IELTS

アイエルツ(IELTS)ってどんなテスト?難易度は?どんな人が受けるの?

2018年3月28日

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

  • IELTSって一体どんなテストなの?
  • 何に使える資格ですか?
  • どれくらい難しいテストですか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

IELTSはまだそこまで認知されていない英語試験です、どのようなテストで何に使えるのか分からないというのは当然の悩みかと思います。

結論から言うとアイエルツ(IELTS)は基本的にはイギリスやオーストラリアへ留学、移住する人が英語力の証明として使うための資格を得る為に受けるテストです。

イギリスの大学に行った僕も大学に行く前にアイエルツ(IELTS)を受けて点数を取り、それを英語力の証明として送りました。

それだけでなくイギリス英語や英語をしっかりと全体的に取得したい方にはとってもおすすめなテストです。

今回はこのアイエルツ(IELTS)がどんなテストなのか、レベル、難易度はどれくらいなのか、どんな人におすすめできるのかを解説していきます。

今日の記事内容

  • IELTSテストの概要
  • レベル・難易度解説
  • IELTSテストを受ける人
  • 受験料

この記事を読むメリット

  • 実際にIELTSを受けた経験者が語るIELTSの概要を知る事ができる
  • どれくらいの難易度なのか分かる
  • 自分に合っているテストなのか判断できる
リンジー先生
今日は私と一緒にIELTSについて学んでいきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

アイエルツ(IELTS)とはどんなテスト?

出典:IELTS

アイエルツ(IELTS)というケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Educationによって協同で運営されている英語の能力を全体的、包括的に測るテスト・資格です。

ケンブリッジ大学、ブリティッシュという名前の機関が絡んでいることから分かるようにイギリス系のテストです。

アイエルツ(IELTS)には2種類あり

  • アカデミック・モジュール(Academic Module、大学や他の高等教育機関の出願のためのテスト)
  • ジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module、一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)

の2種類から選ぶ事が出来ます。

さらに詳しく

スポンサーリンク

圧倒的な世界的認知度

TOEICや英検などの日本でしか通用しない資格と違いアイエルツ(IELTS)は世界的に認知されている資格です。

オーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ共和国のほとんどの教育機関で受け入れられ、アメリカ合衆国の3000以上の教育機関で受け入れられています。

つまり世界中の英語圏の国々、教育機関から幅広く認められているとても質の高いテストです。

またオーストラリア、ニュージーランド、カナダへ移住する際に使える資格となっています。

TOEFLというアメリカ系のアカデミックな似たテストもあります、僕自身両方とも受けましたがテストの質はアイエルツ(IELTS)のが圧倒的に高いと感じます。

アイエルツ(IELTS)の方がより正確に受験者の英語力を測る事が出来るというのが理由です。

リンジー先生
他の英語テストと比べても洗練されているので、世界的に人気の高いテストなんですよ!
へーどんなところが凄いんだろう
サヤカちゃん

アイエルツ(IELTS)のテスト内容

リスニング

  • 試験時間30分
  • 約40問
  • アカデミックと聞くと学術的な物が多いのかと思われがちですが日常的な問題もたくさんあります、例えば電話番号の聞き取りであったり、道案内などが
  • リスニングは1回ずつしか流れません
  • 選択肢も5個以上あったり電話番号、数の正確な記憶が求められるためより正確なリスニング力が測れる形式となっています。

さらに詳しく

リーディング

  • 試験時間60分
  • 約40問
  • 試験では文章が3つ(トータルで約2,000~2,750語)出され、これらに対してさまざまな形式の問題が40問出題されます
  • リスニング同様アカデミックとは言え学術的な物ばかりが出るというわけではなく雑誌、新聞、書籍などから出題され、一般教養的なものが多く、深い専門知識は必要とされないので広く全体的なリーディング力を鍛えることができます。

さらに詳しく

ライティング

  • 試験時間60分
  • 問題数2題:アカデミックという事で特に第2問目は論文を書くことが想定された問題なのでしっかりとしたマナー、ライティングルールを守って書かないと減点されてしまいます
  • ちゃんとしたライティングルールを知ることは手紙を書くにせよ、仕事でメールを打つにせよ、もちろん論文を書く時には必須の能力なのでそのルールを鍛えられるこのライティングの問題スタイルはかなり為になります。

