IELTS

【経験者が語る】IELTSリスニングで高得点を取るコツとおすすめの参考書

2017年12月10日

IELTS リスニング コツ 参考書

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に4ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばしイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア

※高校3年生だった頃のスコア証明書です

  • IELTSのリスニングってどれくらい難しいんですか?
  • リスニングが苦手過ぎます、どうすれば上達しますか?
  • 高得点を狙う為におすすめの参考書や問題集はありますか?

今回はこのような質問にすべて解答します。

IELTSはまだそこまで認知されていない英語試験です、どうやって対策をしたらいいのか分からないというのは当然の悩みかと思います。

私も当時は今よりも情報が少なく、勉強法や教材の選び方にはかなり苦労しました。

実際無駄な事もしてしまったと今では自覚しています。

効果的な対策方法、解答のコツ、使える問題集や教材を知っているのと知らないのでは様々な側面で大きな差が生まれます。

イギリスの大学を卒業してIELTSを受験した当時とは英語力も比べられないくらい上達した今はその重要性が身に染みてわかります。

今回の記事ではIELTSのリスニングにフォーカスして様々な側面を深掘りして解説していきます。

※この記事で言うIELTSはIELTSアカデミックモジュールを指します、ジェネラルモジュールとの違いをまだ知らない人はぜひこちらの記事をご覧ください。

IELTSのアカデミックとジェネラルモジュールの違いは?難易度は違う?

今日の記事内容

  • IELTSリスニング問題の特徴・レベル
  • イギリスの大学を卒業した今だからわかるおすすめ対策勉強法
  • リスニング問題を解くコツ
  • 対策勉強におすすめの参考書・問題集
  • 日々行う事ができるリスニングの地力を上げる方法

この記事を読むメリット

  • 実際にIELTSを受けてイギリスの大学まで行った筆者のおすすめを知る事ができる
  • 明日から自分で簡単に実践する事が可能
  • 目標スコアへ近づくことができる

リンジー先生
今日はIELTSリスニングについて一緒に勉強していきましょう!
よろしくお願いします!
サヤカちゃん

アイエルツ(IELTS)リスニングの問題内容・試験時間など

スポンサーリンク

IELTSリスニングの特徴

問題概要

セクション/大問問題内容
1日常会話(話し手2人)
2日常説明(話し手1人)
3アカデミック会話(話し手2人)
4アカデミック説明(話し手1人)

知っておきたい主な特徴

  • 試験時間:40分(30分リスニング+10分解答用紙に移す時間)
  • 問題数:40問
  • 最高点:9.0
  • イギリスをはじめオーストラリア、アメリカなど様々な英語アクセントが登場
  • リスニング問題の半分はアカデミックな内容(講義や大学シチュエーションなど)
  • ディクテーション形式の書き取り問題あり

