきましょう。

前提としてスピーキングとライティングでアメリカ英語を使ったから減点される、イギリス英語を使ったから優遇される、ということは一切ありません。

英語・米語の主な違い
  • 発音
  • 英語表現
  • 語彙(Lift VS Elevatorなど)
  • スペル(ze/seの違いなど)
  • 文法など

このような場面でアメリカ英語を使っても問題ありません。

関連記事:イギリス英語とアメリカ英語で綴りが違う?簡単な法則と該当単語40選

つまり、IELTSのライティングやスピーキングに関して言えば、わざわざイギリス英語を覚えなおす必要はありません。

しかし、ライティングでアメリカ英語とイギリス英語をごちゃ混ぜにするのだけはやめましょう。

同じライティング内でオーガナイズという単語をOrganizeとOrganiseの両方で使うなど

アメリカ英語に慣れているのにもかかわらず、所々でイギリス英語を挟むのはやめましょう。

JIN

「統一性」のほうがより重要です

Writingセクションの詳細や対策法を知りたい方はコチラ

Speakingセクションの詳細や対策法を知りたい方はコチラ

リーディングやリスニングではある程度イギリス英語の知識があるといい

次はインプット分野のリーディングとリスニング面を見ていきましょう。

インプット分野の特徴
  • リーディングは基本イギリス式(スペルなど)
  • リスニングの多くはイギリスに寄った発音や表現(ただイギリス以外の英語圏の英語も使われる)

つまり「少なくとも少しばかりの知識はあった方が便利だよね」ということです。

結論「自分でイギリス英語を使えるようになる必要はないけど、インプットの際に理解できるくらいの知識は欲しい」と言ったところです。

Readingセクションの詳細や対策法を知りたい方はコチラ

Listeningセクションの詳細や対策法を知りたい方はコチラ

IELTSに向けて知っておくべきイギリス英語の側面

それでは、インプット科目(リーディングとリスニング)でイギリス英語が出てきても戸惑わないように、知っておくべきイギリス英語の側面を紹介していきます。

イギリス英語のスペル

アメリカ英語とイギリス英語で、スペルが異なる単語はいくつかあります。

イギリス英語アメリカ英語意味
AnalyseAnalyze分析する
TravelledTraveled旅をした
TravellerTraveler旅人
ManoeuvreManeuver誘導する、軍事演習
OestrogenEstrogenエストロゲン
PaediatricPediatric小児科
DefenceDefense防御
LicenceLicenseライセンス
JIN

ただ基本的にイギリス英語とアメリカ英語間のスペル違いには法則があります

イギリス英語とアメリカ英語のスペリングの違いをより詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

関連記事:イギリス英語とアメリカ英語で綴りが違う?簡単な法則と該当単語40選

イギリス英語とアメリカ英語の使用単語の違い

スペリングだけでなくイギリス英語では同じ物でも、アメリカ英語と違う単語を使うことがあります。

イギリス英語アメリカ英語意味
HolidayVacation休暇
City CentreDowntown中心街
QueueLine
PostcodeZip code郵便番号
Car ParkParking Lot駐車場
Petrol StationGas Stationガソリンスタンド
JumperSweaterセーター
TrainersSneakersスニーカー
JIN

よくあるボキャブラリーの違いは覚えておいた方がいいかもしれませんね

イギリス英語を学ぶのにおすすめの記事

ここではイギリス英語を学びたい方のために、私が書いたイギリス英語に関するオススメ記事を紹介します。

【学校で習うアメリカ英語とは違う!】本場イギリス英語の特徴9選

こちらの記事では、イギリス英語とアメリカ英語の違いを簡単に説明しています。

なにが違うのかまったくわからない!という方にオススメします。

関連記事:【学校で習うアメリカ英語とは違う!】本場イギリス英語の特徴9選

発音練習にも効果アリ!イギリス英語に特化したおすすめの無料アプリ7選

こちらの記事ではイギリス英語を学ぶ為、慣れるために使える無料アプリを7個紹介しています。

手軽にダウンロードできるものばかりなので、アプリで気軽に慣れてみたいという人にオススメしたい記事になっています。

関連記事:発音練習にも効果アリ!イギリス英語に特化したおすすめの無料アプリ7選

イギリス英語を勉強したい人におすすめしたいイギリス映画15選

こちらの記事ではアプリよりもより気楽に、カジュアルにイギリス英語になじめるイギリス英語を使う映画を15個紹介しています。

ある程度すでに英語力がある方にオススメです。

関連記事:イギリス英語を勉強したい人におすすめしたいイギリス映画15選

イギリス英語ではA・T・R・O発音が全然違う!動画付きでコツを8つ解説

こちらはさらに自分の英語の発音をイギリス英語に寄せたい、イギリス英語の発音を知っておきたいという人に向けたイギリス英語の発音に付いて解説している記事です。

IELTS以降もイギリス英語の勉強を続けたいという方や、将来イギリス英語を喋れるようになりたいという方にオススメです。

関連記事:イギリス英語ではA・T・R・O発音が全然違う!動画付きでコツを8つ解説

JIN

自分が将来的にもイギリス英語を極めていきたいのか、それともとにかくIELTSで高いスコアを出したいのかで優先順位を考えてきましょう

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

IELTS対策にオススメのオンライン英会話ランキング

IELTS オンライン英会話 スピーキング

IELTSというテストは、実践的なスピーキングやライティングが求められる、英検やTOEICとはまったく異なるテストです。

  • ライティングやスピーキングのアウトプット技能は練習に必ず相手が必要
  • ライティングはとくに添削やフィードバック以外の上達方法はほぼない
  • スピーキングは場数を踏んで慣れることが非常に大切