さらに詳しく

スピーキング

  • 試験時間:約15分から20分
  • マンツーマンのスピーキング
  • 日本で受けるにしても試験官は必ず外国人です(英検は1級以外は日本人であることが多い)
  • 自己紹介から始まり、1問目はトピックを選び2分間程度のフリースピーチ(僕が受けた時はお題がPublic Transportation(公共交通機関)でした)
  • フリースピーチ後は試験官とのディスカッションになり、その様子はすべて録音されており終わり次第センターに送られて採点されます。

さらに詳しく

アイエルツ(IELTS)のレベル・難易度

英検のように級制度、合格不合格制度を取っているわけでは無いので一概にどんなレベルか、というのはなかなか難しいのです。

しかし私が受けた感覚的にアイエルツ(IELTS)の問題自体は英検準1級と1級の中間くらいのレベルだと考えます。

ただ先ほども言ったっとおりこのテストは合格、不合格があるわけでは無いので誰でも受ける事は出来ますし受験者の英語力に沿ってスコアが出てきます。

スポンサーリンク

他テストとの換算表

IELTSTOEFL
iBT
TOEIC英検
9.0120
8.5119
8.0117-118
7.5109-116970-990
7.0100-108870-9701級
6.590-99820-870
6.080-89740-820準1級
5.569-79600-740
5.061-68550-6002級
4.552-60500-550
4.045-51450-490準2級
3.533-44300-440
3.029-32291-2993級
2.520-28270-290
2.012-19260-2694級
1.5100-2595級

※この表は目安であり、実際の比較とズレがある場合もあります。

ちなみに僕が18歳の時イギリスに行く前に受けた時は全体6.5を取ってその数か月後にそのまま勉強せずに英検準1級に結構余裕をもって合格しているので換算表は目安とはいえかなり正確だと言えます。

8.5、9.0を取る人はもう化け物レベルですね、ほぼネイティブレベルだと言ってもおかしくないでしょう。

リンジー先生
正直ネイティブのあたしが受けても9.0なんて取れないかもね
えー嘘だ!
サヤカちゃん

どんな人がアイエルツ(IELTS)を受けるのか

アイエルツ(IELTS)を受ける人は基本的にイギリス、オーストラリアなどなどに留学したい人が受ける、もしくは受けなくてはいけません。

少なくともイギリスでは私のように語学留学ではない留学(正規大学、専門学校など)をする人のほとんどは受けなければいけません。

イギリスの大学留学、専門留学になると(教育機関によって異なりますが)大体足切りのスコアは6.0、6.5あたりです。

なのでまずイギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどなどで大学、専門留学をしたいと考えている人はこの6.5というスコアを目指す必要があります。

英語力を総合的に上げたい人にもおすすめできるテスト

以前記事にもしましたが先ほどの例のように大学留学、専門留学などの特殊な留学をしない限り英語の資格はほぼ意味を持たないものだと言えます。

言語としての英語の資格はほぼ自己満足の世界です。

私も英検1級まで取りましたがこれは自己満足だと言えます。

取った資格自体はほぼ意味、効力を持たないものかもしれません、しかしその資格を取るまでの過程はあなたにとってかけがえのないものになります。

テストに向けて勉強する方が目標無しに勉強するより圧倒的に効率的だからです。

アイエルツ(IELTS)は先ほど話した通り世界的に広く認められているレベル、質の高いテストです。

総合的な英語力を伸ばしたいならTOEICに向けて勉強するよりアイエルツ(IELTS)に向けて勉強する方が圧倒的に身になる英語を身に着ける事が出来ます。

アイエルツ(IELTS)の受験料

アイエルツ(IELTS)の欠点を上げろと言われれば受験料です。

TOEIC、英検と比べると受験料は25,380 円と格段に高いので頻繁に受ける事が出来るようなテストではありません。

少し高いと思いますが、これに向けて勉強することが一番成長する要素です。

頻繁に受けずともたまに自分の現在地を見失ってしまったときやモチベーションが上がらない時期に受けてみて自分の英語力の成長を確認するのもいいかもしれませんね。

そしてパスポートが無いと受験することが出来ません、受験するまで海外に一度も言ったことが無かった私はIELTS受験の為にパスポートを作る羽目になりました。

今日のおさらい

  • IELTSは移住や留学で使われるイギリス系の英語試験
  • 世界的認知度はトップレベル
  • 内容レベルは肌感覚で英検準1級と1級の間くらい
  • 英語力を上げるにはもってこいの有能テスト
  • 受験料が高いのが欠点







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-IELTS

© 2020 ライフタイムラーナー