IELTSでは英検やTOEICなど他のテストにはないディクテーション形式の「書き取り問題」があります。

書き取り問題ではスペルを間違えたらアウトです。

その他にもスピーカーが主にイギリス英語スピーカーで構成されているなど、IELTSリスニングを攻略する上でまずはIELTSの問題形式に慣れる事が一番です。

リンジー先生
イギリス英語とアメリカ英語は思った以上に違うわよ
あまり違いが分かりません…
サヤカちゃん

リスニングの難易度・レベル

リスニングの形式が他のテストと全然違う為、単純な比較はできません。

しかし肌感覚では英検準1級と1級で出題されるようなレベルの問題が多いかなあという印象です。

このような指標は役に立ちませんので、正直無視して頂いて大丈夫です。

参考

英検準1級7,500~9,000語
英検1級12,500~語

一方で、IELTSのアカデミックモジュールで出題される単語は「アカデミック」な単語が多い為、IELTS向けの単語取得は必須となります。

さらに詳しく

経験者がおすすめするIELTSリスニング対策勉強方法

スポンサーリンク

最も重要な対策が単語なのは変わらない

英語力の基盤となるのは単語力です。

リスニングでもこれは全く変わらない不変の事実です。

こちらが全てにおいてバランスが取れた一番理想的な形で、豊富な単語力が他の英語力を支えている状態です。

こちらは単語力、すなわち基盤が薄く、ぐちゃぐちゃになっている様子です。

下手なイラストで申し訳ございませんが、相応の単語力が無ければリスニング力は単語力以上に伸びる事が無いという事です。

単語力はあなたのリスニング能力のポテンシャルを決定するようなものです。

特殊なテストであるアイエルツでは更に単語力が重要

IELTSはただ単に英語の力を測るだけのテストではありません。

留学する人が受けることになる「アカデミックモジュール」では一般的な英語だけでなく学術的な英語力も求められます。

リスニング問題でも半分は学術的なアカデミック問題が振り分けられています。

つまりアイエルツ(IELTS)に合った単語力を付けなければいけないのです、適当な単語を覚えていては遠回りになります。

そこでまず必要になるのがアイエルツ(IELTS)専用の単語帳です。

リンジー先生
IELTSを受けるならIELTS専用の単語帳が必須よ
新しいものを買わないと!
サヤカちゃん

私がおすすめする効果的な単語の覚え方

私が英語の勉強をし始めた時からイギリスの大学を卒業するまでずっと一貫して続けてきた英単語の覚え方を紹介します。

他の方法も試したことはありますが今のところこの方法に勝るものはありません

例えば今「この単語帳の単語全部覚えてね!」と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながら少なくともこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが、効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。皆さんも「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」なんて経験はありませんか?

私が推奨するのは単語カードや暗記アプリを使った覚え方です。

  • なぜこの方法をおすすめするのか
  • なぜ上記4つの覚え方がダメだと思うのか
  • 具体的な単語カードや暗記アプリの使い方・メリット

これらは以下の個別記事で紹介していますので、気になった方はぜひご覧ください。

さらに詳しく

初心者はまず1冊日本語の教本を読もう

  • 始めてIELTSを受ける
  • まだ英語力があまりないと感じる
  • 1回受けたけどいいスコアが取れなかった

このような方々は問題集や過去問に入る前に必ず日本語で書かれた教本、攻略本を1冊読破される事を強く推奨します。

アイエルツ(IELTS)に関する知っておくべき情報が網羅されており、演習問題も付いています。

おすすめする理由としては、攻略本に載っている演習問題は本番と全く同じ形式で作られているものの、難易度が本番よりも低く設定されているからです。

初心者でも解けるようなレベルで本番さながらの形式を体験できるというのは初心者にとってメリットでしかないと考えます。

リスニングが特に苦手!という方にはリスニング専用の教本もあるのでおすすめです。

リンジー先生
まずは敵を知る事が重要よ!
IELTSという敵を倒したい!
サヤカちゃん

イギリス英語に慣れてみよう

義務教育で習った英語はアメリカ英語

あまり気にしたことが無いかもしれませんが、日本の学校教育で習う英語は全てアメリカ英語です。

しかしアイエルツ(IELTS)はイギリス英語がベースのテストですので使う単語やイントネーション、発音は異なるものとなります。

必須とは言いませんが、イギリス英語に馴染みのない方はまずイギリス英語に慣れ事をおすすめします

IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

特にリスニングとなればイギリス英語に慣れているか慣れていないかという所で差が出る可能性は否定できません。

そこでおすすめなのがイギリス英語の入門リスニング書を1冊解いてみるという対策です。

リンジー先生
皆さんが思う以上にイギリス英語とアメリカ英語は違うわ
えーそうなの!?
サヤカちゃん

イギリス英語に慣れる為におすすめの1冊

既にイギリス英語に精通している人はこの過程はスキップしていただいて構いません。

本書籍に掲載されている英語自体のレベルは高くありませんが、イギリス英語入門という観点ではおすすめできます。

しかもKindle Unlimitedの会員なら無料で読む事も出来ます(お得!)

Kindle Unlimitedの無料体験登録の方法はこちらの記事で紹介しています、30日間無料ですので30日で読み終える自信がある方は実質無料でこの書籍も読む事が出来ます!(Amazonのアカウントを持っていれば誰でも登録可能)

さらに詳しく

Kindle Unlimited無料体験はこちらから

楽しくイギリス英語を学びたいという方はこちらの書籍もおすすめです!

【学校で習うアメリカ英語とは違う!】本場イギリス英語の特徴9選

過去問をやり込むのが一番の対策

  • 単語を順調に覚える
  • 教本、攻略本を読み込む
  • イギリス英語に触れる

これ以降は圧倒的に過去問のみを使った勉強、研究、攻略が最も効果的です。

IELTSに関しては問題集と過去問とでかなりのレベルの差がある場合が多いので、過去問は唯一無二の存在となります。

そして過去問対策を進める際には絶対に気を付けなければならない事があるので解説します。

過去問を使う際のルール

本番さながらの時間設定で行う

本番のスピードに慣れることは非常に大切です。

リスニングの場合であれば、30分の解答時間+10分間の解答を写す時間、そっくりそのままで対策を行ってください。

リスニング問題を始めたら絶対に途中で止めたりせずに続けてください

そうすれば自分なりの戦略も立てれますし、本番でパニックになる事はありません。

答え合わせは必ずしっかり行う

正しい答え合わせチェックリスト
  • なぜどのように間違えたのか
  • 答えはどこにあったのか
  • どのような思考回路で自分は間違いに行き着いてしまったのか

せっかく過去問を使うなら上記すべてをチェックしてください。

リスニングスクリプトを確認

これできていない人が本当に多いです!

答え合わせが終わったら必ずリスニングスクリプト(原稿)を読んでください!

スクリプトを使ってこそ過去問を使った対策が捗ります!

その際に行ってほしいのは原稿内で自分が全く理解できなかった単語と知っていたもののリスニングでは聞き取れなかった単語や表現を全て割り出すという作業です。

知らなかった単語や表現は全てまとめて覚えなおしましょう。

知っていたもののリスニング内で聞こえなかった単語や表現は今一度しっかりと発音を復習してください。

過去問を使い倒すというのはこういう事です。

答え合わせの時は音源を聞きこむ

スクリプトを確認する時は音源を止めたり巻き戻したり満足して聞いて理解できるようになるまで聞き込んでください。

リスニングの音を頭に叩き込みましょう。

同じ問題は最低2回行う

アイエルツ(IELTS)公式過去問は1冊で4回分の過去問が組まれていますので、まずは1週目順番に1から4までやって下さい。

1周目を終えたらもう一度1に戻ってやり直しましょう。

2周目に入るころには1周目に分からなかった単語はも分かっているはずです。

そして2周目では1周目と比べて

  • 正解率は上がったか
  • 本文理解度は上がったか
  • 分からない単語は無くなっていたか
  • 所要時間は減ったか

に注目をしてください。

99%の人が1周目より高い得点が取れているはずです。

1周目より低い人は先ほど紹介した答え合わせや分からなかった単語の取得を怠っている人です、プロセスを1つでも怠ってしまう人は伸びません、これははっきり自信を持って言えます。

私がIELTSを勉強していた頃は同じ過去問の問題を3周解いていました。

リンジー先生
過去問を正しく使えていない人多すぎるわ!
ごめんなさい…
サヤカちゃん

アイエルツ(IELTS)リスニング問題を解く10個のコツ【勝てる戦略】

IELTSのリスニング形式を確認

まずはアイエルツのリスニング形式の復習をしておきましょう。

セクション1(6-8分)- 生活場面(登場人物2人)

  • ホテルの予約
  • 友人同士の会話
  • 空港でのチェックイン
  • ショッピングの会話
  • 学校の学生かでの会話
  • 不動産屋での交渉など

セクション2(6-8分)- 生活場面(登場人物1人から2人)

  • 大学の授業についての説明
  • 旅行ガイドの案内
  • ラジオ番組
  • 留守番電話
  • 発表や告知
  • 不動産屋での交渉など

セクション3(6-8分)- 学術、教育場面(登場人物2人から4人)

  • プロジェクトの進め方
  • 学生と学校職員の会話
  • 勉強方法のアドバイス
  • 学生に指導教官からのアドバイス
  • 授業や研究課題など学生同士の会話など

セクション4(6-8分)- 学術、教育場面(登場人物1人)

  • 教授による講義
  • ゲストによるトーク

覚えておくべき注意事項

  1. 音源は1回しか流れない
  2. 選択方式だけでなく穴埋め問題や短文の記述式の問題もある
  3. イギリス英語が多くを占める

IELTSリスニングでは問題を先読みする

IELTSのリスニングでは問題に入る前に問題に関する質問が流れます、そのスキマ時間を活用して問題を先読みしましょう。

前の問題に気を引きずられるのだけは絶対に止めましょう、百害あって一利なしです。

重要だと思う単語をメモ

アイエルツのリスニングではメモの質がものを言います。大切、知っておくべき単語、数字などは正確にメモしましょう。

もし英語の綴りが分からなければカタカナでも良いのでメモを付けるようにしましょう。

メモの質は過去問で経験を積むごとに上がっていくものなので、普段から気を付けながら対策をしてみましょう。

単数形か複数形かには気を付けよう

IELTSには他のテストと違い記述式の問題があります。

つまりスペルが間違っていたらアウトです。

それを見越した引っかけ問題などもIELTSではよく出題されるので、特に名詞の場合は単数形か複数形なのかをしっかりと考えましょう。

トピック内容を予想しよう

リスニングを聞きながら想像力を働かせてどのような内容なのかを予想しましょう。

より鮮明に頭の中でイメージできれば内容がどんどん耳に入ってきます。

話し手が言う次の言葉を予測しよう

リスニングを聞くときは頭の中で必ずその情景を浮かべながら聞きましょう。

聴いている間に「次この人はこんなことを言うだろうな」「この人はこう答えるだろうな」と次の一手を予測する余裕があると高得点に繋がります。

知らない単語が出てきても無視

リスニング中に聞き取れない単語が必ず出てきます。

そんな時でも常に平常心で無視しましょう、リスニングはペースが乱れたら終わりです。

冷静さが最も問われるのがリスニングです。

キーワードだと思う単語に下線を引く

問題を先読みした時に重要だと思うキーワードに下線を引きましょう。

キーワード例
  • 日付
  • 人物名
  • 場所の名前など

しかしリスニング内ではキーワードの類似語が使われる場合もあるので気を付けてください。

スペルは必ずチェック

先ほども言いましたが、IELTSのリスニングには記述式の問題も出題されます。

スペルを間違えるとアウトなのでスペルはしっかりと確認しましょう。

解答欄は必ず埋める

当たり前ですが、分からなくても解答欄は必ず何かで埋めてください。

特に選択式の問題なら当てずっぽうでも正解になる確率は十分にあります。

私がおすすめするIELTSリスニング対策に使える参考書・問題集

実践IELTS英単語3500

一番の定番と言ってもいい単語帳です。

安心安定の旺文社さんが出版しているものなのでとにかく間違いありません!

もし迷ったらコレ!と断言できます。

主な特徴
  • 基本語1000語と重要語2500語に分かれている
  • 重要語2500語はレベル1からレベル5まで分類されている
  • 収録発音、スペルはイギリス英語式で統一
  • 単語の音声と例文は無料音声ダウンロード可能
  • スマホアプリと連動可能

IELTS過去問シリーズ

とにかくIELTS対策には欠かせない唯一無二の存在です。

1巻から始まり今では14巻まで販売されています。

徹底的に対策するのであれば14巻のうちの3冊くらいは欲しいところですが、一気に3冊買ってしまうとそれなりのお金がかかってしまいます。

まずは最新ナンバーの14を購入してナンバー14をやり尽くしたらナンバー13を買うと言ったように順番で買っていくのがおすすめです。

新セルフスタディ IELTS 完全攻略

IELTSに初めて挑戦する、まだ英語力が高くないと感じる、1回受けてスコアが悪かったといったような初級者~中級者レベルにおすすめできる参考書です。

主な特徴
  • まず初心者が見るべき攻略本
  • 過去問より簡単ながら同じ形式の演習問題
  • とりあえず知っておくべき情報をすべて網羅

パーフェクト攻略IELTSリスニング

リスニングが特に苦手な方や初心者におすすめしたい書籍です。

先ほど紹介した「新セルフスタディ」のリスニング版と言ってもいいようなものです。

究極のイギリス英語リスニング

まだイギリス英語とアメリカ英語の違いがイマイチ分からないという方におすすめできる書籍です。

主な特徴
  • 標準的なイギリス英語の発音をひと通り学習
  • ワクワクする内容
  • イギリス英語入門としては最適
  • 英語レベル自体は易し目
  • Kindle Unlimitedで読み放題

Kindle Unlimitedの無料体験登録の方法はこちらの記事で紹介しています、30日間無料ですので30日で読み終える自信がある方は実質無料でこの書籍も読む事が出来ます!(Amazonのアカウントを持っていれば誰でも登録可能)

さらに詳しく

Kindle Unlimited無料体験はこちらから

英語レベルがより難しくなっているデラックス版もあります。

英語リスニングの地力を上げるための勉強法

IELTSで点を稼ぐという目的だけであれば、基本的にIELTSリスニングに特化した勉強が最も重要です。

しかしIELTSスコアを取ってから先を見据えている人も多いでしょう。

  • 留学をしたい
  • より実践的なスキルを身に着けたい
  • 海外で働きたい

このような目標を持つ人はもちろんリスニングの地力を上げる必要があります。

次は英語リスニングの地力を上げるための簡単な勉強法を少しだけ紹介します!

YouTube動画

今は良い時代で国内、海外問わず英語学習をテーマにした動画がYouTubeにはたくさん眠っています。

誰でも発信できるという時代ですね。

そんなリアルで現実味のある英語学習をテーマにしたYouTubeを参考にすれば必ず英語が上達しますが、YouTubeの活用はかなり難易度が高です。

YouTubeでの勉強の難易度が高い理由
  • 関連動画など誘惑の多いYouTubeで集中して勉強できるか
  • 合うもの合わないものを自分で取捨選択できるか
  • 誰もが発信できる中で良いものを見つけて判断できるか

これを全部クリアできないとYouTube動画でしっかり学ぶ事はできません。

「YouTube動画=面白い楽しい動画を見る娯楽」という形でインプットされている人も多いので、そんなリラックスしたイメージのあるYouTubeでしっかり勉強するのは難しいですよね。

聞き流し、観流ししていては一切意味がありません。

勉強法を教えてくれるYouTube動画なら即自分で実行する、講義系の動画なら学校にいるかのようにメモを取るなりしっかりと勉強する、これができないと使いこなせません。

使いこなせたときのメリットは大きいものの非常に注意が必要な勉強法です。

YouTube動画を使った英語勉強法のポイント

  • やると決めたら時間内に他の動画は見ない
  • 誰でも発信できる時代なのでたくさんの選択肢がある→メリットながら注意が必要
  • 聞き流し、観流しはNG

タダで質の高いレッスンを受けれる?おすすめのYouTube英語講座10選

NHKの語学番組

僕は洋画や洋楽で英語に興味を持ってそこから徐々になんとなく勉強していましたが、やはり洋画と洋楽だけでは英語力が総合的に大きく伸びる事は無く、しっかりと勉強しようと思い立った時に使ったのがNHKで放送されている語学番組です。

当時僕が好きで見ていたのが

  • リトルチャロ
  • コーパス100

リトルチャロはアニメーションの物語に沿って毎話重要英語表現を解説してくれる番組で、SHELLYさんが司会を務めていました。

コーパス100はよりマジメに英語を学習できる番組で、非常に為になった記憶があります。

NHKの語学番組のメリット
  • 時間が短いので無理せずに続けられる
  • 毎日のように放送されている番組もあるので習慣付けやすい
  • 英語界で著名な先生を起用している番組も多いので質が高い
  • テレビさえあれば誰でも観れる
  • 録画すれば自分の好きな時間に観れる

YouTube動画との違いはやはり一定以上のクオリティがどの番組からも期待できるという点でしょう。

明日からにでも始められるのでおすすめです!

NHKの語学番組を使った英語勉強法のポイント

  • 毎日放送があって時間も短いから始めやすい、ルーティーン化しやすい
  • 安定したクオリティを期待できる
  • レコーダーを持っていればいつでも好きな時間に勉強できる

【コツコツ独学】NHKの英語学習番組が英語初心者にイチオシの理由

スマホアプリ

スマホが完全に普及しきった今ではスマホアプリで英語を勉強している人も多いのではないでしょうか?

メリットは何と言っても気軽で直感的な点でしょうか?すきま時間があればすぐにできますからね。

ただ趣味程度で勉強する場合には十分である一方で、しっかりと英語を学びたい場合はスマホアプリだけでは確実に足りません。

気軽で便利な英語学習ツールですがこればかりに頼ってはいけません

スマホアプリを使った英語勉強法のポイント

  • とにかく気軽でどこでもできる
  • 趣味程度の学習には十分すぎる
  • しかし本気で英語力を上達させたいのであればスマホアプリだけでは絶対に足りない

【スマホ時代だから】おすすめの無料英語学習アプリを5つ厳選!