現代で最も手軽かつ安く、IELTSのスピーキングとライティングを同時に鍛えられるのがオンライン英会話なのは事実です。

そこでド素人からIELTSを猛勉強した経験があり、元オンライン英会話講師でもある私が、IELTS向けに特化してオンライン英会話ランキングを作りました。

スクロールできます
ランキング 1位 2位 3位4位5位
サービス名ELT英会話
ELT Shool of english logo
ベストティーチャー
Best teacher logo
スパトレ
Supatore logo
ステップフォワード
Stepforward logo
ユニバーサルスピーキング
Universal speaking logo
オススメ度 (5.0) (4.5) (4.5) (4.0) (4.0)
無料体験レッスン1回レッスン1回7日間レッスン1回1000円相当
値段月額 14,300円~月額 16,500円(資格対策コース)月額 4,900円~月額 7,040円~月額 3,300円~
講師有資格イギリス人のみネイティブ含む世界50ヶ国以上非ネイティブ非ネイティブフィリピン人、カナダ人、フィリピン人
IELTSの専門性
ポイントIELTS試験官が在籍!
当サイト限定割引あり
ライティング指導がイイ!安さを求めるならココ!マニラの語学学校が運営単発で使いやすいコイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます

IELTS向けオンライン英会話完全ランキング記事はコチラ

ELT英会話は、今でも実際に継続受講しているので、少しだけ中身を紹介しておきますね!

結論、ここまで継続受講してきて、まったく後悔はありませんし、本会員になる前に見えなかったこともたくさん見えてきました。

私はIELTSと同じケンブリッジが主催する、ケンブリッジ英検CPEの合格を目指し、ケンブリッジ英検試験官のベテラン講師、ローラ先生にオーダーメイドカリキュラムの担任制(レッスン時間固定)で教えてもらっています。

ELT英会話 受講
ELT英会話をオススメすすめする理由
  • 資格持ちのイギリス人に直接担任として教えてもらえる
  • 的を絞った的確な指導で効率的に合格を目指せる
  • 私は今まで気にもしなかった細かいところまでしっかりと気づいて、正しい方向性で対策できるようになった
JIN

独学でやっていた時に気づけなかったことをたくさん気づかせて貰えたのが、結論もっとも大きなメリットです

自分ではまったく気にもしなかった基礎固めから解答テクニック、対策法まですべて教えてくれます。

ELT英会話-edmodo

レッスン外でもEdmodoという教育向けプラットフォームで、練習問題や読んでおくべき資料などを送ってくれますし、質問があればいつでもそこで回答してくれます。

ELT英会話 ケンブリッジ英検

宿題に関しても、私の生活に合わせて仕事が忙しいときは少な目、ガッツリやりたいときには多めに出してくれるのでタイムマネジメントも非常にやりやすいと感じます。

elt cambridge

ちなみに、資格対策の場合、スピーキングだけでなくライティング、リスニング、リーディングとオールインワンで総合対策。

リーディングテクニックやリスニングテクニック、すべて教えてもらっています

さらに、私も実際に利用しているということもあり、当サイト「ライフタイムラーナー」限定割引キャンペーンを実施しています!

当サイト限定割引!

私も実際に継続利用しているELT英会話では、「ライフタイムラーナーを見ました」と無料体験申し込み時にお伝えするだけで、当サイト読者様限定で初月20%割引を受けることができます!

割引条件

  1. 無料体験レッスンお申し込み時フォーム【その他ご要望】箇所に「ライフタイムラーナーを見ました」と入力
  2. 初月20%OFFはおひとり様に対して一度のみの対象
  3. ご入会後、最低2ヶ月ご利用の方限定
  4. 割引適用の場合、プラン変更はご入会から3ヶ月目以降より可能
  5. 月額プランのみ利用可能
  6. 割引を希望した場合でも、無料体験後の入会義務は一切ありません

\ 35年以上ロンドンで語学学校を運営 /

※無料体験にクレジットカード入力不要

当サイト限定割引の詳細はコチラ

ELT英会話の受講レビュー記事はコチラ

さらにサービスを選ぶ際に気をつけるべき点や、ランキング外のIELTSサービスを提供しているオンライン英会話については、コチラの記事で詳しく解説しています。

スクロールできます
ランキングサービス名値段無料体験オススメ度ひと言メモ
1位ELT英会話月額 14,300円~レッスン1回ロンドンの語学学校
2位ベストティーチャー月額 12,000円レッスン1回徹底したライティング指導
3位スパトレ月額 4,900円~7日間業界最安値
4位ステップフォワード月額 7,040円~レッスン1回マニラの語学学校
5位ユニバーサルスピーキング月額 3,300円~1000円相当コイン制
サービス名をタップ(クリック)すると詳細を確認できます
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる