元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!➡

超重要!IELTSに過去問はある?対策に公式問題集が不可欠な3つの理由

こんにちは、当時偏差値40の高校に通っていた18歳の頃に3ヶ月でIELTSのスコアを4.5から6.5まで伸ばし、イギリスの大学を卒業したライフタイムラーナー管理人のJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTS スコア
※高校3年生だった頃のスコア証明書です
JIN

結論、IELTSに過去問はありませんが、ケンブリッジ出版の公式問題集を過去問と呼ぶこともあります

この記事のまとめ

IELTSを4か月の独学で4.5から6.5にあげ、イギリスの大学に入学して卒業した筆者がIELTS公式問題集の重要性を徹底解説!

なぜ替えが効かないのか、そして効果的な公式問題集の使い方など網羅してお伝え。

IELTS初心者の方に、とくに読んでほしい内容です。

結論からいうと、IELTSの勉強には必ずIELTS公式問題集の勉強が必要になります。

IELTSに関わらず他の英語テストにも言える事ですが、最初からかなりの実力がない限り過去問を解かずにいい点が取れることは無いです。

便宜上「過去問」と呼ばれることが多いですが、実際は最も本番レベルに近い、Cambridge University Pressが出版する公式問題集です

私も当時は今よりも情報が少なく、勉強法や教材の選び方にはかなり苦労しました。

実際ムダなこともしてしまったと今では自覚しています。

効果的な対策方法、解答のコツ、使える問題集や教材を知っているのと知らないのではさまざまな側面で大きな差が生まれるのです。

イギリスの大学を卒業して、当時とは英語力も比べられないくらい上達した今は、その重要性が身に染みてわかります。

この記事を読むメリット
  • IELTS対策における公式問題集(過去問)の重要性を理解できる
  • 過去問の正しい使い方がわかる
  • 目標スコアへ近づける
アオイちゃん

練習問題集じゃあだめなんですか?

JIN

ダメとは言わない、でも本番のレベル感にもっとも近いのは公式問題種(過去問)だけなんだ

初受験の方はぜひIELTS対策完全ガイドからご覧ください

タップできる目次
JIN
ライフタイムラーナー管理人

1993年生まれ愛知県出身、偏差値40台の公立高校卒業後に独学の末イギリスのイーストアングリア大学に入学して卒業。


元英語講師、英検1級TOEIC 930点取得、Cambridge CPE 勉強中。

多くの記事は現役英語講師かつ英語ネイティブである妻の監修で執筆しています。



 IELTSの公式問題集(過去問)だけがリアルなレベルで問題を解く事ができる理由

まずはIELTSの対策で公式問題集(過去問)が唯一無二の存在である最大の理由を紹介します。

他の問題集は本番より易し目に作られている

IELTSの勉強をする上で問題集や解説本はたしかに重要です。

私もかつてIELTSの勉強をはじめた頃最初に使ったのがこのようなIELTS対策本でした。

  • IELTSというテストの概要
  • 各パートの解き方
  • IELTS問題の模試

このような内容が大体収録されています。

IELTS初心者の方がIELTSを勉強するための入り口としては最適ですが、高スコアを取る為の仕上げには向いていません。

模試は実際のIELTS試験と比べると、かなりレベルが低く設定してあるからです。

アオイちゃん

とはいえそこまで変わらないんでしょ?

JIN

いや、実際に解き比べてみるとわかるけど、形式が同じでも難易度は全然違うよ

海外のIELTS問題集も若干本番レベルより低いイメージ

私が日本語の攻略本を買った後に手を付けたのが、「公式問題集ではない海外製IELTS問題集」でした。

トレーニングテストと銘打って出されていた問題集でしたが、IELTS公式問題集と比べると、こちらもまた問題レベルは若干低かったです。

つまり、世の中にあるIELTS問題集は、IELTS公式問題集(過去問)よりもレベルが低く設定されています。

これがIELTSを受験する前に必ずIELTS公式問題集をこなすべき理由のひとつ目です。

JIN

IELTSに限らずどんな試験もやっぱり過去問や公式問題集が一番再現性あります

アオイちゃん

そんなに深く考えたことなかったー

IELTSの公式問題集(過去問)を使って本番を想定した勉強をする方法

次はIELTSの公式問題集(過去問)を実際にどうやって使えばいいのかを解説します。

IELTS本番を想定するとはどういうことか

私が考えるIELTS本番を想定した勉強というのは

  • IELTS本番と同じ時間設定で行う=時間を測る
  • 時間途中で投げ出さない
  • できる限り静かでできる環境で解く

このような環境下で行う勉強です。

JIN

レベルも本番を想定するのであれば、先ほど言った理由と同じ理由でIELTSの勉強であればIELTS公式問題集以外の使用は考えられません

アオイちゃん

超めんどくさそうだけどただ単に解いてるだけじゃやっぱりダメだよね…

IELTS本番を想定して公式問題集(過去問)で勉強するメリット

このように厳格な環境下でIELTS本番を想定して、公式問題集を解くのにはもちろん大きなメリットがあります。

一番大きなメリットとして、「やっていくうちに自分に適切な時間配分が分かってくる」というものがあります。

適切な時間配分というのは人それぞれ異なります、それは人それぞれ得意不得意が異なる為です。なので、最適な時間配分を見つける為にはまず設定された時間設定で解いてみる以外方法が無いのです。

時間配分に慣れてくると、必ず本番でも慌てることが無くなります。

つまりメンタル面の強化にもなるんです。

アオイちゃん

なるほどーじゃあ形式を理解する為にまず練習模試からというのはありですか?

JIN

その通り!公式問題集には入る前に練習問題を解くのは非常に有効だよ!公式問題集(過去問)はあくまで仕上げだね!

関連記事:【最新版】無料でIELTS模試を解き放題!便利なオンライン模擬試験サイトまとめ

IELTS公式問題集(過去問)の同じ問題を何度も解くことで得られるメリット

次は私がIELTSの公式問題集(過去問)は、何周も同じ問題をやるべきと思う理由を紹介します。

同じIELTS公式問題集(過去問)を解いてPDCAサイクルを回す

今でも信じられないのですが、私は18歳のころ、3ヶ月でIELTSを4.5から6.5に伸ばしました。

勉強量はもちろん多かったのですが、それ以上に今重要だったと思うのが勉強と目標に対する考え方の部分です。

実際に勉強をはじめる前に目標設定や、スケジュール組みなどをやっておくのがオススメです

PDCA

昔からあるPDCAのフレームワークに沿って、効果的に勉強を改善しながら進められたのが最大の要因です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次
閉じる