ワクワクが止まらないコスパ最強スタディサプリ英会話が凄い!

オーディオブック

音声学習が人気になってきた今、日本語、英語限らずオーディオブックを愛用している人も多いのではないでしょうか?

今では多くの本がオーディオブックとしてリリースされているので色々なタイトルを選ぶ事ができます。

オーディオブックのメリット
  • 車内で使える(聞き入り過ぎはもちろん危ないので注意ですが)
  • お風呂の中で使える
  • ジムで使える

動画や文章体のツールが使いづらい場面で効果を発揮できるところです。

オーディオブックでタイトルを選ぶ際はできるだけ自分のレベルに合った(自分のレベルより少し低いもののがいいかも)ものを選ぶのが非常に重要になってきます。

非常にリラックスしながら気楽に学習できるのでおすすめです。

オーディオブックを使った英語勉強法のポイント

  • 動画、アプリ、文章体が使えない場所で使える
  • 知らない単語が出てきたときに調べるのが困難なので自分の英語レベルより少し下のものを選ぶのがおすすめ
  • 恐らく一番気楽にリラックスして英語と触れ合える
  • 英語×ビジネスなど一石二鳥で学べる

【新発見】英語学習者に強い味方Audibleがイチオシの格安ツールである理由

イングリッシュジャーナル

私のかつての愛読書です。

月間の英語学習雑誌で、とにかく面白い!というのも雑誌としても非常に興味深くて面白いので、気持ち的に勉強しているという感覚がないのです。

  • 海外セレブ
  • 海外スポーツ選手
  • 海外ニュース

などのインタビュー記事が毎月豊富に収録されているので幅広く英語を学べるのも特徴的です。

普通の雑誌と同じような値段なのでコスト面の心配もありません。

雑誌が好きな人や海外ニュースが好きな人は今すぐにでも始めて欲しいような非常におすすめの勉強法です。

洋画、洋楽好きで英語勉強したいなら迷わずイングリッシュジャーナルの理由

英語ニュース・ニュースサイト

皆さんも知ってのとおりアナウンサーという職業はきれいに原稿を読む事が求められます。

つまり英語のニュースはきれいな発音やイントネーションを学ぶにはもってこいの場所と言えるでしょう。

また、ニュース記事でも基本きれいな英語を使っていますし(タブロイド紙は除く)、文法の勉強にもなります。

同時に海外では物事がどのように報道しているのかも学ぶ事ができ、視野も広がるのではないでしょうか?

気を付けて欲しいのはただ単に読むだけではなく、知らない単語や表現が出てきたら都度調べて覚える事で英語の知識を積み上げていきましょう。

世界の英語ニュースでキレイな正統派英語を学ぶ!おすすめサイト10選

英語初心者でも無理なく英語のニュースを読むための5つのコツを紹介

映画・海外ドラマ

私自身もまず映画から英語の勉強に入りました。

そもそも英語を勉強したくなった理由が「洋画を字幕なしで観れるようになりたいから」という非常に純粋な気持ちでした。

恐らく生の英語を一番気軽にアクセスできるのが映画や海外ドラマではないでしょうか?

しかも今ではNetflixやHulu、AmazonプライムビデオU-NEXTなどの動画ストリーミングサービスが発達しているので安く簡単にどんなデバイスでも観る事ができるので良い時代になりましたね!

ちなみに「英語学習」という観点で見ると海外ドラマの方が実生活に近い英語を使っているのでおすすめです!

映画・海外ドラマを使った英語勉強法のポイント

  • 映画や海外ドラマをボーっと見るだけではなく、英語にもしっかりと気を向ける
  • よく使われている表現があったら確かめる
  • お気に入りの作品は日本語字幕→英語字幕→字幕なしと3回観ると学べることがたくさんある
  • 気になったセリフは都度止めて英語字幕で何を言っているのか確認
  • 気になる英単語はそのままにせず絶対にググって覚える

【映画学科卒が語る】ドラマで英語を勉強する方法とおすすめの作品7選

洋楽

一番カジュアルな勉強法かもしれません。

リスニングだけに効果があると思われがちですが、リスニング以上に

  • 発音
  • 文法

に効果がある勉強法です。

原曲の歌手の真似をする事で発音の上達に繋がりますし、歌詞を確認する事で文法の勉強にもなります。日本の曲は結構複雑で詞的な歌詞が多いですが、英語の曲の歌詞は比較的シンプルです。

歌詞を確認する際に分からない単語を覚えれば英単語力の上達にも繋がりますが、音楽ジャンルによって英語学習的な効果に偏りがあるので注意が必要です。

洋楽を使った英語勉強法のポイント

  • 発音、文法、リスニング、英単語学習に効果あり
  • ジャンルによって学習に良いものと効果が薄いものがある(良い例:ビートルズ、悪い例:ラップ)

【超簡単】リスニングと発音に効果あり!洋楽で英語を学ぶ方法を紹介

ポッドキャスト

本を使った勉強や動画を使った勉強と比べるとかなり難易度が高いです。

ポッドキャストは音だけしか情報源が無く、高いレベルのリスニング能力を必要とするからです。

イメージ的にはラジオ番組が一番近く、ながら学習ができるのが特徴。

YouTube同様今ではポッドキャストと言う形でどんな人でもラジオ番組を作る事ができるようになったので、色々なジャンルから好きなものを選ぶ事ができます。

私もポッドキャストは色々聞きますが、車の運転中に楽しく聞けるのが一番のメリットだと感じます。

ポッドキャストを使った英語勉強法のポイント

  • 音声しか情報源が無いので難易度が高い
  • 様々なジャンルから自分の好きなものを選べる
  • 車の中や洗い物中などに聞けるのが他のツールとの大きな違い

【趣味別】無料で楽しく英語リスニング上達に使えるポッドキャスト10選

オンライン英会話

今はどこでも英語ネイティブとスピーキングを練習できる良い時代になりましたね。

スマホ、タブレット、PCのどれかさえあればインターネット上でスピーキングレッスンを受ける事ができます。

ただ「オンライン英会話で勉強してるからこれでいい」と考えている人が多いです。

しっかりと活用すればオンライン英会話はかなり強力なのは間違いありませんが、しっかりと英語ができるようになりたい、英語力を伸ばしたいと考えている場合オンライン英会話だけやっていては絶対に足りません。

本気で英語力を上げるために必要な事

  1. 自習で新しい知識を蓄える
  2. オンライン英会話で新しい知識を試す
  3. 間違い指摘される又は正しく使う
  4. 指摘された場合は覚えなおす

このサイクルを高速で回す事が重要です。

オンライン英会話はアウトプット用の学習ツールです。

新しい情報をアウトプットするには新しい情報のインプットが必要なので、アウトプット量ばかり上げても根本的な英語力上達にはならないという事です。

インプットを増やしてこそアウトプットが生きるのです。

オンライン英会話を使った英語勉強法のポイント

  • 使いこなせれば素晴らしい効果が期待できる
  • ただ単にオンライン英会話だけやっていてはあまり意味が無い
  • 自習でインプット量を増やしてこそオンライン英会話の効果は上がる

オンライン英会話完全網羅メリット、デメリット、効果、おすすめは?

BBC Learning English

イギリスの放送局BBCが開発した英語学習プラットフォーム。

BBCが作ったという事もありコンテンツが非常に豊富で無料の英語学習ものとしては個人的にトップレベルのクオリティです。

ただ日本の学習者向けに作られたわけではないので英語で英語を学ぶ事になります。

初心者には向いておらず、中級レベル以上の英語力を持つ人におすすめしたい英語学習教材です。

中級者必見!BBCの無料英語教材を毎日やれば必ず上達すると思う件

今日のおさらい

  • IELTSリスニング問題のレベルは英検準1級や1級に近い
  • イギリス英語を中心としたリスニング
  • リスニングでも最も重要なのは単語力
  • 初心者はまず教本を手に入れよう
  • 過去問を正しい使い方でやり込もう
  • 過去問を解くうちに自分で自分なりの対策や戦略を立てよう
  • IELTSの先を見据えている人はリスニングの地力も上げよう







あなたにおすすめの関連記事

JINがおすすめするオンライン英語ツール厳選トップ5

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー/SCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
JIN

JIN

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校から独学勉強の末イギリスにあるイーストアングリア大学を正規で卒業、元英会話講師。 英検1級も取得し、今はなんとなくイタリア語をゆるーく勉強中。 現在は翻訳、英語、イギリスといった分野を軸に様々な活動を展開しています!

-IELTS

© 2020 ライフタイムラーナー